04
12月

ウルグアイ 先進国

(function() { listeners: [], 前編では、ウルグアイの首都モンテビデオが「デジタル」「交通」「市民参加」など多面的にスマートシティ化を進めている背景には、市民の生活の質の向上という目的があることを明らかにした。後編では、ウルグアイにある南米初のサステナブルスクールの活動を見ながら、「南米一幸せな国ウルグアイに学ぶ、本当の先進国とは?」の問いについて考えてみたい。, 首都モンテビデオから車を一時間ほど走らせた町に、サステナブルスクールがある。サステナブルスクールと呼ばれている理由の一つは、「アースシップ」という建築スタイルを適用しているからだ。アースシップとは、アメリカのニューメキシコ州に拠点を置く建築家のマイケル・レイノルズ氏が1970年代から建て始めた住宅スタイルである。太陽光や雨水などから自然ネルギーを利用し、廃材や近隣で手に入る素材を使用し建てるオフグリッドハウスの代名詞ともなっている。, ウルグアイのサステナブルスクールでは、「水」「エネルギー」「パッシブサーマルビル」「ゼロウェイスト」「食料生産」「コミュニティ」の6つのマニフェストを掲げている。ソーラーパネルや雨水再利用システムを利用しエネルギーを自給自足したり、建物全体の約60%をプラスチックやガラス、缶、ダンボール、タイヤなどのリユース素材でまかなったり、構内で食物を自給したりと、学校全体がサステナブルな仕組みになっている。, このプロジェクトを実施したのは、ウルグアイのNGO「Tagma」である。今回、メンバーの一人であるMartín Espósito氏に話を聞いた。, サステナブルスクールを作ろうと思ったきっかけは、2012年にさかのぼる。当時、巨大採掘企業が天然資源を抽出するウルグアイの経済モデルに反対していた仲間たちと一緒に、これから持続可能な発展を望むのであれば次の世代の人を教育する必要があると思い、教育分野で新しい取り組みを始めることにした。その際、マイケル・レイノルズ氏を題材にした映画「Garbage Warrior(ゴミの戦士)」を見て、建物にサステナブルなシステムを取り入れる方法について知ったという。, 「映画を見て、アースシップは、水や食料、エネルギーとつながる場所であり、『生き物』だと感じたんだ。そこで、目に見えない『サステナビリティ』を体感できるツールとして、建物を使おうと思ったんだ。マイケルが建てているアースシップを作れば、サステナビリティは裕福な人やヒッピーな人に向けたものではなく、みんなのためのものだと思ってもらえるのではないかと考え、彼に連絡した。それから資金調達をし、許可を得て、土地を獲得していったんだ。」, 4年後の2016年に、マイケルとそのチームがウルグアイにやって来たとき、30カ国から約100人の学生やボランティアたちも一緒に現場に集まった。, サステナブルスクールのユニークな点は、建物自体だけではなく、その建て方にもある。建築家のマイケルが、大工作業をやる人や世界中の学生、地元のボランティアの人たちと一緒に45日間という短期間で完成させる、地域を超えたコラボレーションプロジェクトなのだ。, 学生たちは、このプログラムに参加することで、ロッジに住み、サステナビリティや建築についての授業を受けながら、実際にサステナブルスクールの建築を体験することができる。地元のボランティアの人たちは、参加者の食事を作ったり、ロジスティックやコミュニケーション分野でのサポートをしてくれる。, 「地元の人に建物とのつながりを感じて欲しいから、ボランティアの多くは近郊のコミュニティに住んでいる人だね。つながりを感じられればそれを維持したいと思うでしょ。建物自体は、手入れしてくれる人がいなければ、崩れ落ちるだけだから。サステナビリティは、人や環境とのつながりから始まると思っているんだ。逆に言えば、人々やコミュニティがシステムを支えているし、サステナビリティに意味を与えている。大きなサステナブルな建物を一緒に作ることで、壊れにくいつながりを作ってくれる。実際、建設に関わる人たちのエネルギーが建物のパワーにもなっているんだ。」, 実際、運営側がプロジェクト中最も大事にしていることは、関わってくれる人たちとの関係性を維持することだ。毎日、みんながどう感じているのか、どう関わっているのか気にかけているという。, 世界各国からのエネルギーが詰まったサステナブルスクール。完成した後は、地元の公立学校として運営されている。この学校は、生徒がサステナビリティを学んだり、身体で感じとったりする場所として最適だ。, 「電気は太陽光から賄われ、タンクに貯められた雨水は手洗い場やトイレで使われ、オーガニックウェイストはコンポストされている。