04
12月

静岡学園 校歌 作曲

でも「それって、ほんと!?」と思う事もありますよね。そこでそんな疑問を解決すべくあれやこれやと調べては思うことを記事にしてみました☆, 「父は、福島の方々に大切にしていただきましたし、また父は、福島をどこよりも愛していました」, 「古関裕而の国際作曲コンクール入賞」の記事に触発されファンレターを書いたのが、おふたりの馴初めです。, https://bikuchan.com/wp-content/uploads/2019/04/6.png. 静岡学園中学校・高等学校(しずおかがくえんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、静岡市葵区東鷹匠町にある私立中学校・高等学校。略称は、「静学」(しずがく)。静岡市内では、「学園」でも通じる。, 偏差値は静岡県内の私立高校ではトップクラスである。春夏冬の長期休みには、特別授業を行っている。, 以前は、静岡市駿河区聖一色に所在していたが、隣接する静岡県草薙総合運動場の改修計画に伴い旧静岡県立静岡工業高等学校跡地に移転。[1] 高原列車は行く(岡本敦郎) https://t.co/sDcxfkEs5g, 長崎の鐘、スケール大きい昭和の名曲。これも子供の頃懐メロとして出会ったけど、良いものは良い。藤山さんの端正な歌唱も素晴らしいし、安田由紀姉妹のライブも心洗われる。, 伊藤久男『イヨマンテの夜』 ドンガバチョはカットされた模様。 pic.twitter.com/K8BQcwVy8I, 古関裕而さんの息子さん古関正裕さんは「父は、福島の方々に大切にしていただきましたし、また父は、福島をどこよりも愛していました」と語られています。, 没年月日:1989年8月18日(80歳没)・神奈川県川崎市にある聖マリアンナ医科大学病院で亡くなりました。, 朝ドラ「エール」では二階堂ふみさんが演じているように、金子さんは幼い頃からお転婆でオペラ歌手を目指していました。, その持ち前の行動力で「古関裕而の国際作曲コンクール入賞」の記事に触発されファンレターを書いたのが、おふたりの馴初めです。, 当時は雑誌の後ろに「文通相手求める」なんていうものがあり、いろいろな方と文通した思い出があります。, 「遠距離恋愛」という言葉も消滅すると思われる今日ですが、文通もまたよい時代でしたね。, 【古関裕而|竹取物語はどんな曲?留学しなかった理由と代表曲や校歌の一覧も!】をまとめました。, やっと娘が社会人になりほっと一息つけると思ったら、気がつけば巷にはいろいろなニュースが溢れています。 2009年4月7日、移転概要・建設計画が住民説明会で公表され、その後、県議会を経て2011年4月に移転することが正式決定した。 静岡学園校歌                       作詞  村野 四郎                        作曲  古関 裕而  1.悠久(ゆ… 古関裕而作曲の校歌. 静岡学園は平成23年4月静岡市の中心東鷹匠町の新キャンパスに移転。教養科学科を新設し新静学として大きく生まれ変わりました。shizugaku golden timeなど新カリキュラムが満載です。部活動ではサッカー部をはじめ優秀な成績を獲得し全国にその名が知られています。 BŽq‹Ÿ‚½‚¿‚͌Êւ³‚ñ‚̍ì‹È‚µ‚½‰Ì‚𖾂邭A‘吺‚ʼn̂¤‚±‚Æ‚É‚æ‚Á‚āA‰Ì‚̃Cƒ[ƒW‚ð‚Ó‚­‚ç‚Ü‚¹AŠwZ¶Šˆ‚ðŠy‚µ‚­‰ß‚²‚¹‚½‚Ì‚Å‚Í‚È‚¢‚Å‚µ‚傤‚©B. 古関裕而さんは学校の校歌も多く作曲されています。 古関裕而さんの息子さん古関正裕さんは 「父は、福島の方々に大切にしていただきましたし、また父は、福島をどこよりも愛していました」 と語られています。 3曲のうち2曲が古関氏の作曲となり、1代目の球団歌が、昭和14年に作詞:西條八十氏、作曲:古関裕而氏、歌唱:伊藤久男氏(2010年生誕100年)により、「巨人軍の歌-野球の王者-」として発表されております。 