04
12月

化学兵器 テロ 世界初

LESSONS SPANNING HALF A CENTURY. これにより、第1師団司令部付隊化学防護小隊(練馬・「以下司令部付隊省略」)が73式小型トラック+1/4tトレーラー1両、除染車3形(B)1両、化学防護小隊長以下6名が第1波として出動。 麻原「アーナンダ、この方法でいけるか」 Gerhard Schraderが殺 虫剤の研究中、タブン(Tabun)を合成、2年後にサリン(Sarin)を合成。 1995年 東京都において地下鉄サリン事件発生、12名死亡 1994年 長野県松本市においてサリン事件発生 7名死亡 化学兵器 歴史. 麻原「新進党と創価学会がやったように見せかければいいんじゃないか。サリンを撒いたら強制捜査が来るか、来ないか、どう思うか」 10: 2019/03/19(火)03:16:08 . (サリンの揮発性について村井と麻原が会話) 麻原「そうかもしれないな。今年の1月に関西大震災[18]があったから、強制捜査がなかった。今回もアタッシェが成功していたら強制捜査はなかったかな。やっぱりメッシュが悪かったのかな」 午後1時30分、霞ヶ関駅に到着、偵察(ガス検知器2型でサリンを検知)そして除染作業を行なった。, 以下細部状況として、第1師団化学防護小隊のエキスパート隊員は、防護マスクに化学防護衣を装着。ガス検知をした後、事件発生の霞ヶ関駅構内、駅長室までも、付着した有毒物質「サリン」を中和させる塩素酸ナトリウム溶剤(さらし粉、苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)類)を携帯除染器2型(噴霧器)で散布。第2波の隊員合流後、松戸電車区(現松戸車両センター)などへも移動して夜中まで除染作業は続いた。, 地下鉄サリン事件で、都知事からの要請があり、一番早く事件現場に駆けつけたのが練馬駐屯地に編成している第1師団の化学防護小隊(当時24名在籍、現在は第1特殊武器防護隊に改編)の生え抜き6名のスペシャリストであった。, 他に事件現場の特性として、除染を行う範囲が広範囲であったため、第32普通科連隊を中心[注 34]とし各化学科部隊を加えた臨時のサリン除染部隊が編成され、実際の除染活動を行った[注 35][注 36]。, また、自衛隊では警察庁の要請を受けて、自衛隊中央病院及び衛生学校から医官21名及び看護官19名が、東京警察病院・聖路加国際病院等の8病院に派遣され、硫酸アトロピンやPAMの投与や、二次被曝を抑制する除染といったプロセスを指示する『対化学兵器治療マニュアル』に基づいて、治療の助言や指導を行った[注 37]。, 医官は直前に行われていた幹部研修において化学兵器対応の講習を受けていた。聖路加病院へ駆けつけた医官は現場派遣時に講習資料を持ち出し、講習で得た知識・資料と患者の様子から化学兵器によるテロと判断し、PAMや硫酸アトロピンの使用を進言し、早期治療の要因ともなった。, なお、自衛隊では関東周辺の陸上自衛隊各部隊[注 38]に対し非常呼集対応を行なったものの、実働は本稿に記載されているように、最小限の部隊を派遣した。, 在京キー局の中で、事件の速報コメントは日本テレビ『ルックルックこんにちは』の開始直後の8:30、現場のお天気カメラ映像がもっとも早かったのが8:42に、テレビ朝日で生放送中だった『スーパーモーニング』であった。事件が発生した日、在京キー局の地上波テレビではNHK教育(現NHKEテレ)以外全ての局において8時30分以降の通常番組が報道特別番組に変更された[37]。また、事件発生から2日後の強制捜査の中継も放送された。, 新聞・テレビなどの各マスメディアは、本年1月に発生した阪神・淡路大震災を中心に報道してきたが、事件発生日を境に全国ネットのメディアはほとんどがこのサリン事件を中心に報道するようになった。テレビではワイドショーや一般のニュース番組でこの事件やオウム真理教の事を事細かく報じ(興味本位の報道も目立った)、毎週1、2回は「緊急報道スペシャル」として、ゴールデンタイムにオウムに関する報道特番が放送された。新聞も一般紙はもちろんのことスポーツ紙までが一面にオウムやサリンの記事を持ってくる日がほとんどで事件当時開幕を控えていたプロ野球関係の記事が一面に出ることは5月までほとんどなかった。この過熱報道は麻原が逮捕される日まで続いた。, 事件の発生はただちに世界各国へ報じられ、その後も世界各地ではオウム関連のニュースはトップとして扱われた(国松長官狙撃事件や全日空857便ハイジャック事件、麻原教祖逮捕など)。ドイツでは『ナチスの毒ガス(=サリンの意)東京を襲う』と報道された。オウム真理教による一連の行動を東京支局を含めて全く察知していなかったアメリカ合衆国のCNNでは、東京支局経由で速報を伝える段階で「アラブ系テロリストによる犯行の可能性がある」と誤って報じた。, 事件の目撃者は地下鉄の入り口が戦場のようであったと語った。多くの被害者は路上に寝かされ、呼吸困難状態に陥っていた。