04
12月

テニス ダブルス 女子

その他、草トー優勝者多数輩出, テニス初心者や女性プレーヤー、試合に出る方に向けて、今までの培った知識や情報を惜しみなく配信していきます。 ブログを報告する. フェデラーが語る、錦織圭に必要なのは「勝者のメンタリティー」 2017.02.02. スポンサーリンク 関東学生テニストーナメント最終日では、男子ダブルスの川島颯(総4・名古屋)・佐々木健吾(環2・高松北)ペアと、女子ダブルスの望月奈々子(環4・白鵬女子)・大村千乃(総4・九州文化学園)ペアが優勝を懸け決勝の舞台に登場。男 […] 【出張型レッスン】SKのテニスプライベートレッスン. テニス初心者を3か月で草トー優勝者に 最近ラケットインプレも始めました! っていうか、そんなことよりも、身につけなくてはならないことの方が一杯です(〃▽〃), バックのハイボレー、ドロップショット、ショートクロスにスライスも、まだ何にもできてません!, tennismamaさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ダブルス男 ; 国別勢力図; wta世界ランキング(ダブルス・日本人女子) ... 日本テニスの歴史 女子編 2012.08.04. この記事で紹介したテニスダブルスで使える10の戦術をまとめると下記のようになります。 積極的にポーチすべし、特に試合前半がベター レッスンHP 女子連ランクアップを多数 関連記事:【テニス】ダブルスのリターン戦術9つ。基本のコースから応用戦法まで。【試合で勝ちたい人向け】 まとめ. 日本テニス協会による全日本テニス選手権の「過去のデータ」では、ダブルスは男子・女子・混合ダブルス3部門の優勝ペアが一括で掲載され、各部門ごとの決勝データ(準優勝ペア、決勝スコア)は記載さ … アラフィフの主婦です。仲間入りさせてもらった主婦向けテニスサークルは、市の大会に毎回参加している総勢30人ほどのガチテニスサークルでした! コーチの先輩から「勝つテニス」を教えてもらいますが……それはわたしのやりたいテニスじゃない?, テニスをはじめて10年近く。女子シングルスはまだ初心者ですが、女子ダブルスはわかってるつもりでした(^_^)v, だけど、市民戦で一位リーグで戦っている先輩から教えてもらったことは、わたしが今まで思っていた女子ダブルスとは少し違ってました(^_^;), ※ 雁行陣はペアの1人が前衛のボレーヤーで、1人が後衛のストローカーという形で、平行陣は2人がサービスライン前後に横並びになる形で戦う陣形です。, チキンのわたしは試合だと弱々しいストロークになってしまいますが、練習だと思いっきり打つことができます( 〃▽〃), ガツンと打って、ボレーヤーがバコンと打つ。ガツン、バコンとなかなかいい感じで続いています。, わたしはその言葉を、ストロークは強く足元に打てればそれがベストだけど、弱くてもいいから足元に打つようにしなさい、という意味だと理解しました(^o^;), わたしがはりきって強打すると、ボールは沈むどころかボレーヤーの胸の高さに浮いてしまい、ボレーヤーはすかさず前衛の先輩めがけて、強烈なボレーを打ちこんできました(((((((・・;), 「彼女、ボレーが得意なのよ。だから、ああいう人にはわざと弱いボールを打って強打させないようにしないとダメなのよ」, 今まで、わたしはボールは強ければ強いほど、速ければ速いほど、いいものと思ってました~, そして、それまでわたしがダブルスをしていた中級のレベルでは、そうした球で決まることも多かったのです。, 言われてみたら、自分がボレーヤーでも、強いストロークより威力のない、沈むボールの方がよほど打ちにくいです。, 相手のリターンが甘くきて、ポーチにでたら、思ったよりも威力がなくて逆に失敗してしまうことがありますが、あれと同じです。, 一位リーグの先輩たちのテニスをみても、すごいストロークを打つ人もいますが、皆さん、力押しというよりは、引き出しをいろいろ持っている人の方が多いです(*^^*), 人のいないところにスイーとスライスを決めたり、絶対にとれないようなネットすれすれにボールを落としたり。, ロブで抜けた!と思っても、バックのハイボレーで返してきたり、決まったと思ったスマッシュでも何度も拾ってきたり……。, 女子シングルスでも力押しだけでは勝てないとわかっていたのですが、ダブルスも同じことなんですね。