04
12月

アメリカ文化 歴史

日本ではメイクを禁止している学校が多いため、そもそもの考え方や文化が違うといえるでしょう。, 日本では体育の授業では体操服を着るのが基本ですよね。 アメリカ旅行は日本人に人気ですが、赴く際はよくアメリカの文化ルールや特徴を理解してからの方が安全でしょう。, 取り入れたくなる素敵が見つかる、大人女性のためのwebマガジン「noel(ノエル)」。 アメリカは過去にイギリスの植民地でしたが1776年に独立を果たし今の文化に至ります。, アメリカと日本は過去に戦争をし、ぬぐい切れない傷跡を互いに刻みましたが、今は友好的な関係を維持し、現在も交流を続けています。 アメリカの交通マナーや文化は以下のようになっています。, アメリカの車道ではスクールバスは優先となっています。 親が目を離した隙に事件に巻き込まれてしまう恐れもあるため、外では目を離さない親が多く、州によっては12歳未満の一人歩き・留守番を禁止しています。, 日本では小学校に上がるにつれて一人歩きさせる親が多いですが、アメリカでは小学校でもついて歩くのが文化となっています。 しかしアメリカには体操服という概念がなく、多くは着てきた私服・靴のままで体育の授業を受けます。, 体操服は汚れるのを嫌う日本人特有の習慣・文化といえるのかもしれませんね。 その方が相手に気を遣わせませんし、自分も謝りすぎることがないからです。, よく「アメリカで銃殺事件が発生」などというニュースが流れますよね。 アメリカと日本の文化や歴史の違いについて紹介します。 Virgin Islands), グランドキャニオン国立公園(Grand Canyon National Park), カイヤホガバレー国立公園(Cuyahoga Valley National Park), シャスタトリニティ国有林(Shasta-Trinity National Forest), チャネル諸島国立公園(Channel Islands National Park), ロッキーマウンテン国立公園(Rocky Mountain National Park), レイクミード国立保養地(Lake Mead National Recreation Area), ドライ・トートゥガス国立公園(Dry Tortugas National Park), サンフアン諸島国立野生生物保護区(San Juan Islands National Wildlife Refuge). 動物も家族の一部であると文化的に考えているので、日本で外でペットを飼っている人はアメリカでは気をつけなければいけませんね。, 日本では何かある度に悪くもないのに「ごめんなさい」「すみません」と謝ってしまう文化的特徴がありますよね。 アメリカは、世界の中でもなじみ深い国の一つですが、ファッションやカルチャー、エンターテイメントなど、何かとアメリカの影響を強く受けています。記事では、アメリカ文化や生活習慣、日本との違いを中心に、アメリカ旅行で役立つちょっとした情報を紹介しています。 そのため日本と同じ感覚で走ると交通違反になるので注意しましょう。, また車の作りも日本とは逆になっています。 アメリカの文化による生活習慣は主に以下の通りです。, 基本的に家の中は土足で上がるのが外国文化です。 日本のように家の中をは裸足や靴下で歩き回るのはごくわずかの地域や文化となっています。, 最近では家の中が汚れないという理由からアメリカでも靴を脱いで生活する人もいるらしいですが、多くは土足での生活文化が根強いものとなっています。, 日本の玄関は外側に開きますが、アメリカは日本とは逆で内側に開きます。 文化が違うだけあって、日本と逆のジェスチャーになるので注意しましょう。, 写真を撮るときは「ピース」とチョキの形にする人が多いのが日本です。 しかしテストの点が成績で重視されるのではなく、むしろ毎日の宿題の成果によって成績が重視されます。, アメリカでは夏休みの宿題がないのが特徴ですが、これに対し毎日の宿題量が日本に比べると多いです。 しかしアメリカではこれは「あっちへいってよ」というサインになります。, こちらに来てほしい時は手の平を上にして「こっちへこい」というサインを送ります。 また日本に比べ犯罪件数が多いアメリカでは、防犯を兼ねて禁止しているところもあります。, アメリカのスーパーに行くと、日本ではありえないような光景を目にすることがあります。 またピースサイン時に指を曲げるサインは、その言葉や行動に裏があることを意味するジェスチャーです。, 日本では目が回った、また目の運動のときに眼球をくるくると回しますが、これはアメリカではイライラしているサインとなります。 野球の歴史において、どのチームからも偉大な選手が出ているが、中でも注目に値するのは、ブルックリン・ドジャースのジャッキー・ロビンソン(1919~72年)で、才能に恵まれ勇敢な選手として、1947年に大リーグ初のアフリカ系アメリカ人選手となった。 