サリンの影響を受けた被害者のうち、軽度のものはその徴候にもかかわらず医療機関を受診せず仕事に行った者もおり、多くはそれによって症状を悪化させた。列車の乗客を救助したことでサリンの被害を受けた犠牲者もいる。, 目撃者や被害者は現在も心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しみ、電車に乗車することに不安を感じると語る。また、慢性的疲れ目や視力障害を負った被害者も多い。被害者の8割が目に後遺症を持っているとされる[38]。そのほか、被害者は癌に罹患する者も一般の者に比べて多い傾向があり、事件後かなり経ってから癌で亡くなる被害者も少なくない。, また、その当時重度な脳中枢神経障害を負った被害者の中には、未だに重度な後遺症・神経症状に悩まされ、苦しめられている者も数多くいる[注 39]。, 裁判では迅速化のため、負傷者は当初3,794人とされ、1997年12月には訴因変更により14人に絞っている。, 作家の村上春樹による被害者へのインタビュー集『アンダーグラウンド』があるほか、自身も事件に巻き込まれた映画プロデューサーのさかはらあつしによる著書『サリンとおはぎ』がある。, ジャーナリストの辺見庸も事件に遭遇した自身の体験をもとに評論、エッセイ、小説などを書いている。, その他、フリーダイビング選手の岡本美鈴やカメラマンの野澤亘伸もこの事件に遭遇している。, 2009年、裁判員候補にサリン事件の被害者が選ばれたため、問題となった(実際には裁判員にならなかった)。, 教団の目論見とは裏腹に事件の2日後の22日、警察は全国の教団施設計25箇所で家宅捜索を実施した。自動小銃の部品、軍用ヘリ、サリンの製造過程で使用されるイソプロピルアルコールや三塩化リンなどの薬品が発見された。また、事件前の1月には上九一色村の土壌からサリンの残留物が検出されたことから地下鉄サリン事件はオウム真理教が組織的に行ったと推定したが、決定的な証拠が得られなかった。サリンをまいた実行犯も特定できず、松本智津夫ら幹部を逮捕する容疑が見つからなかった。, 事件から19日後の4月8日、警察は教団幹部であった林郁夫を放置自転車窃盗の容疑で逮捕した。教団に不信感をつのらせていた林が「私が地下鉄にサリンを撒いた」と取り調べていた警視庁警部補に対し自白。地下鉄サリン事件の役割分担などの概要を自筆でメモに記した。このメモで捜査は一気に進み、5月6日、警察は事件をオウム真理教による組織的犯行と断定し一斉逮捕にこぎつけた。この頃にはすでに新宿駅青酸ガス事件、東京都庁小包爆弾事件などが相次いでいた[41]。, 4月23日、村井秀夫刺殺事件が発生。これにより事件のキーパーソンである村井の持つ情報を引き出すことが不可能となった。, 地下鉄サリン事件は国内史上最悪のテロ事件であった。日本において、当時戦後最大級の無差別殺人行為であるとともに1994年(平成6年)に発生したテロ事件である松本サリン事件に続き、一般市民に対して化学兵器が使用されたテロ事件として全世界に衝撃を与え、世界中の治安関係者を震撼させた[注 40]。, 一連のオウム真理教事件によりオウム真理教は宗教法人の認証認可取り消し処分を受けた。警察の捜査と幹部信者の大量逮捕により脱退者が相次ぎ(地下鉄サリン事件の発生から2年半で信徒数は5分の1以下になった)、オウムは組織として大きな打撃を受け破産したが、現在[いつ? 井上「少しは遅れるかも知れないが、来ると決まっていれば来るでしょう」 麻原「これはポアだからな。わかるな。これから君たちは瞑想しなければならない。『グルとシヴァ大神とすべての真理勝者方の祝福によって、ポアされてよかったね』という詞章を一万回唱えなさい。それが君たちの功徳になるから」, 事件発生後の8時10分、日比谷線は複数の駅で乗客が倒れ、また運転士から爆発事故との通報を受け、築地駅や八丁堀駅、神谷町駅に消防車や警察車両など、緊急車両が多数送られた。次第に被害が拡大したため営団は8時35分、日比谷線の全列車の運転を見合わせ、列車・ホームにいた乗客を避難させた。一方で千代田線・丸ノ内線では不審物・刺激臭の通報のみで、更に被害発生の確認が遅かったため、運行が継続された。, 9時27分、営団地下鉄のすべての路線で全列車の運転見合わせを決定した(当時営団地下鉄の他路線との接続がなかった南北線も含む。副都心線は有楽町線併走区間を除いて未開業)。その後、全駅・全列車を総点検し、危険物の有無を確認した。, 被害者が多く発生した霞ケ関・築地・小伝馬町・八丁堀・神谷町・新高円寺のほか、人形町・茅場町・国会議事堂前・本郷三丁目・荻窪・中野坂上・中野富士見町の13駅にて救護所を設置し、病院搬送前の被害者の救護に対応した。, 大混乱に陥った日比谷線は終日運転を取りやめることになり、丸ノ内線・千代田線については被災車両を車庫や引込み線に退去させたのち、霞ケ関駅を通過扱い(停車はするがドアの開閉はしないでそのまま発車)して運転を再開したが、サリンが散布されたことが判明して自衛隊による除染作業の必要が生じた。