04
12月

アメリカンコーヒー 薄い

© All images are copyrighted by their respective authors. アメリカンコーヒーって薄いコーヒー?じゃあ、濃いコーヒーはなんていうの? こんばんわ。アメリカンは「薄い」ではないです。日本で使われる対義語はヨーロピアンコーヒーです。 アメリカンコーヒーはニーズがある割に、お店としてもお湯で薄めているわけだから、コストも安く付く!抜群の優れもの商品ではないか!…何?アメリカンコーヒーがお湯で薄めたコーヒーだというのは、日本人の勘違いだって! 日本でもなじみのある「アメリカンコーヒー」の本当の由来を知っていますか? アメリカンコーヒーは、ただ薄いだけのコーヒーではありません。このページでは、コーヒーマイスターの筆者が、アメリカンコーヒーの誕生の背景と、特徴や作り方をわかりやすく解説しています。 一般的に、アメリカンコーヒーは、 「お湯が多めに入っている薄いコーヒー」 アメリカンコーヒーって本当に薄いの? では、 アメリカンコーヒー とは、どのようなコーヒーなのでしょうか。 「アメリカン=薄いコーヒー」ではない. ウイスキーとコーヒーのカクテル「アイリッシュコーヒー」とは?おすすめの作り方と飲み方, なぜジャコウネコの糞で作るコーヒー「コピ・ルアク」が世界一高価なのか?気になる味は?. 一番浅い段階。コーヒーに大事な香りやコクがほぼ無いため、この状態で飲まれることはほとんどない。, 2段階目の焙煎状態。色がシナモンに似ているためこの名前が付けられた。ライトローストと同様の理由で、この状態で飲まれることはほとんどない。. 喫茶店でブレンドコーヒーと並ぶ定番メニューである「アメリカンコーヒー」。アメリカンコーヒーは、ブレンドコーヒーをお湯で薄めただけのコーヒーと思っている人が多いですが、そうではありません。また、スタバにあるカフェ・アメリカーノとも違います。, この記事では、アメリカンコーヒーとはどんな特徴を持つコーヒーなのか、アメリカンコーヒーの味が薄い本当の理由を解説しつつ、アメリカンコーヒーのおすすめの飲み方を紹介していきます。アメリカンコーヒーが気になる方は是非参考に。, アメリカンコーヒー(American Coffee)とは、日本で誕生したアメリカンスタイルのコーヒーです。中煎り豆を使用する通常のコーヒーとは違って、焙煎深度の浅いコーヒー豆を使って淹れたコーヒー。苦味やコクは少なく、コーヒー豆本来のフルーティーな酸味と香りを楽しむことが出来るのがアメリカンコーヒー(アメリカン)最大の特徴です。, アメリカンコーヒーは本場アメリカに実際にあるコーヒーではなく、日本で生まれたもの。戦後間もない頃、日本に来ていたアメリカ人が浅煎りのコーヒー豆をたっぷりのお湯で抽出した酸味の強いコーヒーを好んで飲んでいたことから、アメリカンコーヒーというものが誕生しました。, アメリカンコーヒーと似た名前のコーヒーにアメリカーノ(カフェ・アメリカーノ)があります。アメリカンコーヒーとアメリカーノは全くの別物。アメリカーノは、専用マシンで短時間で高圧して抽出されたエスプレッソコーヒーをお湯で薄めたもの。エスプレッソが主流であるイタリアで、戦時中にイタリアへ来ていたアメリカ兵が飲みやすいようにお湯で割って飲んでいたことからアメリカーノという飲み物が誕生しました。, アメリカンコーヒーは浅煎りで焙煎したコーヒー豆を使っているため酸味が引き立つのが大きな特徴、その一方でアメリカーノはベースはエスプレッソなのでエスプレッソ特有の香り風味を楽しむことが出来ます。それでいてお湯で割っているために苦味が抑えられすっきりとしたのごごしとなっています。, ちなみにアメリカ発祥の大人気コーヒーチェーン店であるスターバックスでは、メニューにアメリカンコーヒーはありませんが、カフェ・アメリカーノはあります。, 日本で生まれたアメリカンコーヒー。その発祥店と言われるのが、1966年創業の「コーヒーハウスぽえむ」。コーヒーハウスぽえむは日本で初めてのコーヒー専門店のフランチャイズを展開した喫茶店で、コーヒーハウスぽえむが日本で初めてアメリカンコーヒーをコーヒーメニューに登場させたとされています。, アメリカンコーヒーは「味が薄い」と言われることが多いです。その理由は、通常のブレンドコーヒーと違って浅煎りのコーヒー豆を使っているためです。