循環のシステムに身を置き、エネルギーが生まれたり、生ゴミから肥料へ変化したりする様子をじかに見ることで、自分が自然のシステムの一部なんだと理解することができる。水はペットボトルから湧き出てくるのではなく、海や川から流れてくるものだと理解するには、それを見たり触れたりしないと、なかなか頭だけでは理解しにくいでしょ。」, また、単発のワークショップではなく、カリキュラムの中で、サステナビリティを取り入れることに対してもこだわりがある。, 「新しい教育の方法としてサステナビリティを導入したいんだ。その中で、建物はあくまでツールであり、自分たちのアイデアを具体化したもの。大事なことは新しいコンテンツを作ることだ。」, Martinは今の地球環境問題は、私たちが周辺環境や動物、バクテリアと切り離されていると考えていることから生まれているという。, 「まず、自分たち人間が地球システムの一部であると思い、自然とつながり直さないといけない。そして、人間はこの地球上でもっとも影響力のある動物であると自覚しないといけない。この2つがあれば変化を起こせる。」, とはいえ、都市に住んでいるとどうしても自然とのつながりは感じにくい。どうしたら良いのだろうかと悩んでいると、思わぬ答えが返ってきた。, 「都市でサステナビリティを感じるには、まず人とつながる場所が必要。そのため、様々なバックグラウンドの人と出会い、交流できる公共空間が大事になる。毎日、いつも自分が行ってくる場所や話している人としかつながっていないでしょ。自分と違う人を怖がらず、彼らの問題や、まわりのリアリティを知らなければ、環境のことを考えることはできない。人とつながり直すことで、自分は都市や自然システムの一部であると感じられる。人に関心を向け労わることで、自然の一部をケアしていることになる。だから、最初にやることは人とつながり直すことだね。」, 人間は自然の一部である。都市における自然は、人。だったら、まず、人とつながることが必要ということだ。もちろん都市に住んでいても、公園などに行き「自然」と触れ合う機会は持った方が良いだろうが、都市は都市なりの別の「自然」とのつながり方があるのだ。, 温室効果ガスの排出量は上昇し続け、温暖化が減速する気配はない。プラスチックゴミ汚染も広がり、その処理を巡って国際問題が発生している。また、新型コロナウイルスが世界的に流行し、人々の価値観やライフスタイルにも大きな影響を与えている。, 地球規模で考えなければならない問題が多い今、私たちはこれからどんな世界を目指していけば良いのか。Martinの答えは、「ローカル」だ。, 「大きな社会が機能するとは思えないな。小さなコミュニティが大事。その上で、違うコミュニティとつながっていく。小さい社会はお互いを理解するために最適だね。」, 実際、ウルグアイという国も、人口300万人ほどの小ささだから新しいことに挑戦するのに適している国だという。, 「ウルグアイは政治家との距離が近い。連絡先も公開されているし、議会も気軽に行きやすい。国民一人一人が国の意思決定に近いと感じられるところが、ウルグアイの強みだね。」, 前編のスマートシティ政策とも合わせ感じたことは、ウルグアイはサステナビリティを考えるにあたって、「人」に焦点を当てているということだ。, スマートシティも、サステナビリティも、目的は、人の幸福度を高めることであるのならば、「人」の視点を忘れてはならない。そのとき、「いつも関わる人」だけでなく、「様々なバックグランドを持った人」、「『ヒト』と種は違う他の動物」、「植物」、と言うように、「仲間」の範囲を広げると、Martinが言う「人間も自然の一部である」という意味がはっきりしてくるのではないか。そして、そう感じるには、小さなコミュニティで暮らすことが大事になってくる。一方、都市に住んでいても、「人」を通して自然とつながることができる。, 最後に、冒頭の問い「南米一幸せな国ウルグアイに学ぶ、本当の先進国とは?」について改めて考えてみたい。, 「先進国」は英語で”Developed countries”または”Industrially advanced countries”と訳せるように、工業的に進んでいる国のことを指すのが一般的である。しかし、社会の「循環」を推進するオランダの社会的企業「サークル・エコノミー」が発行する「サーキュラリティ・ギャップ報告書2020年版」では次のように書かれている。, 私たちはすべて途上国である。人類にとって、生態学的に安全で、社会的に公正な活動空間を設けることが最終目標である。, 環境負荷は少ないが社会のベーシックニーズを満たせていない国がある一方、社会的基盤はしっかりしているが環境負荷の大きい国もある。