04
12月

イグアスの滝 水量

世界最大の滝幅4km、最大落差約80m URL https://livrebrasil.theshop.jp/, ucarinさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog No reproduction or republication without written permission. 滝といえばマイナスイオンのイメージがあるかもしれません。しかし「世界三大瀑布」となると、その様相は大きく異なります。大迫力の滝を眺める旅に出かけましょう。, 世界最大の滝幅4km、最大落差約80mから流れ落ちるイグアスの滝は圧倒的な迫力。南米のアルゼンチンとブラジルの国境をなすイグアス川の最下流部にあります。イグアスの滝には、さまざまな見方があります。アルゼンチン側には「悪魔ののど笛」と呼ばれる展望台から滝を見下ろし、逆にブラジル側からはいくつもの滝を見上げる景観を眺められます。モーターボートに乗って滝つぼ近くに迫れば、世界一の水しぶきを目の前で体感できます。また、ヘリコプターで上空から見学するのもおすすめです。, 現地で「モシ・オア・トゥンヤ(雷鳴とどろく水煙)」と呼ばれるビクトリアの滝は、世界三大瀑布の一つ。ザンビアとジンバブエにまたがるように位置しています。滝から落ちる水量は世界屈指で、幅約1700m、落差108mの滝から1分間で5億リットルもの水が流れると言われています。落下する膨大な水によって、約1000mもの水煙や、滝つぼ付近では強風が生まれています。ビクトリアフォールズ国立公園のビューポイントをめぐって、さまざまな角度から滝の景観を楽しみましょう。雨期の1~8月に訪れるのがおすすめです。, 世界三大瀑布の一つ、ナイアガラの滝はカナダとアメリカの国境にあります。実はナイアガラの滝とは、「アメリカ滝」「ブライダルベール滝」「カナダ滝」の3つの総称です。カナダ滝の近くにある展望台「テーブルロック」からの眺めは、最も代表的でダイナミックな景観。カナダ滝の水が落ちる大迫力の様子を間近で眺められます。他にも、オープンデッキの船に乗って滝つぼギリギリまで近づく迫力満点のクルーズや、カナダ側にある展望台「スカイロンタワー」から見下ろす地上227mのパノラマなど見どころが豊富です。, ■住所 Ruta 101 Km 142, 3370 Puerto Iguazu■電話番号 (011) 52587318■電車でのアクセス 園内 悪魔ののど笛駅より徒歩約15分, ■住所  Mosi-o-tunya Road, Livingstone, Zambia■電話番号 +260 95 5711838■空港からのアクセス ジンバブエのビクトリアフォールズ空港より車で20分 ザンビアのリビングストン空港より車で20分, ■住所 6650 Niagara Pkwy, Niagara Falls, ON, Canada■電話番号 +1 905-358-3268■徒歩でのアクセス シェラトン・オン・ザ・フォールズホテルより徒歩20分 マリオット・ゲイトウェイホテルより徒歩20分 ※有料観光シャトルWEGOでもアクセス可能■駐車場 あり(有料). 公開された写真には、すさまじい迫力のイグアスの滝が映し出されている。 滝の通常の水量は毎秒150万リットル。4,600万リットルは、じつに30倍以上だ。これまでの最高値は1983年に記録されている毎秒3,500万リットルで、この数字を塗り替えた。 The Asahi Shimbun Asia&Japan Watch (ENGLISH). 今回は世界の三大瀑布と呼ばれるナイアガラの滝、ビクトリアの滝、イグアスの滝のご紹介です。よく「どれがお薦め?」と質問されますが正直、どの滝もお薦め! でも訪れる順番はとても大切です。すべて実際に行ってみた私が、滝を訪れる順番やポイントについてお伝えします! 滝幅4km!イグアスの滝(アルゼンチン・ブラジル) 圧倒的な水量!ビクトリアの滝(ザンビア・ジンバブエ) さまざまな眺望を楽しむ!ナイアガラの滝(カナダ・アメリカ) 1.イグアスの滝. Andrea Rさんの投稿写真. 世界三大瀑布の一つに数えられるイグアスの滝。その中でも世界一の水量を誇るイグアスの滝は、旅行前の下調べで様々な写真を見ていてもなお、現地のスケールは想像を上回る迫力でした。