04
12月

俺物語 打ち切り

ID: QM3UT3CjPA, 2020/09/06(日) 13:27:21 売上の低迷などの理由で打ち切りになってしまった漫画の中には、その後様々な理由で知名度を上げ、多くの人の記憶に残っている作品があります。そんな「人気の打ち切り漫画」を20作ピックアップし、まとめてみました! 『タイムパラドクスゴーストライター』が打ち切られてしまった。悲しい。 正直に言えばこうなることは分かりきっていたし、納得もしている。ただ、俺はこの漫画に漂う打ち切り臭の中に、ヒット作になる可能性の細い細い糸のようなものを見出していて、そこに少なからぬ期待をかけていた。, 結局、この期待は見事に裏切られることとなった。週を追うごとに掲載順はみるみる落ちて行き、わずか14話であえなく打ち切り。, それでもこの漫画が残したインパクトは大きかった。残念ながら悪い意味で。 連載初期からジャンプファンの間では不満が噴出していて、ネット上では「早く終われ」「こんなクソ漫画載せんじゃねえ」なんて意見も珍しくなかった。近頃の強烈な打ち切り漫画としては『サムライ8』が記憶に新しいところだが、間違いなくこの『タイパラ』、いや『タイパク』もまた歴史に残る問題作だった。, 期待した形ではなかったものの、俺もこの漫画には大いに楽しませてもらったので、備忘録も兼ねて書き残しておきたい。『タイパク』は一体何をしでかしてくれたのか、そして俺は何故この漫画を信じたのか。, ひとつ断っておくと、俺はこの漫画を貶したいわけではないし、ましてや作者および関係者に対して人格否定や誹謗中傷をしたいわけではない。「作者の頭がおかしい!」とか「編集が無能!」とか言うだけなら簡単だし、現にネットではそういう声がずっと溢れているのも事実だが、できれば俺はそうは言いたくない。 もちろん『タイパク』自体に問題点も多くあった以上、そこを無視することはできないが、決して制作側の名誉を棄損するためにこれを書いているわけではないという点だけはあらかじめご理解いただきたい。私はあなたのためを思って言っているのよ(パワハラ姑構文)。, // , この漫画に最も「裏切られた」部分は間違いなく「何故か主人公が悪者にならない」の一点。作中に細かなツッコミどころは無数に存在するものの、主人公・佐々木哲平が悪人として描かれてさえいれば、それらの大半は読者の気に留まることもなかったように思う。, 俺はこの漫画が「令和の『DEATH NOTE』」みたいなものになると期待していた。大義名分のもとに犯罪を遂行し、誰にもバレないように悪事を働き続ける。しかし、あくまでも罪は罪。それを追及する者の手によって、罪人たる主人公は窮地に追いやられていく……。そんなスリルの中で、タイムマシンの謎にも迫りながら漫画の道を究めていくとなれば、事態は複雑にもつれて読み応えのある物語が生まれるに違いない。その果てに待っている破滅のもたらすカタルシスは如何ばかりか。ともすれば、作中に込められたメッセージが、世間を度々騒がせている著作権問題に一石を投じるかもしれない。そんな展望を、勝手ながら脳内で描いていた。 流石に俺もここまでの期待を寄せていた人はそう多くないと分かってはいるが、少なくともほとんどの読者の視線が主人公の「罪」に奪われていたことだけは確実だろう。盗作をしている以上はそれに対する「罰」があって然るべき、というのが常識的な考え方だ。当然、読者の期待は「主人公にどんな報いが待っているのか」に集まる。, 言うまでもなく、盗作は悪だ。犯罪そのものだ。佐々木哲平も盗作がバレることを恐れていたし、明確に罪だと自覚していた。この点において、作者側の倫理観は狂っていない。問題はここから。 佐々木哲平はその罪の意識を、早々にどこかへ抛り出してしまった。物語最序盤で「十字架を背負う」と決めたはずのその瞬間から、自らの罪状を省みて深刻に悪怯れた表情を見せることはなく、見せるのはコミカルな泣き顔ばかり。「盗作なんてするんじゃなかった……」なんてことは、一度たりとも言わない。言動に罪悪感が付き纏っている様子はなく、名作を代筆するという謎の使命感に駆られてただ一生懸命に漫画を描いていた。 罪を誰かに打ち明けることもないので、罪を追及することも不可能。パクられた本人のアイノイツキにしても、パクリ作品を載せてしまった作中のジャンプ編集部にしても、盗作の事実に気づくきっかけすら与えられない。バレるかバレないかのスリル以前に、罪を疑う登場人物すら終ぞ現れることはなかった。 『DEATH NOTE』で言えば、Lが登場しないどころか警察がキラの存在に気づいていないようなもの。主人公がやりたい放題で悪事に勤しんでいるのに、誰にも咎められない漫画。あまり褒められたものではない。, 「盗作」を描いているはずのこの漫画の中心には、「罰」はおろか、「罪」や「悪」といったテーマさえ存在していなかった。想定していた道の斜め下のところで躓かれてしまったような、異様な肩透かし。