そのため正午から約数時間、丸ノ内線は銀座駅 - 四谷三丁目駅間、千代田線は大手町駅 - 表参道駅間を部分運休した(このとき、霞ケ関駅の引込み線にあった千代田線の被災車両(203系マト67)も松戸電車区(現松戸車両センター)まで回送されている)。除染作業終了後はほぼ所定どおりのダイヤで運転を再開したが、終電まで霞ケ関駅を通過扱いする措置をとった。, 上記3路線以外の路線は確認を終えた路線から順次運転を再開させたが、全駅、全列車に警察官、警備員などが配置される異例の事態となった。, 事件直後、この5編成以外の編成で事件が発生したという情報もあったが、これは情報の錯綜などによる誤報であり、5編成以外で発生はなかった[注 27]。しかし、乗客等に付着したり、気化したりしたサリンは他の駅や路線にも微細に拡散していった。, 当初は「地下鉄で爆発」「地下鉄車内で急病人」など誤報の通報が多くサリンによる毒ガス散布が原因とは分からなかったため、警察も消防も無防備のまま現場に飛び込み被害者の救出活動を行った。現場では、東京消防庁の化学災害対応部隊である化学機動中隊が、原因物質の特定に当たったが、当時のガス分析装置にはサリンのデータがインプットされておらず、溶剤のアセトニトリルを検出したという分析結果しか得られなかった(ただし、サリンの溶剤としてアセトニトリルが使用されていた可能性がある)。さらに、この分析結果は、「化学物質が原因の災害である」ことを示す貴重な情報であったにもかかわらず、全現場の消防隊に周知されるまで、時間を要した[注 28]。, 救急車の到着が遅れたため、一部の急病人は、偶然通りかかった民間車両にて医療施設に搬送された。, 警視庁には8時20分ごろ、日比谷線八丁堀駅駅員から「2名病人が出た」と110番通報があり、その後他の駅からも「異臭がして病人が出ている」と相次いで通報が入った。 村井「はい。今度正悟師になる4人を使いましょう」 井上「可能だと思います」 石川「関係なしに来るでしょう」 地下鉄サリン事件(ちかてつサリンじけん)は、1995年(平成7年)3月20日に東京都で発生した同時多発テロ事件である。警察庁による正式名称は、地下鉄駅構内毒物使用多数殺人事件(ちかてつえきこうないどくぶつしようたすうさつじんじけん)[2]。日本国外では「英: Tokyo Sarin Attack」と呼ばれることがある[3]。世界でも稀に見る大都市圏における化学兵器を利用した無差別テロ事件であった。, 宗教団体のオウム真理教によって、帝都高速度交通営団(現在の東京メトロ)で営業運転中の地下鉄車両内で神経ガスのサリンが散布され、乗客及び乗務員、係員、さらには被害者の救助にあたった人々にも死者を含む多数の被害者が出た。1995年当時としては、平時の大都市において無差別に化学兵器が使用されるという世界にも類例のないテロリズムであったため、世界的に大きな衝撃を与えた。毎日新聞では、坂本堤弁護士一家殺害事件、松本サリン事件と並んで『オウム3大事件』[4]と表現されている。, 1995年(平成7年)3月20日午前8時ごろ、東京都内の帝都高速度交通営団(現東京メトロ、以下営団地下鉄)、丸ノ内線、日比谷線で各2編成、千代田線で1編成、計5編成の地下鉄車内で、化学兵器として使用される神経ガス・サリンが散布され、乗客や駅員ら14人[注 1]が死亡、負傷者数は約6,300人とされる。, 営団地下鉄では、事件発生に伴い日比谷線の運転が不可能となり、霞ケ関駅を通る丸ノ内線・千代田線については同駅を臨時に通過扱いとして運行することにしたが、一時的に部分運休した(後述)。運転再開後はほぼ所定どおりのダイヤで運行したが、終電まで霞ケ関駅を通過扱いする措置をとった。, 1995年(平成7年)3月20日は月曜日で、事件は平日朝のラッシュアワーのピーク時に発生した。これは村井秀夫と井上嘉浩が乗客数及び官公庁の通勤のピークが8時10分頃であると考えたためである[5][6]。各実行犯は500-600gの溶液(内サリンは35%程度)の袋詰めを2つ、林泰男だけは3つ運び、犯人は各々に命じられた列車に乗り込み、乗降口付近で先端を尖らせた傘を使い、袋を数回突いて下車[7]。それぞれの犯人が共犯者の用意した自動車で逃走した。これらの路線ではラッシュ時には非常に混雑するため、車両間を移動することは大変困難であった。, この事件は教祖の麻原彰晃が首謀、村井が総括指揮を担当、そして井上が現場調整役を務めた。サリンは土谷正実・遠藤誠一・中川智正が生成したものが使われた。, 事件から2日後の3月22日に、警視庁はオウム真理教に対する強制捜査を実施し、事件への関与が判明した教団の幹部クラスの信者が逮捕され、林郁夫の自供がきっかけとなって全容が明らかになり、5月16日に教団教祖の麻原彰晃が事件の首謀者として逮捕された。地下鉄サリン事件の逮捕者は40人近くに及んだ。, リムジン謀議(後述)には、麻原・村井・遠藤・井上・青山吉伸・石川公一の6人がいた。謀議に積極的発言をした麻原・村井・遠藤・井上の4人の共謀が成立するとし、同乗しながら謀議に積極的な発言が確認できなかった青山と石川の共謀の立件は見送られた。