, コーヒー豆の原料である生豆は収穫後、熱と圧力と加える焙煎(ロースト)という工程を経てコーヒーらしい香りや苦味、甘味が出てきます。焙煎は浅く炒るものと深く炒るものとあり、そのレベルは全8種類。一番浅いライトローストから一番深いイタリアンローストまであり、それぞれの焙煎深度によって抽出した後のコーヒーの苦みやコク、酸味、香りに大きな違いがでてきます。, アメリカンコーヒーは浅いライトローストやシナモンロースト、ミディアムローストあたりのコーヒー豆を使っているので、中煎りのコーヒー豆を使うことが多いブレンドコーヒーに比べ苦味やコクが少ないために味が薄いと感じるのです。, アメリカンコーヒーはブレンドコーヒーに比べて苦味やコクが少ないため、「味が薄いコーヒー」と言われることが多いです。もちろん、濃いコーヒーではないのは事実ですが、単なる薄いだけのコーヒーではありません。アメリカンコーヒーは苦味が抑えめなので苦いコーヒーが苦手という人でも飲みやすく、後味もすっきりとしているために一日何杯でも飲むことが出来ます。また酸味が際立つので、コーヒー豆本来のフルーティーな味わいを楽しむことが出来る一杯なのです。, アメリカンコーヒーは、浅煎りの豆を使って抽出したコーヒーです。通常のコーヒーをお湯で薄めた飲み物ではありません。, ただし、昔は通常のコーヒーをお湯で薄めてアメリカンコーヒー風にして飲んでいたこともあり、お湯で薄めたコーヒーも広い意味でアメリカンコーヒーと呼ばれることが多いです。また、喫茶店によっては昔の名残りで今でもお湯で薄めたコーヒーをアメリカンとして提供しているお店もあります。, アメリカンコーヒーは、ドトール、コメダ珈琲、星乃珈琲といった人気コーヒーチェーン店で飲むことが出来ます。また、スターバックスではアメリカンコーヒーではないのでその代わりとしてカフェ・アメリカーノを注文するのがオススメ。どうしてもスタバでアメリカンコーヒーを飲みたい場合は、ドリップコーヒーをお湯で割ってもらうという手もあります。, ミルクや砂糖を入れて飲むよりも、ブラックで飲む方が浅煎り豆特有のフルーティーな酸味や香りを楽しむことが出来ます。また、アメリカンコーヒーは通常の濃いコーヒーに比べて苦味が抑えられていて、後味もすっきりとしているのでブラックコーヒーが苦手という人でも飲みやすいです。アメリカンコーヒーを飲むなら、まずはブラックで挑戦してみるべきです。, アメリカンコーヒーのお供には、チーズケーキやフルーツケーキがオススメです。そのほかにも、フルーツタルトやアップルパイ、レモンパイ、マカロン、クッキーといったあたりのお菓子が相性抜群です。, 本来、苦いコーヒーであれば苦味を中和してくれるチョコレートやガトーショコラ、シュークリーム、エクレアといった甘みの強いスイーツが合いますが、苦味抑えめで酸味の強いアメリカンコーヒーの場合は爽やかな味わいの軽いお菓子の方が合います。アメリカンコーヒーを飲む時は、チーズケーキやフルーツケーキを一緒に食べてみると良いでしょう。, アメリカンコーヒーは通常の濃いコーヒーよりもカフェインが多く含まれています。カフェインは高熱に弱い特徴があり、焙煎時間が長いほどにコーヒー豆に残るカフェインが少なくなります。ブレンドコーヒーで使われる中煎りのコーヒー豆に比べアメリカンコーヒーに使われる浅煎りのコーヒー豆は焙煎時間が短いため多くのカフェインが残ります。そのため、アメリカンコーヒーは目覚めの一杯や仕事や勉強中、運転中の眠気覚ましにぴったりです。, コーヒー豆にはポリフェノール成分であるクロロゲン酸が含まれています。一般的にポリフェノールは、抗酸化作用・抗菌性・抗ウイルス活性・抗がん作用・抗肥満作用といったように様々な健康面でのメリットがあると言われています。コーヒー豆に含まれるポリフェノールは焙煎深度が深いほど低くなってしまうため、焙煎深度の浅いコーヒー豆を使っているアメリカンコーヒーでは、通常のコーヒーよりも多くポリフェノールを摂取できるのです。, アメリカンコーヒーは、コーヒー豆本来のフルーティーな酸味や甘みを味わうことが出来る一杯です。一般的な苦味のあるコーヒーに比べて優しい味わいになっているので、コーヒーが苦手な人でも飲みやすく、一日に何杯でも飲むことが出来ます。アメリカンコーヒーは健康にも良い面もあるので、是非一度アメリカンコーヒーを飲んでみましょう。, cofissoを運営する「康太」です。