この違和感から来る気味の悪さが、読者の反感を買っていた。, 少し脱線。これに対して「漫画の中の話なんだから盗作なんかでいちいち騒ぐなよ」という反論が見られたが、あまりにナンセンス。盗作が当たり前の世界観設定に向かって「盗作は犯罪だろ!」と騒いでいるならそれはおかしいけど、今回はそうじゃない。盗作がメインの題材になっている(そのつもりはなくてもそうとしか見えない)漫画で、かつ作中でも盗作は罪という認識があったのにそれを無視しているのが変だよ、という話。, どうやら、作中で佐々木哲平が盗作の報いを受ける様子はなさそうだ。この漫画はあくまでも佐々木哲平という男を善人として扱いたいらしい。それは分かった。いや、分かってはいけない気がするが、一旦分かったということにしよう。 ただ、佐々木哲平を善人に見立てようとしても、いかんせん辻褄が合わない部分が目立つ。やはりどう考えても、悪事に対して常に罪の意識が働いていないのがおかしい。おかしすぎる。, 善人であるならば、たとえ誤って悪の道に足を踏み入れてしまうことがあったとしても、自らその道を進み続けることはまずないだろう。よほど退っ引きならない事情がない限り、極力速やかに足を洗おうとするのが善人というものだ。 佐々木哲平も始めは勘違いから盗作に至ってしまったわけだが、問題はそれ以降。彼には後戻りできるチャンスがいくらでもあった。アイノイツキにでも担当編集にでも、未来の少年ジャンプの現物を見せて謝るなり相談するなりすればよかったはずだ。 彼は3話時点で一度だけアイノイツキ本人に対して罪の告白を試みるものの、勘違いで失敗に終わる。以降、二度と自白を試みることはない。彼曰く、その理由はアイノイツキが漫画を描くのをやめてしまうかもしれないと思い直したから。善人っぽい理由と言えなくはないが、罪の意識を棚に上げて突き進んでいく理由としては弱すぎる上に的外れだ。自分を正当化するための適当な理由にすら見えてしまう。 もう一つの大きな理由とされている「みんなに名作を届ける」に関してはアイノイツキに全てを打ち明けた上で共作する方法だってあるし、これも罪を秘匿する要因にはならない。むしろ自白した方がより良いものが出来る可能性が高い。, 「善人なのに悪の道を進んでしまう」文脈を成立させるためには、もっと徹底的に後戻りできない状況を作らなければならなかった。悪事を続けないと身に危険が迫るだとか、世界に甚大な被害が出るといったような、強迫的に他の選択肢を全て断ち切るほどの要素がなかったがために、「普通はそこで盗作するのは止めるだろ」というツッコミを払拭できなかった。, 仮に盗作がバレたら作家生命が終わるという意味で身の危険はあるんだけど、そういう描かれ方もしていない。先にも述べた通り、何故か誰も罪を追及できない為……。, 客観的に見て盗作を続けなければならない状況ではないのだから、まともな善人ならば罪の意識が働いて足を洗うはず。ところが、佐々木哲平は盗作を止めない。これでは、読者から見た佐々木哲平は開き直って悪の道を邁進している極悪人にしか見えないわけだ。, タパゴラ、一応まだ「今週こそは罪の意識と正しく向き合えるかな!?」って気持ちで読んでるからまたしても鮮やかな開き直り芸を見せられてもうゲラゲラ笑っちゃった, どう見ても悪人にしか見えず、愛着も尊敬も致命的に得られていない佐々木哲平だが、作中では誰にも咎められないどころか持ち上げられる形で物語が進んでいく。彼の欠点を正しく指摘した菊瀬編集はまるで悪役のごとく退場させられ、代わりに入った宗岡編集やアシスタント陣は「さすがは哲平様です」とばかりに神輿を担ぐ。彼らにかかれば疎かな食事も清貧となり、原稿を破く行為もプロ意識の顕れとなる。, その一方で、作中の随所に現れるツッコミどころは増え続けて止まるところを知らない。無視される負債、5等1000円が5口しか当たらない宝くじ、1トン以上のジャンプを公園に投棄するお爺さん……。他にも腑に落ちない設定や細かな演出の不自然さをひとつひとつ挙げていこうと思ったら、時間がいくらあっても足りない。, 象徴的なものとしては、この台詞が大ゴマで迫真の被害者面と共に登場していることが鮮明に全てを表していると俺は思う。これを見て「えぇっ!?大変だあ~!!」とはしゃげる読者はそうそう居ないだろうし、「そんなことも想定してなかったの?」と呆れて笑うのが関の山だ。佐々木哲平は元々ダメな漫画家としてデザインされているとは言え、度を越えたお馬鹿な言動が多すぎてとても感情移入ができるような存在ではない。, 別に馬鹿が悪いわけではないし、愛すべき馬鹿と呼ばれるキャラクターも世の中にはたくさん存在する。ただし、そういう存在として描きたいなら分かりやすく馬鹿さを指摘するツッコミが居るべきだし、せめて隣で「バカだなあ、もう」と笑ってくれるくらいの存在は必要。もちろんこの作品にそんなキャラはいないし、佐々木哲平をお馬鹿キャラとして描くつもりもないだろう。