04
12月

わろてんか あらすじ

第1週「わろたらアカン」 時代は明治後半。京都の老舗薬問屋の娘・藤岡てん(新井美羽)は笑い上戸な女の子だが、その“笑い”が過ぎて大切な商談を台無しにしてしまい、父・儀兵衛(遠藤憲一)から“笑い禁止”を言い渡される。 わろてんかのあらすじネタバレでは、大阪の老舗米問屋の長男で、稼業を継ぎたくないがために旅芸人をしていたところ、てんと出会います。わろてんかのあらすじネタバレでは、藤吉はお人よしな性格で、笑いを愛するものの才能はありません。 各回のあらすじ. わろてんか-最終回のあらすじとネタバレ 伊能フィルムの社長・伊能栞(高橋一生)は、制作した映画が検閲にひっかかり、キスを連想させるシーンの削除を求められるが、自分の主義を貫いて削除を拒否して映画の上映を中止した。 わろてんかのあらすじをネタバレ 出典: https://dot.asahi.com NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、2017年10月2日から2018年3月31日まで放送されたドラマ作品で、明治後期から終戦直後の大阪を舞台に、葵わかなさん演じるヒロイン・藤岡てんの寄席経営に挑む姿を描いた作品です。 最終週 第26週「みんなでわろてんか」 第146話 3月26日(月) てんたちが滋賀県に疎開 第147話 3月27日(火) 大阪空襲で風太消息不明 第148話 3月28日(水) 終戦、てんが大阪に戻る 第149話 3月29日(木) てんと風太が伊能と再会 第150話 3月30日(金) 北村笑店の面々が集まる 最終回/第151話 3月31日(土)北村笑店物語 運命を感じる2人に対して、藤吉に恋する 娘義太夫 ・ リリコ に、藤吉は 船場 の米問屋の跡取り息子で、手紙に書かれた順風満帆な旅芸人生活が嘘と暴露され、てんの父・ 儀兵衛 の猛反対により引き離されたりと障害が生じるが、やがて藤吉は米問屋を継ぎてんを嫁に貰う決意を固め、てんも彼に同意する。 『わろてんか』は、2017年度下半期放送のNHK「連続テレビ小説」第97作目の作品である。2017年10月2日から2018年3月31日まで放送された。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/26 07:55 UTC 版), 公式サイトでは第1週 - 第3週を「京都編」、第4週 - 第5週を「大阪船場編」、第6週 - 第17週を「笑売編」、第18週 - を「女興行師編」としている[13]。, 1902年(明治35年)、京都の薬問屋「藤岡屋」の長女・藤岡てんは、周囲から「げら[注 2]」と評されるほど、笑うことが大好きな少女だった。ある日、てんは従兄の風太とともに地域の薬祭りに行き、興行にやって来た若手旅芸人・北村藤吉と出会う。藤吉は、初舞台で大失敗してひどく落ち込むが、てんからもらったチョコレートと彼女の笑顔で励まされ、日本中を笑顔にする芸人になると誓い、手紙を送ることを約束して旅立っていく。以後、藤吉からの手紙を楽しむようになったてんは、やがて笑顔がまぶしい年頃の女学生に成長する。, 1910年(明治43年)、てんに縁談が舞い込む。気持ちの整理がつかないてんは、藤吉と会おうとして独り大阪の千日前へ行くが、暴漢に絡まれ、縁談相手である伊能栞に助けられるとともに、互いに結婚の意志はないことを知る。藤吉と会えずじまいでてんが帰ると、藤岡屋は薬品倉庫の焼失により経営の危機に瀕していた。縁談は先方の親の意向で破談。兄・新一は、病身に無理が祟り死去。そのためてんは店を継ぐことを決意して改めて縁談を請う手紙を栞に送ったところ、縁談は断られるが同封した新一の論文が着目されて融資を受けられることとなり、店の倒産は免れる。その直後、てんは藤吉と偶然再会する。運命を感じる2人に対して、藤吉に恋する娘義太夫・リリコに、藤吉は船場の米問屋の跡取り息子で、手紙に書かれた順風満帆な旅芸人生活が嘘と暴露され、てんの父・儀兵衛の猛反対により引き離されたりと障害が生じるが、やがて藤吉は米問屋を継ぎてんを嫁にもらう決意を固め、てんも彼に同意する。, こうして、てんは父から勘当を言い渡され藤吉に連れられて船場の米問屋「北村屋」に行くと、藤吉の母・啄子と、啄子が決めた彼の許嫁・杉田楓に迎えられる。