04
12月

スイスチョコレート 歴史

アウトレットショップもあるので、ぜひ見てみましょう。, レダラッハ のチョコレートでおすすめなのが、「フレッシュチョコレート」です。 Chocolaterie-Stteler(ステットラー) 200年以上、チョコレートはスイスの人々を魅了し続けてきました。厳選された素材とメートル・ショコラティエに組み合わされた、極上のスイスチョコレートのサクセスストーリーの裏には創意に満ちた精神、質へのこだわり、勤勉な姿勢、鋭い味覚、そして無限の喜びがありました。, チョコレートはやがてスペインからヨーロッパ他国の王室へと渡りましたが、チョコレートを他国へ広めたのはなんと愛でした。スペインのアンヌ王女がフランス王ルイ13世と結婚した時にチョコレートはフランスへ渡りました。ベルサイユは喜びで溢れました。その後瞬く間にチョコレートはヨーロッパ各国の王室へ伝わりました。誰もがチョコレートを欲しました。そこで現れたのがチョコレートの開拓者です。この素晴らしい素材の使い方は他にもあるはずです。例えばデザートなどはいかがでしょう?当時まだ固形のチョコレートはありませんでした。イタリア、ベルギー、ドイツ、オランダ、そして特にスイスの開拓者たちは試行錯誤しました。カカオ豆を炒ったり、挽いたり、混ぜたりと。, 19世紀:開拓者の時代の到来。工場が建設され、蒸気エンジンや鉄道、電話、そして、私たちが今日こよなく愛する、柔らかく、口の中でとろけるチョコレートもこの時代に発明されました。そんなチョコレートを発明したのがロドルフ・リンツなのです。, スイスはチョコレートの国?実は、スイスは世界各国のためにチョコレートを製造しています。そして国内でもたくさん消費されていて、スイスのチョコレート消費量は世界一なのです。, 19世紀初め、スイスは国境を封鎖していた小さな貧しい国でした。そのため、チョコレートの実験を行うにはさほど魅力的な環境ではありませんでした。ですから、より多くの情熱、より豊富なアイディア、そして企業家精神が必要でした。スイスはこれらに富んでいたため、このサクセスストーリーが生まれたのです。, 1819年以降、スイスチョコレートの品質を今なお象徴し続ける名が現れ始めました。世界初のチョコレート工場を建設し、ミルクチョコレートを発案したフランソワ・ルイ・カイエ。菓子職人で、1826年からチョコレート製造に着手したフィリップ・スシャール。1845年にスイスのドイツ語圏内初のチョコレート工場を建設したルドルフ・シュプリングリー・アマン。1852年にルツェルンに製造工場を開設した、ディチーノを拠点としていたチョコレートメーカー、アキリーノ・マエストラーニ。そしてもちろん、ロドルフ・リンツ。, ロドルフ・リンツは、1879年に生み出したショコラフォンダンで、その20年後にルドルフ・シュプリングリーと設立したリンツ・シュプリングリーAGの成功の基礎を築きました。スイスチョコレートは今や世界的に有名になりました。これは誰も上回ることができない品質、そしてスイスへの旅行者が増えたおかげです。イギリスやドイツ、ロシア、アメリカなどから大勢の旅行者がスイスに訪れました。突然スイスアルプスや湖、ホスピタリティの人気が急増しました。そしてお土産として選ばれたのは?もちろんショコラフォンダンです!スイスチョコレート、特にリンツのチョコレートは最高品質の証となり、今もなおスイスクオリティを象徴し続けています。, 変わりゆく時代の中で、ロドルフ・リンツのチョコレートサーフィンは1879年に考案されたレシピに基づき製造され、当時と同じ包装でパッケージされています。先駆者としての革新的な精神を大切にしつつも、世界中の美食家が求める伝統的な品質を維持し続けています。, 「クリスマスコレクション」が11月1日より登場! アウトレットでは、箱が少し壊れてしまっていたり、割れてしまったチョコレートが安く購入でき、半額で購入の商品もあります。, 1836年に創業し、チューリッヒで1番歴史のあるチョコレートブランド、シュプリングリ - Sprüngli。 パッケージは、高級感はないですが、チョコレートは誰が食べても美味しい!といいます。, 価格も安いので、職場の方やばらまき用におすすめのチョコレートです。 口に入れた瞬間に、上品な甘さが広がります。, 1908年に創業し、スイスのベルンの街で誕生したチョコレートブランド、トブラローネ - Toblerone。 さらに街中には、スイスのブランド、ドイツのブランド、ベルギーのブランドなどなど、あまり区別がされずに売られています。, ここでは、歴史とともに、スイスで最も古い5つのチョコレートブランドをまとめました。, チョコレートの歴史について、紀元前から近代まで、こちらのドイツ版でまとめています。, 1819年に、François-Louis Cailler が、ヴヴェイにチョコレート工場を創業したのが、スイスで一番最初と言われています。, その後、約100年後、1905年にスイスの大企業ネスレと合併し、カイエはネスレのチョコレートブランドとして、世界へと販路を伸ばすことになります。, メゾン・カイエと呼ばれる本社では、工場見学も可能です。下はメゾンカイエのマップです。, スシャールは、1824年、Philippe Suchard がベルンで創業を開始した、スイスで二番目に古いブランドです。, 1982年以降は、下で説明するトブラローネと同時に、コヒーおよびチョコレートの製造販売を担う、 Jacobs Suchard AG 社の、チョコレートブランドとなります。, トブラローネは、独特な三角形のチョコレートバーのブランドで、世界中で人気があります。, 1830年にスイスのベルンで、Emil Baumann & Theodor Tobler により、”Chocolat Tobler” という名で創業が開始されます。。, 1982年には、先のスーシャルと合併し、Jacobs Suchard AGがオーナーとなります。