逆に、全員が佐々木哲平をヨイショしている。, 特に目立つのが、ヒロインであるはずのアイノイツキへの配慮の無さ。佐々木哲平の盗作に起因して彼女は中卒になり、『ホワイトナイト』で得られるはずだった印税や名声を奪われ、寿命も10年近く縮んでしまった。幼少期の虐めよろしく原稿は破り捨てられ、果てには盗作の出来栄えに生殺与奪を握られる始末。義勇さんが聞いたらブチギレることだろう。 「漫画を描くのをやめてしまうかもしれない」というたったそれだけの理由で、佐々木哲平はズルズルと自らの罪を隠し続ける。そしてその態度は、アイノイツキの死の運命を知った時ですら変わらない。そう、なんと「漫画を描くのをやめてしまうリスク」が「死のリスク」さえも上回っている。どう考えてもこの天秤はおかしい。狂っている。もはや善人かそうでないかなんてレベルの話ですらない。 得票数で負けたらアイノイツキが死ぬと未来人から告げられた上で負け続けているのに、いざ実際に死んでしまったら取り乱す。危機感がなさすぎるし、命を軽視しているとすら感じられる。 単行本での台詞修正で「タイムマシンの事を公表でもしたら世の中が大変な事になる」というふんわりした理由が追加されてはいたが、それでも当事者(被害者)には事実を伝えるべきだし、秘密を共有したっていいはず。これをしなかったということは、「アイノイツキが世の中にタイムマシンの存在を言いふらすリスク」より「死のリスク」を取ったということに……。, 無自覚ながらにして目に余るほど人に迷惑をかけている佐々木哲平だが、彼の名誉を守るポイントとして、面白い『ホワイトナイト』をしっかりと世に届けたという点は挙げられると思う。だが、『ホワイトナイト』はほぼ画面に描かれない上にそれを褒める台詞も具体性がなくフワフワしていて、なおかつ佐々木哲平自身が好評を素直に喜ばないがゆえに、その功績も作中では今ひとつ目立たなくなっている。そもそも彼が何もしなくたって10年後には世に出ていたはず……。彼が善良な心で行った盗作がどこかでプラスに働いた例というのが、なかなか見当たらない。, とどのつまり、佐々木哲平が振り撒いた自覚のない悪意は、「善人だから」でフォローできる範囲を優に超えていた。火消しじみた「さす哲」展開は却って佐々木哲平の異常性を際立たせ、彼に対する読者の評価と作中での評価の乖離は進んでいった。, 原稿破るくだりで佐々木の狂気がだいぶ滲み出て、読者もいい加減「やっぱこいつ頭おかしい(不慮の盗作でおかしくなってる)んだな」ぐらいには感じてるはずなんだけど、あくまでも「真剣で正当な志のもとに頑張ってるかっこいい主人公!」な描き方が貫かれているので未だにモヤモヤさせられる天才的構造, 俺たちは消火されて助かるパク八が見たいんじゃなくて大炎上するパク八を眺めながら輪になってフォークダンスを踊りたいだけなんだよな, 物語終盤の展開は打ち切り漫画特有の“巻き”っぷりで、典型的なデウスエクスマキナの登場から「精神と時の部屋」で佐々木哲平がパワーアップ、アイノイツキをあっさりと改心させてハッピーエンド。おそらく想定より早い打ち切り決定で、予定していた展開とは違うものになってしまったであろうことは想像に難くない。 本来であれば、このような高次元的存在に頼ったご都合主義展開にするつもりではなかっただろうし、時間を止める力技だって使うつもりはなかっただろう。この結末に関して茶々を入れることにはあまり意味がない。 一応、「フューチャーくんはもっとやれることあったやろ」とかは真っ当な指摘だと思う。, 終わってみれば、盗作もタイムマシンも物語に絡める必要は左程なかったということになる。犯罪要素もSF要素も、輝く瞬間を迎えることなく物語が終わってしまった。 盗作については最後までお咎めなしだったので“そういうこと”なのだろうが、タイムマシン周りの設定はまだ用意してあったように思う。2話の説明からして複線的な世界線で並行世界が存在する設定、と見せかけて実は単線的でタイムパラドックスが発生する……みたいなことを狙っているのかと憶測していたが、今となってはもうどうでもいい。, 「結局何がしたかったの?」という点さえ不明瞭だが、強いて言えばこの漫画のメインテーマとなる部分は、アイノイツキの唱える「透明な傑作」理論を巡る思考にあったように見える。 やりたいことをやって死ぬかやりたいことをやらずに生きるか、みたいな部分もそうかと思って読んでたけど別にそうじゃなかった。 個性を殺した「透明な傑作」こそが全人類が楽しめる究極の漫画であるという漫画論。これは後に否定されるためのトンデモ理論であり、個性を殺していくうちに目的も見失って命すら落とす、という文脈を用意するためのものでもあった。 そして誰しもが予測した通り、万人を楽しませるのではなく届けたい「同類」に向けて伝えたいものを描く、という答えが示された。概ね納得は行くが、これもどこか急拵えのテーマであるように思えてしまう。 