校歌・応援歌 古関さん作曲の校歌・応援歌の数は、福島県内では101校、全国では300校を超えると、古関裕而記念館の調査で確認されています。 地元福島県内では、「福島高等商業学校」(現福島大学経済学部)をはじめ、「会津高等学校」や「福島商業高等学校」などの校歌・応援歌を作曲しております。 古関 裕而(こせき ゆうじ、 1909年〈明治42年〉8月11日 - 1989年〈平成元年〉8月18日)は、日本の作曲家。本名は古關 勇治(読み同じ)。妻は声楽家で詩人の古関金子。, 気品ある格式高い曲風で知られ、現在でも数多くの作品が愛されている。生涯で5千に及ぶ曲を作曲したとされる。, 福島に生まれ、幼少期より音楽と作曲活動に親しみ、青年期には金須嘉之進に師事。1929年に国際現代音楽協会主催現代音楽祭作品公募のイギリス支部推薦作品として、自身の作品がノミネート。これを日本の新聞で「チェスター社主催作品公募入選二等」と報道されてしまったことをきっかけとし、それを機会に山田耕筰の推挙で東京の楽壇に進出。クラシック畑からポピュラー畑に転身、数多くの流行歌・歌謡曲や映画音楽、軍歌の作曲を手掛け、音丸の「船頭可愛や」、中野忠晴・伊藤久男らの「露営の歌」、伊藤久男の「暁に祈る」、霧島昇・波平暁男の「若鷲の歌」などを発表した。戦後は、ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」の主題歌「とんがり帽子」や、二葉あき子の「フランチェスカの鐘」、藤山一郎の「長崎の鐘」、伊藤久男の「イヨマンテの夜」、織井茂子の「君の名は」、岡本敦郎の「高原列車は行く」ほか、数多くの大ヒット曲を生み出した。, 他方で、早稲田大学第一応援歌「紺碧の空」、慶應義塾大学応援歌「我ぞ覇者」、中央大学応援歌「あゝ中央の若き日に」、東京農業大学応援歌「カレッジソング」、名城大学応援歌「真澄の空に」、三重県立四日市高等学校応援歌「希望の門」、 全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」、阪神タイガースの球団歌「大阪(阪神)タイガースの歌(六甲おろし)」、読売ジャイアンツの球団歌「巨人軍の歌(闘魂こめて)」、中日ドラゴンズの初代球団歌「ドラゴンズの歌(青雲たかく)」、東京五輪の選手団入場行進曲「オリンピック・マーチ」、NHKスポーツ中継テーマ「スポーツショー行進曲」など、応援歌、行進曲の分野でも数多の作曲を手がけ、和製スーザと呼ばれた。巨人、阪神は試合が伝統の一戦と呼ばれる間柄だが、古関本人はスポーツが苦手で、プロ野球にもあまり興味がなかったため、球団関係を気にすることなく作曲を引き受けた[1]。, また、母校である福島商業高等学校の校歌「若きこころ」を始め、北海道から九州に渡る多数の学校で校歌を作曲している[2]。, 楽器を一切使わずに頭の中だけで作曲を行い、同時に3つの曲を作っていたといわれる[3][4]。, 福島県福島市大町にあった呉服店「喜多三(きたさん)」に長男として誕生。父親が音楽好きで、大正時代ではまだ珍しかった蓄音機を購入し、いつもレコードをかけていた。古関は幼少の頃から音楽の中で育ち、ほとんど独学で作曲の道を志していく。同じ大町の近所に鈴木喜八という5歳年上の少年が住んでおり、のちに野村俊夫(作詞家)となって古関とともに数々の曲を世に送り出すこととなる[5]。, 1916年(大正5年)、古関は7歳のときに福島県師範学校附属小学校(現福島大学附属小学校)へ入学した[6]。担任の遠藤喜美治が音楽好きで、音楽の指導に力を入れていた。古関は10歳の頃には楽譜が読めるようになり、授業だけでは物足りなくなり、市販の妹尾楽譜などを買い求めるようになった。ますます作曲に夢中になり、次第にクラスメイトが詩を作って古関に作曲を依頼してくるようになる。