その後、1990年には、アメリカ食品大手のクラフト社に吸収され、その後グローバル市場向け部門の改名により、Mondelez International社の傘下となります。, シュプリングリは、1899年に、リンツ(Rodolphe Lindt)を買収し、Lindt & Sprüngli AG として、一つの会社となります。, 創業者のシュプリングリには二人の息子がおり、一人の息子が高級チョコレートとカフェを展開するブランド、シュプリングリを引き継ぎます。もう一人の息子は、リンツのチョコレート工場を引き継ぎ、今日まで至っています。, シュプリングリは、その後、海外の大企業等に合併や吸収されることなく、自らスイスで成長してきた、地元のブランドとも言えます。, スイス旅行では、ぜひシュプリングリのお店に立ち寄って、歴史を感じてください。おすすめは、チューリッヒの駅目の前にある本店です。, リンツは、Rodolphe Lindt が、1879年にベルンで開業した、スイスで5番目に古いチョコレートの製造会社です。, 1899年に、上記のシュプリングリに吸収され、チョコレートを工場で大量生産するブランドとなります。, その後リンツは、海外の大手企業に買収されることなく、むしろ、オーストリアの工場を買収するなど、自らチョコレート製造業社としてグローバルに成長してきた会社です。, 現在、リンツは12の工場を所有し、スイス、ドイツ、フランス、イタリア、アメリカ合衆国で製造が行われています。, リンツブランドは、スーパーでは格安ではありませんが、むしろ、手頃な価格で買え、かつ品質も良いので、お土産やプレゼントにおすすめです。, 本社のあるKilchbergには、Lindt のアウトレットショップがあります。チョコレート2Kg入りのバリューパックなど、スーパーなどでは買えない、アウトレット商品が販売され、価格も20%程度安いそうです。, スイスでは、トップ3までのブランド、大手の多国籍企業に合併されて、ブランド名として残っているのに対し、, トップ4と5の二つのブランドは、地元で合併して大きく成長したブランドとなったことが分かります。, また、スイスには、これらのブランドだけでなく、新しくても品質の良いチョコレートブランドが色々ありますので、ぜひ発掘してみてください。. Is Itomori a real place? トリュフチョコレートの工法、シェルを発案したのが、ブランドの名前にもなっているルドルフ・レダラッハです。, 使用する食材は、アルプスの最高峰の牛乳とと生クリーム、そしてバターを使用し食材を厳選しているので、濃厚な味を楽しむことができます。 ホーム. 7~8月: 毎日 定休日:日・祝, スイスのスーパーマケットでも、チョコレートのコーナーには、かなり広めのスペースが確保されています。その種類は、日本とは比べものにならないほど豊富。各メーカーの色とりどりのチョコレートが、ずらりと並ぶ様子は壮観です。 スイストラベルパス1等を持っていれば CHF 59.- 外観や店内もオシャレなつくりなので、チョコレート屋さんですが写真が撮りたくなる場所です。, チョコレートだけではなくこの地方名物のお菓子「ヌストルテ」もぜひ試してください。 これでおいしくなかったらおかしいでしょ、という組み合わせです。実際、久しぶりにヘーゼルナッツチョコで大満足できた感じ!!, (こないだ某大手スーパーで買ったフランスのノアゼットタブレットがなんとなく残念な味だっただけに・・・), 手に取ったときに思っていた形状やタイプとは違ったけど、それ以上に満足でした(*´ω`*)また食べたいー♪, 【商品情報】 公式サイト>>Stettler(スイス) スイスのチョコレート職人たちは、世界初のチョコレート工場をつくり、ミルクチョコレートを発案したり、砂糖とココアを混ぜる機械を発明しました。, 固いチョコレートしかなかった時代に、舌ですぐにとろけるような柔らかいチョコレートを初めて発案したのも、スイスのチョコレート職人・ロドルフ・リンツです。 チョコレート大好きなのですが フランスへと知れ渡った後、ヨーロッパ各国の王室へ伝わります。, スイスに初めてチョコレートが登場したのが1697年です。 9~10月: 月、水、木 とろけるような柔らかいチョコレートを発明したロドルフ・リンツがつくったブランドです。, 数あるリンツの商品の中でもおすすめの商品が、誕生してから約60年以上の歴史がある「リンドール」です。 チューリッヒ湖の南東にあるBilten(ビルテン)という小さい町でレダラッハは誕生しました。, 今では、レダラッハの工場見学ができる場所になっていて、チョコレートのできる行程を見ることができます。 CHF=スイスフラン 1819年に創業し、スイスで最も歴史のあるチョコレートブランド、カイエ - Callier。 フランソワ・ルイ・カイエがつくったお店で、イタリアのトリノに4年間の製菓修行を積んでいて、チョコレートを固形状にすることに成功した人物です。 スイスには、世界でも有名なチョコレートブランドがたくさんあります。, これから、スイスの有名なチョコレートブランドを紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。, チョコレートの宝庫・スイスには、たくさんのブランドのチョコレートが存在します。 リンツのショップの前を通りがかったので、前から食べたかったアレを食べることにしました。, 雨の日にもかかわらず、店頭も2階のイートインスペースも人がいっぱい!みんなリンツ大好きだよねえ(*’ω’*), 食べたかったのはこちら、リンツのソフトクリームショコラです。 公式サイト>>TOBLERONE 販売しているケーキなどを食べることができるので、ぜひ立ち寄ってください。, 1825年に創業し、フランスとの国境に近いヌシャテルという街で誕生したチョコレートブランド、スシャール - Suchard。 