, プロ選手や、体育会の学生くらいにすんごいストロークを持っていたら、話は別かもしれませんが、, おばさんレベルで、ストロークやボレーで相手に力勝ちすることはあまりありません(^_^;), 相手にとって、いかに打ちにくい球を打つか、いかにとれにくいコースに球を送るかの方が重要になります。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 女子ダブルスで多く使われる戦術の1つにロブがあります。今回のテーマで最もわかりやすいのでロブを主体に解説していきます。, ロブを打つ側は相手の陣形を崩せるといったメリットがある一方で、ロブ後の動き方一つでその後のプレーを優位に進めるか、はたまたただロブを上げただけになってしまうかが決まってしまいます。, 一方、ロブを打たれた側は陣形を動かされることが多くなるため早めの判断と崩された後のポジション取りが重要となってきますね。, ロブは攻め側にとってみれば攻めるための「仕掛け」であり、受け側にとってみれば陣形が崩される「きっかけ」となります。, 仕掛けはこれから攻めるための配球になるので、ロブを打ったからいきなり攻撃に!とはなりません。相手の状況は?態勢?陣形は崩れてる?次どこに打ったら相手は嫌がる?といったことに意識を持っていく必要があるので、慌てずに攻めていく観察力が必要になってきます。逆に、攻められている方は陣形が崩されるきっかけを早い段階でシャットダウンしていきたいですね。, 仕掛ける後の動きはどうするか、きっかけをシャットダウンするにはどうするか、について詳しく解説していきます。, ロブ後は前につめましょう!というパターンは頭に入っているため、自分のボールを確認した後に急いで前につめようとしますが、余裕がない状態でつめているためカウンターボールに対応ができなくなったり、次の打つボールのコントロールが定まらずせっかく攻めたのにまた振り出しに戻ってしまうことが多いです。, 攻めているのに歩く?と思われる方もいると思いますが、歩くことで視野がものすごく広がってきます、様々なメリットがありますので、詳しくお伝えしていきます。, 仕掛けのボールってコートに入ったか気になると思いますが、凝視したからといってボールがコートに入るわけではありません。仮にアウトになってしまえばそこでラリーは終わりますのでアウトになったかの確認をする必要性がありませんよね。, でもどうしても気になってしまうものです。そこでおすすめしたいのが、ロブ後歩くイメージでゆっくりと前につめていくことです。ゆっくり前にいくことで以下のようなメリットがあります。, ロブをあげてせっかく相手を崩しているのに自分のボールを見ることに一生懸命なためにせっかくの攻撃チャンスを不意にしてしまいます。ですが、ゆっくり前に進んでいくことでいつもよりも早いタイミングで攻めることができますので結果として少しでも前につめているだけで相手に時間を与えずに相手るスペースも発見できてきます。たとえ、相手にカウンターをされてもゆっくりと進んでいるのである程度攻められても対応はできてきます!, 攻める際は急いで前につめるという考えではなく、徐々に相手を苦しめていくようにゆっくりゆっくりと攻撃をしてみると今までにない視野が見えてきます。, 攻める時はゆっくりと言いましたが、守るときは全力で早い対応をしましょう!ボールを追いかける時はもちろんですが、判断も早くしたいですね。, 具体的に言いますと、ロブが上がった際、前衛者は取るかとらないかの判断を早くし後衛者はとにかく全力で走ります。ロブの場合、目的は相手前衛を後ろに下げさせるところにありますので、前衛者が中途半端に追ってボールをとってしまうと相手にスペースを与えてしまいますね。, ※女ダブではロブ対策として二人ともサービスラインに位置し、コートの半面を一人でまかなう陣形がありますが、その場合は上記の方法ではなく一生懸命ボールを取りに行ってください。, ロブをあげられたらチェンジをして~やハイボレーはこのコースに打って~といったことも重要ですがその前にとれるかとれないかの判断が大切です。速い判断をして前衛の人が素早くチェンジをすれば後衛者は迷いなくボールを追うことができます!そうすればいつもよりもゆとりをもって対応ができてくるでしょう。, 攻める際はじっくりと、守る際は素早くといったメリハリをつけることで攻守の切り替えがはっきりするので陣形を保ちやすくなってきます。, 特に女子ダブルスでは、ボールのスピードで勝負というよりかは戦術勝負となってくる部分が出てきますので、戦術に必要な観察・配球・展開力などをするために攻める際は慌てずにじっくりと攻める方が理にかなっています。