コーヒーが好きな全ての人のために役立つコーヒー情報サイトを作ろうと思い、当サイトを開設しました。. アメリカンコーヒーというと、ただ薄いコーヒーというイメージを持たれがち。そのため、あまり好んでアメリカンコーヒーを飲む人が少ないと思います。しかし、その実は「ただの薄いコーヒー」ではありません。アメリカンは、お湯で薄めれば出来るコーヒーというのも正しくないですし、ちゃんとした作り方があります。この記事では、そんな知られざるアメリカンコーヒーについて解説していきます。, アメリカンコーヒーは、浅煎りのコーヒー豆から抽出したコーヒーです。基本的には、ミディアムロースト・シナモンロースト状態で煎られた豆を使っていることが多いです。この煎り具合では、コーヒー本来の苦味があまり出ず酸味が強くなってきます。なので、アメリカンコーヒーは薄い印象を感じるのですね。焙煎によって生まれる色素も弱いので、実際にアメリカンコーヒーを淹れると紅茶のような薄い色を見ることが出来ます。またそもそも、アメリカンコーヒーという言葉は、日本でしか通用しない呼称です。アメリカでは「weak coffee」と呼びます。「アメリカ人がよく飲むコーヒーだから」などその由来には諸説ありますが、日本で生まれた言葉というのは間違いがなさそうです。, アメリカーノは、アメリカンコーヒーと違い海外でも使われるコーヒーの呼称。しかし、こちらはそもそもアメリカンコーヒーと入れ方やそのものが異なっています。アメリカンコーヒーは浅煎りの豆を使いますが、アメリカーノでは関係ありません。アメリカーノは、濃く抽出したエスプレッソのコーヒーをお湯で薄めて飲むコーヒーのスタイルのことを言います。エスプレッソの苦味をお湯で割ることですっきりとした飲みやすい味わいになり、ドリップコーヒーが好きな人でも飲みやすいテイストになります。アメリカンコーヒーで、ドリップコーヒーをお湯で薄める作り方をするのも一般的になってしまいましたが、その方法は元の方法からすると誤りで、むしろアメリカーノに近い入れ方なのですね。, ドリップコーヒーでのアメリカンコーヒーのおすすめの入れ方は、通常のドリップコーヒーの入れ方から少々工夫が必要です。通常のドリップコーヒーでは、フィルターに10gほどの粉を入れるところ、6g~8g程度の少なめに。また抽出のときは、30秒ほどの若干短めの時間で行うことをおすすめします。そうすることにより、浅煎りのコーヒーの香りをよく引き出せる形になります。また、可能であれば、3つ穴の「カリタ式」のコーヒードリッパーを使うのが良いと思います。通常のドリッパーだと抽出のスピードが遅くなりがちで、浅煎りの豆の雑味が出がちなのですが、カリタのものであると後味がすっきりした飲みやすいアメリカンらしい味のコーヒーを抽出しやすいです。ここまでの入れ方はあくまでも著者の一例なので、自分ならではのアメリカンコーヒーを入れるスタイルを探してみることをおすすめします。, もちろん浅煎りに適した豆が必要なわけですが、個人的には気軽に手に入れやすいカルディの豆をおすすめします。コロンビア、ブラジル産の豆を中心にしたブレンド。さっぱりとした飽きの来ない味は、アメリカンらしいテイストを楽しむことが出来ますね。カルディの豆は、比較的カルディのコーヒーショップや通販にて気軽に手に入れやすいのがやはりポイントです。そして値段と味のバランスが取れているので、誰にでもおすすめしやすいものになっています。, アメリカンコーヒーは、薄いコーヒーという印象があった人も少し違った印象をもつことができたでしょうか?アメリカーノとも少し違ったアメリカンコーヒーは、コーヒーの楽しみ方の一つ。コーヒー豆の煎り方によって変わるコーヒーの楽しみを分かりやすく名前付けたものといえますね。カフェのメニューで見かけるアメリカンコーヒーですが、自分でいれるのも楽しみの一つ。アメリカンコーヒーを淹れる際にはお店で浅煎りのコーヒー豆を買う必要がありますが、自分でおすすめの豆を探してアメリカンコーヒーを試してみることをおすすめします。本物のアメリカンコーヒーを知って、より深いコーヒーの楽しみを感じてみてくださいね!, Chemex(ケメックス)のコーヒーメーカーを大紹介!様々なアレンジも併せてご覧ください, コーノ式(KONO式)ドリッパーで、美味しいコーヒーを。コーヒー好きに愛される魅力は?, サイフォン式コーヒーの仕組みと美味しさを知る。おすすめのサイフォンもご紹介します。