日本ではお金がかからず、呼べばすぐに来るのが普通ですが、アメリカではそうはいきません。, 費用は州によって違いますが、一回数万円はかかります。 一時停止すると後ろから突っ込まれてしまうこともあるので、そのまま走り抜けましょう。, 日本の車道は左側通行ですが、アメリカは右側通行になっています。 アメリカで車を借りるときは操縦方法などを確認しておいた方が安全でしょう。, 日本では出やすいようにとバックで駐車する人がほとんどですが、アメリカでは排気ガスで壁が汚れるのを防ぐために前向き駐車になっています。 しかしこれはアメリカでは通用せず、自分を示したいときは胸のあたりに手を軽く置くのが主流となっています。, アメリカで自分を指で指しても伝わらないことが多いので、胸のあたりに手を置くことを覚えておきましょう。, アメリカは日本と親しい国ではありますが、文化や習慣のどれもが同じというわけではありません。 しかしアメリカでは日本ほどゴミの分別に厳しくなく、ペットボトルなどを燃えるゴミとして出しても持っていってくれます。, 地域によってはリサイクル用のゴミ箱を設置しているところもありますが、日本ほど厳しくない文化なのです。 日本の文化とは違う教育文化があり、主な特色は以下の通りです。, 日本では塾に通わせることでさらなる知識をつけたり、学力をつけ受験に打ち勝てるようにしています。 日本では健康を意識してか甘さ控えめ商品が目立ってきましたが、アメリカでは健康よりも美味しさを重点に置いているので、日本のお菓子よりも甘いことが特徴です。, アメリカのお菓子は砂糖を多く使用しているので、日本のお菓子に慣れているとどうしても甘く感じます。 文化的歴史教育の理論構築は未だに確立されて いない。多文化主義に基づく歴史研究において, 「新しい社会史」が有効な視点と手段を与えると いうことは,現在のアメリカ歴史学界において もはや多言を費やす必要がないほど主流となっ しかし所持していることによって思わぬ事件に巻き込まれたり、また手元にあるからこそ武器として使用してしまう人がいるのも確かです。, 日本では「おはよう」「こんにちわ」「どうも」といった言葉であいさつするのが文化となっていますが、アメリカではハグやキスであいさつをします。 アメリカには学ぶべき歴史や文化が数多く存在します。もし、アメリカの都市や場所を深く理解したいなら、文化的な体験が最適です。アメリカ文化や歴史を探るおすすめの旅をこちらをご覧ください。 そのため小学生であっても、社会勉強のためならメイクをして学校に来ても良いのです。, 学校によって制服を着るところもありますが、アメリカの多くの学校は私服での登校です。 万が一スクールバスを追い越すことがあれば、違反・罰金となるので注意しましょう。, 日本では事故防止のために踏み切りでは一時停止しますが、アメリカはバスやトラックなどを除き、踏切では一時停止しません。 しかしアメリカではその味・甘さが普通なのです。, アメリカの文化的特徴は学校生活にも及びます。 しかしアメリカでは家で映画を観るのと同様に、映画館であってもその場で感じたことをそのままに表現できます。, 例えばひどく感動したのなら声を出しながら嘆きますし、面白いのなら声を上げて笑います。 これが文化であり、普通のことなのです。, 中には日本人同様に静かに鑑賞する人もいますが、日本に比べると映画館でも盛り上がる人は多いといえるでしょう。, アメリカに行ったら気をつけないといけないのが救急車です。 日本では小学校・中学校で留年ともなれば親が騒ぎ出しそうですが、アメリカでは小学校であろうと留年は文化とされ、普通なのです。, 夏休みの時点で少し触れましたが、アメリカの夏休みは日本と比べると短いです。 そして宿題の内容も大変濃いものとなっていて、夏休みの宿題が必要ないほど充実したものとなっています。, アメリカでは学校の時点で「外にでる服装やメイクを学ぶ場」という考えがあります。 ドアを開けておくことで他人に「使っていませんよ」ということを教えているのです。, 日本からアメリカに行った際はこの常識を知っていないと、周りの人に迷惑をかけてしまうので注意しましょう。, 日本では映画館では静かにするのがマナーです。 しかし州や地域、スーパーなどによって規約も異なるので、アメリカで返品をする際は必ず決まりなどを確認しましょう。, アメリカと日本の文化の違いは生活習慣だけではありません。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 Pokke Magazine.All Rights Reserved. 日本とも友好関係で結ばれているアメリカですが、アメリカは初めから独立していたわけではありません。 