04
12月

告発のとき ネタバレ

利用規約│ »ガイドライン違反報告, 映画の原題「In the Valley of Elah」の翻訳がレビュータイトルなのですが、後のイスラエル王ダビデが巨人ゴリアテと対決した場所だそうです。ダビデとゴリアテの話は知っていましたが、場所まではさすがに知りませんでしたし、これをタイトルにしたハギス監督の真意はいったいどこにあったのか、映画を見る前まで図りかねていました。無謀な戦いを指すこの言葉を使うからには、ハギス監督の頭にはイラク戦争で命を散らした兵士たちが、アメリカのエゴの犠牲になったととらえたのでしょう。だからこそ映画の端々に、ブッシュ大統領をはじめ首脳陣の演説が使われているのではないでしょうか?最後のシーンでのトミー・リー・ジョーンズの行動にも、ハギス監督の思いが表れているように感じました。 正義感が強い。   公子の幼なじみ。旦那と離婚後スナックを経営しながら小学生の娘を育てるシングルマザー。, 武宮美貴の目撃証言の日付の謎は、鴻城が強化月間に点数を稼ぐために、癒着してるヤ〇ザの妹である武宮美貴の目撃証言の日付を変えさせたから。, 告発状の送り主は、鴻城のイジメにあい自殺した部下の同僚・高梨です。目的は、鴻城の不正を暴いて同僚の恨みを晴らすこと。, 旅館従業員・室田公子(乙葉)が、幼馴染の武宮美貴(内田慈)の目撃証言を受けた鴻城刑事(原田龍二)によって家宅捜索を受け、覚醒剤所持使用で逮捕された。だが佐方(上川隆也)は目撃証言に違和感を抱く。, 5月24日(月)美貴は小学校に通う娘の千夏を、ピアノ教室に連れていくため迎えに行った際、駐車場で公子がラリってる現場を目撃した。, 美貴は室田が刑務所に入ったときから叱咤激励し、やっと薬をやめたと思った矢先だったので、室田のために通報したという。, しかし佐方は、目撃の5月24日(月)は小学校は前日の運動会の振替休日だと気付いた。美貴の証言が嘘なら逮捕は違法になる。, そんな中、米崎地検公安部宛てに差出人不明で『室田公子の証拠は捏造だ』といくう告発状が届いた。, 筒井部長(伊武雅刀)は米崎東署の南陽署長に告発状の指紋検出を頼んだが差出人の指紋はなかった。状況からして内部告発の可能性が高い。, 佐方と花岡が美貴に会ってみると幼馴染を案じる気配はまったくなくイライラしていた。5月24日(月)が振替休日だと指摘すると、記憶違いで1週間前の5月17日(月)だと訂正した。, しかしその後、室田の勤務先の旅館で聞き込みをすると、5月17日(月)室田は残業していたと判明したため、美貴の目撃時間に現地に行くことは不可能だったとアリバイが成立した。, さらに美貴のスナックがある町の喫茶店のママから、美貴の兄はヤ〇ザで竜岡組の若頭補佐・武宮成明だという新事実が判明する。, 南陽署長の調べで、室田を逮捕した鴻城巡査部長は竜岡組と癒着してる悪徳刑事だと判明する。2年前にはイジメた部下が署内で拳銃自殺していた。, 竜岡組のライバル仁農会はクスリを仕切ってたので、室田を逮捕したことで、仁農会を弱体化させる策略だったと思われる。, 鴻城は武宮成明の妹である美貴が室田の覚醒剤を目撃した話を聞き、点数が倍になる『取り締まり強化月間』の6月に逮捕に会わせて日付を偽証させていた。, 鴻城は以前から、調書を勝手に書き換えてる噂があり、部下が上司に直訴したが、警察上層部が握りつぶした。だが告発文と佐方の捜査によって、鴻城は虚偽有印公文書作成・同行使の犯人として逮捕された。, 告発文の差出人は、鴻城にイジメられて2年前に自殺した志崎の同僚、高梨(堀井新太)。, 高梨は結婚相手の佳実の父親である、地域課課長の吉田から背中を押されて告発文を出していた。, また、鴻城の上司だった生活安全課課長の曽根崎は交番に左遷され、代わりに同期の吉田が警視に昇進した。, 吉田は、娘と結婚して義理の息子になる高梨を抱き込んで、出世のライバル曽根崎をハメた可能性があるが証拠はない。, 鴻城が逮捕されたのはスカっとしましたが、南陽署長が左遷されたのは理不尽でした。なんだか半沢直樹の世界です。, 原作の室田は覚醒剤を認めて尿検査も陽性で、鴻城の逮捕によって裁判は延期されますが、再逮捕される見込みです。