ブラジル側、アルゼンチン側どちらも観光した行き方と見どころについてご紹介したいと思います。 滝と言えば隣のブラジルとアルゼンチンを跨がっているイグアスの滝が有名だが、パラグアイでは、このサルトクリスタルが有名だ。 最近は干魃が続き、水量が無いことを予測していたが、予測に反し、しっかりと滝は水量を保ち、流れていた。 世界三大瀑布のひとつで最大落差80m以上とも言われているイグアスの滝。なんとこの滝が存在するイグアス国立公園の中にはこの絶景を望めるホテルもあるんだとか、、!南米の野生動物が多く住む自然いっぱいの公園で、絶景を見ながらマイナスイオンに癒されたい! 【イグアスの滝☆虹が出やすいスポット】 観光ナンバー1スポット、長さ50mの大迫力の滝「悪魔ののどぶえ」 水量が多く、天気の良い日は水しぶきで虹が見れるかも♡ お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。詳しくはサイトポリシーのページをご覧ください。, 北米のナイアガラの滝、南米のイグアスの滝とともに「世界3大瀑布(ばくふ)」と呼ばれるアフリカのビクトリアの滝が、干上がっている。現地は100年ぶりという干ばつに見舞われ、川の水量が大幅に減ったためだ。世界的観光名所だが、訪れる人は減る一方で、地元住民は一刻も早く雨が降ることを願っている。, ビクトリアの滝は、アフリカ南部のジンバブエとザンビアの国境を流れるザンベジ川にある。大量の水が100メートルを超える落差で流れ落ち、水煙が立ち上るダイナミックな景観が人気だ。1989年には世界自然遺産に登録された。, ロイター通信などによると、ザンベジ川の水量は毎年11月が最も少なくなるが、今年は干ばつが続き、95年以降で最も少なくなった。水不足のため、滝の下流の水力発電所からの電力供給は停止に追い込まれた。ジンバブエ、ザンビア両国は電力不足に陥っている。アフリカ南部では水不足による不作で、約4500万人が食糧不足に苦しんでいる。(真海喬生), ※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。. 世界三大瀑布の一つに数えられるイグアスの滝。その中でも世界一の水量を誇るイグアスの滝は、旅行前の下調べで様々な写真を見ていてもなお、現地のスケールは想像を上回る迫力でした。ブラジル側、アルゼンチン側どちらも観光した行き方と見どころについてご紹介したいと思います。, (注)私達は急遽連休が出来、直前の手配になったため、国立公園内のホテルは満室でした。ベルモンドホテル(ブラジル側)、シェラトンホテル(アルゼンチン側)は、どちらも国立公園内というロケーションで、空室があるなら移動時間を最小限に出来るのでおすすめです。近くの町フォス・ド・イグアス(ブラジル側)とプエルト・イグアス(アルゼンチン側)にそれぞれ宿泊しましたが、ホテルは数千円から空きがありました。, イグアスの滝は、ブラジルとアルゼンチンの間を流れるイグアス川に位置しています。両国ともにイグアス川沿いに国立公園があり、タクシーやバスで30分程度の距離に国際空港があります。国立公園の園内を散策しながらイグアスの滝を見学します。近郊の町へのアクセスにもタクシー、バスが使え、ブラジル、アルゼンチン間の国境超えもスムーズでした。, 私達はリオデジャネイロからブラジル側国際空港であるフォス・ド・イグアス国際空港(Aeroporte Internacional de Foz do Iguaçu=IGU)に移動し、その後ブラジル一泊、アルゼンチン二泊の上、同フォス・ド・イグアス国際空港からリオデジャネイロに戻りました。その行き方をご紹介します。, リオデジャネイロより2時間のフライトでフォス・ド・イグアス国際空港に到着します。長距離バスも出ていますが、15~20時間かかるため、飛行機がスムーズだと思います。, 空港からはタクシーかバスで移動します。ブラジル側フォス・ド・イグアス国際空港のタクシー、バスの乗り場はどちらも空港ターミナルを出て左、インフォメーションデスクの奥あたりにあります。, <ブラジル側に行く場合>コストパフォーマンスの良いバス移動がおすすめです。国立公園へもフォス・ド・イグアス市内へも緑のバスの120番に30分程乗ります。運行は20分間隔です。支払いは現金のみで、一律1人2.9レアル。乗車時に支払います。, <アルゼンチン側へ行く場合>タクシーがおすすめです。