もし『タイパク』が全編を通じてこの結論を出したかったのだとしたら、もっと序盤からこの方向性だけでも示さなければならなかっただろうし、せめて佐々木哲平が『ホワイトナイト』を描きながらでも「自分の伝えたいもの」を探す描写があって然るべきだった。しかしながら、連載が始まって以降のシーンは驚くほど大幅にカットされて進んでいて、そのような描写は見当たらない。 物語冒頭と見比べれば、佐々木哲平が嫌がっていた「マイナー路線」の方がこの結論には近いわけで、そうであれば菊瀬編集をあんな目に遭わせたこともイマイチ筋が通らない。正直、「実際に作者が編集に言われたことを否定したかったに違いない」だとか「作者は書きたいものがないことを正当化しようとしている」といった憶測が飛び交っているのも頷けるくらいだ。, こうした一貫性の無さによって、メインテーマさえもぼんやりと霞んでいる印象を受けてしまう。最終回の台詞を文字通り読み取るのが正解なのだろうが、どうも素直に受け取りづらい流れになってしまっている。どうしても、本当は他に言いたいことがあったのでは、と邪推したくなってしまう。これは俺個人の問題かもしれないが、結論さえも真っ直ぐに受け入れられないことがなんとも惜しい。, 一点目は、編集部の期待が大きいという雰囲気だ。世間の注目を集める『鬼滅』最終回の号で連載を始めたことや、ジャンプ+で連載するはずが本誌に連載されたという話、6話時点で与えられた増ページなど、何か他の作品に寄せられるものとは異なった期待によって本誌連載が後押しされていると感じる要素がいくつか揃っていた。編集部にとっても、これは一つのチャレンジだったのではないかと思う。 実際、もしジャンプ+で連載していたら当初思い描いていた形に近い結末が描けていたはずだし、もしかしたら『ナノハザード』や『恋獄の都市』みたいな人気の集め方をしていたかもしれない。, 二点目は、純粋に上手く出来ている部分もしっかりあったということ。 例えば、取ってつけたような個性を求めるばかりでただただ空っぽ、それ故に面白い漫画が描けない佐々木哲平。空っぽな無個性を目指しつつも作家性が滲み出てしまい、それ故に面白い漫画が描けるアイノイツキ。この対称性は見事で、それでいて「空っぽ」という一点において「同類」と括れてしまう、皮肉なほどに綺麗な対比が作れている。 特に「面白い漫画を描く人間」が「面白い漫画を描くこと」に正しくアプローチ出来ていて筋も通せているということが大きい。このキャラ造形と文脈を用意できる人なのであれば、薄気味の悪い佐々木哲平のキャラ造形も意図的に用意したものかもしれない……と、俺は期待してしまった。 菊瀬編集の「つまらない漫画ばかり持ち込まれ続けてくたびれた編集者」としての解像度が異様なほど高いことも挙げたいが、これは本当に見たまま描いてる説があるので保留。作者はTwitterで菊瀬編集のモデルはいないと話してはいるが、そりゃ衆目監視下で「モデルはいますか?」と聞かれて「はい、います」とは答えないだろうな、というところでもある。 さらに上手く出来ていた部分で挙げておきたいのは、何と言っても読者の視線を集める腕力。クリフハンガーと言うのだろうか、結末が気になる状態を保つストーリー進行には間違いなくパワーがあったし、俺もそのパワーに引き付けられていた一人だ。, そして三点目、俺がこの漫画を信じた最も大きな理由は、シンプルに「作者を狂人だと思いたくない」という願いだ。 この『タイパク』は、意図的にやっているのでなければ作者陣は本物の異常者なのではないかと本気で疑いたくなってしまうくらい、常識からかけ離れた強烈な漫画だった。どこまで行っても主人公の悪行が全く取り沙汰されないことがとにかく奇妙で、気味が悪かった。『DEATH NOTE』だって『闇金ウシジマくん』だって『連ちゃんパパ』だって、主人公といえど悪は悪として扱われているし、必然的にそうあるべきだ。 だからこそ、いつか必ず「盗作」という主題の「罪」の部分に正しく焦点が当てられ、報いを受ける瞬間が来るものだと信じて疑わなかった。よもや、物語の中心も中心で堂々と背負った十字架を、何食わぬ顔でどこかへ捨ててしまう漫画が生まれるだなんて、俺は思いたくなかった。, 逆にこれが意図的な設計じゃないなら流石に作者の頭がおかしいし感覚がイカれてると言わざるを得ないんですよ 俺はそんな酷い結論を下したくない一心で未だにタイパクを信じ続けている, 物語が完結した今、結果としてこの願いは叶わなかったが、それでもまだ作者の先生方を狂人と断ずるようなことはしたくないし、抗っていたい。憶測の域を出ないが、何故こうなってしまったのかを少し考えてこの記事を終わりにしたい。, 前提として、まともな価値観を持った大人が複数人いれば、誰か一人はこの漫画の異常性に気づけるはずだと俺は思う。何か外部的な力だとかイレギュラーな部分がなければ、こうはならないと信じたい。, 現実的なのは、原作・作画・編集の3人の擦り合わせがどんどん拗れて方向性が狂ってしまったような形だろうか。