こうして子供の頃から作曲に親しむこととなった。, 1922年(大正11年)、旧制福島商業学校(現福島商業高等学校)に入学した。同校に進学したのは家業を継ぐためであったが、常にハーモニカを携帯し、学業より作曲に夢中だったという。妹尾楽譜や山田耕筰著の「作曲法」等を買い集め、独学での作曲法の勉強を続けていた、年に2回行われていた校内弁論大会にハーモニカで音楽をつけることになり、古関が書き溜めていた曲を合奏用に編曲して大勢で演奏することになった。初めて自分の作品が披露された出来事であった[7]。しかし、在学中には家業の呉服店が倒産する事態にも遭った。, 学校を卒業する頃、当時の日本では有数のハーモニカバンドであった福島ハーモニカーソサエティーに入団する。古関は作曲・編曲・指揮を担当し、地元の音楽仲間が主宰していた「火の鳥の会」が近代音楽家のレコードコンサートを開いていた。ここで初めて近代フランス、ロシアの音楽に出会い、衝撃を受ける。傾倒したのは、リムスキー=コルサコフの『シェヘラザード』とストラヴィンスキーの『火の鳥』、ドビュッシー、ムソルグスキーなどである。このレコードコンサートには頻繁に通っていたという[7]。, 1928年、福島商業学校を卒業後、母方の伯父に誘われ、伯父が頭取を務める川俣銀行(現東邦銀行川俣支店)に勤務した。町内の寄宿先である、母の生家(いとこの実家)から通勤する一方で、作曲の勉強を続けていた[8]。この頃、学生時代から憧れていた山田耕筰の事務所へ楽譜を郵送し、何度か手紙のやり取りを行っている[7]。古関は、当時発行される山田の楽譜はほとんど空で覚えていたという。福島ハーモニカーソサエティーとともに仙台中央放送局(現NHK仙台放送局)の記念番組に出演する。この頃、リムスキー=コルサコフの弟子で仙台に在住していた金須嘉之進に和声法を師事することになった[9]。金須は正教徒で、正教の聖歌を学ぶため革命前のペテルブルクの聖歌学校に留学し、そのときリムスキー=コルサコフから管弦楽法を学んでいた。, 1929年(昭和4年)、イギリスロンドン市のチェスター社が発行する音楽雑誌『ザ・チェスターリアン』第10巻第77号[10]に掲載された管弦楽作品の懸賞募集を見て、同年7月に管弦楽のための舞踊組曲『竹取物語』を含む5つの作品を応募した。同年12月に福島商業学校の恩師、丹治嘉市に「2等に5曲共入賞致しました。協会からは既に旅費、及びその他の費用として、£400の金が送金されて来ました。」と手紙で報告し[11]、1930年(昭和5年)1月23日の福島民報新聞、福島民友新聞など各紙で入賞を大々的に報道された[12]。これらを典拠として『竹取物語』を日本人初の国際的作曲コンクール入賞作品とする文献があるが[8]、この作品が二等に入賞したとされる作曲懸賞募集の詳細は明らかになっていない。これは国際現代音楽協会主催現代音楽祭作品公募へのイギリス支部推薦を、古関が入賞と勘違いしたという説もある[13][14]。日本人の国際作曲コンクールあるいは国際作品公募において、現在も日本初であることが記録されているのは外山道子の「やまとの声[15]」である。, 『竹取物語』は、色彩的で斬新なオーケストレーションがなされており、また、打楽器のみで演奏される楽章なども含まれていたといわれる。, この入賞の報道を読んだ、声楽家志望で愛知県豊橋市在住[※ 1]の内山金子(きんこ)が古関にファンレターを送り、その後も100通を超える熱烈な文通を経て1931年2月9日、古関21歳、金子18歳で入籍し、同年5月19日に結婚式を挙げた[16]。古関はたいへんな愛妻家で、晩年までおしどり夫婦であったという。, この頃、古関は複数の交響曲やピアノ協奏曲、交響詩『ダイナミック・モーター』、弦楽四重奏曲など、膨大な作品群を完成させていたが、それらの楽譜は遺族が管理を怠り現在ほとんど行方不明になっている。『竹取物語』の所在も知れないという[※ 2]。