, しかしドラマの室田は頑なに容疑を否認して無実を訴えてるので、美貴と鴻城にハメられて冤罪になったという脚本なのだと思います。. ● 次席検事:本橋信次郎(松尾貴史) 20代女性の恋愛やライフスタイルを応援する | お問い合わせ. »ガイドライン違反報告, ドキドキさせられ、心を揺さぶられ、そうだったのか、と驚かされもする、期待を裏切らない作品。アカデミー賞作品賞を受賞した「ミリオンダラー・ベイビー」「クラッシュ」の脚本家、ポール・ハギスの最新作。ただ、私はほんの少し甘味を感じてしまった。あざとい甘味を感じたのです。辛口が好きなので、もっと突き放した、キーンと心が冷えるぐらいの辛口仕上げの方が私は好みです。ハギスはTV出身とのこと。その辺は観客へのサービスが上手といえるのかもしれません。 映画「告発」は、クリスチャン・スレーター主演、マーク・ロッコ監督の1995年のアメリカ映画です。 ケヴィン・ベーコンは、この作品で放送映画批評家協会の主演男優賞を受賞しています。, そんな、映画「告発」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所について紹介します。, ■ スタッフ 監督: マーク・ロッコ 製作: マーク・フライドマン、マーク・ウォルパー 製作総指揮:マーク・ロッコ、デイヴィッド・L・ウォルパー 脚本: ダン・ゴードン 撮影: フレッド・マーフィ 音楽: クリストファー・ヤング, ■ 主要キャスト ジェームズ・スタンフィル:クリスチャン・スレーター ヘンリー・ヤング:ケヴィン・ベーコン ミルトン・グレン:ゲイリー・オールドマン メアリー:エンベス・デイヴィッツ ウィリアム・マクニール:ウィリアム・H・メイシー バイロン・スタンフィル:ブラッド・ドゥーリフ ヘンキンス:スティーヴン・トボロウスキー クラウソン判事:リー・アーメイ ロゼッタ・ヤング:ミア・カーシュナー ブランチ:キーラ・セジウィック, 脱出不可能、難攻不落と言われたこの刑務所を閉鎖に追い込んだ物語をご存じでしょうか?, 貧しさに耐え兼ね、妹の為にたった5ドル盗んだ青年ヘンリー・ヤング(ケヴィン・ベーコン)は、この罪により25年もの刑期を言い渡されアルカトラズに収容されます。, 家庭でのストレスをすべて虐待によって晴らそうとする副所長ミルトン・グレン(ゲイリー・オールドマン)からは、脱走防止だとしてひげそり用の剃刀でアキレス腱を切られてしまいました。, 衰弱とアキレス腱の損傷から異様な歩行姿になってしまったヘンリー(ケヴィン・ベーコン)は、ある日の食堂でとある囚人を見付けます。, ヘンリー(ケヴィン・ベーコン)は男に近付くと、力の限り首を刺して殺してしまったのでした。, 目の焦点も定まらず、正気を失っているようなヘンリー(ケヴィン・ベーコン)の弁護人となったのは、新人のジェームズ・スタンフィル(クリスチャン・スレーター)でした。, 新人故に無能扱いされ、血気盛んなジェームズ(クリスチャン・スレーター)と刑務所内で殺人を犯したヘンリー(ケヴィン・ベーコン)。, うつろな目をして全く自分に関心を示さないヘンリー(ケヴィン・ベーコン)に、どうやって事件の概要を聞けばいいのか煮詰まってきたジェームズ(クリスチャン・スレーター)は、まず彼自身の事について聞くことから始めます。, 徐々に心を開き始めたヘンリー(ケヴィン・ベーコン)は、妹がいる事、野球が好きな事などポツポツ語り始め、やがてその眼は嬉しそうに輝き始めるのでした。, 友達が欲しかったヘンリー(ケヴィン・ベーコン)にとって、ジェームズ(クリスチャン・スレーター)は初めて自分の話を聞いてくれた人だったのです。, こうして少しずつ距離を縮めたことで、ジェームズ(クリスチャン・スレーター)は、アルカトラズ刑務所内で行われている非道な虐待について知ります。, 当時のアルカトラズはアメリカが国家権力の象徴のような形で宣伝に使う、刑務所の中でも異質な存在でした。, そのアルカトラズを訴えるという事は、イコール国を敵にするのと同じことです。 しかし正義感に燃えるジェームズ(クリスチャン・スレーター)は全てを明らかにするべきだとして、刑務所内での虐待を理由にヘンリー(ケヴィン・ベーコン)を守る事を選びました。, この事実を元に裁判で戦うジェームズ(クリスチャン・スレーター)の働きにより、当初は死刑が妥当かと思われていたヘンリー(ケヴィン・ベーコン)の刑は、10年ほどの刑期で終えられる過失致死罪が付く方向へと変わり始めます。