モノを創る人間は往々にしてこだわりが強いし、3人の意見を折衷する上で衝突することも珍しくないだろう。 原作の市真先生はTwitterに「先の展開言い当てられてたら意地張って変えたくなる」との発言もある通り、少し天邪鬼な部分がある印象。「原作がついているのに『クロスアカウント』に近い動きが見える」なんて意見が出るのは、作画の伊達先生の作風が織り込まれているからかもしれない。“逆張り”に定評のある担当の杉田編集は、変わった倫理観の作風にも挑戦してきた実績がある。 この3人の個性が悪魔合体した結果、生まれたのが『タイパク』なのは確かだ。巷では「原作者いない説」や「編集者いない説」まで囁かれてはいるが、個人的には逆で、3人の足並みを揃える段階でもつれて転んでしまったのではないか、という意見。, もう一つ挙げるとすれば、連載開始直後の読者の反応だろうか。ジャンプ+に無料で掲載された第1~3話は、コメント欄が大いに荒れていた。後にその多くが削除されたが、当初は非難轟轟といった有様で、炎上と言って差し支えない状態だったことを覚えている。, これほどの連載開始即炎上というケースはあまり例を見ないし、この反応を受けて多少なりとも路線変更があったと見て間違いはないだろう。単行本でいくつもの表現が訂正されている点からも、初期の内容に関して反省があったことが窺える。 ともすれば、イメージ修正の義務感や焦りに駆られて、半ばパニック気味にハンドルを切ってしまった可能性も考えられる。週刊連載の勢いの中で、焦って軌道修正を重ねていった末にあのような形になったというのであれば、ある程度は合点がいく。, 真相は作者側の方々にしか分からないが、とにかく俺としてはどこかにやむにやまれぬ理由があってほしいし、『タイパク』が万全の状態で生み出された作品であるとは信じたくない。何かがあったに違いない……。, 最後になってしまったが、俺はこの『タイパク』が大好きだということは改めて申し添えておきたい。掲載順が落ちても毎週楽しみにしていたし、単行本も買った。ハチャメチャな漫画だっただけにとても刺激的だったし、存分に楽しませていただいた。, このブログでは度々言っているが、俺はジャンプの打ち切り漫画が大好きだ。新連載は常にチャレンジだと思うし、一風変わった漫画が始まった時は、編集部が何かを試しているのだろうとワクワクする。最近は立て続けに人気作が連載終了しているが、その分たくさんの新連載がやって来るので、なんだかんだであまり凹んでいない気がする。, 今後も少年ジャンプから新たなヒット作・話題作が登場することを願っているし、もしその行く末が期待通りでなかったとしても、こうして記憶に留めておきたい。各先生の次回作に期待しています。, タイムパラドクスゴーストライター(タイパラ、タパゴラ、TPGW、タイパク、パクラー、パクマン、パク八、パク平、八゜ワー天狗)への熱い気持ちを綴りました #wj39 #タイパラ #TPGW『タイムパラドクスゴーストライター』を信じ続けた男 - フリーライターなるしかねえ https://t.co/KLc3QY7drG, 佐々木哲平の罪にフィーチャーされたSSスレがありました。 彼がボコボコにされる話が読みたい人は是非。, ikiumejapanさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog その後に冒険王という雑誌で再度連載を行うも、こちらも長くは続きませんでした。 よくあるキャラデザをキルアキルア言ってるのキモイ. 当初は人気が伸びず半年足らずで打ち切られましたが、その3ヶ月後に奇跡のカムバックを果たしました。, ジャンプで一度打ち切られた作品が連載再開となるのは、この事例が唯一無二。 色んな意味で一人歩きした打ち切り作品です。, 巻末コメントが独特だったことで話題になったキユ先生のジャンプ連載作品。 193: 名無し ... >マガジン、ブルーロックと化物語以外読むものあるか? ダイヤしか読んどらんわ すまんな. その最初が、週刊少年ジャンプで掲載された1998年連載開始の『ライジングインパクト』。 ニセコイとは全くジャンルが異なるファンタジー作品で、読み手をワクワクさせる冒険譚。 ID: WoJ+S5Cwai, 2020/10/11(日) 21:44:39 2005~2006年にジャンプで連載されたこの漫画は、元々学園バトル漫画でしたが、テコ入れのために『タカヤ -夜明けの炎刃王-』と改題し、主要キャラが異世界転生をするという超展開を見せました。 その3年後に再び打ち切られたというのも有名な話ですが、3年も連載が続いた時点で十分に成功と言えるでしょう。, 『セクシーコマンドー外伝 すごいよ! 一般用語としての打ち切りは「打ち切る」という動詞を名詞として使う言葉である。(例:試合は途中で打ち切りとなった) 一般用語 ... 