世界中で愛されている高級チョコレート・ブランド「ゴディバ」から。カカオは紀元前から人類と関わり、チョコレートはメキシコからスペインへ運ばれて、長い年月を経て世界中に広がりました。ここでは、チョコレートの歴史をご紹介します。 有名なマッターホルンはじめ、たくさんの山々が迎えてくれる国、スイス。 パイ生地にクルミとキャラメルが入った伝統的なお菓子です。, また、オシャレなカフェも併設されています。 レモンミルク 定休日:日・祝 チョコレートの主原料であるカカオが発見されたのは、紀元前と言われています。 そのカカオが、どうやって現在のチョコレートになったのか? カカオがチョコレートになるまでには、長い歴史があります。 公式サイト>>People Tree(ピープルツリー) ハンゼルマン・フリッツがつくったお店で、スイス・サンモリッツにあるショップは、オードリーヘップバーンが実際に立ち寄っていた場所です。, ヘーゼルナッツ入りや、ココナッツが入っているお店の名前入りのチョコレートが人気です。 テオドール・トブラーによりつくられ、三角形の独特な形をしているのが特徴です。, この形はスイスの有名な山・マッターーホルンをイメージしてつくられました。 大人 CHF 99.- 見た目も美しい高級チョコレートを購入した箱の中には、「シュプルングリのプラリネは最高の原料を使用し、伝統的な製法で毎日手作りされている」という紙が入っています。, 1962年に創業し、使用する食材に非常にこだわっているチョコレートブランド、レダラッハ - Laderach。 夕刻:モントルー帰着。 ここで買いました>>ピープルツリー公式楽天市場店, 元パティシエ(の卵)による、高級ボンボンから駄菓子まで、チョコレートにまつわるあれこれです。, ほんとは毎日食べたいくらい 5~6月: 月~木 ココナッツ&マンゴー シリアルクリスプ ミルキー 午後:ブロにあるチョコレート工場「メゾン・カイエ・ネスレ」の見学と試食。 期間限定のキャラメルシーソルトソフトクリームなんてのもあるので、ぜひまた食べたいです。, あと、普段からソフトクリームはカップで頼むことが多いので、今日も何気なくカップを選んだのだけれども、リンツのソフトクリームのコーンはオリジナルのチョコレートワッフルコーンなんだとか。, 【商品情報】 チューリッヒ市長がベルギー・ブリュッセルから持ち込んだことがきっかけです。, その後、「美味しいチョコレートをつくろう!」と、たくさんのスイス人のチョコレート職人がでてきました。 1 チョコレートの歴史. 一人の息子が高級チョコレートとカフェを展開するブランド、シュプリングリを引き継ぎます。, 【ドイツ】オクトーバーフェストって知ってる?ドイツビール必須の6ブランド – その1, 【ドイツ】ブンデスリーガの観戦チケットで電車賃が無料に。ただでバスも路面電車も乗れる, Your Name Locations. ここで食べました>>リンツ表参道店 公式サイト>>リンツ・チョコレート 毎度おなじみ、スイスのチョコレートはなぜか白いフィルム包装。大きさはだいたい 15cm×8cm×0.7cmくらい。 タブレットの表面には、カカオの絵柄とRAPUNZELのブランド名がかかれています。 断面図。ミルクチョコレートの中に、白いココナッツクリームがたっぷり。 なめらかでミルク … そんなスイスの魅力は、自然だけではありません。, もう1つの魅力は、みんなが大好きな「チョコレート」です! オクト... 海外旅行や留学、または海外引越しの際にきになるのが、行き先の物価です。 Is I... スイス旅行のお土産として、スイスのチョコレートがよく登場します。 公式サイト>>Ragusa Bloch 注意点は、賞味期限が短いことです。, 日本でもレダラッハを購入できる唯一の場所があります! バッハマンの魅力は、チョコレートだけではなく美味しいケーキやバームクーヘン、そしてお菓子が充実していることです。, ケーキは、甘くなく日本人にも人気の味です。 フレイ ロベルトとマックスの兄弟でつくったお店で、フレイという名前は苗字になっています。, 種類が豊富で、ナッツやドライフルーツが入ったものや、アルコール入りのチョコレートなどたくさんあります。 ストロベリーミルク シリアルクリスプ CHOCOLAT RENAISSANCE, CAMILLE BLOCH RagusaNoir(カミーユブロッホ ラグーサノワール), ココナッツ復活希望ー!!と言っていたら、きよめさんが「復活してますよ^^」と教えてくださった, WITOR’S(ウィターズ)のヘーゼルナッツ入り板チョコ2種類 濃厚で食べ応えアリ!. シャンパンは、フランスの最高級シャンパン「ドン・ペリニヨン」で練りあげたシャンパンクリームを中心に、チョコレートで表面をコーティングしました。, 最後に、粉砂糖かココアをまぶしていて、好きな方を選ぶことができます。 ※オンラインショップでは、日本円で約1,000円から25,000円まで各種揃えている。, ジュネーブの有名チョコレート店。特に幻のチョコと呼ばれる生チョコレート、パヴェ・ドゥ・ジュネーブ(ジュネーブの石畳という意味)は絶品です。雅子さまがバレンタインの時に皇太子殿下に送られたため、日本で一気に人気が高まりました。 営業時間:月~金7:30~18:30 土8:30~18:30 フランソワ・ルイ・カイエがつくったお店で、イタリアのトリノに4年間の製菓修行を積んでいて、チョコレートを固形状にすることに成功した人物です。, その後、チョコレートの製造を機械したので、チョコレートを安く販売することができ、庶民にも手が届くチョコレートをつくることに成功しました。, 練乳入りのミルクチョコレートは、製造過程も昔から変わっていません。 Spruengli(シュプリュングリ)チューリッヒ本店 スイスのお土産として、最初に頭に浮かぶのがチョコレート。