, そんな彼を前にして、正義感や名誉欲、そしてヘンリー(ケヴィン・ベーコン)への友情など入り混じった感情から、どうしてもその願いを聞き入れられないジェームズ(クリスチャン・スレーター)に、彼はまた心を閉ざしてしまいました。, あの手この手で色々な質問を重ねるジェームズ(クリスチャン・スレーター)の言葉など聴こえないかのように『死刑にしてくれ』とそれしか口にしないヘンリー(ケヴィン・ベーコン)。, しかし彼にはもっとやりたいことが沢山ある事を知っているジェームズ(クリスチャン・スレーター)は、どうしても彼を死なせたくなくてさらに質問を重ねます。, すると、とうとう耐え切れないようにヘンリーが叫びました。 『あそこに戻るくらいなら死んだ方がましだ!!』, この言葉により、刑務所の虐待の信憑性が認められ、ヘンリー(ケヴィン・ベーコン)は死刑ではなく過失致死罪という結果をもぎ取ったのです。, ヘンリー(ケヴィン・ベーコン)は、狭い独房に閉じ込められていたことによる弊害から曲がったままだった背筋を、ピンッと伸ばしてアルカトラズへ帰っていきます。, そうしてその三日後、再び戻された独房に『VICTORY』という文字を刻んで、短い生涯を終えたのでした。, 20分ほど続く凄まじい虐待シーンに心が折れそうになる冒頭からヘンリーの最期まで、グングンと心が引き込まれ視聴後はぐったりとした重みを感じます。, 最初に映し出されるヘンリーが人間だと認識できるまで時間がかかるほどのリアリティー溢れる作品でした。, この作品のパッケージには『涙ではなく拍手をください』と書かれているのですが、まさにその通りだと、見終わった後拍手をしたことを覚えています。, 悪役を演じさせたら右に出る者はいない、と言われるほどの名演技で非道な副所長になりきったゲイリー・オールドマンや、自らの出世欲や名誉欲の為に動いていたのに、やがて被告人との間に友情を感じるようになる弁護士を演じたクリスチャン・スレーターも素晴らしかったのですが、この物語は全てケヴィン・ベーコン、この人の凄味によって形成されていたと言っても過言ではありません。, ボロボロの廃人のような姿、正気を失った目、あそこには帰りたくないと泣き叫び、たった30分の日光浴を奪われそうになって縮む身体、歩き方や息遣い、目線の上げ方や話し方、そのどれをとっても実在したヘンリーの姿が今目の前にあるように感じられ涙が止まりませんでした。, 万引きは確かに犯罪ですが、しかし5ドル盗んだ罪が25年もの刑期と釣り合うでしょうか?, 妹を飢えさせたくなかった兄は、その若々しい人生を暗く湿った独房で過ごさなくてはいけない程悪い事をしたのでしょうか?, ヘンリーが裁判で妹に会った時『俺はお前の事を想像していたのかと思った。』というシーンでは、あまりに過酷な現実の前に、最愛の妹の存在さえ彼の中ではあやふやなものになっていたのかと、今思い出しても泣けてきます。, 何故弁護士は、彼が再びアルカトラズへ返されるのを阻止できなかったのか、なぜあれほどまでにひどい虐待を行っていた副所長がそのままの地位に居られるのか、そういった憤りも感じましたが、これこそが、この物語を事実であると証明していたように思います。, もしフィクションなら、彼がアルカトラズに返される事はなったでしょうし、副所長も更迭されて下手すると副所長自身が刑務所に入っている、そんな風な演出がなされたでしょう。, 困難な役に挑み、恐ろしいまでの生々しさでヘンリーという男性の人生を表現したケヴィン・ベーコンと、余計な脚色をつけず事実そのものを描き残してくれた監督に感謝したくなるような作品です。, 観るのにはそれなりの覚悟が要りますが、けれども見て損させるような作品ではありません。, 人が人を思う温かさであったり、今自分の生活で無理なく行えている『普通』の事が当たり前ではないのだと気付けたり、何を感じるかは人それぞれです。, 映画「雨あがる」は、寺尾聰主演、小泉堯史監督の1999年の映画です。 そんな、映画「雨あがる」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所について紹介します。 この「雨あがる」の脚本は黒澤明が遺したものです。. »ガイドライン違反報告, 互いのキャラへの愛が爆発!