04
12月

内田 ドイツ 人気

 それだけにこのサムライ戦士の引退のニュースは、ドイツ・メディアでも話題を呼んでいる。サッカー専門誌『Kicker』は、「32歳で引退。元シャルケのウチダがキャリアを終える」と銘打った速報記事で、次のように綴った。 引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1589758101/, ドイツ留学で友達にロシア人の売春婦紹介されてめちゃくちゃ嫌な顔されてビンタされた俺のほうがスゴい, 香川ってドルトムントで全盛時にもしドイツ人だったらドイツ代表に選ばれる実力あったのかね?, ドイツメディアが発表したブンデスリーガ歴代日本人選手ランキングというのが5、6年前にあったな, https://news.yahoo.co.jp/articles/6e86c29cb4ef7ba84f588017b88f7811c7df19a2, 素人には深い位置まで戻ってバックパスがどれだけ組み立てに効果的か分からないだろ。特に相手のプレスが効いてチーム全体の動きが鈍い時は本当に助かる。バックパスを受けた選手は前方をゆっくり見てピッチ全体を把握できてるから次の展開をしやすくなる。香川がワンクッション置いて選手のポジションの動き直しの時間を与えてるんだよ。そのおかげで大きく展開する事がるできるんだよ。, 内田はブラジルでヤケクソのようにパターン豊富なクロスを披露してたが大久保が全部外して面白かったw, 香川のギャップまで下がって受けてからのワンタッチバックパスは、パサーとレシーバーだけじゃなくて、三人目のスプリントを促す役割があるんだよ, 小野伸二ってブンデス二部だっけ?まぁまぁ活躍してたと思う。個人的な都合で清水に戻ったの覚えてる。. ドイツのブンデスリーガ・シャルケ04に所属している内田篤人さん。 好青年な出で立ちから女性から大人気。 そんな内田さんですがドイツの自宅を「今夜くらべてみました」で公開するようです。 その豪華なお住いはどこにあるんでしょうか? 調べてみました。 【PHOTO】引退を表明した内田篤人の華麗なるキャリアを厳選ショットで紹介! 日本人サッカー選手のなかでもひときわ人気の高い内田選手が所属するドイツ・ブンデスリーガの強豪「fcシャルケ04」。スタジアム情報やチケットの買い方、練習見学、ファンショップなどウッチーファン必見のシャルケ観戦ガイドです。(2ページ目) シャルケは21日、内田がドイツ2部のウニオン・ベルリンに完全移籍すると発表。 契約は2018年6月末までの1年間で、背番号は『2』に決まった。 名探偵「浅見光彦」で知られる内田康夫。その作品数は膨大な数に上るため、作品選びも容易ではありません。今回はそのようなお悩みのために、内田康夫の人気おすすめ作品をランキング形式で紹介しています。いずれも一気読み必至の名作揃いですので、ぜひ参考にしてみて下さい!, 内田康夫は1934年、東京生まれの推理小説家です。これまでに発表された作品は163作、累計販売部数は1億1500部に上る、旅情ミステリーのベストセラー作家として知られています。, 内田康夫は大学中退後にコピーライター・CM製作会社社長の職を経て、1980年に「死者の木霊」を自費出版します。この作品が新聞で注目を集め、1982年に「後鳥羽伝説殺人事件」が廣済堂出版より販売され、商業的作家デビューを果たします。, 以降、30年以上に渡って幅広いジャンルの作品を発表し、「浅見光彦」などの人気キャラクターを生み出しました。内田康夫の一番の魅力は、一気読みしてしまうくらいの読みやすさです。休日のリラックスタイムは、ぜひ内田康夫の作品を読んでみてはいかがでしょうか。, 内田康夫は非常に作品数が多いことで知られています。数ある作品の中から、読みたい本を迷わずに選べるように、ここからは内田康夫の作品の選び方を紹介していきます。, 内田康夫の作品には、名探偵や名刑事が活躍する人気シリーズがたくさんあります。「絶対に面白い作品が読みたい」という方は、まずは人気シリーズの中から選んでみてはいかがでしょうか。, 内田康夫の作品の中で、最も人気のあるシリーズが浅見光彦シリーズです。浅見光彦は本職はフリーのルポライターですが、なぜか毎回取材先で殺人事件に遭遇し、毎回きちんと難事件を解決していきます。, 浅見光彦は33歳で未婚、家柄・性格・ルックスともに申し分はないのに、なぜか女性とは深い関係になれません。この母性本能をくすぐる絶妙なキャラクター設定で多くの読者(特に女性)の心を掴み、「国民的名探偵」として不動の人気を獲得しました。, 浅見光彦シリーズの一番の魅力は、何といっても浅見光彦そのものですが、歴史や文化が分かりやすく、丁寧に書かれていることも魅力の1つです。ミステリー・旅行・恋愛を1度に楽しみたいという方は、ぜひ浅見光彦シリーズから読んでみることをおすすめします。, 信濃のコロンボシリーズは、長野県警捜査一課警部・竹村岩男を主人公とするシリーズです。「死者の木霊」「戸隠伝説殺人事件」「信濃の国殺人事件」「北国街道殺人事件」「追分殺人事件」の計5作がこれまでに出版されています。, 「信濃のコロンボ」の名前は、アメリカの人気ドラマ「刑事コロンボ」に由来しています。信濃のコロンボシリーズの面白さは、一見すると冴えない田舎の刑事が、卓越した推理力と粘り強さで数々の難事件を解決していくところにあります。, シリーズを通して、内田康夫の居住地・長野県が舞台になっているので、長野県の名所や自然にご興味のある方は、ぜひ一度読んでみることをおすすめします。, 岡部警部シリーズは、警視庁捜査一課警部・岡部和雄を主人公とするシリーズです。