, てんは楓との商売対決に勝利しても啄子に嫁として認められず女中扱いされる。しかし、てんを信じる母・しずの言動と、藤岡家のころからてんに仕える女中のトキの手助けと、藤吉の励ましを支えに笑顔で過ごしていく。一方、親の言いなりでごりょんさんになることを目指し意固地な態度を取り続けていた楓は、てんと語り合い自身の決めた道で生きると考え直し、北村屋を去っていく。, 藤吉が店の膨大な借金を知ったころ、番頭が引き抜かれて北村屋は急速に商売が傾く。藤吉は一家の財政問題解決のために儲け話に乗るが失敗し、ついに借金を完済すべく店と家屋を手放すことを決める。そんな中でも芸人たちが集まる店で笑い幸せになったてんは、藤吉と啄子に寄席の経営を始めることを提案したところ藤吉は賛成、啄子は猛反対する。住処を失った一家は、売れない芸人が集まる貧乏長屋に転居する。, 藤吉とてんに食い下がられた啄子は、1か月で寄席を開業することを条件に折れ、2人は寄席小屋を探し回り、天満で気になる物件を見つける。持主の亀井庄助は、当初、譲渡の懇願に取り合わなかったが、やがて2人の情熱に心動かされる。しかし、太夫元の寺ギンに寄席小屋を買収されそうになり、てんは商人として実家に向かい、藤吉とともに寄席にかける思いを訴えて資金を借り、寺ギンより先に寄席小屋を買収。芸人仲間の協力も得て順調に寄席小屋「風鳥亭」を開業させる。, 風鳥亭は開業3日で閑古鳥が鳴く有様となるが、栞の伝手をきっかけに一度限りの条件ながらも大御所落語家・喜楽亭文鳥本人の出演を取り付け、客席は満員御礼の賑いを見せる。その後、寺ギンからの芸人の派遣で風鳥亭の営業は安定するが、収入の大半を寺ギンに渡す契約条件のため相変わらず苦しい経営ぶりが続く。しかし、協力に乗り出した啄子の経験と、てんのアイデアから考案した独自のサービスや工夫で徐々に売り上げを伸ばし、1年後には藤岡家からの借金を完済。啄子はてんをごりょんさんとして認めるとともに藤吉との結婚を承諾し、2人の祝言と藤吉の会社「北村笑店」(きたむらしょうてん)の立ち上げを見届けた後、知人を頼りアメリカへ旅立っていく。そして1914年(大正3年)、てんと藤吉に長男・隼也が誕生する。, 仕事と家庭の両立、藤吉の金遣い、芸人の扱いなどを巡り、てんと藤吉は度々揉めるが、互いの気持ちや考えを理解することで仲直りする。寄席小屋の数も増やしていき風鳥亭を含めて3軒となり、1916年には人気落語家・月の井団吾と専属契約する。芸人の不安定な生活ぶりに気づいたてんは、芸人たちと職員への給与を当時では珍しい月給制に変更する。これにより北村笑店への移籍希望が続出し憤慨した寺ギンは、所属芸人たちを借金を理由に拘束し、風鳥亭への芸人派遣を取りやめ兵糧攻めにする。いよいよ北村笑店が経営の危機に瀕したとき、寺ギンの所属芸人らは移籍を決意し風鳥亭に押しかける。芸人らの借金はてんが密かに貯めてきたへそくりで肩代わりすることで解決し、文鳥の頼みで喜楽亭一座も受け入れる。そして寺ギンの元で修業した風太を番頭に迎え、北村笑店は演芸業界の大会社へ成長する。またこの間、栞はてんを通して藤吉と親友の関係になり、夢であった活動写真製作会社を設立して成功を収め、東京でも人気娘義太夫となったリリコは引退・帰阪後に活動写真女優として活躍、楓は新聞記者になる。, その後、寄席小屋を10軒に増やし、本拠地を千日前に移し「南地風鳥亭」を開業。藤吉は代表取締役兼総席主、てんは取締役経理、風太は大番頭(総支配人)として会社を切り盛りし、新たな演芸として舞踊団「安来節乙女組」を企画・結成したり、関東大震災に被災した東京の落語家たちを呼び寄せるなどし、興行を順調に進めていく。しかし1929年、藤吉が脳卒中で倒れ入院する。団吾が社員の反対を押し切り挑戦したラジオ史上初の落語の披露や、てんの献身が励みとなり、一時は仕事に復帰するまでに回復するが、病気が再発する。藤吉は栞ら友人たちに今後を託す言葉を残しつつ、芸人らが新たに作り上げた「しゃべくり漫才[注 3]」の完成を見届けた3日後に入院し、てんに見守られながら息を引きとる。, 藤吉の死から4年後の昭和9年(1934年)、てんは日本最大の寄席チェーンに成長した北村笑店の社長となり、栞は藤吉の遺志により同社の外部役員として経営に携わる。