, 1930年9月、コロムビアの顧問山田耕筰の推薦でコロムビア専属の作曲家に迎え入れられ、夫婦で上京した[8]。東京では菅原明朗に師事した。菅原とは同年9月から11月頃に出会い、童謡歌手の古筆愛子の自宅で開かれた勉強会で菅原からリムスキー=コルサコフ著『実用和声法』を教科書として学んだのち、1933年から1934年頃までの2年間、菅原から個人教授を受けた[17]。菅原は『竹取物語』のスコアを読んで驚き、古関には深井史郎よりも才能があったと、後年まで称賛している。師と仰いだ菅原明朗のほかに、橋本國彦とも親交が厚かった。, しかし、古関は実家が経済的に破綻してからは一族を養わなくてはならず、次第にクラシックの作曲から離れざるをえなくなった。コロムビア入社も主に生活費のためであったと考えられる。古関本人は作曲の勉強のための洋行を希望していたが、自身の内気な性格と当時の不況などが重なりそれは叶わなかった[18]。東京に移ってからのオーケストラ作品には、関東大震災を描いた交響詩『大地の反逆』がある[19]。これはストラヴィンスキー的な音楽であるといわれている。また、無調的な歌曲『海を呼ぶ』なども作曲している。, 1935年(昭和10年)7月、古関が25歳の頃、新民謡調の「船頭可愛や」(詩:高橋掬太郎、唄:音丸)が大ヒットし、人気作曲家の仲間入りを果たす[20]。この歌は瀬戸内海をイメージした長調の曲[21]で、1939年(昭和14年)には世界の舞台でも活躍したオペラ歌手・三浦環もレコードに吹き込んでいる[22]。, この頃、声楽家志望だった妻の金子は帝国音楽学校へ進んでいた。金子は後に声楽家のベルトラメリ能子(よしこ)及びその師のディーナ・ノタルジャコモの教えを受けた[23]。また同時期に古関は伊藤久男と交流を持ち、伊藤久男も帝国音楽学校へ入学することになる。作曲家の古関と作詞家の野村俊夫(福島市出身)、歌手の伊藤久男(本宮市出身)の三人はいずれも福島県出身で「コロムビア三羽ガラス」と呼ばれた[5]。, 太平洋戦争中の古関は数々の名作戦時歌謡を発表した。1944年4月、古関は、作家の火野葦平や洋画家の向井潤吉と共に特別報道班員に選ばれ、インパール作戦が行われているビルマに派遣された。ビルマ首都のラングーンに到着後、火野から歌詞を託され、ペストが蔓延する状況の中で「ビルマ派遣軍の歌」を完成させた[24][25]。, 古関メロディーのベースであったクラシックと融合した作品は、哀愁をおびたせつない旋律のもの(「愛国の花」「暁に祈る」など)が多かったが、それが戦争で傷ついた大衆の心の奥底に響き、支持された。戦時歌謡を作るかたわら、ヴァイオリン協奏曲のスケッチを重ねていたが、完成に至らぬうちに譜面が散逸したという。古関自身、前線での悲惨な体験や目撃が「暁に祈る」や「露営の歌」に結びついたと証言している。また自らの作品で戦地に送られ、戦死した人への自責の念を持ち続けていた。, 戦後は、暗く不安な日本を音楽によって明るくするための活動に力を注ぎ、クラシックの香り溢れる流行歌や、勇壮で清潔感のあるスポーツ音楽が大衆の心をとらえた。長崎だけにとどまらず日本全体に向けた壮大な鎮魂歌「長崎の鐘」をはじめ、毎年夏の甲子園に流れている高校野球大会歌「栄冠は君に輝く」や戦後日本の発展の象徴でもある1964年開催の東京オリンピックの開会式に鳴り響いた「オリンピック・マーチ」といったスポーツ音楽、現在も日曜以外のほぼ毎日放送されている『ひるのいこい』や『日曜名作座』といったラジオ番組のテーマ曲、その他にも「フランチェスカの鐘」「高原列車は行く」などの格調高い曲を数多く創作した。, テノールの美しい音色と格調のあるドイツ歌曲の唱法を基礎にした「クルーン唱法」で歌唱する藤山一郎、叙情溢れるリリックなバリトンで熱唱する伊藤久男など、古関の曲は歌手にも恵まれた。