, もちろん早いボールで決めるのもアリですし、相手が予想していないときに速い動きをして相手の時間を奪うことも素晴らしい戦術・プレースタイルとなりますが、ゆっくり攻めることで今まで見えなかったスペースや相手の動きなどがわかってくるようになり、結果として自身の戦術パターンを増やすことにもつながります。, レッスンなどを受ける際、コーチが展開してるときに一生懸命走っていないと思います。といいますか攻めてるときは歩きながらテニスしてるのではないでしょうか?, テニスは相手と打ち合うものです。相手の動きを観察することはダブルスで勝つためには必要なこととなりますので、いつもカウンターを受けてしまう方や攻めているのに攻めきれないという方は是非参考にしていただければと思います。, 管理人:SK テニスのダブルスの練習方法で困っていませんか? 今日は、ふだん週7で大学でテニスをしている僕が、ダブルスの練習方法をいくつか紹介していきたいと思います!平行陣の練習、雁行陣の練習メニューを紹介していき Follow @teniyaroo Posted by keispo on 11/09/20 • Categorized as テニス, 関東学生テニストーナメント最終日では、男子ダブルスの川島颯(総4・名古屋)・佐々木健吾(環2・高松北)ペアと、女子ダブルスの望月奈々子(環4・白鵬女子)・大村千乃(総4・九州文化学園)ペアが優勝を懸け決勝の舞台に登場。男子ダブルスは最終セットまでもつれる展開となったが最後に振り切られ惜敗。女子ダブルスでは第一セットをタイブレークの末に落とすと、第二セットも勢いそのままに押し切られストレート負けを喫した。悔しい敗戦となったが、準優勝という成績を収めた。本戦8日目の女子シングルス準決勝には今田穂(環2・啓明学院)と末野聡子(総3・芦屋学園)が登場。どちらも最終セットまでもつれる展開となるが敗戦、3位で大会を終えた。, 意地と意地がぶつかり合う死闘となった。序盤、慶大の川島・佐々木ペアは流れに乗れず第一セット5ゲーム終了時では1-4と大きく引き離される展開となる。しかし、6ゲーム目を川島のサービスエースなどで取ると、流れを引き戻し直後の2ゲームを連取し8ゲーム終了時には4-4と同点にした。しかし、最後は相手の好プレーに阻まれ第一セットを落とす。第二セットでは川島・佐々木ペアが息の合ったプレーを見せ序盤からブレイクに成功する。勢いそのままに第二セットを取り試合は最終セットへ。10点先取の最終セットでは中盤まで一進一退の攻防となるが、終盤にミスが目立ち悔しい敗戦を喫した。しかし、準優勝という成績を収めた川島・佐々木ペアには全日本インカレでも躍動してもらいたい。, 早大ペアとの戦いとなった決勝戦。実力者同士の戦いとなった今試合は序盤から拮抗した展開となる。第一セットは両者がポイントを取り合う展開となり、タイブレークまでもつれる。タイブレークでは慶大の望月・大村ペアが優位に進めるも、最後はミスが目立ち8-10で落とし、第一セットを奪われる。続く第二セットでは、勢いに乗る早大ペアを前に圧倒され悔しいストレート負けを喫した。しかし、随所で粘りのプレーを見せた望月・大村ペアには、この悔しさを糧に昨年度果たす事ができなかった全日本インカレ優勝へ向け頑張ってもらいたい。, 今日も二人のコンビプレーが光った。1セット目の第一ゲームをブレイクし幸先よく試合を始めると、7ゲーム目もブレイクし第一セットを6-2で先取する。第二セットでは佐々木のネットプレー、強烈なフォアハンドが相手を打ち崩す。第10ゲーム終了時に5-5と一進一退の攻防を見せ、迎えた第11ゲーム。佐々木が気迫のショットを放ちこのゲームを取る。次のゲームを取られ迎えた最終ゲームでは、苦しみながらも粘りを見せ7-6で第二セットを取りストレート勝ちを収めた。, 早大・倉持を相手に悔しい敗戦となった。第一セットではコースギリギリをつくフォアハンドで得点を奪う場面もあったが流れに乗れず2-6で落とす。気持ちを切り替え臨んだ第二セットでは、相手の意表を突くドロップショットが冴えわたり反対に6-2で奪い返し良い流れで最終セットを迎えた。しかし、最後はリズムを取り戻した相手に引き離され悔しい敗戦を喫した。しかし、見事3位で大会を終える事となった。, 女子シングルス、準決勝に勝ち上がった末野。長いラリーが続く、長時間の試合となった。第1セット、ストロークの打ち合いとなる展開に。両者譲らない、粘り強いラリー続く。