決められた尺の中で物語 の 風呂敷を 畳めなかった場合も打ち切りと呼ばれることが多い。 打ち切りの要因. また、漫画などの創作作品が突然終了することも打ち切りと呼ぶ。, ただし、視聴者・読者が打ち切りだと言う中には作者が大団円であると発言している場合もあり、主観的な物である事も少なくない(多くの場合、伏線と思しき描写の回収が行われていない事などがあげられる)。, テレビ・ラジオ番組等のうちクイズ・ゲーム・音楽・トーク・バラエティ番組などに分類される作品は、後述の漫画・アニメ・小説のように「本来予定されている終わり方」というものが明確に存在しないため、番組改編期などにおいてそれ以降の放送期間が延長されなくなった時点を以って「打ち切り」と言われる。, 概ね放送期間が1年未満の短命な番組については事実上の「途中止め」と言えなくもないが、数年~数十年と続いてきた長寿番組の打ち切りは「途中止め」というよりも「打ち切りを以って初めてその作品(番組)の終了時期が決定する」と言うことができるであろう。, 主な打ち切りの要因としては番組の視聴率や人気低迷が挙げられるが、その他にメインとなる出演者が死去したり、不祥事などを起こしたり辞意を表明したりして番組を降板するなどによっても打ち切られる場合があり、この点においては後述の打ち切り理由ともほぼ共通している。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 闇は俺たちの想像より遥かに深かったって事だ . 両親を殺されており、復讐を果たすべく旅をしているキャラで、「ギャグ漫画の中に1人だけシリアスな空気をまとっている場違いな奴」というギャグキャラなのです。 ID: oMU4pM0Vwt, 2020/08/18(火) 00:43:16 その後の異世界転生ブームを考えると、ある意味では先見の明があったのかもしれません。, もう1つ、本作には歴史に残る名台詞があります。 魔王様リトライの原作web小説は打ち切り状態で終わってしまったのか?と話題になっているようです。実は「魔王様リトライ」は無料で連載していたweb版は、人気が出てきたために書籍化され、その影響で半ば打ち切りかのように終わってしまったという経緯 2000年に10話のみ掲載された、打ち切り漫画の中でもかなり刹那的な作品でしたが、20年が経過した令和の時代にも語り継がれているタイトルです。, ただし、語り継がれているのはタイトルや巻末コメントばかりで内容はあまり知られていないかもしれません。 本作はカートレースを題材とした物語で、レーサーを目指す主人公の破天荒で無鉄砲な生き様を、独特のコマ割りと「Live Like Rocket!」のフレーズを随所に挿入するエッジの効いた演出で描いています。 ID: kslXsgvpX3, 2020/09/25(金) 20:36:05 ID: NFR5GMAKsI, 2020/10/16(金) 17:21:04 ID: 4QI7p3WqJG, 2020/10/08(木) 23:21:33 ID: vAdc5FAatD, https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%89%93%E3%81%A1%E5%88%87%E3%82%8A, 推奨環境:Edge, Safari, Chrome, Firefox, Opera いずれかの最新版, 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』心に炎を灯して…主題歌「炎」から紐解く炎柱・煉獄杏寿郎の魅力とは?, 『サンモニ』関口宏「アメリカの話題はカラッとして、日本の問題はジメっとする」トランプ氏の主張には触れず?, 友達と一緒に食べたおいしいおやつ、一人で食べるとなんか違う…… 4歳の女の子の「かわいい大発見」を描いた漫画. 現在はコミックアプリ「モチコミ」でマンガde安眠サプリ『まいにちおはよき』を連載中です。, 『七つの大罪』の大ヒットで知られる鈴木央先生ですが、本作に至るまで何作も打ち切りの憂き目に遭っています。 打ち切りとは、それまで続いていた内容が終了することである。途中止め。 概要. 当時は本作のような暗いストーリーがあまり受けなかったらしく、人気が思うように出なかったことが原因と思われます。, 打ち切り作品の特徴としてよく挙げられるのは「迷走」「終盤の駆け足展開」「唐突なラスト」ですが、その全てを兼ね備えたのが本作。 急遽打ち切りになった場合、次の番組が正式に決まるまで「つなぎ番組」と呼ばれる穴埋めの番組を流す場合がある。これが予想外の好評を得て、人気番組や長寿番組に成長することが少なくない。, 漫画・アニメでの打ち切りは様々な要因で、本来予定していた終わり方ができずに終了してしまったものを指す。, 要因とそれらの解説・打ち切り作品の例を挙げる。また、一旦打ち切りになった後、復活したものも例として挙げている。