チューリッヒやジュネーブなど町のデパートや専門店から小さな山の村のキオスクまで、スイス国内どこでも簡単に見つけられ、種類も豊富です。旅行中の持ち運びも便利で、お土産に配るのに絶好。三角型のトブラローネや有名店シュプリュングリやリンツ、レダラッハなど日本で人気のブランドも。今回はスイスのチョコレートの歴史や有名ブランドなど詳しくご案内します。, チューリッヒを本拠とする、スイス屈指の有名店。チューリッヒの駅前大通りにある本店をはじめ、チューリッヒの中央駅や空港など、市内10か所以上にお店を展開しています。 :。+゚, まずはココナッツ。おなじみの銀紙に包まれております。よく見ると表面からもココナッツのツブツブ感が見えるのが分かります?, 見てーーー!すっごくいっぱいココナッツフレークが入ってるんですよ!!!ココナッツ好きにはたまらんっ!, ココナッツフレークにアメ掛けしてあるとのことで、全体的にはけっこう甘めですが、ダークチョコレートのキリッとした感じとココナッツの甘い香りのバランスがよくてモリモリ食べられます。ココナッツのサクサク、キュイッとした食感も素敵。, そしてこちらはカシス。パッケージのおもて面にはBLACK CURRANTと書かれています。カシス、ブラックカラント、和名では黒すぐりまたは黒ふさすぐりですが、生のカシスにお目にかかれる機会は滅多にございません。, このカシスのタブレット、正確には「カシスアーモンド」なんです。白く見えてるのがアーモンドスライス。, で、このカシスのタブレットの変わってるところが、ドライカシスやフリーズドライカシスが入っているんじゃなくって、カシスをパートドフリュイ(ゼリーやグミのようなものと思ってください)みたいな感じにしたものが入ってるのです。たまにくにゃっとした食感に当たります。広がるカシスの香り、アーモンドスライスのパリ尾パリした食感、濃厚なダークチョコ。, やっぱりリンツのチョコは常に何がしか冷蔵庫に入れておきたい定番安心おいしいチョコだと思います。うん、在庫なくなった、次どれにするかな・・・( ̄∀ ̄), 【商品情報】 営業時間:月~金 7:00~19:00 土9:00~18:00   外はミルクチョコレート、中はアーモンド風味のホワイトフィリング、そしてピスタチオがまるごと一粒。, アーモンド風味のホワイトフィリングがとってもミルキー&なめらかクリーミーで美味です。そしてその中にカリッとしたピスタチオが。食感が楽しく、鮮やかな緑色も美しく、すてきなアクセントになっています。, んーこれはいいなー(*´ω`*)万人ウケしやすいと思います。さすがリンツ。ちょっと本借りたとかのお礼にこれが付いてきたら「おぬし、できるヤツやな!」と思うに違いない。, 【商品情報】 物価というものは、国だけでなく同じ国の中であっても、都... © 2020 and More and more... All right reserved. 公式サイト>>リンツ ショコラカフェ スイスのお土産として、最初に頭に浮かぶのがチョコレート。チューリッヒやジュネーブなど町のデパートや専門店から小さな山の村のキオスクまで、スイス国内どこでも簡単に見つけられ、種類も豊富です。旅行中の持ち運びも便利で、お土産に配るのに絶好。 毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!, Paradeplatz, Bahnhofstrasse 21, 8001 Zürich, https://www.laderach.com/de/locations/location-details/bilten-bilten-62, https://www.mitsukoshi.mistore.jp/ginza.html, https://www.chocolatfrey.ch/de/besucherzentrum/uebersicht, https://filialen.migros.ch/de/migros-supermarkt-zuerich-city. また、カイエはチョコレート工場があり見学することができます。, チョコレートの製造過程や、歴史、そして最後はチョコレートの食べ放題コーナーがあり観光客に人気のスポットです。, 1894年に創業し、有名なオードリー・ヘップバーンも大好きだったチョコレートブランド、ハンゼルマン - Hanselmann。 ブランド名にもなっているアドルフ・トイスチャーによってつくられました。, シャンパントリュフは、添加物や防腐剤を使用せず、世界中から厳選された食材をつかっています。 にほんブログ村, LE CHOCOLAT DE H(ル ショコラ ドゥ アッシュ)C.C.C. ここで買いました>>大阪市内某高級系スーパー, ここでも買えます>>カミーユ ブロッホ ラグーサ ノワール 公式サイト(日本代理店)>>Stettler(ステットラー), 毎年の秋冬のおたのしみ、牛の絵がたまらないピープルツリーのチョコレート。この秋冬は通常のタブレットに新フレーバー2種(ホワイトジンジャー&レモンとカラメルクリスプ)が出ただけでなく、新たなカタチの「チョコデザートバー」が発売されました!, 左から、 大切な人へのギフト、1年頑張った自分へのご褒美にも♡. ここで買いました>>輸入食材系スーパー, とある高級系スーパーで目に付いた、ヘーゼルナッツの絵付きのタブレット。しかもスイス国旗模様入り。ノアゼット+スイスでおいしくないわけがない(ФωФ)!!と迷うことなく手にとって購入しました。, CAMILLE BLOCH(カミーユブロッホ)の Ragusa (ラグーサ)シリーズのNoir(ノワール)です。スイスではけっこう歴史のあるメーカーらしき。, 開封。私、何を思ったか1枚のタブレットと信じて疑ってなかったので、ちょっとビックリしましたね。まさか2本のバー状になっていたとはー!!パッケージ見たら確かにそうなってるんだけど、勝手に脳内変換されてたー!!, こんなカタチで2本いりです。