, 超甘くて美味しいマックスコーヒー(MAX COFFEE)とは?その魅力と秘密をご紹介します。, パーコレーターのおすすめ厳選5つとその使い方。キャンプで飲む美味しいコーヒーで「外カフェ」を。, ギフトにもおすすめ。大人のための高級ボールペンブランドを人気順に7つ厳選してご紹介します。, 洗練されたスイスの時計。おすすめの人気ブランドの魅力を代表作とともにご紹介します。, 【2017年保存版】実用的な手帳ブランドの人気とおすすめを。1度は絶対に使いたい手帳を一挙ご紹介。. そもそも、「 アメリカンコーヒー 」とは何なのでしょうか。 一言で、簡単にいうならば、「 あまり焙煎していない豆を用いたコーヒー 」のことです。 最近では、「アメリカンコーヒー」=「薄いコーヒー」のような見解が広まっていますが、 アメリカンコーヒーとは単純に薄いコーヒーではなく、 浅く焙煎したコーヒー豆 を使用したものを指します。 豆には深煎り・浅煎りがあり、一般的に、コーヒー豆はその焙煎具合によって8段階に分けられます。 日本でもなじみのある「アメリカンコーヒー」の本当の由来を知っていますか? アメリカンコーヒーは、ただ薄いだけのコーヒーではありません。このページでは、コーヒーマイスターの筆者が、アメリカンコーヒーの誕生の背景と、特徴や作り方をわかりやすく解説しています。 ただ、ドトールコーヒーのドリップバッグ全般に言える事ですが、味がちょっと薄いんですよね…。そのため深みのある味わいではありません。 アメリカンとしてや、濃いめのコーヒーが苦手な人には、ちょうどいい飲みやすいコーヒーだと感じるでしょう。 Copyright© cofisso[コフィッソ]|コーヒー専門メディア , 2020 All Rights Reserved. アメリカンコーヒーとは、浅い焙煎で作ったコーヒーを指しています。 日本では、「アメリカンコーヒー=薄いコーヒー」と認識されているが、本来は 浅煎りコーヒーと いう意味だったのです。. そもそも、「 アメリカンコーヒー 」とは何なのでしょうか。 一言で、簡単にいうならば、「 あまり焙煎していない豆を用いたコーヒー 」のことです。 最近では、「アメリカンコーヒー」=「薄いコーヒー」のような見解が広まっていますが、 アメリカンコーヒーは、味も見た目も薄いので、「お湯の分量が多い・味が薄いコーヒー」と認識している人も多いかもしれません。 アメリカンコーヒーとは「豆を浅めに焙煎したコーヒー」のことを指します。 アメリカンコーヒーは浅いライトローストやシナモンロースト、ミディアムローストあたりのコーヒー豆を使っているので、中煎りのコーヒー豆を使うことが多いブレンドコーヒーに比べ苦味やコクが少ないために味が薄いと感じるのです。 コーヒー豆は焙煎時間が長いとコクや苦味が出やすくなります。 アメリカンコーヒーは好きですか?ただ「薄い」コーヒーというイメージから敬遠しているという方もいるのではないでしょうか?でもその実はとても奥が深いコーヒーなのです。本当の入れ方や楽しみ方、そのして魅力まで。しっかりと楽しみたいアメリカンコーヒーの世界をご案内します。, 最近はポケモンGOにハマっています。東京3年目の大学生、ネイルやバッグなどを見て歩くのが趣味だったりします。. アメリカでコーヒーが流行った当時、紅茶を輸入することが難しくなってしまい、紅茶の代わりにコーヒーを飲む人がたくさん増えてきました。 Copyright © 2020 珈琲博士 All Rights Reserved. 毎朝一杯のコーヒーが元気の源です。, コーヒー豆通販のおすすめ比較人気ランキング!コーヒーメディアが口コミ・価格・品質を徹底調査!, おうちカフェで「ダルゴナコーヒー」にチャレンジ!お家時間も楽しくなる新しいコーヒーの飲み方, 【別名モーニングコーヒー】アメリカンコーヒーは本当に薄い?アメリカ―ノとの違いを知る, 同じ浅煎りの豆で抽出してもアメリカの水と日本の水では性質が違うため、同じ味わいにはなりません。, 硬水で作ったコーヒーは酸味や渋みが出にくく、苦味が強い味わいになりますが、日本の軟水で作ったコーヒーは酸味がありまろやかな味になります。, 抽出に使うお湯の量は通常より多めですが、コーヒーをお湯で薄めていないため、味そのものが薄くなることはないのでしっかりした味が楽しめます。, 浅く焙煎した豆で作るのが日本のアメリカンコーヒーですが、エスプレッソをドリップコーヒーと同じくらいの濃さにしたのがアメリカ―ノです。