, 東京地方裁判所は、首謀者の麻原彰晃を始め、林郁夫を除く散布実行犯全員[注 2]と、送迎役のうち新実智光[注 3]に死刑を言い渡し、東京高等裁判所の控訴審ではさらに第一審では死刑求刑に対し無期懲役だった井上嘉浩[注 4]に死刑判決が言い渡された。実行役3人及び新実・井上両名の計5人に言い渡された死刑判決はいずれも最高裁判所で、2010年1月19日に新実の上告が棄却されたことをもって確定した。, 2012年(平成24年)6月15日、この事件に関与したとして特別指名手配されていた高橋克也が逮捕され、地下鉄サリン事件で特別指名手配されていた容疑者は全員逮捕された。高橋が逮捕されるまでに、前述した新実を除く送迎役は全員求刑通り無期懲役判決が確定しており、高橋も他の送迎役同様一・二審で無期懲役判決(求刑同)を受け、最高裁に上告中であったが、上告が退けられた。, 当事件を受けて、サリン等による人身被害の防止に関する法律が制定される運びとなった。, 麻原彰晃こと松本智津夫は、自ら設立した宗教団体であるオウム真理教内において、専門知識があり、また自らに対して従順な人材を複数配下に置き、日本を転覆させようと様々な兵器を開発する中でサリンにも着目し、土谷正実、中川智正らがこれを製造。池田大作サリン襲撃未遂事件、滝本太郎弁護士サリン襲撃事件といった事件を引き起こし、松本サリン事件では遂に死者が発生した。, またその頃、サリン70t製造を目指してサリンプラント計画が進行していたが、1994年7月などに異臭騒ぎを起こし周辺の土壌を汚染していたため、1995年1月1日、読売新聞朝刊が「上九一色村でのサリン残留物検出」をスクープ[8][9]。読売のスクープを受けオウムはサリンを処分し第7サティアンに建設中だったサリンプラントは神殿に偽装した。しかし中川智正がサリンの中間物質メチルホスホン酸ジフロライドCH3P(O)F2(裁判での通称「ジフロ」、一般的には「DF」)を密かに保管しており(諸説あり、後述)[7]、これが地下鉄サリン事件に使用されることとなったとされる。, 麻原は同1月17日の阪神・淡路大震災により警察の強制捜査は一旦遠のいたと考えていたが、同年2月末の公証人役場事務長逮捕監禁致死事件でのオウムの関与が疑われ、麻原ら教団幹部は強制捜査が切迫していると危機感を抱いた[注 5]。オウム内部では、1994年11月頃から東京の現職警官信者からの情報として強制捜査の噂が流れていた[10]。警視庁公安部内のオウム信者の情報では、薬品の購入ルートが調査されていることが麻原に報告されていた[11]。, このため、麻原は3月上旬、第6サティアン1階で井上嘉浩に、村井秀夫が東急ハンズで買ってきた液体噴霧器「六法煙書」を用いて、遠藤誠一が研究していたボツリヌストキシンの効果実験を行うよう指示。事件5日前の3月15日に営団地下鉄霞ケ関駅に井上嘉浩、山形明、高橋克也が六法煙書を仕込んだ改造アタッシェケースを3つ放置したが、水蒸気が出るだけで失敗した[12][7][13]。, 井上らは科学技術省の改造したアタッシェケースではどうせ失敗すると思っていたという。麻原は遠藤を叱責したが、遠藤は噴霧口のアタッシェケースのメッシュのせいで菌が死滅したとの自説を唱えた[13]。遠藤は裁判で毒が完成していないのにやらされたとしている[14][15]。なお、ケースは警視庁・警察庁の職員たちが利用する「A2」出入口構内に置かれていた。, 事件2日前の3月18日午前0時、都内のオウム経営飲食店で正悟師昇格祝賀会が行われる。祝賀会中に麻原は幹部に対し、「エックス・デーが来るみたいだぞ。」「なあ、アパーヤージャハ(青山吉伸)、さっきマスコミの動きが波野村の強制捜査のときと一緒だって言ったよな。」と強制捜査を話題に出していた[16]。祝賀会終了後の18日未明、上九一色村に帰る麻原ら幹部(麻原、村井秀夫・遠藤誠一・井上嘉浩・青山吉伸・石川公一)を乗せたリムジンにおいて、強制捜査への対応が協議された(リムジン謀議。車中謀議とも)[17]。, 麻原は「今年の1月に関西大震災(阪神・淡路大震災)[18]があったから、強制捜査がなかった。今回もアタッシェが成功していたら強制捜査はなかったかな。」と発言。井上がボツリヌス菌ではなくサリンならばよかったのではと回答すると、村井は地下鉄にサリンを撒くことを提案し麻原も同意した[17][7]。, 総指揮は村井、現場指揮は井上が担当となった。村井は実行役として今度正悟師になる科学技術省所属林泰男、広瀬健一、横山真人、豊田亨を推薦し、麻原が林郁夫も加えた(ちなみに松本サリン事件では逆に林郁夫を麻原の指示で実行役から外している)。, また井上が島田裕巳宅爆弾事件、東京総本部火炎瓶事件を実行し、事件は反オウムの者によるオウム潰しの陰謀と思わせて同情を集めることも計画された[7][19]。石川公一も自分の足を狙撃して自作自演事件を起こしたらどうかと志願したが、麻原はそこまでしなくていいとして止めた[17]。, 謀議内容については井上の証言に頼るものとなっているが、他に遠藤が「サリンつくれるか」「条件が整えば…」の発言があったことを証言している[20]。