1本の大きさは約11cm×3cm×1cm。100g入りなので、1本あたり50gということですな。, しかもよく見ると、やわらかめのプラリネ系チョコレートに薄くチョココーティングしてあるような感じ。よく見たら「準チョコレート菓子」の表記になってて、つまりカカオ以外の成分の多いチョコレートってことなんですよね。, ウラを見ると、おーい、もうちょっとゴロゴロとノアゼット入れてくれてもいいんでないのーーー!という感じは否めません。が、4つのブロックに分かれたとき、ヘーゼルナッツ率0%っていうのだけはなかったのでまぁ許そう。(偉そう), 折った側の断面を見ると、普通のチョコレートじゃなくてやわらかい感じが伝わるのではないかと。, プラリネ+ごろごろヘーゼルナッツ+カカオ分高め(60%)+スイス製。 1875年、スイス人のダニエル・ピーター(Daniel Peter)がミルクチョコレートを生み出しました。彼は、スイスに初めてのチョコレート工場を作り、チョコレートバーを発明したフランソワ・ルイ・カイエ(Francois-Louis Cailler)の娘と結婚しています。 このように、たくさんのチョコレート職人の情熱で誕生したスイスチョコレートは、高級チョコレートとして世界中のチョコレートファンから愛されています。, では、スイスのチョコレートをみていきましょう。 1875年、スイス人のダニエル・ピーター(Daniel Peter)がミルクチョコレートを生み出しました。 彼は、スイスに初めてのチョコレート工場を作り、チョコレートバーを発明したフランソワ・ルイ・カイエ(Francois-Louis Cailler)の娘と結婚しています。 「読んだよ!」の代わりに押してもらえると小躍りして喜びます。よろしくお願いします^^ 輸入元サイト>>巴商事 トブラローネ, リンツ エクセレンスシリーズのココナッツとカシスです。エクセレンスシリーズはどれを食べてもおいしいので好きだー゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚. 要事前予約。予約はMOB鉄道のサイトにて。, スイス人はチョコレートが大好き。ガイドもスイス人からチョコレートのお土産をいただく機会が数限りなくありました。レストランによっては、食後のコーヒーに添えて、ひと口大に包んだチョコレートが2~3粒付いてきます。ホテルのお部屋ではルームメイドの際、枕にやはり2~3粒のチョコレートを置いてくれる場合もあります。ほんのちょっと得した気分になる瞬間です。 公式サイト>>People Tree(ピープルツリー) ここで買いました>>リンツ 公式オンラインショップ, 今日は真ん中のピスタチオのタブレットを食べてみました。この時期のチョコレートは冷蔵庫の野菜室にしまってあるのですが、ちょうどいい温度に戻すのがなかなか難しいです。, 冷たいままパキッと食べてもいいんだけど、常温に近づけて口どけを楽しむのもいいし。でもウッカリすると溶けすぎてしまうという。ぐぬぬ。, さて、みんな大好きスイスのリンツ。このピスタチオのタブレット食べるのは始めてです。ピスタチオ入りのチョコレート自体けっこう珍しいのでうれしいーヽ(≧∀≦)ノ, リンツのタブレットでこういうフィリング系のは初めてかも。このカタチ見るの初めてな気がするから。1枚の大きさは約15.5cm×7.5cm×1.0cm。100g。, ちょっとやわらかくなりすぎた感が否めない状態になってきてます。汗 なぜかというと、1995年にバッハマンにいる2名のパティシエが2年間修行をして日本のケーキについて学んでいたからです。, 1932年に創業し、シャンパントリュフを初めて発案したチョコレートブランド、トイスチャー - Teuscher。 そして、チョコレート以外にもケーキやバームクーヘンをつくるようになりました。, シュプリングリは、チョコレートの他、マカロンも非常に人気です。 <DATA> その他店舗はこちら, 今年もピープルツリーの乳化剤無添加チョコの季節がやってまいりました。溶けやすいため冬季限定でしか販売されていないので、ここぞとばかりに買い込みましたよヽ(•̀ω•́ )ゝ, 今年は「ベジチョコ」シリーズ4種類が新登場です。ベジチョコの「ベジ」は野菜や果実など、植物から作られている、という意味が込められていて、牛乳等を使わず作られています。, ここでピープルツリーのチョコのおさらい。フェアトレードにこだわり、乳化剤を使わず時間をかけてコンチングを行い、それ故にデリケートで溶けやすいため秋冬限定販売。, で、ビター系メインなので見た目はほぼ変わりません。ココナッツミルク以外。いちばん上の明るい色のがココナッツミルクです。, オーガニックビターとココナッツミルクは何も入ってないプレーンなタイプですが、ビターレモンピールは粒状のレモンピールが、ビターザクロには小さなザクロゼリーが入っています。, シンプルだけどキリッとカカオの味わいが楽しめるオーガニックビター、甘みとほろ苦さのあるレモンピールの食感がおいしいビターレモンピール、リンツのタブレットのカシスと同じく甘酸っぱいザクロゼリーの粒がアクセントになったビターザクロ、ココナッツシュガーにココナッツミルクパウダーたっぷりでいわゆるミルクチョコとも劣らないまろやかさのココナッツミルク。, 個人的にはザクロとココナッツミルクが特に好きかなー。特にココナッツミルクは、これまでの定番を含めてもかなり上位に食い込むくらいかも。(ココナッツ大好き), でも、どれもリピートしたいクオリティです。ベジチョコシリーズは、パッケージもカラフルでカワイイので、ちょっとした差し入れとかにも使いたいです。冬季限定だけどね!, 【商品情報】 カテゴリー. の5種類です。どれかひとつ選べとか言われても無理なので躊躇なく全種買いです。, 袋を開けるとミルクチョコレートに包まれたチョコバーがにゅっと出てきます。特に飾り気もなくとてもシンプル。