実務に関しては風太が中心となり、男社会である寄席の世界でお飾りの女社長という立場にいるてんは、栞の勧めもあり、女性に受ける女流漫才師を自らの手で売り出したいと考え、リリコに女優からの転身を勧める。相方に失業した楽士の川上四郎を迎え、アメリカ留学から帰国した隼也の命名で「ミス・リリコ アンド シロー」のコンビが誕生する。二人は漫才作家に転身した楓ら女性たちを中心に支えられ、対立を経て互いに信頼しあう北村笑店の看板コンビへと成長する。また、多数の漫才師を抱える同社は、漫才作家となった昔からの仲間・万丈目吉蔵を部長に据えて文芸部を設立、その下で多数の作家たちを育て、自社発行の演芸雑誌「月刊キタムラ」[注 4]を創刊、漫才の将来を考え、人気コンビのキース・アサリをあえて解散させ東京と大阪に分かれて活動させるなど、さらなる経営努力を進めてゆく。このころより、てんの前には折々に藤吉の霊が現れるようになり、てんはその助言や慰めの言葉に支えられながら生きてゆく。, 同じころ、隼也は将来の跡取りとして入社し、風太は丁稚奉公よろしく厳しい指導をする。隼也はまじめに働くものの、アメリカで得た知識を生かせないことに不満を持ち、てんら首脳陣は話し合いの結果、栞の会社・伊能商会に彼を預ける。隼也のもとにある日、彼がアメリカで夢中になった「マーチン・ショウ[注 5]」の代理人を名乗る外国人が日本公演を行いたいと連絡してくる。慎重に検討する栞をよそに隼也は代理人と会合し、この場で通訳の加納つばきと出会う。隼也は同じくショウのファンであるつばきと意気投合し、彼女のためにもショウを輸入し北村笑店25周年の目玉にしたいと功を焦るあまり、独断で仮契約を進め詐欺に遭う。一同は各々責任を感じて自分を責め、てんは隼也に自らの下で一から修業し直しを命じる。しかし一同は、かつての父親と同じ失敗を犯した隼也の姿に藤吉を懐かしく思い出し、歴代の失敗も含めた社史を編纂する。, その後、栞は本物の「マーチン・ショウ」日本公演を北村笑店と伊能商会との共同で行うことを提案する。隼也は喜ぶが、てんは彼を本件には係わらせないと厳しく申しつける。隼也はつばきの協力もあり、めげずに資料提供や企画書作成などのかたちで計画の手伝いをする。大半の費用を北村・伊能の2社で賄って公演は実行され、大成功を収める。北村笑店では芸人らに対する他社からの引き抜き騒動のさなか、リリコと四郎が結婚を決意、四郎の夢である楽団参加のために引退し上海へと旅立つ。一方で隼也とつばきの間にも恋心が育ってゆくが、つばきはある日、自分が北村笑店の主要取引先でもある中之島銀行頭取の娘であり、まもなく政略結婚することを告白、二人は互いに結ばれることを諦め別れる。その半年後、隼也は加納家の使用人から、隼也を忘れられないつばきを諦めさせるために力を貸すよう頼まれる。隼也も結婚が決まったとの手紙を読んだつばきはさらに思い詰め、嘘と知って家出するも、てんに見つかり保護される。迎えにきた父に対し、つばきは想い人がいるために結婚はしないと宣言。しかし父は聞き入れず、宥めるてんと風太に対して、彼女を説得できずに想い人と結ばれたら取引を白紙にすると告げ立ち去る。隼也とつばきは愛を告白しあうが、つばきは独りで生きる旨書き置きを残して姿を消す。つばきの後を追う決意をした隼也に対して、てんは勘当を申し渡す。, 昭和14年(1939年)、てんは風太を通じて、駆け落ちした隼也らの間に息子・藤一郎が生まれ幸せに暮らしていることを知る。時局は軍による芸能への介入が進みつつあった。戦地への慰問のための芸人派遣依頼が入りてんは躊躇するが、兵士たちに笑ってもらうために請け負う。風太を団長に結成された慰問団「わろてんか隊」はキース・アサリ、万丈目夫婦などが出陣し、慰問先でミス・リリコ アンド シローも加わる。表現方法を巡り軍の少佐と揉めるが、笑いは薬と説得して持ち芸を発揮し公演は成功する。そして、死と向き合う兵士たちやその家族と触れ合った芸人らは、仲間や家族の愛おしさを痛感するようになる。, その後も慰問の功績が認められ、てんは国から勲章をもらい、女太閤と謳われるようになる。一方、栞は大衆のために自由に映画を作った結果、検閲により上映できず、損害の責任を取らされて社長を退任、伊能商会はライバル企業・新世紀キネマに吸収合併される。