, 青山「いつになったら四ツになって戦えるんでしょう」 アメリカは開戦理由として、イラクが化学兵器や核兵器などの大量破壊兵器の開発を進めて保有していることや、アルカイダとつながっているこ� "Iran Likely to Take Accusatory Stance at CWC Review Conference". アメリカ合衆国の大量破壊兵器では、アメリカ合衆国が保有する、又は過去に保有していた3種類の大量破壊兵器:核兵器、化学兵器と生物兵器について記述する。 アメリカは核兵器を実戦で使用した唯一の国でもある。 また、アメリカは第一次大戦とベトナム戦争で化学兵器を使用している。 麻原「クーチャン[注 6]にやらせられるか」 地下鉄サリン事件(ちかてつサリンじけん)は、1995年(平成7年)3月20日に東京都で発生した同時多発テロ事件である。警察庁による正式名称は、地下鉄駅構内毒物使用多数殺人事件(ちかてつえきこうないどくぶつしようたすうさつじんじけん) 。日本国外では「英:Tokyo Attack」と呼ばれることがある 。世界でも稀に見る大都市圏における化学兵器を利用した無差別テロ事件であった。 遠藤「条件が整えば作れるのではないでしょうか」 UNITED STATES SENATE, DECEMBER 8, 1994, North Korea Persists in 54 year-old Disinformation - US Department of State, Mustard Munitions Processing Begins at ANCDF, United States Seeks Extension for Chemical Weapons Destruction - US Department of State, http://www.opcw.org/docs/csp8_nat_statements/USA.pdf, Obtain Microbial Seed Stock for Standard or Novel Agent, Draft NSDM re United States Policy on Warfare Program and Bacteriological/Biological Research Program, Naval Armed Guard Service: Tragedy at Bari, Italy on December 2, 1943, http://www.historynet.com/magazines/world_war_2/3027436.html, "Iraq links germs for weapons to U.S. and France", Abolishing Weapons of Mass Destruction: Addressing Cold War and Other Wartime Legacies in the Twenty-First Century By Mikhail S. Gorbachev, Nuclear Threat Initiative on United States (note: wrongfully writes that the original commitment to destroy all chemical weapons was for 2004 although this deadline was only for 45% of the stockpiles), U.S. Army Chemical Weapons Agency website, Nuclear Notebook: U.S. Nuclear Forces, 2006, U.S. Nuclear Weapons in Europe: New report provides unprecedented details, Timeline: United States and Chemical Weapons, Timeline: United States and Biological Weapons, Putin: U.S. pushing others into nuclear ambitions, U.S. government settles on design for new nuclear warheads, US announces plans to build new nuclear warheads, U.S. picks design for new generation of nuclear warheads, Bush administration picks Lawrence Livermore warhead design, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アメリカ合衆国の大量破壊兵器&oldid=77680112, 1999年には、アメリカ合衆国は合計で12000発の核兵器を所持していると主張していた. 