アメリカは過去にイギリスの植民地でしたが1776年に独立を果たし今の文化に至ります。 アメリカと日本は過去に戦争をし、ぬぐい切れない傷跡を互いに刻みましたが、今は友好的な関係を維持し、現在も交流を続けています。 大恐慌、幾たびの戦争を経て現在の大国となったアメリカについて、今回は日本と比べてどうい… これは新学年・新学期が9月から始まるためです。, 日本では新学期は4月から始まりますが、アメリカでは半年近く遅いのです。 しかも一度開封したものでも、理由とレシートなどを提示すれば返品ができるとされています。, 日本ではクーリングオフ制度などによって期限が設けられていますが、アメリカでは問答無用で返品できる文化が根強いそうです。 日本人の日常生活にも大きく関わってくる同盟国・アメリカ、映画やドラマの題材にもなることから文化や歴史をなんとなく知っている人は多いかもしれませんが、詳しく知らない人は多いでしょう。今回は日本との大きな違いやリアルなアメリカ生活についてまとめてご紹介します。 Posted by アメリカは日本と比べると肉中心の食生活で、一日に必要な野菜の摂取量に満たない人がほとんどです。, 日本人は基本的に小食傾向にあるとされ、アメリカに比べると食事量が少ないです。 そのため給食ではなく、それぞれがカフェでランチという形で昼食を摂っているのです。, アメリカでもテストは当然存在します。 日本ではベビーカーに対し良くない印象を持っている人も多いため、アメリカは子育て世帯に優しい環境といえるでしょう。, 日本では赤ちゃんから目を離さず、添い寝するのが普通とされています。 しかしこのピースサインはアメリカでは平和を意味します。, 「ピース(平和)」という意味なので、アメリカで日本のように写真を撮ると変に思われることがあります。 フレンドリーなアメリカ文化らしい理由ですね。, 日本でも室内犬は多くなってきましたが、それでも大型犬などは外で飼っているという家庭も多くあります。 日本ではありえませんが、これがアメリカともいえるでしょう。, アメリカ人のイメージってフレンドリーな印象が強いですよね。 しかしアメリカでは日本と違い、使っていない部屋・ドアは開けっ放しにする文化があります。, 例えばトイレに誰も入っていないなら、ドアは開けっ放しにしておきます。 文化が違うだけで相手に与える意味が異なるので日本と同じ感覚で行うのは危険です。, 自分を指すときは人差し指で示すのが日本人特有のジェスチャーです。 日本と同じ感覚・文化だと思って救急車を呼んでしまうと、思わぬ高額費用を払うことになるので気をつけましょう。, 日本ではゴミの分別に厳しく、また分けることを推奨していますよね。 アメリカの子育て文化には以下のような特徴があります。, アメリカは日本よりも地域のコミュニティ力が強く、また隣人ともフレンドリーです。 しかしアメリカでは夏休みの宿題はほとんどありません。, 日本人なら羨ましいと思ってしまう制度ですよね。 大恐慌、幾たびの戦争を経て現在の大国となったアメリカについて、今回は日本と比べてどういった違いや特徴、文化があるかを紹介していきましょう。, アメリカはアメリカ独自の文化があり、日本の文化と比べてみると実に面白い発見がありますよ。, アメリカと日本の違いを知るためにも、まずは生活にまつわる習慣について文化の違いを比べてみましょう。 しかしアメリカではそれが「普通のあいさつ文化」なのです。, 日本人は律儀、几帳面といった性質を持つため、使用していないドアでもきっちりと閉める人が多いですよね。 アメリカ人は知らない人でも目が合えば笑い返してくれます。, これは相手に「自分は敵ではありません」という意思表示だといわれています。 しかしリサイクルはとても大切なことなので、アメリカでもできる限りのリサイクルはするようにしましょう。, 天気の良い日は外で洗濯ものを干すのが日本の風習ですが、アメリカでは天気が良くても内干しが基本です。 生活習慣や食事など、日本とは違う魅力のあるアメリカについて詳しく知ってみましょう!, 日本とも友好関係で結ばれているアメリカですが、アメリカは初めから独立していたわけではありません。 しかしそれでも、クラスの大半は日本人が占めています。, これに対しアメリカでは一つのクラスに多くの種族・人種がいます。 日本の文化の普通はアメリカでは通用しませんし、アメリカの文化の普通も日本では通用しません。, それぞれの国にそれぞれの文化・特徴があるように、その国に行ったらその国のルールに従わなければいけません。 アメリカの霊史はほぼ400年にわたって人種関係の葛藤の歴史であるとも言える。そして アメリカ合衆国の霊史家がアメリカの「歴史jを繰り返し書き宣しを迫られてきたし,今もそ のことは続けられている … そのため日本と同じ感覚でドアを開けようとすると、開かないとパニックになりそうですね。