つまり、この2方向のバランスを考えると、すべての国が途上にあるのだ。(※一部抜粋), これまでは工業的に発展し経済が豊かになった国が、「先進国」と呼ばれていたが、それはあくまで「経済」という一つの指標からみた一側面にすぎない。これからの「先進国」は、我々人類が他の生物と共生していける「環境」と人間らしく生きていける「社会」を両立させられる国なのではないだろうかと提唱している。このコンテクストにおいて、ウルグアイは、「環境」と「社会」のバランスの良い先進的な国の一つである。, ウルグアイの事例から学んだ、「人やその集合体である『社会』を大切にすることが『環境』の向上につながる」という考え方は、これからの国のあり方を考えていく上で欠かせないものとなっていくだろう。世界の「当たり前」が崩れかけている今だからこそ、誰かが決めた一つの基準に惑わされることなく、自分たちが目指したい社会・世界をきちんと議論しながら考え、つくっていくことが求められている。, 【関連記事】【前編】南米一幸せな国ウルグアイに学ぶ、本当の先進国とは? 〜スマートシティ編〜 Registration on or use of this site constitutes acceptance of our. 最後に、冒頭の問い「南米一幸せな国ウルグアイに学ぶ、本当の先進国とは?」について改めて考えてみたい。 「先進国」は英語で”Developed countries”または”Industrially advanced countries”と訳せるように、工業的に進んでいる国のことを指すのが一般的である。 先進国(せんしんこく、英: Developed country )とは、高度な工業化を達成し、技術水準ならびに生活水準の高い、経済発展が大きく進んだ国家のこと。 対義語は「後進国」であったが、侮蔑的とされるようになったため、現在では発展途上国(開発途上国)の呼称が一般的である。 forms : { if (!window.mc4wp) { } 先進国(せんしんこく、英: Developed country)とは、高度な工業化を達成し、技術水準ならびに生活水準の高い、経済発展が大きく進んだ国家のこと。対義語は「後進国」であったが、侮蔑的とされるようになったため、現在では発展途上国(開発途上国)の呼称が一般的である。, 工業や科学技術で他国より先行しており、生活・健康・教育・インフラ整備などの水準が高く、政治的に自由で安定している国を指す。大国(超大国を含む)と同義の扱われ方をすることもあるが、先進国の基準は国家の規模よりも経済力(国民一人当たりの規模)に重点を置いている。そのため、中国やインドなどといった大国であっても、国民一人当たりの経済力が小さいため、先進国には含まれない場合もある。一方、経済的には裕福であっても、国家の規模が極めて小さなミニ国家(モナコやリヒテンシュタインなど)や、工業化や自由化が進んでいない国家(中東諸国など)も、先進国としては扱われない場合が多い。, 歴史的に列強と呼ばれた大国を中心にしてヨーロッパや北アメリカ、東アジアの国々に多く、全体的にみると北半球の国に多い。そのため、主にアフリカや南アメリカなどの南半球に多く分布する発展途上国との摩擦は南北問題と表現される。先進国とされる国家のうち、アメリカ合衆国、日本、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、カナダの7ヵ国については、G7(主要先進7ヵ国)と呼ばれる。G7のほかには、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、スイス、オーストリア、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、アイスランド、アイルランド、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、オーストラリア、ニュージーランド、イスラエル、韓国、台湾、シンガポールなどが、多くの国際機関や企業の定義において先進国に分類される。一方、チェコなどの一部の旧東側諸国のように先進国の基準を十分に満たしていながら、先進国に分類されない場合や、アルゼンチンや旧ソビエト連邦(ロシア)のように政治経済の失敗から脱落した例もある。, 先進国の定義には単一のものがあるわけではなく、曖昧である。明確な認定基準がないため、定義する国際機関によっても異なる。, 定義のひとつとしては、経済協力開発機構(OECD)加盟国を先進国として扱うというものがある。