, 最も多い打ち切りのパターン。アンケート結果・視聴率・売り上げなどの結果から判断して、人気の低いものは打ち切られていく。漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」では特にアンケートを重視する方針を採っており、10週間(単行本一巻分)での打ち切りも多い。またアニメや漫画以外、例えばドラマやバラエティ番組などが打ち切られる理由で最も多いのもコレである。, このパターンで打ち切られた作品の中には、ファンの希望などにより連載の再開や続編などの制作などが行なわれたものもある。スポンサーの意思で復活することもあるが、極稀である。, 漫画の場合、作者の多忙・体調不良(失踪・死去含む)やネタ切れ、編集部とのトラブルなどにより制作続行が不可能になり、打ち切られることも多い。また、作者やスタッフが不祥事を起こしてしまった場合も打ち切りとなることが多い。, スポンサーや制作会社が資金不足になったり、倒産してしまう場合。最近は数社で提供を行なっているために、このような自体はほぼ無い。しかし漫画では雑誌の廃刊などによる打ち切りが今でも起きている。, ここではスポンサーの降板によって極端な終わり方をしてしまったアニメ・漫画の例を挙げる。, その作品で扱っている内容が実際の事件・事故・災害などと類似していると、ほとんどの場合は放送・掲載を自粛する。そのまま打ち切りとなってしまうこともある。主に地震や殺人事件、人身事故などによる物が多い。作品が原因で事件などが起きてしまい、打ち切られることはきわめて珍しい。, 地方局ではキー局で番組の時間帯移動や急な放送期間の延長等があると打ち切られてしまうこともあるらしい(地方民からの情報求む)。, 2020/08/18(火) 00:17:12 !」という台詞をブチかますなど、かなり挑戦的な漫画として話題になりましたが、全3巻で完結となりました。 【ワタモテ】は本当に百合路線になったのか?徹底検証まとめ #私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い #ワタモテ #わたモテ, 【ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会】エマ・ヴェルデはラブライブ史上最も○○なスクールアイドル, 【ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会】天王寺璃奈はどうして素顔を晒さないのか?, 【声優】佐藤聡美が演じたキャラクターTOP10を発表! 鬼滅の刃であのキャラを熱演, 【ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会】近江彼方がいつも眠そうなのは理由がある?. 可愛らしい絵柄で女の子も可愛く、卓球のルールや試合も本格的に描いており読み応えのある作品でしたが、約1年の連載期間で打ち切り。 主人公は吉備津百花(きびつ ももか)という名前の女子高生で、あの「両親の仇」の人ではありません。, ではあの人は誰なのかというと、一寸法師をモデルにしたと思われる一寸(いっすん)という人物。 『タイムパラドクスゴーストライター』が打ち切られてしまった。悲しい。 正直に言えばこうなることは分かりきっていたし、納得もしている。ただ、俺はこの漫画に漂う打ち切り臭の中に、ヒット作になる可能性の細い細い糸のようなものを見出していて、そこに少なからぬ期待をかけていた。 [CDATA[ 売上の低迷などの理由で打ち切りになってしまった漫画の中には、その後様々な理由で知名度を上げ、多くの人の記憶に残っている作品があります。 ツンデレのヒロインが主人公に抱きついた際、胸が背中に当たっているのを指摘された際の返しの言葉「あててんのよ」です。 その後に赤マルジャンプで完結編を掲載し、全7巻で完結しましたが、定期的に「勿体なかった」という声が聞かれます。, 作者の江尻立真先生は現在、月刊ヒーローズでタツノコプロ版アベンジャーズと言うべき『Infini-T Force』のコミカライズを連載中です。. Copyright ©  moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん! 月刊コミックバーズで2006~2008年に連載されていた漫画で、「両親の仇! いろんな意味で、読む人に「俺にもこんな時期があったなあ……」と思わせる作品です。, ちなみに、キユ先生はその後「松井勝法」というペンネームで100万部のヒットとなった『ソムリエール』の作画を担当し、売れっ子の仲間入りを果たしています。 全3巻と短い連載期間ながら評価は高く、現在でも続きを描いて欲しいという意見をよく目にします。, 1999~2000年、『BLEACH』の前に久保帯人先生がジャンプで連載していたバトルアクション。 