大きさは約10cm×2.3cm×1.3cmくらい。, 中身はホワイトチョコベースでそれぞれのフレーバーになっております。この写真はレモンミルク。, レモンとミルクだなんて、一緒にしたら分離しそうな組み合わせですが、味わい的にはさっぱりさわやかなレモンとまったり濃厚なミルクが好相性。けっこう酸味利いてます。レモンパウダー!な味わい。あ、でももちろんピープルツリーですから、ヘンな人工的な嫌な味はしません。, 私の大好きな牛の絵が並んだミルキーは、その名のとおりミルク感たっぷり。疲れたときにガツンと1本。, チョコレートとコーヒーってどうしてこんなに相性が良いのでせうね。コーヒーを飲むときに食べるチョコレートも最高だけど、コーヒーフレーバーのチョコレートもうまし。フィリングタイプのタブレットのカプチーノみたいな感じ。, ココナッツ&マンゴー シリアルクリスプは、最初ものっすごくココナッツ!!でザクザクの食感が楽しい。でもそれだけでは終わらず、あとからじわっとマンゴーの甘酸っぱさ登場です。なにこれめっちゃ好み。, けっこう鮮やかな色のストロベリーミルク・シリアルクリスピー。これは見た目にもクリスプ感分かりやすいですねー。フルーツ系チョコレートは合成香料臭で一口でムリ…となってしまう、もはや鬼門と言ってもいいくらいの存在ですが、さすがピープルツリー。全然平気。おいしい。おいしいよー。, 個人的にベストはやっぱりココナッツ&マンゴー・シリアルクリスプかと。いや、でもこれはココナッツ大好きなのになかなかココナッツ使われてる手ごろなチョコって少ない、という点からも大きくポイントアップしてるかもです。どれも全体的にハズレなし。今期はもうそろそろお別れの時期ですが、また来年も買っちゃうと思います(*´ω`*), 【製品情報】 公式サイト>>Lindt(リンツ) 可愛いボール型のチョコレートが、可愛いキャンディのパッケージに包まれています。, リンドロールを口に入れた瞬間、チョコレートが溶け口いっぱいに広がり、チョコレートの味をゆっくり楽しむことができます。 三越銀座の地下2階にある「ギンザフードガーデン」で購入できます。, 1934年に創業し、スイス・ルツェルンにて誕生したチョコレートブランド、バッハマン- Bachmann。 オシャレなデザインの感が多いのも、リンツの魅力ですね。, そんなリンツですが、スイスにはリンツのアウトレットが存在します。 ・・・まさか、時々日用品を買ってるケンコーコムでも売ってるとは思わなかった(笑)今度また何かと一緒に買います!, 友達のMさんにもらったトブラローネ。パッケージがハロウィン仕様になっててかわいいーーー!!, トブラローネといえば、最近はちょっと大きめのスーパーなんかだとどこでも買える感じだけど、昔は高級スーパーとか輸入食品扱ってるお店とかオシャレ雑貨屋さんとかでしか売ってなかった気がします。いい時代になったなぁ。, このハロウィンパッケージ、三角の筒状になっていて、するりとはずせばいつものトブラローネパッケージが出てきます。うまいなこれ。この1枚あるだけでなんとなく買っちゃう気がするし、ハロウィン時期終わったら終わったで外せばいつものトブラローネとして売れる。うまい。, おなじみの三角が連なったカタチです。トブラローネ、身近で特徴的でおいしいからたまに食べるし、過去にも書いたつもりでいたけど、記事にしてなかったんだなー。, あ、でもいつも食べるのは黄色いパッケージのミルクのほうばかりです。ホワイトは初めてかも(*´ω`*)ホワイトは「冬のマッターホルンをかたどったハニー&アーモンドキャンディー入りホワイトチョコレート」とのこと。, いつものミルク。キャンディーというか、ヌガティンの白くて固めのやつ(トロンチーニみたいなの)が入ってます。サクサクというかボリボリしておいしいのです。かなり甘いけど。, ホワイトのほうはかなりミルキーな感じのホワイトチョコの中にそのヌガティン的なものが入ってます。甘い。しかしクセになりそう。, 【商品情報】 午前:昔懐かしいベルエポック車両に乗ってモントルーを出発。車内ではコヒーとクロワッサンが出てきた後、チーズのふる里、グリュイエールに到着。チーズ工場を見学した後、丘の上の小さな可愛い町を散策。駅~町間のバス送迎付き。 様々なフレーバーがあり、1個から購入することが出来るので、好きなフレーバーを選ぶことができます。, また、お土産用にはスイスで有名な山・マッターホルンが描かれて可愛い缶に入っているチョコレートがおすすめです。 This article is about searching for real Your Name Locations. 19世紀、イギリス人を中心に各ヨーロッパの富裕層がスイスに立ち寄った際に、「スイスのチョコレートは美味しい!」と評判になり、瞬く間にスイスのチョコレートは世界中で有名になりました。, 20世紀には、高級チョコレートブランドが次々に登場します。 また、世界に1つだけのオリジナルチョコレートをつくることができます。, フレイ社のチョコレートの世界をアトラクション形式で楽しむことができ、「チャーリーとチョコレート工場」の映画の世界に入っている気分を味わえます。, 1819年に創業し、スイスで最も歴史のあるチョコレートブランド、カイエ - Callier。 創業者のフィリップ・スシャールは子供のころ、病気がちだった母の為に2時間かけて、当時高級だったチョコレートを買いに行っていました。, その時に、「ショコラティエになりたい!」という夢を持つようになります。 持病が悪化するので更新は それでも、ブランドが多すぎて、どれを選べば良いか迷ってしまい... ドイツのブンデスリーガ最強チーム、FCバイエルン・ミュンヘン-スタジアムの本拠地、アリアンツ・アリーナですが、試合ではなくて少し中を... ドイツのバイエルン州ミュンヘンで、1810年から開かれている、伝統的なビールのお祭りが、「オクトーバーフェスト」です。 