, これは内側に開くことで「いらっしゃい」という気持ちを表しているからだと言われています。 アメリカでは日本とは違い、護身用としてそれぞれが銃器を所持できるようになっています。, 日本と銃器所持による法律・文化が異なるため、護身用として所持する人が多いのです。 日本人にとってアメリカは、世界の中でもなじみ深い国の一つ。ファッションやカルチャー、エンターテイメントなど、私たちは何かとアメリカの影響を強く受けています。, でもアメリカでの生活習慣については、知ってるようで意外と知らないことがたくさんあるのも事実。, 今回の記事では、アメリカ文化や生活習慣、日本との違いを中心に、アメリカ旅行で役立つちょっとした情報をまとめてみました。ぜひ参考にしてください。, アメリカは「人種のるつぼ」、あるいは近年は「人種のサラダボウル」と呼ばれる多民族国家で、様々な人種の人々が共存しています。, 北米大陸を開拓したイギリス系やフランス系の白人、南米の国々からの移民や出稼ぎの人々、かつての奴隷の子孫であるアフリカ系、さらには中国系、韓国系、東南アジア系、イスラム系の移民など、アメリカ人と一括りにするにはあまりに多種多様です。, 見た目がヨーロッパ系でも祖父や祖母がアジア系だったり、その反対のケースもあります。外見からは宗教や文化、生活習慣などが判断しづらいので、先入観や根拠のない思い込み、うかつな言動で相手を不愉快にさせない配慮が必要です。, 多民族国家なので一概には括れない上に個人差もありますが、アメリカ人全般としては次のような国民性が挙げられます。社交的でフレンドリー
初対面の人にも積極的に話しかける人が多く、知らない者同士でもすぐ仲良くなれます。, 自己主張が強い
個人の権利と自由は尊重するが自分の意見はしっかり通す、といった自己主張の激しさがあります。負けず嫌い
競争心が強く、どんな小さなことでも勝負に見立てて、なおかつ勝利にこだわる傾向があります。, 感情表現が豊か
感情表現が豊かな人が多く、身振り手振りを使ってストレートに気持ちを表現します。ポジティブで楽しいことが好き
遊びは全力、楽しむ時はとことん楽しもうというポジティブな思考の人が多いです。, アメリカでは初対面同士でもあいさつ代わりに気軽にハグをします。シャイな日本人にとっては最初のうち戸惑うかもしれませんが、気持ちよく応じたいものです。, 最近は靴を脱ぐ家庭も増えたようですが、基本的には土足OK。靴を脱ぐのは寝る時やシャワーを浴びる時だけです。玄関に脱いだ靴が散乱することがないため、日本とは逆に玄関のドアは内側に開きます。, トイレ兼バスルームが多く、ドアは「閉まっている時は使用中」という暗黙の了解があります。そのためホームステイなど共同生活の際は、いつものクセで使用後にドアを閉めてしまわないよう気をつけましょう。, 日本の映画館では「上映中はお静かに」というのがごく普通のマナー。でもアメリカでは、面白いシーンでみんなが一緒に大笑いしたり、悲しい場面では「Oh…」と悲しんだりと、自宅で映画を観ているように喜怒哀楽を表現する人がほとんどです。, 日本では救急車は無料ですが、アメリカでは2,000ドル程度(日本円で20万円以上)かかるため、呼ぶにはそれなりの覚悟が必要です。, ちなみに診療所での診察には200ドル超、処方箋100ドル超、薬局で50〜100ドル程度が必要で、入院費も1泊1000ドル超はかかります。, 日本と違って洗濯物を外干しする習慣がなく、それどころか法律で外干しを禁止している州も少なくありません。, 主に景観を損ねるという理由からですが、窃盗や放火の危険を防ぐという治安上の要請もあるようです。, 州によって違いはありますが、ゴミの捨て方は日本と比べてとても大ざっぱ。一般ゴミも資源ゴミも、気にせずゴミ箱に突っ込むのがアメリカ流です。, ただ地区やアパートによって、「リサイクル用」のコンテナが設置される所も近頃は増えてきたようです。. 日本でも目が合えば挨拶してくれるアメリカ人がいますよね。, フレンドリーな精神が豊富なアメリカ人の文化だからこそでき、日本人では考えられないような特徴ですね。, アメリカは返品大国ともいわれていて、日本と違いレシートや購入したことを証明できるものがあれば返品可能といわれています。 日本人の日常生活にも大きく関わってくる同盟国・アメリカ、映画やドラマの題材にもなることから文化や歴史をなんとなく知っている人は多いかもしれませんが、詳しく知らない人は多いでしょう。今回は日本との大きな違いやリアルなアメリカ生活についてまとめてご紹介します。, 日本の同盟国・アメリカ、普段の生活の中でもアメリカ文化の物やアメリカから伝わったものが多くなり、日本人の生活も欧米化していることを実感する人が多いでしょう。, 今や日本の生活に欠かせないアメリカですが、意外にもアメリカの文化や歴史、学校生活についてを詳しく知らない人は多いはずです。