だが、OECDにはトルコやメキシコといった、先進国としては国際的に扱われることがない国家も加盟している。尚、トルコはOECD原加盟国だが、これはOECDの前身である、アメリカ合衆国によるヨーロッパ復興支援計画マーシャル・プランの受け入れ機関としての欧州経済協力機構(OEEC)に加盟していたことによる。, 別の定義は、国際通貨基金によるもので、2017年時点で、39カ国を経済先進国(Advanced Economies)としている[2]。また、アメリカ・中央情報局(「The World Fact-Book」)[3]も、経済先進国(Advanced Economies)として、独自の定義を掲げている。, 日本の内閣府が発表している「世界経済の潮流」では、先進国・地域を「IMFの分類による(OECDに加盟する35か国からチリ、ハンガリー、メキシコ、ポーランド、トルコの5か国を除いた30か国及びキプロス、香港、リトアニア、マルタ、マカオ、プエルトリコ、サンマリノ、シンガポール、台湾)。」としている[4]。, 台湾など比較的高所得ながら政治的な問題(台湾問題)から国際機関への参加が難しいために一部統計に現れない国、地域が存在する。, 以下は、欧米の主な株価指数算出企業による評価(2019年9月時点)を挙げる。欧米のグローバルな株価指数算出企業では、先進国の定義にあたり、その国の株式市場の規模に加え、取引の透明性やガバナンスの確保等を規準としている。この規準に従い、透明性が一定期間担保された場合の先進国への昇格や、損なわれた場合の除外措置が行われており、アイスランドなど生活水準の高い国であっても取引規模が極小または株式市場が存在しない場合、また、台湾などある程度工業化の進んだ国であっても市場インフラが未熟と判断された場合、先進国には分類されない。24の国または地域を先進国とみなす点では下記4社で評価が一致しており、韓国・ポーランド・キプロスについては評価が分かれている。ギリシャはソブリン危機以前は先進国として分類されていたが、同危機以降先進国基準の投資適格を満たさないと判断され先進国から除外されている[10]。, Human Development Report 2019 – "Human Development Indices and Indicators", https://www.imf.org/external/pubs/ft/weo/2017/01/weodata/weoselco.aspx?g=110&sg=All+countries+%2f+Advanced+economies, https://www.cia.gov/cia/publications/factbook/appendix/appendix-b.html, http://data.worldbank.org/about/country-classifications/country-and-lending-groups#OECD_members, http://www.economist.com/news/21566430-where-be-born-2013-lottery-life, http://www.newsweek.com/2010/08/15/interactive-infographic-of-the-worlds-best-countries.html, http://www.cgdev.org/section/initiatives/_active/cdi/, https://us.spindices.com/documents/indexnews/announcements/20190813-975759%2F975759_spdji2019countryclassificationconsultation8.13.2019-english.pdf, https://www.msci.com/market-classification, https://www.ftse.com/products/indices/country-classification, https://www.stoxx.com/country-classification, MSCI Global Investable Market Indexes Methodology, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=先進国&oldid=80356341. } } on: function (event, callback) { } 【参照サイト】Una Escuela Sustentable, IDEAS FOR GOODメルマガに無料登録して、人気記事まとめやイベント情報をGETしよう!. })(); 水野渚(Mizuno Nagisa)。