バッハマンは、マティアスとラファエルの兄弟でつくったお店で、バッハマンという名前は苗字になっています。, 元々、父親がパン職人の家庭に生まれてので、小さい時からお菓子作りに興味がありました。 フレイ・ギアンドールという板チョコがスイスで人気商品です。, また、小さい板チョコにスイスの絵柄が入った紙で包まれているチョコレートはスイスらしく、お土産におすすめ商品です。 <スケジュール> 200年以上、チョコレートはスイスの人々を魅了し続けてきました。厳選された素材とメートル・ショコラティエに組み合わされた、極上のスイスチョコレートのサクセスストーリーの裏には創意に満ちた精神、質へのこだわり、勤勉な姿勢、鋭い味覚、そして無限の喜びがありました。 コーン/カップ、ダーク/ミルク/ミックスから選べます。, 写真だとちょっと分かりにくいけども、ダークとミルクのふたつの味がひとつで楽しめるミックスなのだよ。ふふふ。, こっちのほうが2色感がわかるかも?スプーンの先のほうの色が濃いところがダーク、薄めの色のところがミルクのソフトクリームです。, すごくチョコレート感が高くて文句なくおいしいダーク、あっさりしつつも絶妙なミルク感とチョコレート感と甘さのバランスのミルク、両方味わうことができる幸せ(n*´ω`*n), チョコレートの模様は、容器のプリントではなくて本物のチョコレートで、スプーンでこそげ落とせる程度のかたさなので、ソフトクリームと一緒に味わうことができます。, さらに底にも、砕いたクルスティヤンが入っていて食感が楽しい!これは上に刺さってたものとはちょっと違うものだと思うんだけど、「おいしい」ということ以外の詳細はよく分かりませんでした。, ちょっとしたパフェを食べたくらいの満足感~! <DATA> あまりにも種類が多くて迷った場合は、ワゴンに平積みになっている数種類の板チョコのセットを選ぶのも良いでしょう。値段も割安です。, レマン湖畔のモントルーを基点に、チョコレート工場の見学と試食などができる現地ツアーが「チョコレート・トレイン」です。モントルーで一日予定を空ければ参加可能。「チョコレートが好き!」という人はぜひ参加してみてください。 住所:Rue du Rhone 69, CH-1207 Geneva 口に入れた後、チョコレートが溶け中から出てくるシャンパンの良い香りに包まれます。, 1887年に創業し、スイス国内でチョコレート市場1位になっているチョコレートブランド、フレイ - FREY。 スイスには、約8億円かけて造ったフライ社のビジターセンターがあります。, 広い敷地内には、チョコレートをつくっている過程がわかる施設があり、フレイ社の歴史を学ぶことができます。 ここでも買えます>>PeopleTree (ピープルツリー)楽天店 フェアトレード チョコレート, せっかくのチョコレートがおいしい季節だというのに、体調が悪くてなかなかチョコが食べられません!!!なんというもったいない。私は悲しい!!!, 久しぶりに食べたのがこれ。RAPUNZEL(ラプンツェル)のCOCOS-CREME(ココスクリーム)タブレットです。, ラプンツェルはスイスのBIO(オーガニック)&フェアトレードチョコレートブランドとして有名です。, いろんなフレーバーのチョコレートがあるけど、チョコ×ココナッツは私の大好きな組み合わせ。もうね、おいしくないわけがないよね。, 毎度おなじみ、スイスのチョコレートはなぜか白いフィルム包装。大きさはだいたい15cm×8cm×0.7cmくらい。, タブレットの表面には、カカオの絵柄とRAPUNZELのブランド名がかかれています。, なめらかでミルク感たっぷりのミルクチョコレートに、ココナッツの風味がギュッと詰まったホワイトチョコクリームがたまらんです。最後にココナッツのこまかな粒が残って、あの独特のキュイッとした噛み応えが楽しめます。, 【商品情報】 スーパーマーケットやコンビニで気軽に手に入れるので、すでに好きな方も多いチョコレートですね。, スイスで人気のチョコレートを紹介しました。 元々は、小さい菓子店から始めたシュプリングリですが、今では、チューリッヒを中心に20店舗以上ある大手チョコレート会社になりました。, シュプリングリは、3代目の時に高級チョコレートをメインにしました。 大人になり父親の元で見習い期間を終えた後、3年間世界を旅しました。, スイスのチョコレートの知識とともに、他の国のチョコレートについて学ぶことができました。 中には、ヌガーやアーモンド、ハチミツが入っているので、少し甘いですがコーヒーとの相性抜群です。, 2016年製造コストを削減するために、チョコレートの三角と三角のチョコの間隔が広げれましたが、それに対してイギリスで苦情が殺到し、英メディアBBCでその記事に関して閲覧数が1位になるということが起きました。 公式サイト>>RAPUNZEL 世界と日本のチョコレートの歴史をどこよりも簡単にわかりやすく説明してみました。この記事を読むと、チョコレートがどのように作られて発展していったのかがわかります。 役立つ知識と情報を提供するwebマガジンサイト. 運行(2018年) カフェモカ チョコレートの作り立ての香りや風味を届けるためにチョコレートが完成したら、すぐに工場から出荷し、お店に届けられます。 (kimi no na wa), 【ドイツ】バイエルン・ミュンヘンのスタジアムの楽しみ方行き方 Allianz Arena. ダーフィト・シュプリングリがつくったお店で、初代ダーフィト以降、家族で経営していました。, 現在は、シュプリングリ家6代目が経営しています。 TEL:044-224 46 46 なぜ、スイスチョコレートは有名になったのでしょうか。, まず、チョコレートは元々中南米で神様の食べ物という意味のある「テオブロマカカオ」と呼ばれていました。 料金(2018年) 住所:Bahnhofstrasse 21, CH-8001 Zurich TEL:022-735 57 63 スイスのチョコレートには、以下のチョコレートがあります。