, 日本流の浅い焙煎で作ったコーヒーは、酸味や風味があり、まろやかでスッキリしています。, 別名モーニングコーヒーとも呼ばれ、おもに朝飲むのが向いているといえるのではないでしょうか。, 【カフェイン過敏症?】コーヒーを飲んだあとに動悸を感じたら要注意!その原因や対処法・治し方を解説します. ステキな店があると知れば、おひとり様でも迷うことなくカフェ巡りやランチに行くことも。 苦くて濃いコーヒーは苦手。薄いコーヒーといったら、やっぱりアメリカンコーヒーだよね?, 筆者の私はコーヒーマイスターの資格を持ち、カフェ・喫茶店での勤務経験があります。今回はアメリカンコーヒーについて、わかりやすく解説していきますね!, 喫茶店のメニューだと「ブレンドコーヒー」とセットで書かれていることも多いですよね。, 関連記事:ブレンドコーヒーとは何か。アメリカンコーヒーとの違いは?【特徴と魅力を徹底解説】, でもこのアメリカンコーヒー、実は単なる薄いコーヒーではないことや、アメリカではなく日本発祥のコーヒーだということは、あまり知られていないようです。, そこで今回は、アメリカンコーヒーとはどのようなコーヒーなのか、その由来と作り方をわかりやすく解説していきたいと思います。, こんな疑問に答えていく内容となっていますので、ぜひ最後まで目を通していただけたら幸いです!, アメリカンコーヒーとは、「浅煎りのコーヒー豆」を使って淹れたコーヒーのことを意味しています。, ただ、いきなり「浅煎り豆」といってもピンとこない方もいるかもしれませんので、簡単に説明しますね。, 「生豆(なままめ/きまめ)」と呼ばれるコーヒー豆は、もともと白っぽい薄黄緑色をしています。, つまり私たちが一般的にイメージする茶色っぽいコーヒー豆は、焙煎後の豆というわけです。, この「焙煎」という工程では、コーヒー豆にどれくらい熱を加えるかによってコーヒーの味に違いが出ます。, 焙煎度による味の違いをザックリと表すと、浅煎り(熱を加える度合いが弱い)であれば酸味が強く、深く煎れば煎るほど苦味が強く感じられるようになります。, つまりアメリカンコーヒーで使う浅煎りのコーヒー豆は、そこまで熱を加えていない、酸味が引き立ちやすいコーヒー豆になります。, アメリカンコーヒー誕生の歴史や由来は諸説あるようですが、よく言われるのは以下の2つです。, 1827年にフランスで考案されたコーヒー抽出器具。挽いた豆と水を入れて直接火にかけて作る手軽さがウケて、高性能な抽出器具がなかった西部開拓時代のアメリカで普及しました。, 一度にたくさんのコーヒーを淹れられることと、直火式で手間がかからないことから、現在でもアウトドアを楽しむ人には愛用者が多いです。, その味を日本でも再現したいというところから、「アメリカ式の」という意味でアメリカンコーヒーという名称のコーヒーが普及していったようです。, なお、アメリカでは薄めの軽いコーヒーは「weak(弱い) coffee」と呼ばれたりします。その逆として使われるのが「strong(強い) coffee」。深煎りの豆を使った、苦味とコクの強いコーヒーです。, アメリカンコーヒーの味を「スッキリ・サッパリ」や「酸っぱい」と表現されることがあるのは、浅煎り豆を使っているからというのが大きな理由です。, また、アメリカンコーヒーを淹れる際にも浅煎り豆の酸味の特徴を活かす方法がとられるので(後述します)、それもスッキリ感につながっているといえます。, アメリカンコーヒーは、その軽い味わいから苦めのコーヒーよりもカフェインが少なそうと思われがちですが、実はそうでもありません。, コーヒー豆の1粒あたりに含まれるカフェイン量は、焙煎してもほぼ変わらないことが研究で解明されています。, ただ、コーヒー豆は焙煎を進めるごとに内部に含まれていた水分が蒸発して軽くなり、同時に膨らむ性質があるので容積が増えます。, そうなると、同じ軽量スプーン1杯分のコーヒー豆をすくった場合には、浅煎り豆よりも深煎り豆のほうがカフェイン量の少ないコーヒーができあがります。, 一方、重さ(グラム数)でコーヒー1杯分に使う豆の量を計った場合には、浅煎りでも深煎りでもカフェインの量はほとんど変わりません。, コーヒー豆を買うときに、「シナモン」や「ミディアム」(豆の焙煎度のこと)と書かれているものを選んでください。