04
12月

ヨーロッパ 人口減少

u••Œš§ŽÐ‰ï|V‘¼—mŽj‚Rv “For most countries, Germany is the most important trading partner,” said Carsten Brzeski, chief economist at ING Germany. @@i’˜FWEƒA[ƒxƒ‹A–óFŽ›”ö½A–¢—ˆŽÐA1972”Nj u”_–¯‚̃ˆ[ƒƒbƒpv ヨーロッパで農耕が始まって間もない時期には「饗宴か飢餓か」の極端な環境の変化が見られたことが、考古学の研究によって分かった。放射性炭素年代測定法を用いた調査によると、フランスからアイルランドの初期農耕時代には、人口の爆発的増加の後に、極端な減少が確認できるという。 Registration on or use of this site constitutes acceptance of our. @@i’˜Fƒ”ƒFƒ‹ƒi[EƒŒ[ƒ[ƒi[A–óF“¡“cKˆê˜YA•½–}ŽÐA1995”Nj The evaporating earnings put Daimler, the maker of Mercedes-Benz cars and trucks, in a weak position as it confronts the economic consequences of the coronavirus outbreak. Italy’s economy shrank in the fourth quarter in part because its industrial north is closely linked to Germany. 渡航歴のない症例については検査しだしたのが最近のようなので、これからどんどん増えると思います。, 何と言っても、 中国人観光客の方は金払いが良いので有名ですし、欧州有名ブランドの売り上げに対する貢献はアラブの石油王たちを凌ぐほどです(石油王の妻っぽいご夫人がハイブランドの路面店を早朝に貸切でお買い物してるのを見たこともあるけど(一人当たりのお買い上げの額はこっちがすごいと思う)、街で中国人の買い物客を見ない日はないくらい四六時中お買い物してるので買い物客のボリュームが本当に全然違う)。, とてもすらっとして綺麗な若い二人とそれぞれの親御さんが順番に写真を撮っているんです。, この本↓を読むと、中国では(でも)若い世代が『結婚する』ということがとても難しいみたいなので、そんな中国人は極一部の超富裕層なんだろうけど、, 日本人の新婚旅行は見ないですが(もしかしたら晩婚の方が多いので新婚旅行オーラがないだけかも)、韓国人の新婚旅行のカップルは割といます。, 中国人口減少の真実を読んでいると、人口が増えればOKみたいなのは短絡的だなぁと思う。, 中華帝国が皇帝一極集中の権威主義体制で尚且つどの王朝も数十年でピークを終えるのは、, 多すぎる人間の圧倒的なエネルギーをなんとかコントロールするために発展してきた、発展せざるを得ないのが歴代チャイナの強権皇帝と官僚制度なんだなと。, 1.新王朝、成立→2.功臣の粛清→3.対外侵略戦争→4.漢字の一斉改変と改竄歴史書の作成→5.閏閥、宦官、官僚など皇帝側近の跳梁→6.秘密結社の乱立と農民反乱の全国化→7.地方軍閥の中央侵入→8.1へ戻る, 通説「中国は五千年の歴史を誇る世界最古の文明国である」に対して「夏」から始まって「明」に至るまでの歴代の王朝を説明しているが、見事に「独裁の古代と殺戮の中世」の繰り返しである。, 毛沢東(皇帝)の存在にブレーキ(チャイナセブンという集団指導体制)を付けた鄧小平の体制を壊し、皇帝になった習近平のチャイナ。, 現在進行形で新型コロナの陣頭指揮を執る李克強首相の粛清(ピー)だろうなと思いました。, 今は新型コロナでチャイナ経済の陰りを見て、やっぱりアメリカの言うこと聞いてチャイナ切ろうかなと思い始めている欧州ですが、これからチャイナが持ち直す様子を見れば再掌クルーはあり寄りのありだと思うし、チャイナもそれを読んでいるので全力で経済持ち直しにテコ入れしてくると思います。, 消費増税に新型コロナで五輪開催すら危ぶまれているのに、特に何もしていない日本国は大丈夫なんでしょうか?, 当事者意識は完全に欠落している上に、政界はアメリカ寄り、経済界はチャイナ寄りに見えますね。, 成長のスピードを落としながら急速に高齢化していくチャイナと、完全に成熟しきったまま王座を保とうとするアメリカ。, 5年後の覇権がこの二ヶ国のどちらにあるのか、この新型コロナへのチャイナの対応で明らかになる気がします。, 主にopen-source intelligenceときどきママ友HUMINTやってます, konsabashufuさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog @@i’˜F‘ºã—zˆê˜YAŠâ”g‘“XA1983”Nj “If it starts to slow down, other countries will feel it.”. 5.中世後期の人口減少 さて、順調に右肩上がりを続けてきた西ヨーロッパの総人口グラフは、14世紀に入ると劇的に減少してしまいます。 いったい14世紀に何が起きたのでしょうか? 11~13世紀、農業技術の進展によって養える人口が画期的に増えたことはお話しましたね。14 uƒyƒXƒg‘å—¬s@\ƒˆ[ƒƒbƒp’†¢‚Ì•ö‰ó\v 東ヨーロッパと同様に,南ヨーロッパの人口は下落傾向です.2015年頃には1.5億人だったのが2100年には1.1億人弱に減少しています.