麻原「(石川に対して)お前はそこまでやる必要はない」 これは「化学兵器」を使用した世界初の「化学兵器テロ事件」であった。 「オウム教団」の教祖である 麻原彰晃(本名:松本智津夫) 1995年3月20日に起きた「地下鉄サリン事件」 営団地下鉄の日比谷線・千代田線・丸の内線の 青山「島田さんのところに爆弾を仕掛けたら、世間の同情を買えるのではないでしょうか」 麻原「そうか」 井上「それだったら青山(南青山総本部)に仕掛けたらいいんじゃないでしょうか」 第一次世界大戦後(1930年)ドイツ人化学者Dr. アメリカ合衆国の大量破壊兵器では、アメリカ合衆国が保有する、又は過去に保有していた3種類の大量破壊兵器:核兵器、化学兵器と生物兵器について記述する。アメリカは核兵器を実戦で使用した唯一の国でもある。また、アメリカは第一次大戦とベトナム戦争で化学兵器を使用している。複数の情報源によると、アメリカの大量破壊兵器の備蓄量はロシアに継いで2番目であると言われている[1][2][3][4][5][6][7][8]。他の情報源によると、現在アメリカ合衆国はロシアより多くの核兵器を所持しているとされているが[9][10]、核兵器だけが大量破壊兵器というわけではない。, 第二次世界大戦中、マンハッタン計画によってアメリカで核兵器が開発された。1945年にはトリニティ実験として人類初の核実験を行い、その後2発の原子爆弾は広島と長崎に対して使用された。2回の原爆投下によって、10万人の日本人が死亡し、13万人が負傷したという[11]。そのほとんどは非戦闘員であった[12]。, アメリカはまた、頻繁に核実験を実施している。1,054回の核実験が1945年から1992年の間に行なわれた。しかし、正確な核実験の回数は分かっていない。というのは、複数の爆弾を使用した実験があったり、失敗した実験があったり、核爆発を起こさない核実験(臨界前核実験)が行なわれたりしているからである。アメリカは、1992年9月23日に包括的核実験禁止条約に署名[14](批准はしていない)するまでに多くの核実験を行なった。, アメリカ合衆国は、1968年に批准された核拡散防止条約(NPT)での5つの核保有国の1つである[15]。1993年の10月13日に、アメリカ合衆国上院は包括的核実験禁止条約(CTBT)の批准を拒否した。しかし、アメリカ合衆国は核実験を1992年以来行なっていない。それでもなお、臨界前核実験や核弾頭以外の部品の実験やスーパーコンピュータによる計算によって、実際の実験によらない知見の蓄積を重ねている。, 1990年代には、アメリカ合衆国は新規の核開発政策を変更し、その代わりに核備蓄管理(en:stockpile stewardship)と呼ばれる、老朽化した核兵器を維持・廃止する政策を取るようになった。ジョージ・W・ブッシュの監督のもとで、新世代の小型核兵器、「地中貫通弾(earth penetrators)」と呼ばれる核兵器の研究を進めることに決定された[16]。2004年にアメリカ議会を通過した予算案によって、核バンカーバスター(Nuclear bunker buster)や地中貫通弾(Robust Nuclear Earth Penetrator)といったいくつかの兵器の開発に対する予算が廃止されることとなった。, アメリカ合衆国の正確な核兵器備蓄数を決めることは難しい。というのは、各種の条約や組織によって報告する核兵器の基準に差があるためである。特に、備蓄されているだけのものや、廃棄待ち、再構成される核兵器をどう扱うかについてはまちまちである。, 2002年にアメリカ合衆国とロシアの間で調印されたモスクワ条約条約(SORT)によって、両国の核配備数を2200以下にまで削減することに合意した[20]。2003年には、アメリカはロシアからさらに1500発にまで両国の配備を削減するように提案されたが、アメリカはこれを拒否した[21]。, アメリカ空軍は現在450から500基の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を15程度の複合ミサイル基地で運用している。そしてそのほとんどは、ロッキー山脈の以北の州とノースダコタ州およびサウスダコタ州に位置している。アメリカ合衆国のICBMは全てミニットマンIIIの変種である。ピースキーパーミサイルは2005年までに退役・廃棄が完了した。全てのミニットマンIIミサイルは戦略兵器削減条約の取り決めに従い廃棄され、それらの発射サイロも処分されている。また、第二次戦略兵器削減条約(START II)により、ほとんどのアメリカの多弾頭(MIRV)化されたICBMは禁止され単一弾頭のものに更新された。しかしながら、START IIの批准をロシア側が拒否し条約が廃止されたため、アメリカには450発のミサイルに500発の核弾頭が搭載されたままで残っていると言われている[22]。SORT条約のもとで、アメリカは2003年現在1600発の核弾頭を500発のミサイルに配備しているが、それを2012年までに500発の核弾頭と450発のミサイルにまで削減するとしている。