, 戦後は劇作家の菊田一夫と出会い、菊田脚本の戦災孤児の救済がテーマのラジオドラマ『鐘の鳴る丘』の主題歌「とんがり帽子」を皮切りに、菊田と名コンビを組み、『君の名は』などのラジオドラマ、テレビドラマ、映画、演劇、ミュージカルの数々のヒット作品を世に送り出した。1961年に菊田と手がけた森光子主演の『放浪記』は長期公演舞台となった。また、戦後の古関は、クラシック音楽の作曲を完全に諦めていたわけではなく、菊田と共同したミュージカル『敦煌』から交響組曲『敦煌』を編んでいる。, 古関は、NHKテレビラジオを通じて各音楽番組にも出演。ラジオドラマ『君の名は』では放送中に、スタジオにハモンドオルガンを持ち込み、生演奏をして劇中伴奏を務め、他の番組でも時折生演奏を行った。, フジテレビ系の音楽番組『オールスター家族対抗歌合戦』の審査員を、1972年10月の放送開始から初代司会者の萩本欽一とともに1984年6月24日に降板するまで務めていた。, 1977年、「栄冠は君に輝く」制定30周年を記念して夏の甲子園の開会式に招待された。大会旗掲揚に当たり大会歌の大合唱が起こり、その光景に感激したという。また、この大会では古関の母校である福島商業高校が甲子園初勝利を挙げ、自らが作曲した校歌を聴くことが出来た。, 1979年には最初の福島市名誉市民に選ばれ[26]、同地には1988年11月12日に「福島市古関裕而記念館」も建てられている。しかし古関はこの頃すでに入院生活を送っていたため、足を運ぶことは出来なかった。, 傘寿の誕生日を迎えて1週間足らずの1989年(平成元年)8月18日午後9時30分、古関は脳梗塞のため聖マリアンナ医科大学病院で没した(享年80)[27]。墓所は妻・金子と同じ神奈川県川崎市の春秋苑。古関家の墓がある福島市信夫山にも分骨された[28]。同年の秋ごろ、古関への国民栄誉賞の授与が遺族に打診されるも古関の遺族はこれを辞退した。その理由について、古関の長男は「元気に活動している時ならともかく、亡くなったあとに授与することに意味があるのか」と没後追贈に疑問を持ったためとしている[29]。なお、このタイミングでの国民栄誉賞受賞となれば、作曲家としては1978年(昭和53年)の古賀政男に次いで史上二人目となる予定であった[※ 3]。, 2009年4月11日に生誕100年を記念し、JR福島駅の発車メロディーに古関の作品が採用されることになった。在来線ホームに「高原列車は行く」、新幹線ホームに「栄冠は君に輝く」が採用され、発車メロディー用に30秒間にアレンジされた曲が流れている[31]。, 同年8月11日、同じく生誕100年を記念しモニュメントが古関の地元・福島市の福島駅東口駅前広場に設置された[32]。制作・施工費は約1500万円。30歳代後半の古関が、自身が愛用したオルガンを奏でる姿をかたどったデザインで、午前8時から午後8時までの1時間おきに「栄冠は君に輝く」「長崎の鐘」などの古関が作曲したメロディーが流れる仕組みになっている。, 2017年夏以降、出生地などで「野球殿堂」入りを応援する動きが活発になっている[33]。, 2020年春から、古関をモデルとした「古山裕一」を主人公とするNHK連続テレビ小説『エール』が、窪田正孝の主演(子供時代・石田星空)で放送されている[34]。, 2020年6月30日、「高原列車は行く」のモデルとなった磐梯急行電鉄(出典原文では「沼尻軽便鉄道」記載)の歴史をたどり猪苗代町住民有志が作製したDVDが古関の出身地・福島市に寄贈された[35]。, 度重なる古関の「放言癖」(楽器を使わずペンから音楽があふれる等々)から、元からそのような作品群は存在していなかったという説もある。, 「戦後にレコードがすべて破棄された」など、曰く因縁のついている戦時歌謡であるが、この曲に予定されていたレコード番号と、その前後の番号がすべて欠番になっていることから、「初めから作られなかったのではないか」という説もある。楽譜は古関裕而記念館で展示。また、レーベル原稿等も現存している。