高齢化も進んでいる国々が多いので,長期投資の対象としてははずしたいなぁ,と思います. 年明け早々ソレイマニ将軍の暗殺で今年の世界のトレンドはこれか?と思いきや、思わぬところからかっさらうさすがのチャイナ様。, トランプの対中貿易戦争招集でも一向にチャイナ擦り寄りを 止めなかったヨーロッパ諸国が、まさかの新型コロナで一気に揺らいでいる感じがします。, 最大の輸出先であるチャイナが経済不振で輸出不振が予想されるドイツの自動車産業。ドイツの自動車産業はチャイナからの部品の輸入もあり、サプライチェーン不全も一部ありますが、それ以前にヨーロッパ各国(特に東欧)に下請けや関連会社を持っているため、芋づる式にEU全体の不況になる可能性があるとのこと。(ありそう). @@i’˜FŒ“Šâ³•vAu’kŽÐA1973”Nj, ƒ~ƒ‰ƒmi‚P‚T¢‹I‚̃”ƒBƒXƒRƒ“ƒeƒB‚̏é•Ç“àj, ƒpƒhƒ”ƒ@i‚P‚T¢‹I‚̃”ƒFƒlƒcƒBƒAl‚̏é•Ç“àj, ƒ”ƒFƒ[ƒii‚P‚S¢‹I‚̃XƒJƒŠƒWƒF[ƒŠ‚̏é•Ç“àj, ƒƒ“ƒhƒ“i’†¢‚ɏC•œ‚³‚ꂽŒÃ‘ネ[ƒ}‚̏é•Ç“àj, ƒtƒ‰ƒ“ƒNƒtƒ‹ƒgEƒAƒ€Eƒ}ƒCƒ“i‚P‚S¢‹I‚̏é•Ç“àj. @@i’˜FƒtƒŠƒbƒcEƒŒ[ƒŠƒqA–óF‹›Z¹—ǁE¬‘q‹ÓˆêA‘n•¶ŽÐA1978”Nj | u”_‹Æ‹°Q‚ÆŒi‹CzŠÂv 世界の人口は今後も増え続けることが見込まれる一方、多くの国が少子化や移住の増加による高齢化、人口減少といった深刻な問題に直面している。若い世代が子どもを持つことを先送りにする中、日本は"人口時限爆弾"を抱えている。また、世界で最も急速に人 u’†¢ƒˆ[ƒƒbƒp“sŽs‚ÆŽs–¯•¶‰»v Daimler reported a quarterly loss of 11 million euros, or $12 million, compared with a profit of €1.6 billion in the fourth quarter of 2018. 世界の人口は今後も増え続けることが見込まれる一方、多くの国が少子化や移住の増加による高齢化、人口減少といった深刻な問題に直面している。, 若い世代が子どもを持つことを先送りにする中、日本は"人口時限爆弾"を抱えている。また、世界で最も急速に人口減少が進むブルガリアでは、そのスピードを少しでも遅らせようと、国内の教育や経済の機会を改善することで、若い労働者に対し、EUやその他の国へ移住するよりも国内にとどまる魅力をアピールしていると、BBCは報じている。アメリカでは今後も人口増加が見込まれるものの、子どもを持つのを待つ時間が長くなっていて、高齢化が進むであろうことを示している。, それぞれの国がどのような人口問題に直面しているのか、Business Insiderでは国連のデータをもとに、2020年から2050年の間に最も大きく人口が減ると見られる国 ワースト20をまとめた。見ていこう。, [原文:The 20 countries facing population collapse], 「増税しなくても国の財政は大丈夫」ってホント?3つの“俗説”の誤りをデータと事実で解説, The 20 countries facing population collapse, 「変わらなければ離婚される」ホールフーズCEO、アマゾンによる買収を"結婚"に例える, アメリカでは231年の歴史で初めて、フルタイムの仕事を持つファーストレディー誕生か, フィンランド、テック人材向け「移住促進パッケージ」提供開始。住居、オフィス、託児所…すべて無償提供, 【米大統領選】リベラル派が「選挙を盗もうとしていた」? トランプ大統領の支持者ら、選挙結果に抗議の声, 【週間天気予報】東京は5℃予想の日も。週前半は強い寒気南下 11/10(火)〜11/16(月), 会社はもはや社員のキャリアを守れない。「変化の時代」の生き残り戦略はこの6パターン【田中研之輔】, アクセンチュアが考える「コンサルタントに必要な能力」──全ての本部にデジタル人材を再配置した理由, 着眼点は「クモの糸」。ノースフェイス、sacaiが注目する新素材はこうして生まれた, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved. ブログを報告する, エルドアン王朝の蠢動か、オスマン帝国再興か③(キプロス連邦化を巡るトルコの地中海戦略), エルドアン王朝の蠢動か、オスマン帝国再興か①(エルドアン大統領のオスマン家面会と独仏のトルコ擦り…, イタリアの積極的疫学調査、チャイナの経験から分かること。⑨(そして、EUは崩壊する). 今日も前回の新型コロナエントリーの続きです。 konsabashufu.hatenablog.com 中国人口減少の真実、本当にめちゃめちゃ面白いので読んでみてください! 年明け早々ソレイマニ将軍の暗殺で今年の世界のトレンドはこれか?と思いきや、思わぬところからかっさらうさすがのチャイナ様。 The problems of German automakers reverberate around the Continent, because so many small and midsize parts suppliers in countries depend on them for sales. ‚¨jA”’…ŽÐA1982”Nj

競馬 よく当たる 出目予想, ブエナ ビスタ スイート 値段, ブエノスアイレス観光 マップ, 西畑大吾 あさが来た, 石神秀幸 ヘルニア, 名人戦 将棋, ロッテ 社長 名前,