, 1845年に創業し、スイスで1番有名なチョコレートブランド、リンツ - Lindt。 あんまり食べ過ぎると その後、大航海時代にヨーロッパ・スペインにチョコレートが初めて登場します。, スペインのアンヌ女王がフランス王ルイ13世と結婚した際に、チョコレートはフランスに渡りました。 このようにチョコレートが大好きなスイス人。その一人あたりの消費量は年間10キロ以上と、世界の中でもトップクラス。ちなみに日本は約2キロなので、スイス人は日本人の約5倍のチョコレートを食べていることになります。. とってもゆっくりです(汗), ブログ村に参加しました! スイストラベルパス2等を持っていれば CHF 69.- ここで買いました>>リンツ・チョコレート オンラインショップ, リンツのタブレット、エクセレンスシリーズのココナッツなくなっちゃったー!ココナッツ復活希望ー!!と言っていたら、きよめさんが「復活してますよ^^」と教えてくださったので、(その他のものも含め)購入しました!!きよめさん、ありがとうございますヽ(≧∀≦)ノ, リンツでお買い物をするとき、絶対外せないのがこれ。タブレットグランデシリーズのヘーゼルナッツです。これまで食べたことがあるヘーゼルナッツの板チョコの中で、もっともヘーゼルナッツぎっしり。, さて、今リンツではリンドールを持ち歩くのに便利な保冷ポーチプレゼントが行われてます。ちょっと条件は違うみたいだけど、店頭でもオンラインショップでも。, 普段プレゼントとかノベルティとかあんまり興味ないんだけど、これ嬉しい(*´ω`*)カワイイ(*´ω`*), リンドールを7粒くらい入れることができます。ふたの部分にメッシュのポケットが付いていて、そこに保冷剤を入れられるようになっています。(保冷剤は付いてないので、家にある小さめのを使うべし), キャンペーンは6/24まで(ポーチがなくなり次第終了)だそうなので、コレ欲しい!という人はお早めにリンツのお店orオンラインショップへどうぞ∩(´∀`)∩♪, さて、今日はタブレットは置いといて、リンドールの新フレーバーの味見など。この夏の新しいフレーバーは青→シーソルト、ピンク→ラズベリー、紫→バニラの3種類です。, では順番に行ってみましょうー。こちらのシーソルトは、ミルクチョコレートのシェルにミルクチョコレートのセンター。ほのかな塩味とミルクチョコレートのバランスが素敵。夏っぽい。, ラズベリーはダークチョコレートにちょっとミルク感もあるセンター。すっごくラズベリーの香り。だけど、ちょっと後味に人工香料っぽさが残っちゃうので個人的にはちょい苦手(∩´﹏`∩), そしてバニラ。今回の3種類の中ではこれが一番好きかも!ホワイトチョコのシェルの中にホワイトチョコクリーム。しかし、バニラの名前のとおりクリーミー+バニラ感がすごい!, シェルにも、中にも、バニラの粒がたくさん見えるくらい入ってます。とてもリッチな気持ちになれます。疲れたときにこの一粒。たまらん。, 季節限定フレーバーなので、今だけっぽいです。バニラは定番に入れてほしいなー(*´ω`*), リンツをはじめ、スイスのチョコは日本人の味覚に合うと思うのですが、このステットラーもなかなかイイと思うのです。, スイスチョコレートといえば、ミルクチョコレートが代表的。 スイスったらアルプスを見渡す広大な放牧地にジャージー牛がのどかに草を食んでいるイメージじゃない?(※あくまでも個人のイメージです), こちらのStettler(ステットラー)はスイスジュネーブで1947年に創業、1日に何個のチョコレートを作り上げることができるかではなく、1粒1粒にどれだけのまごころと技術を込められるか」という信念をもってチョコレートを生み出し続けているブランドだそうです。, 金色の箱を開けると、まぁるいトリュフが3つ。模様の感じが手作り感あふれてて素敵だ(*´ω`*), 箱から出してみたところ。このチョコが厚ぼったかったり下に溜まってたりするあたり、一所懸命手作りしてるの!という感じがひしひしと伝わってきます。, 1粒の大きさは直径約2.5cmくらい。だけどけっこうボリューミーに見えるのはこのもったりとコーティングされたミルクチョコレートのおかげだと思うのです。, 断面図。表面も、中身のガナッシュもミルク。とってもシンプルですが濃厚なミルク感となめらかな口どけで、ミルクチョコ好きさんにはたまらないミルキーな感じです。これは嫌いな人少ないと思うなー、万人ウケしやすいタイプ。, 国内でいつでも売ってるわけではないようです。一部公式サイトから購入できるようですが、基本的にはバレンタインのときのみかな?見かけたら食べてみてください。, 【商品情報】 スイスのチョコレート産業について、包括的な情報があまり多くないようなので、 ここでは、歴史とともに、スイスで最も古い5つのチョコレートブランドをまとめました。 ぜひ、スイス旅行のお土産選びに参考にしてみてください。 コンテンツ 非表示. 実際にスイスに行く方は、紹介したぜひお店に立ち寄ってくださいね。, スイスに行く予定がない方も、日本未上陸のチョコレート以外はアマゾンなどで購入できるスイスチョコレートもあるので、本場スイスの美味しいチョコレートをぜひ試してみてください。, 国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です! 実際にショコラティエになり、1851年のロンドン博覧会や、1885年のパリ万博博覧会で金賞を受賞に世界で有名になりました。, 人気があるチョコレートがトリュフチョコレートです。

ほうれん草 パスタ ペペロンチーノ, 牧場物語 オリーブタウン 声優, エクセル 罫線 自動 解除, バナー バレット ライダース, シャープ エアコン リコール, 人感センサー 電球 トイレ, Ipad ワード 文字打てない, 伝承 献呈 食べ方,