, そんな古関だが、楽器を使わずに五線紙とペンだけで作曲していた。「五線紙に向かうと、いつも新しい音楽がとび出してくる」と自伝で語っている。, 古関裕而1929/30かぐや姫はどこへ行った,を参照のこと。各支部は6曲まで推薦が可能であったが、その2番目に古関の曲が記されていたという話。しかし、これは「二等賞」ではない。支部推薦があっても、公式入選にならない曲はある。, 朝ドラ『エール』モデル・古関裕而と三浦環の縁「この一作で、流行歌への将来が展けた」3ページ目 「うぐいす歌手」のブームに乗って, 朝ドラ『エール』モデル・古関裕而と三浦環の縁「この一作で、流行歌への将来が展けた」4ページ目 三浦環が吹き込んだ「船頭可愛いや」, https://web.archive.org/web/20090815194609/http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20090811c3b1104811.html, “窪田正孝が主演 20年朝ドラ前期は「エール」 「栄冠は君に輝く」古関裕而氏モデル”, https://www.daily.co.jp/gossip/2019/02/28/0012104131.shtml, https://mainichi.jp/articles/20200704/k00/00m/040/016000c, http://www.town.ami.lg.jp/0000000400.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=古関裕而&oldid=80358280, 1938年「憧れの荒鷲」(作詞:西條八十、歌:ミス・コロムビア、二葉あき子、松平晃), なお、レコードに表示されている「ユージン・コスマン(編曲)」「ユージン・コスマン管弦楽団(演奏)」は本名(古関裕而)をもじって命名された, 1952年「ジロリンタンのうた」(作詞:サトウハチロー、歌:安西愛子、杉の子こども会), 1960年 陸上自衛隊行進歌「聞け堂々の足音を」(作詞:梅津統秋、補作詞:サトウハチロー), 1970年 NHKラジオ「早起き鳥」テーマ曲(作詞:佐藤竜太、歌:三鷹淳、真理ヨシコ), 東京都世田谷区立経堂小学校校歌(作詞:西條八十)(作品名:みどりあかるい)1951年, (長男・古関正裕との共著) 『風景の調べ―古関裕而スケッチ集』、古関裕而(私刊)、1988年, 齋藤秀隆『歴春ふくしま文庫67 古関裕而 うた物語』歴史春秋出版 2019年6月 978-4897575940. 静岡学園中学校・高等学校(しずおかがくえんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、静岡市 葵区東鷹匠町にある私立 中学校・高等学校。 略称は、「静学」(しずがく)。静岡市内では、「学園」でも通じる。 偏差値は静岡県内の私立高校ではトップクラスである。 気品ある格式高い曲風で知られ、現在でも数多くの作品が愛されている。生涯で5千に及ぶ曲を作曲したとされる。 古関 裕而(こせき ゆうじ、 1909年〈明治42年〉8月11日 - 1989年〈平成元年〉8月18日)は、日本の作曲家。 本名は古關 勇治(読み同じ)。妻は声楽家で詩人の古関金子。. この優勝は、第74回大会での鹿児島実業高等学校との両校優勝より2度目で、静岡学園としては初の単独優勝であった。, 2018年3月16日、男子2年生体操部員が吊り輪の練習中、セーフティマットに額から落下、外傷性頚椎損傷を負い四肢麻痺や排尿便障害の後遺症が残った。, 静岡工業高校は当時、所在地を太田町としていたが、敷地の大部分は瓦場町であるものの太田町、東鷹匠町の3町にまたがり、静岡学園は所在地を「東鷹匠町」としている。(住居表示未実施地区), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=静岡学園中学校・高等学校&oldid=80154254, 一、服する心 親の気持ちに応える。