バスも走っていますが、イミグレーション手続き中に待ってもらえないため、次のバスに乗る必要があり、タイムロスが大きくなります。タクシーは出入国書類を積んでおり、ブラジル出国、アルゼンチン入国の2度のイミグレーション手続きを先導してくれます。私達は(1)ブラジル側国立公園からアルゼンチン市内のホテルへの移動と(2)アルゼンチン市内からブラジルの空港への移動でタクシーを使いました。ブラジルもアルゼンチンもメーターはなく、事前に金額を伝えられます。(1)80レアル(2)500ペソでした。, 出国のスタンプをもらったら、車に乗り込みアルゼンチン側のイミグレーションへ移動。アルゼンチン側は車に乗ったまま手続きを行いました。, アルゼンチン側の町プエルト・イグアスからアルゼンチン側国立公園にもバスで行けます。バスターミナルで往復チケットを購入し、終点が国立公園です。乗車時間は30分程、1人150ペソ。こちらも20分間隔で運行しています。, ちなみに、現在リオデジャネイロ在住の私達は、シュラスコよりもアルゼンチンビーフを求めてプエルト・イグアスの町の滞在を多くしました。免税店やカジノがあったり、バスターミナルを挟んだ道沿い(Av.CórdobaとAv.Misiones)にはおしゃれなレストランが集中していました。宿泊するならバスターミナル徒歩圏内が便利だと思います。人口3万人の小さな町で治安もよく、夕食の後は歩いてホテルに戻りました。, フォス・ド・イグアス市内のバスターミナルから120番のバスに乗り、緑に囲まれた道を終点まで乗ると国立公園に到着します。, チケットとロッカーの使用料を支払います。入園料1人63.6レアル、ロッカー1つ30レアル。, 2人分のボストンバッグが余裕で入る大きさです。スーツケースやバックパックのリュックも入れられるサイズでした。, 入り口付近には複数の言語で話しかけてくれるボランティアスタッフが多数いました。園内のマップを渡されオプションツアーの説明などを受けました。当日申し込みが可能です。, 地図左側が入り口、中央グレーの道をバスが走ります(運賃は入園料込み)。ボートや、サイクリングは有料オプションですが、右側の滝へ続くベージュの道は入園料込みで、歩いて滝の近くまで行けると教えてもらいました。, 身軽になったら、園内バスで移動します。ブラジル側のバスはポルトガル語の後に英語のアナウンスがありました。終点まで乗ることも出来ますが、園内のベルモンドホテル前にて下車し、滝の上へせり出す展望橋まで歩いて行きました。, 展望橋を渡り、悪魔ののどぶえが正面に見えるポイントまで歩きます。ここは常に水しぶきが発生していてびしょぬれになります。ほとんどの人がカッパを着用していました。, この後ランチをPorto Cantas Restaurantという滝の上流にあるレストランでとりました。オプショナルツアーはアルゼンチン側で申し込むことにしていたため、滝の見学と昼食で3時間ほどの滞在でした。, プエルト・イグアス市内のバスターミナルから国立公園へ移動、終点で降ります。ブラジル側とは雰囲気が違い、ボランティアスタッフのような人はいなく、チケット売り場に人がいるのみで、英語が話せる人も限られていました。園内マップも自分で探して手にしました。, アルゼンチン側は入り口のチケットのみ現金での購入が必要(カード不可、チケット売り場手前にATMあり)、それ以外の園内の支払いは全てカード利用可能でUSドルやレアル払いも出来ます。入園料は1人500ペソ。アルゼンチン側もオプショナルツアーの当日申し込みが出来ます。, ロッカーに荷物を預けられるのは同じですが、こちらはお土産屋さんに声をかけると鍵を貸してくれるという仕組。アルゼンチン側のほうが自然公園という雰囲気が強いと感じました。, アルゼンチン側は、歩いて周れる場所が豊富にあり、1kmを超えるコースも複数あります。(地図中央部の赤い道は1.7km、青い道は1.4km), まず、私達はアルゼンチン側で申し込むと決めていたボートツアーの予約をしに行きました。入園して150m程歩いた右手に、ボートツアーの申し込みブースがあります。黄色いシャツがツアースタッフさんの目印。, 全行程2時間のツアーで、5kmほど森の中をバスで移動してからスピードボートに乗り込み、滝を見学しながら、最後は滝へアタックという盛沢山のツアー。