最初のミニットマンIIIは2007年に計画通りに廃止されたが、同時に、ミニットマンIIIに搭載されていた核弾頭は、小型のW62からより大型のW87へアップグレードされるとしている[22]。, アメリカ海軍は、現在14隻のオハイオ級弾道ミサイル潜水艦を配備している。各々の潜水艦は定数24基のトライデントIIミサイルを装備している。およそ12のアメリカの攻撃型潜水艦はトマホークを装備している。トライデントミサイルのいくつかはW88核弾頭を装備している。, アメリカ空軍は、戦略核爆撃機部隊(strategic nuclear bomber fleet)を指揮している。爆撃機軍は94機のB-52と19機のB-2からなる。64機のB-1全ては、2007年以来非核兵器のみを運用しており、もはや核戦力としてはカウントされていない。, それに加えて、アメリカ軍は小型の戦術核を巡航ミサイルや伝統的な戦闘爆撃機からの投下用の爆弾として運用している。F-15、F-16とF-35からの自由落下爆弾として、400発の核兵器を維持している[22]。そのうち、180発の戦術核兵器B61は、核兵器協定のもとでいくつかの国に共有されている[23]。, アメリカ合衆国の攻撃用生物兵器の研究は、フランクリン・ルーズベルト大統領とアメリカ合衆国陸軍長官のもとで1941年10月に開始された[24]。研究はいくつかの場所で進められた。生産施設は、インディアナ州のテラ・オートに建設された[25]。上級生産施設は、アーカンソー州のパインブラフに建設され1954年に生物兵器の生産が開始された。フレデリックのフォート・デトリックも後に生物兵器の生産・開発施設となった。それらの施設で、対人および穀物を対象とした対植物兵器が開発された[26]。アメリカは炭疽菌、Q熱、ブルセラ菌、ボツリヌス菌、野兎病菌、ウマ脳炎ウイルスなどの大量生産と兵器化に成功した[27]。, 1969年の半ばに、イギリスとワルシャワ条約機構は個別に、国連に対して生物兵器禁止を訴え、1972年には条約化された。アメリカ合衆国は大統領令によって1969年11月に生物兵器の開発を、1970年2月には化学兵器の開発プログラムを中止した。その後1975年1月22日にはジュネーヴ議定書を批准[28]、1975年には生物兵器禁止条約(BWC)を批准した[Kissinger 1969]。, 2001年のアメリカ同時多発テロ直後には、炭疽菌によるニュースメディア事務所と上院議員を狙ったテロが発生し、5人が死亡した。アメリカ炭疽菌事件も参照。, 第一次世界大戦では、アメリカ合衆国はフランスによって開発された化学兵器と、独自に開発した化学兵器を備蓄していた。当時、1400トンのホスゲンや175トンのマスタードガスを含む5770トンの化学兵器を開発していたという。これは当時開発されていた化学兵器の4パーセントに相当する。, 第一次大戦後、1922年のワシントン会議で化学兵器の廃止を訴えたが、フランスの反対により頓挫している。アメリカはその後も化学兵器の備蓄を続け、30000トン以上の化学兵器を所有していた。, 化学兵器は、第二次世界大戦中には連合国によって使用されてはいない。しかし、ドイツによる化学攻撃への報復を目的として、ヨーロッパに一定量の化学兵器が備蓄されていたという。それによって、少なくとも1つの事件が起こっている。1943年の12月2日の夜、ドイツのJu 88爆撃機によって南イタリアのバーリの港が攻撃され、数隻のアメリカ船が沈没した。その中には、マスタードガスを運搬するリバティ船「ジョン・ハーヴェイ」(en:SS John Harvey)も含まれていた(バーリ空襲)。ガスの存在は機密事項であり、港の責任者は何も知らなかった。そのために犠牲者は増え、医者はマスタードガスの犠牲者に対して手の施しようがなかったという。アメリカ軍の報告によれば、"69人の死者は完全に、または部分的にマスタードガスによるものであり、その大部分はアメリカ人商船員だった"。合計で628人のマスタードガスによる死傷者が出たという[Navy 2006][Niderost]。これらの犠牲者には、民間人は含まれていない。事件の詳細は、戦後しばらくまで秘匿されていた。, 第二次世界大戦後、連合国はタブン、サリンやソマンを含むドイツ軍によって開発された神経ガスを接収し、それをもとに神経ガスの更なる研究が全ての元連合国によって進められた。数千のアメリカ兵が冷戦中の化学兵器実験や、または事故に晒された[29]。それらの事故のなかには、1968年に起こった、6400匹の羊が拡散したガスによって死んだ事件がある[30]。, アメリカ合衆国はまた、インドールやLSDを含む多種類の非致死性の化学兵器を開発している(それらは洗脳や自白剤の一種として開発された)。それらの抗コリン剤の一種に、NATOのBZとして知られている3-キヌクリジニルベンジラートがあり、1960年代の始めに兵器化されたという。