『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』4ショットインタビュー【後編】, 「みんな本気すぎた」アフレコ裏話を語る『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』4ショットインタビュー【前編】, 「鬼滅の刃」ヒロインにハーレイ・クインも!ハロウィンを沸かせた美麗コスプレ20連発, 会社概要│ 68点グレース・オブ・ゴッド告発の時のあらすじフランスのリヨンで妻と5人の息子たちと暮らすアレクサンドルは厳格 ; ネタバレ 告発のときのレビュー・感想・評価 Tweet Facebook Pocket Hatena 3.6 全 29 件 16% 58% 23% 2% 1% 採点 - レビューを書く 採点する. } else { } 公判部部長で佐方のよき理解者。, ● 刑事部検事:庄司真生(松下由樹) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「CLIPPY」では、 »ガイドライン違反報告, 映画を観ながら思い出したのが、ベトナム戦争からの帰還兵の心の傷跡を描いた名作「ディア・ハンター」。奇しくもちょうどあれから30年。ひと世代むかしだ。当時アメリカの故郷はまだ美しく、コミュニティは存在し、家族や友人との結びつきはあった。しかしこの映画で描かれるアメリカの片田舎はひたすら孤立しコミュニティもなく、セロン扮する刑事の家庭も崩壊している。トミー・リー・ジョーンズ扮する父親は、そのベトナム戦争に出征した元軍人(MP)。ハギス監督も「ディア・ハンター」を意識しているのだろう。あの時代から30年、アメリカはどう変わったか。アメリカ人は、ニューヨークやロスなどの都市生活者ではなく、そのほとんどが大陸内の無名の田舎の人々だ。その人々にも、心だけでなくコミュニティや家庭は崩壊し、救いはどこにも見出せない。それが証拠にラストシーンでは国旗まで登場させ、「危険信号」という分かりやすいメッセージを込めている。これからアメリカの民の心はどこに行くのだろう。  ハンクはちょっと逡巡したが、昔なじみの基地まで出向いて息子の行方を捜すことにする。愛車のピックアップでジョージアからニューメキシコまでぶっ飛ばす。フォート・ラッド基地は彼の知ってた頃とは様変わりで、イラクから帰ってきたばかりの息子の分隊はみなあどけない青年ばかり。息子を知らないか?「きっとすごいいい女がいたからしけこんでるんですよ」昔から変わらない能天気な軍隊の符牒が飛び交う。しかしそこここに不吉な兆しが。こっそり持ちだした息子の私物、壊れた携帯電話には、意味不明の動画ファイルがいろいろ。移民の便利屋に復元してもらったファイルが時々届く。動画を開くと、イラクの戦場風景が。不穏だ。よくわからない。しばしば焼けこげたイラク人の死体が映ってるが、どうも兵士じゃなさそうだ。女子どもの死体か。 マイペースな性格のメガネ女子。 ②整形外科医に紹介してもらったリスルの秘薬を飲んだマデリーンは、死ねない身体になった。実はヘレンも同じ薬を飲んでいた。2人はアーネストも仲間に引き入れようとしたが、アーネストは拒否して有意義な人生を送った。, 36歳のマデリーン・アシュトンはブロードウェイの舞台女優として活躍していますが、人気は絶頂期をすでに過ぎています。一部の人は「まだ生きてたのね」と言う始末です。, マデリーンとヘレンは長きにわたり、表面上は「よき親友同士」を装っていますが、水面下では醜い争いを繰り広げています。, ヘレンに恋人ができると、マデリーンはヘレンの恋人に露骨に迫り、奪ってきました。ヘレンはそのたびに悔しい思いをします。, ヘレンに新たな婚約者ができました。アーネスト・メンヴィルという36歳の外科医師の男性で、現在は美容整形医をしています。, ヘレンはアーネストの愛を確認するために、マデリーンと引き合わせることにしました。マデリーンの舞台を見に行きます。, 客席でアーネストはマデリーンを見ながら、早くも鼻の下を伸ばしており、ヘレンは嫌な予感がしました。, アーネストを連れて楽屋に挨拶に行き、マデリーンに婚約者と紹介すると、マデリーンもアーネストを誘惑する気まんまんです。