ギャグ漫画だからこそ許される苦肉の策ながら、現在もこのラストは語り草になっています。, 2008年、古味直志先生が『ニセコイ』の前に連載していたジャンプ掲載作品です。 全4巻で終了となりましたが、当時から「荒削りながら光るものがある」と評価されていて、現在もBLEACHファンを中心によく語られています。 この台詞はちょっとした流行語になり、人気を博しました。, 短期連載の打ち切り作品でこれだけのトピックを提供したのは、恐らくこの作品くらいです。, ジャンプはサッカー漫画の新連載および打ち切りがとても多い雑誌で、本作もその中の1つですが、他の打ち切り作品とはインパクトが違います。, 2010年に連載を開始し、最初の1ページでいきなり「Jリーグ終了のお知らせ! わずか20話で打ち切りになったことで、最終話をダイジェストと年表でまとめるという力業を駆使し、まとめることに成功しました。 そんな「人気の打ち切り漫画」を20作ピックアップし、まとめてみました!, 今や実写映画、アニメと数々のメディアミックスが行われ、手塚治虫先生の代表作の1つになっている『どろろ』ですが、週刊少年サンデーで最初に連載された際には打ち切りとなってしまったようです。 ID: aduagQ7V1d, 2020/08/21(金) 19:08:05 | ブログを報告する, 少し脱線。これに対して「漫画の中の話なんだから盗作なんかでいちいち騒ぐなよ」という反論が見られたが、あまりにナンセンス。盗作が当たり前の世界観設定に向かって「盗作は犯罪だろ!」と騒いでいるならそれはおかしいけど、今回はそうじゃない。盗作がメインの題材になっている(そのつもりはなくてもそうとしか見えない)漫画で、かつ, もちろんこの作品にそんなキャラはいないし、佐々木哲平をお馬鹿キャラとして描くつもりもないだろう。逆に、全員が佐々木哲平をヨイショしている。, 単行本での台詞修正で「タイムマシンの事を公表でもしたら世の中が大変な事になる」というふんわりした理由が追加されてはいたが、それでも当事者(被害者)には事実を伝えるべきだし、秘密を共有したっていいはず。これをしなかったということは、「アイノイツキが世の中にタイムマシンの存在を言いふらすリスク」より「死のリスク」を取ったということに……。, 一応、「フューチャーくんはもっとやれることあったやろ」とかは真っ当な指摘だと思う。, やりたいことをやって死ぬかやりたいことをやらずに生きるか、みたいな部分もそうかと思って読んでたけど別にそうじゃなかった。, 実際、もしジャンプ+で連載していたら当初思い描いていた形に近い結末が描けていたはずだし、もしかしたら『ナノハザード』や『恋獄の都市』みたいな人気の集め方をしていたかもしれない。, 菊瀬編集の「つまらない漫画ばかり持ち込まれ続けてくたびれた編集者」としての解像度が異様なほど高いことも挙げたいが、これは本当に見たまま描いてる説があるので保留。作者は. ちなみに盲目なので、両親の仇かどうかを視認した訳ではなく、気の流れで判断したようですが……実際に仇かどうかは不明です。, このように、あのシーンだけを切り抜くとやたらシリアスな場面に見えますが、実際にはそうでもありません。 !」と叫ぶラストのコマはあまりに有名ですね。, その画像が有名になり過ぎて、シリアスなバトル漫画と思われがちですが、実は桃太郎などの日本昔話の登場人物をモデルにしたキャラが登場するコメディ。 名前: 名無しさん 投稿日:2020-06-12 14:40:50返信する. しかし中二心を擽る異名の数々、19話のサブタイトル「お帰り、僕らのジーニアス」、地球を覆う翼、“あの人”こと焛童心亜(りんどう しあん)をはじめとした個性的過ぎるキャラなどは今も語り継がれていて、読者の記憶にはしっかりと残っているようです。, ちなみに、主人公のリヒトが羽をむしられ絶叫しているシーンが本作の最後のコマのように語られることがありますが、その画像は打ち切りっぽく見せたコラです。, LIGHT WINGのネタ画像とは違い、こちらは本当に最終回とは思えないところで連載が終了しています。 ID: CsPuRqIi4w, 2020/09/15(火) 12:00:16 ID: POYwp7qkt+, 2020/08/18(火) 00:30:57 和月伸宏先生の『GUN BLAZE WEST』もそうですが、西部劇のような世界観がジャンプの読者層とあまり合わなかったのかもしれません。, ジャンプで2006~2007年連載されていた卓球漫画です。 要因とそれらの解説・打ち切り作品の例を挙げる。また、一旦打ち切りになった後、復活�

ロッテ テレビ中継, 香川真司 2011, 明治チョコレート 26枚 値段, レジスタfc セレクション, 第3回abematvトーナメント チーム, 兵庫県サッカー協会 4種, ロッテリア 売上高 2019, ジャパンカップ 日本馬だけ,