伝えられるところでは、BZはベトナム戦争中に対ゲリラ戦用兵器として用いられたとされているが、アメリカはそれらの兵器を実戦で使用してはいないと主張している[31]。また、北朝鮮と中国は、アメリカは朝鮮戦争でも化学・生物兵器を使用したと主張しているが、アメリカ自身は否定しており、ロシアの公文書でも否定されている[32]。, アメリカは最初期の化学兵器禁止条約、ハーグ陸戦条約と1922年のワシントン会議の参加国である。しかし、これらの条約は発効しなかった。また1975年1月22日にはジュネーヴ議定書を批准し、化学・生物兵器の使用を禁止している。1989年と1990年にはアメリカとソ連はバイナリ兵器[33]を含む化学兵器開発プログラムの終了に合意した。アメリカはまた、1977年4月に発効した化学兵器禁止条約を批准している。この条約では、当時アメリカが所有していたほとんどの種類の化学兵器の保有を禁じ、化学兵器の開発や、備蓄された兵器の廃棄、化学兵器の前駆物質や化学工場、運搬兵器の開発も禁じている。, 2009年7月、アメリカ陸軍化学物質局(en:United States Army Chemical Materials Agency)によると、1997年に宣言された通り、アメリカ合衆国は31,100トンの神経ガスおよびマスタードガスの備蓄のうち63パーセントの廃棄を終えたという[34]。2006年までに廃棄された化学兵器のうち、500トンだけがマスタードガスであり、その大部分はVXやサリンといった他の薬品であるという。残りの86パーセントは2006年4月に廃棄された[35]。, アメリカの13,996トンの禁止兵器は、フェイズ3の割り当てと期限に従い、2007年6月までに廃棄された[36]。最初のフェイズ3の公約では全ての国は2004年4月までに全貯蔵量の45パーセントを廃棄しなければならないことになっていた。しかし、その期限に間に合わないことが予想されたので、ブッシュ大統領は2003年9月にフェイズ3の期限を2007年12月まで延長するように、また全ての備蓄の廃棄期限であるフェイズ4の期限を2012年4月に延期するように要求した。この延期によって、ロシアを含むいくつかの国が条約から脱退した。2012年は化学兵器禁止条約によって許可された最終期限であるにもかかわらず、アメリカは国際情勢の変化からこの期限に間に合わないかもしれないと主張している[37][38]。, なお、オレゴン州のユマテラ化学補給廠を含むいくつかの化学薬品貯蔵庫は廃止された[39]。. 2ちゃんねるまとめっと座禅 ZA-ZEN © 2020. Gerhard Schraderが殺 ... プによって生物・化学剤の前駆物質入手が厳しく規制され、テログルー プの生物・化学兵器開発や製造はきわめて困難な状況 ... 一般市民への歴史上初の化学剤テロ. 霞が関の最高級官僚が電車通勤って海外の人驚いたやろなあ . 5つ星のうち5.0 世界初の化学兵器テロ事件 2005年2月22日に日本でレビュー済み 本書はサリン事件の捜査に協力した研究者による作品である。 Oliver Meier, en:United States Army Chemical Materials Agency, http://www.fas.org/programs/ssp/nukes/nukestatus.html, http://www.wmdinsights.org/I24/I24_G3_IranLikely.htm, http://www.armscontrol.org/act/2008_10/strategiclimbo, Analysts cannot calculate number of Russian, U.S. nuclear warheads, Obama team gearing up to cut nuke arsenal, Operation Ivy, 1952 - Enewetak Atoll, Marshall Islands, BBC NEWS | Americas | Mini-nukes on US agenda, Nuclear Arms Control: The U.S.-Russian Agenda, http://thebulletin.metapress.com/content/pr53n270241156n6/fulltext.pdf, http://www.armscontrol.org/act/2005_06/Belgium_Germany_Tactical.asp, Committees on Biological Warfare, 1941-1948, http://www.fas.org/nuke/guide/usa/cbw/bw.htm, IS MILITARY RESEARCH HAZARDOUS TO VETERANS' HEALTH?

鹿島アントラーズ 試合, ウイニングポスト 8 女性騎手, ラパンモード Cm 女優, 清水桜が丘高校 サッカー部 寮, イヴァンカ 現在, 高カカオチョコレート 痩せた, ロッテ免税店 銀座 日本人, ソウル ロッテ,