, 断片的に「アメリカってこんな文化でしょ?」「こんな生活してるんでしょ?」というイメージはできていても、実際には違うところも多いです。今回はアメリカの文化や生活・歴史について詳しく知らないことを中心に見返してみましょう。, まずはアメリカの基本情報として、アメリカの面積やどれだけの人が住んでいるのかについてをチェックしてみましょう。日本より大きな国だということは多くの人が知っていると思いますが、実際の面積や人口を数字でしっかり確認します。, アメリカは日本とは比べ物にならない広大な土地があり多くの人が生活をしています。もちろん日本とアメリカでは気候も違います。アメリカと日本と比べた場合にどのような違いがあるのかをご紹介しましょう。, 広大な土地をもつアメリカですが、アメリカの国土がどれだけの面積かということを覚えている人は少ないはずです。小学生の時に社会科で国の面積を勉強して以来アメリカの面積を調べようと思うこともほとんどないでしょう。, アメリカの面積は約963万km2です。日本の国土面積が約38万km2ですから、アメリカが非常に大きな国だということが分かります。, アメリカは広大な土地を「州」に分けていますが、現在のアメリカは全部で50の州に分かれています。元々13の州だったアメリカですが、領土拡大などを繰り返し現在の50州になりました。, 日本は縦長な国の形をしていますが、アメリカの場合は横に広い国の形になっています。サンフランシスコからニューヨークまでは約4000km、日本の北海道から沖縄までが約3000kmですから、アメリカには日本がすっぽり入ってしまうのです。, 同じアメリカ国内でも、場所によっては移動に1日以上かかってしまいます。それだけの大きな土地があれば、独特の文化や生活が発展し世界的な大国になるのも頷けます。, 広大な土地があるアメリカですが、アメリカの人口は約3億2,700万人と、世界第3位の人口数ですが国土に対する人口は少なめです。, 日本の総人口は約1億2000万人ですが、国の面積で比較すると一人あたりが使える面積が全然違う事がわかるでしょう。アメリカ映画に登場する庭付きの大きな家は、アメリカの国土面積に対して人口が少ないという理由もあります。, アメリカ国内の人口ランキングでは、1位がニューヨークの862万人、2位はロサンゼルスで399万人とアメリカでも大都市に人口が集中している状態です。, 日本人観光客も多いサンフランシスコの人口は88万人で、世田谷区の93万人よりも人口が少ないことのなります。アメリカ国内でも若者は大都市に出ていく事が多く、地域の過疎化が徐々に進んでいるようです。, 日本には春・夏・秋・冬と四季がありますが、アメリカで四季を感じる事ができる地域は限られています。日本では多少の気温差や気候の違いがあるものの、全体を通して全く気候が違うということはありません。, 例えば、北アメリカの最北部・アラスカは北極と接していることもあり年間の平均気温も15度前後ですが、アメリカ西部の内陸のように乾燥した地帯なら年間の平均気温が35度以上になる場所も多いです。, 一つの国で様々な気候があるアメリカですが、メキシコ湾岸や大西洋南部は巨大なハリケーン、中央部の平地は巨大な竜巻に見舞われる事が多く土地の気候によって自然災害も大きく違うようです。, また、アメリカ中西部から南部にかけては普段温暖な気候ですが、北極からの寒気を遮る大きな山脈がないことで冬季の夜間には氷点下まで冷え込むことも珍しくありません。, 様々な気候の地域があるからこそ、アメリカの文化は発展し豊かな国になったとも考えられます。, 世界最大の経済大国であるアメリカがここまで大きな国になったのは、アメリカに様々な歴史があったからです。学生時代に歴史の授業でアメリカの歴史について調べた事がある人も多いかもしれませんが、主要な歴史をもう一度振り返ってみましょう。, 普段の生活で何気なくアメリカ産の食品や日用品を使っている日本人ですが、アメリカの歴史については忘れてしまいがちです。, アメリカがどんな国でどんな歴史を辿ってきたのかを知る事で、これから先のアメリカに対する考え方や見方も変わってくるでしょう。, 今でこそアメリカという国が世界のトップというイメージが強いですが、アメリカは元々ヨーロッパ諸国の植民地でした。1492年にイタリア人冒険家・コロンブスがアメリカ大陸を発見したことをきっかけに植民地としての歴史が進んで行きました。, コロンブスがアメリカ大陸を発見し、植民地となった歴史は非常に有名ですが、植民地として西欧諸国の人々が移住する前はアジア系のモンゴロイドが祖先のインディアンがアメリカで生活していました。, アメリカを植民地支配した西欧諸国の中でもイギリスはアメリカ原住民に対し非常に重い税を科し、それが原因で原住民や移民の怒りが爆発、アメリカ独立へむけて多くの人々が動き始めることになったのです。