, 「アメリカンブレンド」と名前がつけられているブレンドコーヒーも、たいてい浅煎り~中浅煎りで焙煎されていますので、そちらでもOKです。, 浅煎りの豆を使うのとあわせて、豆の挽き加減は、やや粗目(中挽き程度)にするのがポイントです。, コーヒー豆は、細かく挽けば挽くほど味が濃く出る特徴があります。逆に、粗目に挽けば挽くほど味が濃く出にくくなるので、スッキリ感を強めたいアメリカンコーヒーの場合は、細かくし過ぎないほうが、それらしくなります。, ハンドドリップする場合の手順は通常と変わりませんが、お湯の量をやや多め(コーヒー粉量10gに対して、通常の完成量が120mlだとしたら140~150mlくらい)にすることがポイントです。, また、水は軟水を使いましょう。コーヒーの苦みは軟水に溶けにくい性質があるので、軟水だと浅煎りの特徴を感じやすく、豆本来の香りとさっぱりした味わいが楽しめるからです。, なお、日本の水道水や市販されているミネラルウォーターのほとんどは軟水なので、それで問題ありません。, アメリカンコーヒーは浅煎りの豆を使うのがスタンダードとされていますが、あえて以下のような方法で「アメリカンコーヒーっぽさ」を楽しむこともできます。, 浅煎りの豆を使うと酸味を感じつつバランスのとれた味になりやすいのですが、中煎りや深煎りの豆を使うことで、酸味を抑えながらマイルドで軽い飲み心地のコーヒーに仕上げることができます。, 私は浅煎り特有の酸味やフルーティーさがあまり得意ではないので、あえてこの方法で「アメリカンコーヒー風」をドリップすることもありますよ!, アメリカンコーヒーと似た名称のもので「カフェ・アメリカーノ」というコーヒーがあります。, こちらは、日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、スターバックスなんかではレギュラーメニューにも存在します。, アメリカンが浅煎りの豆を使うのに対し、アメリカーノでは機械で高い圧力をかけて抽出した「エスプレッソ」をお湯で薄めて飲みます。, エスプレッソの特徴は、コーヒーの味が凝縮して濃い味になること。それをお湯で割ることで、コーヒー感は維持しながらもスッキリと、飲みやすい味わいになるのが特徴です。, エスプレッソでは通常、深煎りの豆を使います。ですから、アメリカンコーヒーよりも酸味を抑えつつもコーヒーのしっかりとした旨味や風味を残し、それでいて軽く飲めるコーヒーを飲みたいときにはおすすめです!, アメリカンコーヒーとセットで語られることの多いブレンドコーヒーは、「味の濃さが違うもの」と思われがちですが、実はそうではありません。, コーヒーの有名な産地である「ブラジル」「コロンビア」などの単一の豆を使うのではなく、複数の産地や銘柄の豆、あるいは焙煎度の異なる豆などをミックスして抽出するのがブレンドコーヒーです。, ブレンドコーヒーの味は、ブレンドの方法によって薄くもなれば濃くもなりますし、酸味が強くなったり苦味が強くなったりと、まちまちです。, 今回は、昔ながらの喫茶店では定番メニューになっていることも多く、根強い人気のあるアメリカンコーヒーについて解説してきました。, 最近のカフェではあまり見かけなくなりましたが、スペシャルティコーヒーが普及していることもあって、アメリカンのような浅煎り豆を使った風味豊かなコーヒーを楽しめる機会は増えています。, もともと、日本では真っ黒な深煎りのコーヒーを好む傾向があったようですが、浅煎り豆の普及によって、よりコーヒー豆の特性を感じやすくなりました。, 今回の記事が、皆さんのコーヒーの楽しみ方を広げるひとつのキッカケになればうれしいです!, 浅煎り(熱を加える度合いが弱い)であれば酸味が強く、深く煎れば煎るほど苦味が強く感じられる, こんな疑問にお答えしますね。カフェや喫茶店のメニューで、「ブレンドコーヒー」を目にしたことがある人はとても多いと思います。単に「ブレンドコーヒー」と書いてあ…, 【青海珈琲 レビュー】「お試しセット」は3種類のブレンドコーヒー豆がお得に楽しめる!. 雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。, 筆者はコーヒーなら俄然ブラック派。濃い目のものもおいしいが、喫茶店などで少し長居したいときは量が多くてあっさりしたアメリカンコーヒーを注文する。, しかしアメリカンはニーズがある割に、お店としてもお湯で薄めているわけだから、コストも安く付く! 