, それでもヘレンは一縷の望みをかけました。今度こそは、アーネストがマデリーンに陥落しませんように…と思います。, ところが…やっぱり今回もダメでした。アーネストはマデリーンと結婚します。マデリーンが結婚までしたのは、今回が初めてでした。, ヘレンはあれ以降、すっかり仕事への意欲も喪失しました。連日テレビを見てはスナックを食べているので、ぶくぶく太っています。, 家賃を滞納し家主から立ち退き要求をされたヘレンは、それでも知らんぷりをしていました。家主は警察も介入させます。, マデリーンはブロードウェイの舞台から、映画女優に転身していました。マデリーンが首を絞められて殺されるシーンを繰り返し視聴して喜ぶヘレンは、精神病院に入れられます。, 病院で集団セラピーを受けてもヘレンは痩せず、いつもマデリーンへの恨み辛みばかり話すので、仲間たちからも嫌がられていました。, 堪えかねた精神科の女医が「彼女の存在を殺すのよ」とヘレンにアドバイスします。女医は「心の中で」というつもりで言ったのですが、ヘレンはなるほどと思いました。, 長年のライバルであるマデリーンに勝ち、さらに殺してしまえば…と考えたヘレンは、マデリーンへの復讐を誓います…。, そもそもマデリーンはヘレンから男を奪いたかっただけですから、結婚生活がうまくいくわけがありません。, マデリーンは女優の仕事もほとんど入ってこず、それでも若さに固執しています。街中の若い男を金で囲い、アンチエイジングに大枚をつぎ込みます。, 金遣いの荒い妻を持つアーネストは酒浸りに陥り、アル中になっていました。震える手でメスは持てないので、今は死者の死に化粧をする仕事をしています。アーネストの仕事は丁寧なので、好評でした。, ある日マデリーンの元に、ヘレンから出版パーティの招待状が届きます。新作の本のタイトルは『永遠の若さ』というものでした。12年前に一度ヘレンと会っているマデリーンは、ヘレンがぶくぶくに太っているのを知っているので、タイトルを鼻で笑います。, 「劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦」のネタバレあらすじ, 学園恋愛アニメ映画のおすすめ人気ランキングTOP15! 人気作の劇場版から話題のアニメ映画まで!. 高い検挙率を誇る。 恋愛、グルメ、健康と美容、 上川隆也さん主演の佐方貞人シリーズドラマ最新作【恨みを刻む】が9月6日(日)に放送されるので、原作小説を読んだあらすじネタバレを紹介します。【恨みを刻む】の原作は、柚月裕子さんの佐方貞人シリーズ『検事の信義』に収録された短編小説。 検察事務官・花岡尚子(瀧本美織)とともに補充捜査をはじめた佐方は、公子を逮捕した米崎西署の生活安全課係長・鴻城伸明(原田龍二)が、美貴の経営するスナックに出入りしていることを知る。その矢先、警察との関係悪化を嫌う次席検事・本橋信次郎(松尾貴史)が、捜査をやめるよう佐方に圧力をかけてきて…!? フラフラとした足取りで男に近付くヘンリー(ケヴィン・ベーコン)。 彼の手にはスプーンが握られています。 ヘンリー(ケヴィン・ベーコン)は男に近付くと、力の限り首を刺して殺してしまったのでした。  案の定、包囲した家の屋根を伝って容疑者が逃げた。刑事どもは路地から追っていく。こういう貧民路地に障害物はつきものだというのに。俺は通りからクルマで追う。ビンゴ! 目の前に飛び出してきたじゃないか。走りながらドアで倒す。こいつが息子を殺したのか。懐中電灯で殴りまくる。勢い余って止めに入った女警官も殴ってしまった。, なんと、いちばん怪しそうだったメキシコ系の戦友はシロだと判明。では誰が殺したのか? 事態は藪の中。さらに妻が息子の死体と接見に来た。これを空港に迎えて送り返すのはかなり骨だった。女はこういうのに動揺するからな。俺も動揺してないとはいえないが…。, チキン屋に残された息子のカードのサインは偽物だった。戦友の一人がサインしていたのだ。つまり、息子はそのときすでに殺されていた。偽のサインに気づいた女警官は、真犯人の戦友をすでに確保していた軍警察を脅しあげて、ついに遺族(つまり俺)立ち会いの被疑者尋問にこぎつけてくれた。, しかし心配なことがあるのだ。息子の携帯電話に内蔵されたメディアを復元すると、いくつか動画ファイルが獲れた。