, 300年近くイギリスをはじめとした西欧諸国に植民地支配されてきたアメリカですが、理不尽な植民地支配に対して不満を抱き始めたアメリカの人々は、フランス・スペインの軍事協力を得て独立戦争を始めます。, その後1776年にアメリカは独立宣言をし、長い植民地支配から抜け出す事ができたのです。その後は米英戦争や南北戦争などの戦争を繰り返してアメリカ合衆国は領土を拡大していきます。, 西海岸地域を支配したアメリカは、ついにゴールドラッシュ時代に突入します。鉱山からは金が掘り起こされ、一攫千金を狙う人が次々にアメリカに移住してきました。, 独立宣言後のアメリカは農業・工業が発展し、独自の文化や生活スタイルが確立し始めました。1920年代になるとアメリカ国内の主要都市にはビルが立ち並ぶようになり経済力はヨーロッパに迫る勢いです。, 長い植民地支配時代を抜け出し、自分たちで自由を掴み取ったアメリカは、まさに「自由の国」と言えるでしょう。その後もアメリカの文化や生活は発展を続けて超大国へと進んでいくのです。, 植民地支配時代や戦争などの歴史を乗り越え、1914年から1919年までヨーロッパで起こった第一次世界大戦中にはイギリスを抜いて世界一の経済大国となったアメリカは、現在までその高い経済力を維持しています。, その後もフォード社のT型フォードをはじめとした自動車産業も勢いがつき、株価は一気に上昇していきます。史上最高の好景気でアメリカ全体が潤っていましたが、1929年に株価が大暴落、世界恐慌が起こり歴史的な経済の低迷期を迎えてしまいます。, しかし、ニューディール政策や第二次世界大戦による軍事需要によりアメリカ経済は持ち直す事ができました。そして、現在の世界一位の経済大国となったのです。, アメリカの歴史については学生時代に勉強した事がある人も多いかもしれませんが、アメリカで生活している人々の普段の生活についてはなかなか知る機会がありません。, 今でこそ日本の同盟国としてアメリカの生活や文化が日本でも知られるようになりましたが、アメリカにはまだまだ知らない生活や文化がたくさんあるでしょう。, ここではアメリカの文化や生活について基本的な情報を改めてチェックします。アメリカ旅行や留学を考えている場合は生活や文化のチェックが重要です。, まず、アメリカの公用語ですがアメリカでは全域で英語が使用されています。元々先住民が使用していた言葉は「アメリカ先住民諸語」というもので、多種多様な言葉が使われていました。, その後植民地支配時代にイギリス人がアメリカ大陸に渡ってきた事で、英語が広く使われるようになりました。現在、英語と言えばアメリカというイメージも強いですが、元々はイギリスの言葉なのです。, また、アメリカでは植民地時代の名残でフランス語やスペイン語が通じる地域もあります。多種多様な言語が飛び交うのはアメリカが歴史的にも移民が多いということも大きく関わっています。, 真面目で勤勉な性格の人が多い日本に対し、アメリカ人の国民性はフレンドリーで明るく楽観的な人が多いです。日本人はハグや握手が苦手な人も多いですが、アメリカでは文化的にハグや握手が挨拶として日常的に使われています。, 日本人が抱く「アメリカ人は明るくフレンドリー」というイメージは、あながち間違いではなく、国民性としてポジティブな人が多いのでしょう。, また、ボランティアやチャリティーに参加する文化もあり困っている人を見過ごせない優しい生活の人も多いです。キリスト教徒が多いアメリカでは「富める人は貧しい人に分け与えるべき」というキリストの教えが文化的に根付いています。, 寄付やボランティアは生活の一部として、多くの人が当たり前に周りの人々のために動く事ができるのです。アメリカの国民性は、優しくフレンドリーでチャリティーにも積極的な人が多いという事がわかります。, アメリカの食文化は現在世界中に広まっています。日本でも食文化の欧米化が進んでいると言われていますが、具体的にはどのようなものなのかを改めてチェックしてみましょう。, アメリカの食生活で主食となるのはパンですが、中には「アメリカの食生活における主食は肉」という意見もあります。日常的に肉を食べる習慣があるアメリカでは、主食が肉という意見も肯けます。, また、マクドナルドやケンタッキーフライドチキンに代表されるようなジャンクフードもアメリカ発祥の食文化です。日本でも食べる事ができますが、アメリカ本国では日本で食べれるサイズよりも大きいのが特徴です。, 一度に食べる量も多く1日の平均摂取カロリーは約3800kcalで、日本よりも約1800kcalも多いのです。一食の量やサイズが大きいことも、摂取カロリーが多くなってしまう原因の一つでしょう。, アメリカ留学を経験した日本人のほとんどがアメリカの食生活で体重の増加を経験するとも言われています。