抜群の優れもの商品ではないか!, …何? アメリカンコーヒーがお湯で薄めたコーヒーだというのは、日本人の勘違いだって!?, コーヒーは豆の焙煎度、つまり加熱処理された時間に応じてその種類が分けられている。加熱時間の短い浅煎りのものから並べると、以下のような種類があるぞ。, このうち加熱時間の短いシナモンローストやミディアムローストの豆を使ったのが、アメリカンコーヒーである。, ちなみに通常のコーヒーに使われるのは4~6番目のハイロースト・シティロースト・フルシティロースト辺り。フレンチローストやイタリアンローストは、カフェオレやカプチーノなどの牛乳で割る用途で使用したり、エスプレッソになることが多い。, 豆は焙煎すればするほど、香ばしくてコクのある味わいになっていく。一方、あまり焙煎していないアメリカンコーヒーにも、「豆本来の酸味を感じられる」「あっさりしている」といった魅力があるのだ。, 単純に味わいが違うから薄く感じるだけで、決して薄めたコーヒーというわけではないのである。, それにしても、日本人にはアメリカンコーヒーを「薄くて量の多いコーヒー」…つまりお湯で薄めて量を増やしていると勘違いしている人が多いし、いまだにそれをアメリカンといって提供している喫茶店もある。, アメリカンコーヒーが日本で出回ったのは戦後のこと。まだまだ異文化に慣れていない時代背景を考えると、なんとなく後者の説のほうがリアリティがあるような…。, またお察しの通り、「アメリカンコーヒー」というコテコテな名前も、アメリカ人がつけたわけではない。, 「アメリカ人はこんなコーヒーを飲んでいたぞ!」といって、日本で流行しだしたのが始まりでアメリカンコーヒーと名付けられたのだ。アメリカのカフェで「アメリカンコーヒープリーズ!」などと言っても通じないので気をつけよう。, コーヒー(正確にはエスプレッソ)をお湯で薄めたものには、実は「アメリカ―ノ」という正式名称があり、アメリカンコーヒーとはまったくの別モノだ。, すなわち多くの日本人が「アメリカン」と呼んでいるものは、正確にはアメリカーノなのだ。うん、ややこしい! スタバやタリーズなどのコーヒーチェーンではちゃんとアメリカーノの名前で提供されているぞ!, アメリカンコーヒーはお湯で薄めたコーヒーではなく、浅煎りの豆を使ったコーヒー。その味わいの違いを、薄めているのと勘違いしている人が多いのだった。, かくいう筆者もインスタントコーヒーを作るときに「今日はアメリカンっぽくするか」なんて言って、お湯の量を増やしていた。みんながしている勘違いとはいえ、振り返ってみると恥ずかしいものだ…。, 違う違う。アメリカンコーヒーは『焙煎時間の短い浅煎りの豆を使ったコーヒー』なんだぜ。, ”regular coffee”って言えばいいぜ。向こうのコーヒーは浅炒りが主流だからな。, そういえば、イタリア旅行した時に『アメリカーノ』頼んだら、エスプレッソとお湯が別々に出てきてびっくりしたことがあるな。どこのカフェもそういうワケじゃないみたいだけど…, へぇ、セルフ式アメリカーノなんだね。でも、自分でお湯の量を調節できるのはいいかもねぇ。. どうしてアメリカンコーヒーを薄いコーヒーと認識されてしまったのか教えてください。ちなみにわたしも薄いコーヒーのことだと思っていました。なにか原因があったのでしょうか?きっかけを知っていらっしゃるかたいましたら、教えてくだ それに加えおすすめの飲み方をご紹介していきますので、ぜひ最後までご覧になってください。, 最近では、「アメリカンコーヒー」=「薄いコーヒー」のような見解が広まっていますが、, 「アメリカンコーヒー」は焙煎状態が3段階目のコーヒー豆が用いられることが多いのです。, 私の独断と偏見によるおすすめの飲み方や、飲むタイミングをご紹介していきたいと思います。. アメリカンコーヒーは好きですか?ただ「薄い」コーヒーというイメージから敬遠しているという方もいるのではないでしょうか?でもその実はとても奥が深いコーヒーなのです。本当の入れ方や楽しみ方、そのして魅力まで。しっかりと楽しみたいアメリカンコーヒーの世界をご案内します。 そしてこのコーヒーが日本に入ってきたとき、アメリカのコーヒーは「薄い」というイメージになります。 ですが喫茶店では浅煎りのコーヒーではなく、深煎りのコーヒーをお湯で薄めたアメリカンを提供 … そしてこれが「アメリカン」にもつながっていきます。 