先生の指導に従う。先輩のことばに耳を傾ける。道理に服する。, 二、感謝する心 親の恩、師の恩、友のありがたさをしみじみと感ずる。生命を支える一粒の米、一杯の水にも感謝の念を持つ。, 三、全うする心 どんな小さなこともなげやりにしない。どんな困難にあっても屈しない。責任を持って最後まで頑張る。信頼できる人になる。, 指定のカバン - 緑(SHIZUOKAGAKUENという文字は黄色)※現在は使用に生徒課の許諾が必要。茶色(2011年度より), 1967年(昭和42年)12月 - 静岡学園創立15周年記念式を駿府会館にて挙行(静岡学園大学予備校、同草薙幼稚園と共催), 1975年(昭和50年)11月 - 静岡学園創立20周年記念・静岡学園高校10周年記念式挙行. 岡本敦郎『高原列車は行く』, 鳥肌立った。 翌2011年大会も連続で出場を決め、決勝まで進出し準優勝を成し遂げた。, 2020年、令和最初の第98回全国高等学校サッカー選手権大会にて青森県代表の青森山田高等学校を相手に前半2点の先制を許すも前半アディショナルタイムに1点、後半に2点を取り返し逆転し、3-2で24年ぶりに静岡県勢として全国制覇を果たした。 二葉あき子『フランチェスカの鐘』 なお、移転に伴い、新カリキュラムを採用した全国初の教養科学科を設置することが発表された。, サッカー部は、個人技をベースとしたショートパスをつなぐスタイルが伝統となっている。全国初登場となった1976年の第55回全国高等学校サッカー選手権大会ではその独特なスタイルが注目を集め、初出場ながら準優勝。プロの監督として、井田勝通が1972年から2008年まで指導していた。練習グラウンドは駿河区谷田にある静岡学園谷田グランド[2]。, 1995年の第74回大会では全国制覇(鹿児島実業高等学校との両校優勝)を達成した。, また、2002年には中学にもサッカー部が作られ、U-14東海大会優勝、U-14全国大会3位などの成績をおさめている。2008年にはJFAプレミアカップで優勝し、イングランドで行われたマンチェスター・ユナイテッド・プレミアカップに出場した。2009年には全国中学校サッカー大会で優勝した。, これまで長い間、高校総体(インターハイ)への出場は叶わなかったが2010年沖縄大会に総体初出場。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); NHK「エール」のモデルである音楽家・古関裕而さんの国際的コンクールの入選履歴を得た曲「竹取物語」はどんな曲だったのか聴きたいですね!!また、イギリス留学しなかった理由や代表曲の人気や校歌も!, NHK朝ドラ「エール」のモデルである音楽家・古関裕而さんの作曲した楽曲は現在でも私たちの心に響きます。, ドラマ「エール」の中でも描かれていましたが、古関裕而さんは1929年(昭和4年)チェスター楽譜出版社募集の作曲コンクールに入選し、日本人として初めて最年少で国際的コンクールの入選履歴を得た作曲家です。, 現在はピアノや楽器が無くてもパソコンがあればいろいろな音色が表現できるし、音符を書くのも知識があれば出来ます。, 音楽好きの父親の影響で音楽が身近だったとはいえ、頭に描く音楽を譜面に起こす作業や作曲を独学で出来る人は現代でもそうそういないのではないでしょうか?, クラシックと言えばベートーヴェンやショパン、チャイコフスキーなどなど思い浮かべる方も多いでしょう。, さて、そんな古関裕而さんが作曲され国際的コンクールで入賞した楽曲「竹取物語」とはどんな曲なのでしょう?, さらに残念なことに「竹取物語」だけでなく古関裕而さんの作曲した複数の交響曲やピアノ協奏曲、交響詩『ダイナミック・モーター』、弦楽四重奏曲など膨大な作品それらの楽譜は現在ほとんど行方不明になっています。