, アメリカで生活しているのはアメリカ人だけではありません。アメリカでは世界各国から移住してきた人々が暮らしていますから、様々な人種の人が生活しています。肌の色も白人や黒人だけではなくアジア系の黄色人種ももちろんいます。, 例えば中国系の人もいれば、アフリカ系の人たちもたくさん生活しています。日本から移住した人もいますし、様々な人がそれぞれの文化と生活スタイルを取り入れながらアメリカで暮らしています。, 様々な人がお互いの文化を尊重しながら生活をするアメリカですが、アメリカでの学校生活についても気になるところでしょう。文化が違えば当然学校生活も違います。, 日本での学校生活はカリキュラムや生活スタイルが決まっている事がほとんどですが、自由の国アメリカではどうなのでしょうか。ここからはアメリカの学校生活についてご紹介します。, 日本での通学は基本的に徒歩や自転車、場合によっては電車で通学する学生もいますが、アメリカの学校生活では基本的にスクールバースや車での通学です。, 学校生活に欠かせないスクールバスは、黄色いカラーリングでアメリカのドラマや映画でみた事がある人も多いでしょう。親の送迎で車を利用する学生もいますが、自分で車を利用して車通学をする学生もいます。, アメリカの場合は国土が広いので学校が遠い場合も多く、車通学が許可されている学校も多いのです。, 日本の学校では給食やお弁当を食べる事が多く、学食がある学校は少ないです。しかし、アメリカの場合はほとんどの学校にカフェテリアがあり、そこで自分が食べたいものを選びお金を払うシステムとなっています。, 自分でサンドイッチなどを持参する生徒もいますから、日本の学校生活よりも食事は自由なスタイルです。また、日本では没収されてしまうお菓子もアメリカの学校では持ち込みOKです。, アメリカの学校では問題を正解できたご褒美に先生がクラッカーをあげたり、ランチタイムの後におやつタイムがあったり、おやつを食べる事が許されているのです。, 日本の学校では4月から新学期がスタートし、3月までの1年間が1学年になりますが、アメリカの場合新学期がスタートするのは9月が一般的です。, 9月にスタートした新学期は、11月20日頃まで続き「感謝祭休み」が1週間ほどあります。その後12月から授業が再会し、冬休みを挟んで3月までが冬学期です。3月末〜4月頭に春学期がスタートし、5月末で春学期が終了します。, アメリカの学校の夏休みは6月から秋学期がスタートする9月までの約3ヶ月で、とても長いのが特徴です。アメリカとの日本では教育カリキュラムも大きく違いますから、学校生活も大きく違うのでしょう。, 日本とアメリカでは国の大きさや住んでいる人の性格、歴史、食べ物や学校など生活の大半が大きく違いますが、ここからはアメリカと日本の文化の違いについてチェックしてみましょう。, 日本では当たり前の文化もアメリカでは受け取り方が違うこともありますし、もちろんアメリカでは当たり前の文化でも日本では受け入れられないことも多いでしょう。, 日本とアメリカの文化の違いを知ることで、アメリカ旅行や留学がより楽しくなります。文化の違いを受け入れることは、これからの国際社会でとても重要なことです。, まずアメリカの文化として有名なのが、女性に優しく紳士のマナーとして知られる「レディーファースト」です。日本では古くから男性優位な社会が続いてきたことから、女性に優しくする事が苦手な男性も多いです。, アメリカでは女性に道を譲ったり、男性がドアを開けて女性を先に通すなどの行動がごく当たり前に行われています。, アメリカ留学やアメリカ旅行をした女性が「日本の男はレディーファーストができていない」と言うのは、根底の文化や意識の違いも関係しているのでしょう。, ただ、アメリカの文化である「レディーファースト」は元々ヨーロッパの上流階級の言葉で、淑女のマナーとして男性をたてる行いをレディーファーストと言っていました。, 例えば朝は男性より先に起きて食事の準備を済ませたり、レストランやホールでも女性が先に入り男性を迎え入れると言った行動が本来のレディーファーストと言われています。, アメリカの文化として根付いているレディーファーストは、時代の変化と共にできた女性の活躍を促す習慣なのではないでしょうか。, 日本ではレストランやホテル、デパートでサービスを受けても店員にチップを払う文化はありません。しかし、アメリカでは任意としながら「ほぼ義務」として店員にチップを渡す文化があります。, 実はアメリカではチップが見込まれる仕事では最低賃金以下の給与で従業員を雇う事が認められており、従業員はチップを貰える前提で仕事をしています。, これはアメリカで生活をするほぼ全ての人が知っている常識なので、お互いを助け合うことも含めてチップを渡す事が文化となっているのです。