アメリカで流行っていた「薄いコーヒー」。その正体. カフェのメニューなどで、アメリカンコーヒーという名前を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。, 「名前は知っているけど似た名前のアメリカ―ノとの違いがよくわからない」とか、アメリカンコーヒーは単純に薄いコーヒーだと思っている方もいるはず。, はたして、ホントにアメリカンコーヒーは薄いコーヒーのことを指すのか、アメリカーノとの違いはどこにあるのか?, 日本では、「アメリカンコーヒー=薄いコーヒー」と認識されているが、本来は浅煎りコーヒーという意味だったのです。, 焙煎が浅いコーヒーほど酸味が強くなりますが、コーヒーの色は薄く出るため、アメリカンコーヒーは薄いというイメージがついたのではないでしょうか。, また、昔は外国の方が喫茶店でコーヒーを頼むことが多く、利益なども考えた結果、コーヒーにお湯を足して出していたともいわれており、このようなことからもアメリカンコーヒーは薄いといわれるようになったとも考えられます。, ちなみに浅煎りコーヒーがアメリカで作られるようになったのには、とてもアメリカらしいエピソードがあります。, コーヒー豆を長時間焙煎して目減りしてしまうのをを防ぐために、短い時間でできる浅煎りの方法が取られていたといわれています。, そのため、コーヒー豆の劣化も進んでしまうため、豆が劣化しても目立ちにくい浅煎りコーヒーが作られていたんだとか。, 合理的な考えや広大な土地が関係しているところは、まさにアメリカならではの理由ではないでしょうか。, 日本ではアメリカンコーヒーという言葉が定着していますが、じつはアメリカで「アメリカンコーヒー」といっても通じません。, アメリカンコーヒーというのは和製英語であり、英語では「弱めのコーヒー(weak coffee)」と呼ばれています。 アメリカで似たような名前だとアメリカ―ノコーヒーというのがありますが、アメリカーノコーヒーはエスプレッソコーヒーをお湯で割り、ドリップコーヒーと同じくらいの濃さにしたものを指します。, アメリカーノはお湯で薄めたといえ、もとがエスプレッソなので風味も強くコーヒーオイルもたくさん含まれているので、しっかりとした味わいを楽しめます。, アメリカンコーヒーとアメリカーノは名前こそ似ているものの、作り方や味には大きな違いがあるのです。, 同じ浅煎りの豆で抽出してもアメリカの水と日本の水では性質が違うため、同じ味わいにはなりません。 アメリカの水は「硬水」、日本は「軟水」となっています。 硬水で作ったコーヒーは酸味や渋みが出にくく、苦味が強い味わいになりますが、日本の軟水で作ったコーヒーは酸味がありまろやかな味になります。, このように同じアメリカンコーヒーでも水によって味に違いが現れます。以下、日本の軟水で作るアメリカンコーヒーのポイントをあげてみました。 ・コーヒ豆は浅煎りから中浅煎りにする ・豆の粗さは中粗挽きから粗挽き (苦味が出るのをおさえるため) ・お湯の量をいつもより1.2から1.3倍にする ・抽出速度をいつもより1.2から1.3倍にする(早く抽出すると香りを引き立たせる) 抽出に使うお湯の量は通常より多めですが、コーヒーをお湯で薄めていないため、味そのものが薄くなることはないのでしっかりした味が楽しめます。, 浅く焙煎した豆で作るのが日本のアメリカンコーヒーですが、エスプレッソをドリップコーヒーと同じくらいの濃さにしたのがアメリカ―ノです。 日本流の浅い焙煎で作ったコーヒーは、酸味や風味があり、まろやかでスッキリしています。別名モーニングコーヒーとも呼ばれ、おもに朝飲むのが向いているといえるのではないでしょうか。, カフェのような暮らしを日常に。生活の拠点となる情報を発信するライフスタイルマガジン。~コーヒーのある生活を~, オシャレなカフェ巡りが大好きなライター。 アメリカンコーヒーはニーズがある割に、お店としてもお湯で薄めているわけだから、コストも安く付く!抜群の優れもの商品ではないか!…何?アメリカンコーヒーがお湯で薄めたコーヒーだというのは、日本人の勘違いだって!

数学 参考書 安い, 日立 シーリングライト カバー のみ, カラー 安い 名古屋, パワハラ具体例 厚生 労働省, Filmora 製品登録 できない, 7-zip コマンドライン 解凍 パスワード,