前日のブラジル側の公園で時間に余裕があったので、のんびり出かけて行ったら、今日のツアーは11:30開始のツアーに数席残りがあるのみで、時間が合わないならまた明日、と言われ慌てて申し込みました。1人950ペソ。, 結論、最高に楽しいです。最後の滝へのアタックは、これでもかという程ボートを運転するおじさまが滝に突っ込んでいってくれるので、全身水浸しになります。, ボートでは、乗船時に防水バックが配られ、滝に入る前に再度しっかりバックを閉めるようガイドがありました。いつの間にか運転手他スタッフの方達は完全防水武装になっていたのが後で納得。私達はカッパを着てましたが、留め具の隙間から水がどくどく入ってくるわ、最後まで目を開けていられないくらい滝に突っ込むわで、大量の水と戯れました。, 普通の洋服ではなかなか乾かないくらい濡れるので、替えの下着を持って行って、水着+カッパで乗船するのがおすすめです。, その後着替えを兼ねてランチを取り、登山電車終点のGarganta Stationへ行きました。走行中のアナウンスはなく、鐘の音が電車の到着を知らせます。登山電車は30分間隔で園内を走行しています。, 登山電車を降りてから約1km歩いた先に悪魔ののどぶえがあります。歩き始めの景色は穏やかそのもの。, 悪魔ののどぶえというのは、大量の水が流れ落ちる轟音がまるで悪魔の唸り声のようであることから名づけられたそうです。迫力の絶景です。, 禅を組んでいるような人もいて、そんなことをしたくなる気持ちも分かるような、しばらく見とれてしまう圧巻の景色でした。最も近くでイグアスの滝を感じられる最大の見どころだと思います。, アルゼンチン側の公園は歩けるところが多く、18時の閉園を少し過ぎるまで歩き回りました。どの角度からも美しい景色が広がっていて、感動の連続でした。, カッパ、水着、タオル、替えの下着、携帯用の防水グッズ、日焼け止め、ビーチサンダル、自撮り棒、スニーカー(登山靴でなくて大丈夫)、虫よけスプレー、長ズボン, です。ブラジル側もアルゼンチン側もかなり濡れることになるので、カッパは両日使いました。もちろん現地でも売っていますが、長めのものなどを持っているなら持参するといいと思います。また、自然の中を歩くので、虫刺されへの注意喚起があります。私は散策中はスニーカー+デニムで足を出さないようにしていました。, 圧倒的な自然と、ブラジル・アルゼンチンどちらで食べても美味しい豪快な牛肉は南米ならではの醍醐味。イグアスの滝観光は食事も含めて大満足の旅になりました。, リオデジャネイロに立ち寄るなら、絶景!コルコバードの丘のキリスト像への行き方 - handy tips*も参照くださいね。Boa viagem!, 2015~2016シンガポール、2017.5~ブラジル・アングラドスレイス、2017.10~ブラジル・リオデジャネイロに滞在しています。現地で試行錯誤したこと、体験したことを中心に書くことにしました。趣味はサルサ、カヤック、フレスコボール。ダンス全般。体を動かすことが好き、その後に飲むお酒も大好き。和牛も好きですが、ブラジル・アルゼンチンのお肉の美味しさに驚きました。もっといろいろ知りたくてポルトガル語の勉強中です。, 生活する中で見つけたブラジルらしいもの・日本未発売のものを日本在住の方向けにオンラインショップで紹介しています。, ショップ名 Livrebrasil All rights reserved. 朝日新聞デジタルに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 イグアスの滝(アルゼンチン/ブラジル) ... 高さ979mという、世界最大の落差を誇る滝です。あまりにも高所から落ちるため、水量の少ない時期の水は、途中で霧のごとく空中に消えていくほどです。 Tote Cさんの投稿写真. 現地は100年ぶりという干ばつに見舞われ、川の水量が大幅に減ったためだ… 北米のナイアガラの滝、南米のイグアスの滝とともに「世界3 | ブログを報告する. Copyright © The Asahi Shimbun Company.

神奈川 高校サッカー, 千葉ロッテ 河合, 越谷 サッカー クラブチーム, 佐藤健 好きな色, 東京 人口密度, 三浦りさ子 韓国, B-casカード 追跡, 海街diary 漫画, 佐々木勇気 インタビュー, 王将戦 リアルタイム中継, ダーツ 新団体,