, ・『竹取物語』は、色彩的で斬新なオーケストレーションがなされており、また打楽器のみで演奏される楽章なども含まれていた, ・師事した菅原明朗さんが『竹取物語』のスコアを読んで驚き「古関には深井史郎よりも才能があったと」後年まで称賛している, リムスキー=コルサコフの『シェエラザード』とストラヴィンスキーの『火の鳥』、ドビュッシー、ムソルグスキーなどに傾倒したとあります。, 古関裕而さんが入選した1929年(昭和4年)作曲コンクールでは副賞として留学ができるものでした。, 朝ドラ「エール」でも裕一が国際的作曲コンクールに応募した「 竹取物語」が入賞し、イギリス留学の費用を出してもらえることになりましたね。, その理由は1929年10月24日に起きた「暗黒の木曜日」世界恐慌が理由と言われています。, ドラマ「エール」のネタばれでも、イギリスへの留学も景気の悪化を理由に先方からキャンセルされてしまいます。, しかし、コンクールに出場して通知が来たならば、何らかの受賞があったのは間違いないと私は思います。, その他に、商業学校在学中に家業の呉服店が倒産し生活を支えなければならなかったのも理由のひとつではないでしょうか。, 古関裕而さんはもともとクラシック志望だったのですが、生活のためにコロンビアレコード会社に入り、さまざまな種類の曲を書いたそうです。, クラシックバレエからダンサー、クラシックピアノからジャズピアノなど路線を変えても成功する方が多いですよね。, 現在でも古関裕而さん作曲の曲は私たちの生活に深く根差しており、今聴いても色あせない旋律のものばかりです。, 多くの作曲作品が紛失していますが残された曲も数多くあり、いったいどのくらいの曲を生み出したのかと思うほど。, スポーツ界・学校の校歌・応援歌・歌謡曲・映画・舞台・ラジオ・テレビドラマ・アニメーションの主題歌や劇中音楽、さらには軍歌、交響曲と和製スーザと言われたほどです。, ひとことで「代表作」があげられない程「長崎の鐘」や「イヨマンテの夜」「白鳥の歌」「君の名は」など数多い名曲があります。, そんな、古関裕而さん作曲の応援歌も多いのですが、中でもこちらは野球ファンには馴染み深い曲ばかりでしょう。, あの曲を「蛍の光」だとお思いの方も多いようですが、実はあれはスコットランド民謡「オールド・ラング・サイン」を古関裕而さんが編曲した『別れのワルツ』という曲なのです。, この他、哀愁「モスラ~やっ、モスラ~」で有名な1961年「モスラ」(映画)の挿入歌「モスラの歌」もそうです。, 当時レコードとして発売されることはなく、ザ・ピーナッツ解散後の1978年になって、ようやくシングル発売されました。, 言語はインドネシア語で歌詞にはちゃんと意味があり、近年、中川翔子さんと平野綾さんがカバーしています。, 2019年、日本コロムビアから生誕110年記念として3種類のアルバムが発売され、2020年4月にはノンジャンルでよりすぐりの名曲を集めた「あなたが選んだ古関メロディーベスト30」がリリースされています↓。, まさに古関裕而でなければ書けない曲。トロンボーン奏者が泣いて喜ぶのがこの曲だ。真っ青な空の下、赤と白の制服で世界各国の最後に入場して来た日本選手団の鮮やかさは未だに目に焼き付いている。https://t.co/osk4pdeTIU, — Tsutomu KANEKO, PhD (@T_Kaneko_PhD) May 3, 2020, いま連続テレビ小説の「エール」で、主人公モデルとなった古関裕而さん。中央大学の応援歌も作曲なさっていたとは知りませんでした。, 同じ古関裕而の作曲なので、イントロが「六甲おろし」と似ている。

アメリカ 移民 どこから, 地域スポーツ振興協会 体操クラブ 埼玉県, 厩舎 リーディング 2020, 清水東 サッカー, 免税品 開封 した 場合, 日本シリーズ ネット中継 無料, リック ホフマン 身長, 米軍 入隊, 鹿島アントラーズ 順位,