それはよくわからないものだったりしたが、息子が一般家庭を索敵して焼けた少女の死体にふざけたシールを貼るシーンとか、ハンビーの後部で捕虜の傷口に指を突っ込むシーンとかが入っていた。これは俺の息子なのか?, ついこないだ、バッテリがあがった俺にブースターケーブルを貸してくれた息子の戦友が、目前のテーブルで自白している。いわく、ストリップバーで息子は荒れており、踊り子に小銭を放り投げて暴言を吐いたので店から追い出された。戦友の一人と口論になった。荒れ地の真ん中で、ついにこいつがナイフを抜き、息子を刺した。別の戦友(こいつはすでに縊死した)がバラして焼こうと言ったのでそうした。食事してなかったので飢えていた、だから3人でチキンを買って食った、と。 佐方と同期で刑事部のエース検事。 エンターテインメントなど、  地元の警察はなっとらん。女の係官にデスクワークを押しつけて油を売ってる刑事たちも好かんが、女係官もダメだ。忙しくて粗雑な仕事しかできてない。みろ、いま追い返した女性は何も問題を解決されてないぞ。でも俺が頼れるのもこの女だけなんだな。え、やはり「軍警察の管轄なので」か。使えねーな。 )に、国家の恥部が浮き彫りにされてしまう。ベトナム戦争を扱った多々の映画があったが、今後はイラク、アフガニスタンにシフトされた映画が増えたら“歴史は繰り返される”結果で、アメリカという国家を疑いたくなります。「星条旗を逆さに揚げることは国のSOS」と言ったトミー・リー・ジョーンズ演じる父親が、映画の最後に星条旗を逆さに掲揚するシーンは重厚で、この映画のメッセージになっています。 document.write(' [ マイページ / 登録情報ログアウト ] '); ためになる情報を ● 鴻城の部下:高梨祥一(堀井新太), ■目撃者 var url; レビュー, アメリカは、何時まで続けるのだろう?大統領の言う大義名分など何の意味が有るだろう?主人公の息子、ごく普通の青年が戦場で人を殺す事によって自らの心も死んでしまう、そして最悪の結末へ。可哀想とか、そういう事じゃなくて、[人の命を奪うと言うことはそう言う事なんだ。]と言う事を父親の目をとうして淡々と描いて見せている、そうする事によって余計重くのしかかって来る。トミー・リー・ジョーンズもスーザン・サランドンもその辺を的確に演じていた。それにしても最近のアメリカ映画の悲しみの表現方法が少し変わって来たと思う、以前のように泣きわめいて爆発すると言うより、しっかり受け止めて苦しむ、と言う大人の表現になってきた。この方がよりリアルに伝わって来る。それにしても重い映画だった。  だがその後の息子は、携帯で撮った動画のように、死体を弄び、敵の負傷兵を虐待するようになってしまった。俺の…せいか?, 事件の全貌はわかった。イラクから帰還した分隊の、気の合う仲間が飲みに出かけた。些細なことで口論になり、一人が刺して、一人が死んだ。それだけだ。死んだのが息子だったのは偶然だ。刺した青年が殺されていた可能性も十分ある。俺は、ここまで付き合ってくれた女警官と別れ、ピックアップでジョージアに戻った。自宅には、生前の息子が送った郵便が届いていた。分隊の写真と、古い星条旗だった。これはたぶん俺が韓国やベトナムで使ったやつを譲り渡したやつだ。妻はこの郵便を開封しかけてやめ、眠っている。俺は、町の図書館か何かの前庭に国旗をかかげるエルサルバドル出身の男を訪ねた。いまこそ、この国旗を掲揚しなければ。逆さまに掲揚する国旗は国際救難信号だ。「たすけてくれ、もうどうしようもない」という意味の。, という感じで主人公視点かつたぬきち的に適当に要約してみました。間違ったとこもあるかもしれませんが、ご指摘いただければ直したいです。この映画は、カタルシスはあんまりないし、見てもスカッとしないので商業的な価値は薄い作品です。しかし、見た後忘れられない、何度も思い出す強烈な映画です。僕はそれが嫌いではありません。なので、ここに感想とあらすじをミクスしたものを載せときます。それだけです。, tanu_kiさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

藤枝東サッカー 練習会, 坂上忍 左利き, ジャパンカップ 過去, 八重の桜 キャスト, 韓国プロ野球 成績, 増田大輝 登板, 今岡誠 なぜ, 君と100回目の恋 キャスト,