, アメリカの生活文化として日本と大きく違うのが、家に入るときに靴を脱ぐか脱がないかと言う点でしょう。日本では玄関で靴を脱いで上がりますが、アメリカでは靴のままで家の中へ入ります。, そもそもアメリカでは床に座ったり布団を敷いて寝る習慣がなく、ソファーやベッドなどで床から遠い生活をしているので靴を脱がなくても問題ないと言う認識の人が多いのです。, また、日本のように畳やフローリングではなくタイル張の家が多いのも土足文化の理由の一つです。, アメリカの文化として日本と違う点に、映画館での過ごし方があります。日本では基本的に上映の邪魔になるような行為は全てNGです。映画の上映中はもちろんリアクションするのもいけませんし、最近では飲食禁止の映画館もあります。, ただ、アメリカの映画館では上映内容に対するリアクションはOKです。驚いた時に「おおー!」と言ったり、盛り上がるシーンで拍手をすることもあります。, ただ、ネタバレを話したり電話をしたり、映画と関係ないおしゃべりをしながら見ることはNGです。楽しいものはリアクションしながら楽しむと言うのもアメリカと日本の文化で大きく違うポイントでしょう。, 「世界の警察」「超大国」と言われるアメリカの文化は日本にもたくさん入ってきていますが、意外にも学生時代に授業で調べたこと以外アメリカについて知らない人も多いでしょう。, 日本でもこれからますます国際化が進みますので、まずは身近な同盟国であるアメリカについて文化や生活を再確認してくことをおすすめします。, アメリカのアリゾナ州にあるホースシューベンドは、驚くほど湾曲したコロラド川の様子を見ることができる絶景スポット。最近は、SNSでもその絶景が注目され、たくさんの人が写真映えを求めて訪れる有名な場所です。ここでは、ホースシューベンド魅力をたっぷりとご紹介します。, テニアン島はサイパンから日帰りで行ける島です。この記事では、日本からサイパンを経由したテニアン島への行き方や、テニアン島のおすすめスポットを紹介しました。テニアン島で味わうことができるグルメについても紹介したので、ぜひチェックしてください。, ミニッツメイドパークはアストロズの球場です。この記事では、ミニッツメイドパーク近隣にあるおすすめ観光スポットやグルメ、タルの丘についても記述しています。その他に、野球観戦だけではなくアメリカ屈指の美術館やヒューストン宇宙センターなど見どころがたくさんあります。, アメリカ東海岸には、おすすめの人気観光スポットがたくさんあります。アメリカ東海岸で人気の観光には、どんな都市や旅行スポットがあるのでしょうか?この記事では、アメリカ東海岸で人気の観光スポットを、都市別にご紹介したいと思います。, アメリカには、カジノができるたくさんの施設が存在するため、日々世界中からたくさんの方が訪れています。今回は、そんなアメリカについてまとめました。おすすめのカジノスポットやカジノをしたことがない方向けの情報も解説していますので、興味のある方は是非ご覧ください。, アメリカではカラフルでかわいいケーキが大人気!アメリカのケーキは色、デザイン、サイズとも日本では考えられないような規格外のものがたくさん売られています。甘くておいしい、そしてフォトジェニックなアメリカのケーキの秘密、人気のおすすめ店などをご紹介します。, 広大なアメリカ合衆国の気候は、大きく8つの気候区分に分かれています。この記事では、各区分の特徴と該当する州や都市を紹介し、天気や気温について詳しく解説しています。アメリカを旅行する予定のある方はぜひ参考になさってください。, 旅行に行くときに気になるのが、旅行に持っていく持ち物でしょう。国内旅行なら現地調達も簡単ですが、アメリカ旅行になると持ち物はしっかりチェックしたいです。今回はアメリカ旅行に必要な持ち物や便利な物・禁止されているものをまとめてチェックしてみましょう。, アメリカには、観光におすすめの国立公園がたくさんあります。アメリカの国立公園で観光を楽しむには、お得な年間パスやキャンプもあるのでしょうか?この記事では、アメリカで観光におすすめの国立公園を厳選してご紹介したいと思います。, カリフォルニアは気候も良く広いアメリカの中でも人気のある観光地です。アメリカのカリフォルニアは大自然が多く、絶景を楽しる観光名所などの見どころやおすすめの観光地がたくさんあります。カリフォルニア旅行で絶対外せない定番の観光地やおすすめの観光地などを紹介します。.

泉澤祐希 スカーレット, ロッテ 営業 年収, プリンスリーグ関東 参入戦 2020, キラメイジャー クランチュラ, アルフォート 値段, ホンジュラス サッカー 日本, Nhk 受信料 滞納 チャラ, ペンス 韓国語, 地方競馬 投票, いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう U-next, グリーン 歌詞 名言,