てんは栞を助けるため北村笑店に迎え、映画部を設立して、検閲の裏をかいて恋愛要素を加えた映画「お笑い忠臣蔵」を企画。一方、風太に勧められ、世間を景気づける目的で、売出されていた通天閣を購入する。しかし映画撮影開始を目前に、当初は支障なく通過した検閲から恋愛を連想させる箇所の台本修正を命じられる。同じころ、雑誌や新聞ではてんを非難する記事が掲載されるようになり、記事を信じた国防婦人会が寄席小屋に抗議に押しかける騒ぎが起き、寄席の経営も脅かされる。栞とてんは、すべてが栞を弾圧すべく新世紀キネマが手を回しているためと察知する。事態を重く見た栞は、最先端の映画の勉強をするためアメリカ行きを決意し辞表を提出するが、てんや風太に引き止められ北村笑店に籍を残し渡米する。, 昭和15年(1940年)、台本修正したものの映画は無事完成。昭和17年(1942年)、戦局は激しくなり、日を追うごとに芸人らが徴兵されていく現状を憂いながらも執筆していた万丈目は、体調を崩し歌子とともに帰郷する。昭和19年(1944年)3月には建物疎開のため南地風鳥亭に取壊しが通告され、他数か所の寄席小屋も同様に対象となり閉鎖を余儀なくされる。その直後、隼也に召集令状が通達され、風太の計らいで隼也の帰宅が実現する。折しも隼也一家の住まいも建物疎開が決定したこともあり、てんはつばきと藤一郎の受け入れも承諾。そして隼也の謝罪を受け止めるとともに自身の駆け落ちや実家への借金を打ち明けて和解し、隼也の出征を見送る。昭和20年(1945年)1月、大阪も空襲を受け、北村宅も半壊する。てんは風太の勧めで、つばき親子とトキ親子とともに滋賀の米原に疎開することと、北村笑店の解散を決意。芸人たちと再び天満風鳥亭で再会することを約束し、芸人長屋を後にする。, 疎開先の家主・横山治平は、戦時下にもかかわらず笑顔を絶やさないてんたちに厳しく当たるが、彼女らが「笑う門には福来たる」を信念に、努めて笑っていると知り打ち解ける。そんななか、大阪大空襲で安否不明となっていた風太が、命がけで守った風鳥亭の看板を持って疎開先に現れる。やがて8月15日には終戦を迎え、てんが大阪に戻ると、天満風鳥亭は焼けくずれ瓦礫の山となっていた。風太は寄席小屋再開に向け意気込むも、生存が確認された社員・芸人らは戻れる状況になく、てんは落胆する。しかし帰国した栞が昭和21年(1946年)春に現れて再開を後押しし、社員・芸人らも徐々に戻り、隼也も無事に帰還する。てんたちは、寄席小屋再開に団結し、社員・芸人総出で、仮設の寄席舞台で青空喜劇「北村笑店物語」を開演。観客は大盛況の笑いに包まれ、成功を収める。, 終演後、てんは幽霊となって現れた藤吉と語り合う[17]。てんは、この先100年寄席小屋を続けることを誓ったうえで、藤吉に「わろてんか」と問いかける。藤吉は笑顔で承諾し、物語は幕を閉じるのであった。, 吉本興業ホールディングス - 吉本興業(札幌・東京・東海・広島・福岡) - よしもとアカデミー - よしもとエンタテインメント沖縄よしもとデベロップメンツ - よしもとミュージック - よしもとアドミニストレーション - よしもとエリアアクション - よしもとブロードエンタテインメント岩井コスモホールディングス - 岩井コスモ証券 - Bellrock Media - キャスティ - ニューキッズ・イン・ザ・よしもと - よしもとセールスプロモーションよしもとラフ&ピース - よしもとミュージックパブリッシング - よしもとBS - KYORAKU吉本.ホールディングス - ユヌス・よしもとソーシャルアクションShowtitle - よしもとロボット研究所 - きょうのよしもと - KATSU-do - LAPONEエンタテイメント - LIVE FORWORD - YDクリエイションよしもとスタッフ・マネジメント - よしもとファイナンス, よしもとファンダンゴ - エス・エス・エム - Rojam Entertainment - アイ・ティ・エス - ワイズビジョン - よしもとビジョン - キャスティゾフィープロダクツ - ニューキッズ・イン・ザ・よしもと, なんばグランド花月 - YES THEATER - よしもと漫才劇場 - ルミネtheよしもと - ヨシモト∞ホール - よしもと幕張イオンモール劇場 - NMB48劇場 - よしもと祇園花月 - よしもと沖縄花月 - 沼津ラクーン吉本劇場 - 大宮ラクーン吉本劇場 - よしもと福岡 大和証券/CONNECT劇場, うめだ花月 - なんば花月 - 心斎橋筋2丁目劇場 - baseよしもと - よしもと西梅田劇場・ポストよしもと - 京都花月劇場 - 銀座7丁目劇場 - 渋谷公園通り劇場 - よしもと浅草花月 - 神保町花月 - 伝馬町劇場(静岡) - 広小路小劇場 ・ 栄3丁目劇場 (名古屋) - 三丁目劇場(岡山) - 京橋花月 - よしもとプリンスシアター - ヨシモト∞ホール大阪 - 5upよしもと - よしもと紙屋町劇場(広島) - 吉本ゴールデン劇場(福岡) - あるあるYY劇場(北九州) - よしもと天神ビブレホール(福岡), YES-fm - ヨシモトファンダンゴTV - casTY - Y∞Y動画 - よしもと劇場 - JOOKEY - OmO - YNN - ゼロテレビ - Kawaiian TV - 大阪チャンネル, 日本お笑い史 - 吉本総合芸能学院 - よしもと沖縄エンターテイメントカレッジ - 吉本新喜劇 - 九州新喜劇 - よしもとザ・ブロードキャストショウ - 劇団乙女少年団 - マンスリーよしもと - ヨシモトムチッ子物語 - J'd - ヨシモト・ベースボール・クラブ - よしもとゲームアミュージアム - よしもとグラビアエージェンシー - つぼみ大革命 - よしもとおもしろ水族館 - YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100 - LIVE STAND - YOSHIMOTO WONDER CAMP TOKYO 〜Laugh&Peace 2011〜 - NMB48 - よしもとドラマ部 - 沖縄国際映画祭 - 京都国際映画祭 - 吉本坂46 - PRODUCE 101 JAPAN, わろてんかのページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, 本作中ではこのスタイルの演芸に対し「漫才」の命名がされる第103回まで、劇中登場の書類および字幕放送でも漫才の前身である「, 隼也がつばきと駆け落ちした直後、仏壇の前に座り北村笑店の法被を握り締めて俯くてんに語りかける場面。, (てんの行動から)人は財なりちゅうのを教えてもらいましたんやと、これに「人財」も加えた, 当初は14時30分 - 45分に放送予定だったが、平昌五輪中継延長のため4分繰り下げられた。, YOSHIMOTO WONDER CAMP TOKYO 〜Laugh&Peace 2011〜, https://web.archive.org/web/20161110093459/http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/256692.html, “わろてんか「リリース」 #1「わろてんか」 制作秘話 〜タイトルに込めた思い〜”, https://web.archive.org/web/20171011023614/http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/warotenka/281364.html, http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170309-OHT1T50134.html, https://web.archive.org/web/20170311132647/http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/264841.html, https://news.dwango.jp/2017/05/23/134265/girls/, http://www.oricon.co.jp/news/2096813/full/, https://thepage.jp/osaka/detail/20180227-00000009-wordleaf, https://web.archive.org/web/20180402023428/http://www.nhk.or.jp/warotenka/special/tsubo/crankup.html, https://web.archive.org/web/20180402015906/http://www.nhk.or.jp/warotenka/cast/index.html, https://web.archive.org/web/20180402024119/http://www.nhk.or.jp/warotenka/special/art/03.html, http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171201-OHT1T50146.html, http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/heroine/289120.html, “朝ドラ”2作連続出演の松尾諭、広瀬アリス演じるリリコに「ラブがあふれていました」, http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=12561, http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170616-OHT1T50150.html, http://www.sponichi.co.jp/entertainment/yomimono/naniwashimpo/kiji/20171015s000413DF101000c.html, https://web.archive.org/web/20180201192805/http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/warotenka/288825.html, https://web.archive.org/web/20180220022631/http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=13465, わろてんか:第18週視聴率21.0%で番組最高記録を更新! 広瀬アリスが女流漫才師に, わろてんか:第19週視聴率21.0%で番組最高タイに “土曜の壁”突破し初の週全日大台超え, “濱田岳、次期朝ドラ「わろてんか」会見に“記者”として出席 新キャスト広瀬アリスに「濱田さんは好きか嫌いか教えてください」」”, http://www.sankei.com/west/news/170616/wst1706160087-n1.html, http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171118-OHT1T50074.html, http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171205-OHT1T50093.html, 松たか子、葵わかな&高橋一生らの応援浴び「わろてんか」主題歌歌唱「第68回紅白歌合戦」, All text is available under the terms of the. わろてんかは2017年後期nhkの朝の連続テレビ小説「わろてんか」のあらすじ(ネタバレ)を最終回まで掲載。「わろてんか」のネタバレを含むあらすじを知りたい…というあなたへ!わろてんかのキャストについてもまとめています。わろてんかのネタバレを 明治時代の末期、京都で古くから続く薬問屋「藤岡屋」の長女てん。 父・藤岡儀兵衛から厳しくしつけられて育つが、ある日旅芸人の北村藤吉と出会い、てんの運命が変わる。 人生には笑いが必要と考える藤吉と、笑わないようにと常々言われて育ったてんは8年後に運命的に再会。 笑って生きて行く事を決意するてん。

コミック ウォーカー 繋がら ない, 警視庁捜査資料管理室 感想, 警視庁捜査資料管理室 配信, 竹内涼真 ファンクラブ, 中日 速報 まとめ, 鉄男 グロ, ナラタージュ あらすじ 小説, スーツ シーズン1 動画,