両者実力が拮抗し、タイブレークまでもつれ込んだ。そんな接戦を、末野が勝ち取った。続く第2セットは、流れを掴めず、3ー6で落としてしまう。最終セット、粘り強く相手のプレーに追いついていく。しかし、最後粘りきれず、7ー10で落としてしまう結果に。敗退を喫し、決勝進出とはならなかった。, 順調に勝ち進んでいる望月・大村ペアが準決勝に登場。第1セット、4ゲームを連取するなど、安定したプレーを見せ、好調な滑り出しを見せた。その流れに乗りたいところだったが、相手の攻撃をなかなか返すことができない。完全に主導権を握られてしまい、第2セットを2ー6で落としてしまう。しかし、後がない状況で集中力を見せたのは、望月・大村ペアだった。冷静にポイントを取っていき、10ー6で相手を下して、勝利を収めた。大会最終日、早大の下地・吉岡ペアとの決勝に挑む。, 【テニス】川島・佐々木組、望月・大村組がベスト4進出/関東学生テニストーナメント大会 本戦6日目, 【テニス】シングルス、ダブルスのベスト8が揃う!/関東学生テニストーナメント大会 本戦5日目, 【テニス(男子)】今村が単複2冠達成!羽澤は単で準優勝、複で優勝!/全日本学生室内テニス選手権大会, 【バスケ(女子)】100点ゲームで快勝、最終節に向けてアクセル全開/リーグ戦第5節vs十文字学園女子大, 【ラグビー】秩父宮に勝利の音が響いた!明大にリベンジ果たし対抗戦3連勝/関東大学対抗戦④VS明大. プロのダブルスでは速いボール・速い展開で得点を取っていきますが、一般の草トーナメントや女子連(特にC級・D級)の試合ではラリーが長くなることが多いと思います。そのため戦術だったり勝つためのパターンだったりに意識がいきがちですが、戦術の前に女子ダブルスにおすすめの「動き方」にフォーカスを当てて、おすすめの攻める時の動き方と守るときの動き方についてお伝えしていきます。. 今回は、テニスの女子ダブルスで勝つための戦術について詳しく解説していきたいと思います。ロブを多用して陣形を崩す、ネットプレーで優位に立つ、オールラウンダーなプレーで相手を翻弄するの3つの戦術についてそれぞれ見ていきましょう。 経歴:指導歴15年 自分が気持ちよく打ったストロークが、相手のボレーヤーの餌食となり、自分だけでなく、ペアも被害を受ける!Σ(×_×;)! しかし、テニスの草トーナメントで勝ち抜いたペアを見ると、 意外とハードヒットしないペアであることがよくあります。 ダブルスは2人で守るため、 強打しても1発で決まりにくいからです。 ダブルスで勝つためには 強打で押しまくるより 中川直樹(橋本総業)全仏オープンjr覇者破り itfポルトガル8強 2020.10.09. ダブルスでは強いストロークはボレーヤーの餌食になる テニスをはじめて10年近く。女子シングルスはまだ初心者ですが、女子ダブルスはわかってるつもりでした(^_^)v サーブアンドボレーで平行陣もできるし、それなりに試合慣れしていると。 | 女子ダブルスで多く使われる戦術の1つにロブがあります。今回のテーマで最もわかりやすいのでロブを主体に解説していきます。 ロブを打つ側は相手の陣形を崩せるといったメリットがある一方で、ロブ後の動き方一つでその後のプレーを優位に進めるか、はたまたただロブを上げただけになってしまうかが決まってしまいます。 一方、ロブを打たれた側は陣形を動かされることが多くなるため早めの判断と崩された後のポジション取りが重要となってきますね。 ロブは攻め側にとってみれば攻めるための「 … テニスの女子ダブルスの試合で有効な、「低くて鋭いロブ」で前衛の頭上を抜くコツ4つ 1.前にポジションを取る ロブを打つのは後ろから・・・と思っていると、良いロブは上げられません。 テニスのダブルスで決め役となる「前衛」のポジション取りや動き方について、現役のテニスコーチが徹底的に解説していきます。ーこの記事がおすすめの方ー 前衛の動き方がわからない人 ストレートが抜かれやすい人 ダブルスが上手くなりたい人前衛に自信が しかし、テニスの草トーナメントで勝ち抜いたペアを見ると、 意外とハードヒットしないペアであることがよくあります。 ダブルスは2人で守るため、 強打しても1発で決まりにくいからです。 ダブルスで勝つためには 強打で押しまくるより

神戸 はしゃぐ 涌井, Nhk 重要なお知らせ 茶封筒, イノセンス 2話動画, ソフビヒーロー 魔進戦隊キラメイジャー2, ジンジャーパンチの 2017, プロンプター 自作, アドミラブル 上新庄,