元国家公務員として、安全保障分野で語学力を駆使し、翻訳・通訳を始め、国家間交渉に携わる。国内では、名古屋、東京、沖縄に住み、海外ではイギリス、デンマーク留学経験の他、世界30か国以上を旅している。サステイナブル、環境、海、クリエイティブ、デザイン、ヘルシー、フード、シェアが気になるキーワード。現在、東南アジアで生活中。, IDEAS FOR GOODは、社会をもっとよくするアイデアを集めたウェブマガジンです。世界を大きく変える可能性を秘めた最先端のテクノロジーから、人々の心を動かす広告やデザインにいたるまで、世界中に散らばる素敵なアイデアをあなたに届けます。, 【11/19開催】自然の叡智に学ぶ。循環型ビジネスや組織デザインに活かせる「バイオミミクリ」思考とは?, 【10/31開催】国内最大級のSDGsオンラインイベント「第3回 SDGsオンラインフェスタ」, 【全7回オンラインプログラム】エレン・マッカーサー財団から学ぶサーキュラーエコノミーの全体像, 【LIFULL調査 vol.2】「新しい暮らしへの兆し」レポート(男女別)(外部サイト), 世界最大のパッシブハウス。ドイツ・ハイデルベルクのエコ再開発地区「Bahnstadt」, 「つながり」を取り戻す教育。バリ島にある、竹でできた学校「Green School」, 本を読むだけじゃない。サーキュラーエコノミーを「体感」しながら学べる、ハノイのVAC図書館, キーワードは「アート」。コロナ禍を逆手に取ったリーズ・香港・横浜のまちづくり【イベントレポート】. 国際通貨基金(imf)が公表したデータによると、戦争と飢饉によって荒廃したアフリカと中東の国々は、世界で最も貧しい国であり続けている。imfは年に2度、世界の国々の経済力に関する膨大なデータを公表していて、1人あたりの購買力平価(ppp) window.mc4wp.listeners.push({ callback: callback 国際通貨基金(IMF)が公表したデータによると、戦争と飢饉によって荒廃したアフリカと中東の国々は、世界で最も貧しい国であり続けている。, IMFは年に2度、世界の国々の経済力に関する膨大なデータを公表していて、1人あたりの購買力平価(PPP)ベースのGDP(国内総生産)によって、世界の国・地域をランク付けしている。, ランキングの上位にあがるほとんどの国は、汚職がまん延する独裁政権下にある。膨大な天然資源があっても、これは外国人投資家にとって大きな妨げとなっている。, Business Insiderでは、1人あたりGDPが年間1000ドル(約11万円)以下の国をまとめた。, [原文:RANKED: The 28 poorest countries in the world — where people live on less than $1,000 per year], RANKED: The 28 poorest countries in the world — where people live on less than $1,000 per year, 「変わらなければ離婚される」ホールフーズCEO、アマゾンによる買収を"結婚"に例える, アメリカでは231年の歴史で初めて、フルタイムの仕事を持つファーストレディー誕生か, フィンランド、テック人材向け「移住促進パッケージ」提供開始。住居、オフィス、託児所…すべて無償提供, 【米大統領選】リベラル派が「選挙を盗もうとしていた」? トランプ大統領の支持者ら、選挙結果に抗議の声, 【週間天気予報】東京は5℃予想の日も。週前半は強い寒気南下 11/10(火)〜11/16(月), 会社はもはや社員のキャリアを守れない。「変化の時代」の生き残り戦略はこの6パターン【田中研之輔】, アクセンチュアが考える「コンサルタントに必要な能力」──全ての本部にデジタル人材を再配置した理由, 着眼点は「クモの糸」。ノースフェイス、sacaiが注目する新素材はこうして生まれた, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved. https://world-note.com/differences-developed-developing-countries event : event, window.mc4wp = { });

サムスン 副会長 整形, グリーン歯科クリニック 口コミ, 中学生 サッカー進路, ノーベル平和賞 マララ 名言, 巨人 背番号18, ダーツライブ3 カード, 反日企業 楽天,