「萩原朔太郎の亡霊」「シーラカンス殺人事件」「倉敷殺人事件」「多摩湖畔殺人事件」「横山大観殺人事件」「十三の墓標」の計6作がこれまでに出版されています。, 岡部警部が最初に登場したのは、信濃のコロンボシリーズの「死者の木霊」です。この事件で竹村警部と難事件を解決したことがきっかけで、岡部は捜査一課の警部に昇進します。以降、「岡部班」のメンバーと共に、数々の難事件を解決していきます。, 岡部警部は、竹村警部とは違った「クールなエリート刑事」という設定で、信濃のコロンボシリーズに度々登場しています。刑事ものが好きな方は、信濃のコロンボシリーズと岡部警部シリーズの両方を読むことをおすすめします。, 内田康夫の作品の多くは、ドラマや映画で繰り返し映像化されています。原作を読んだことがなくても、ドラマなら観たことがあるという人も多いのではないでしょうか。両者の違いを知るためにも、ぜひ原作を読んでみることをおすすめします。, 内田康夫原作のテレビドラマは、毎回高視聴率を記録しています。特に浅見光彦シリーズは、各局がこぞって2時間ドラマ・スペシャルドラマを製作し、2009年にはTBSで連続ドラマも製作されました。, 繰り返しドラマ化された作品には、浅見光彦シリーズのほかに「信濃のコロンボ」「岡部警部」「福原警部(原作:短編集「死線上のアリア」)」「フルムーン旅情ミステリー」などがあります。, 内田康夫のドラマが何度もリメイクされる理由は、やはり原作が非常に面白いからに違いありません。まずは「定番人気作品から読みたい」という方は、ドラマの原作となった作品から選ばれることをおすすめします。, 「天河伝説殺人事件」は1991年に映画化され、ロングヒットを記録しました。浅見光彦役には、後にドラマ版でも浅見光彦を演じる榎木孝明、監督は市川崑、他にも岸恵子・石坂浩二などの豪華俳優が出演し、公開前からテレビやラジオで大いに話題を集めました。, 第2弾となる続編も製作される予定でしたが、出版元である角川書店の社長の逮捕により、この1作限りとなりました。この映画の見どころは、市川崑監督の独創的な演出と、物語の舞台となる天川村の神秘的なまでの美しさです。, この映画を観た後は、原作を読んでみたいという気持ちが自然と湧き上がってきます。ぜひ映画とあわせて、原作を読んでみることをおすすめします。, 内田康夫は、30年以上に渡って作品を発表し続けてきました。当然のことながら、デビュー当時と後期では、作風に大きな違いが見られます。本を選ぶ際には「作風を重視したい」という方は、年代別に作品をチェックしてみることをおすすめします。, 初期の作品の中には意欲的な作品もあり、現在の内田康夫のイメージとは全く違った、セクシャルな描写やグロテスクな描写も登場します。信濃のコロンボシリーズ、岡部警部シリーズは全て初期に書かれた作品ですが、なぜか現在でも高い人気を持つ続けています。, 初期~中期の作品の特徴としては、地方の歴史や伝説が物語のテーマに多く取り上げられている点が挙げられます。それゆえ、この時期のタイトルには「〇〇(伝説)殺人事件」と付くものが多く見られます。, 勧善懲悪タイプの、悪く言えばパターン化された浅見光彦シリーズに飽きてしまった方や、もっと意欲的な作品を読んでみたい方には、初期~中期の作品をおすすめします。, 内田康夫の後期の作品の特徴としては、作者の社会や政治に対する批判、戦争への思いなどが作品に大きく反映されている点が見られます。後期の作品の中には「ミステリーよりも、作者の思い入れが全面に出過ぎている」と批判される作品もあるほどです。, 前期~中期の作品は、どちらかと言うとエンターテイメント性の高さが魅力ですが、後期の作品は「読み応え」という点で、前者に勝ると言えます。伏線を多用したストーリー展開や、複雑な人間関係の描写など、内田康夫の上手さが際立つのも後期ならではの特徴です。, 骨太の社会派ミステリーがお好きな方や、内田康夫の作家としての技量を確かめたい方は、ぜひ後期の作品からチャレンジしてみることをおすすめします。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/512hfSXzTVL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/404160768X?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=404160768X"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%25B0%25B7%25E9%259B%25AA%25E3%2581%25AE%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%25B0%25B7%25E9%259B%25AA%25E3%2581%25AE%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%25B0%25B7%25E9%259B%25AA%25E3%2581%25AE%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%2F"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 作者の内田康夫が自画自賛した、壮大な社会派ミステリー作品です。浅見光彦が旅先で事件に遭遇するのではなく、北海道沖縄開発庁長官から正式に捜査を依頼されるという点がいつもと違う展開です。, 当時の北朝鮮ミサイル問題や防衛庁汚職事件をタイムリーに扱った作品で、政治・国家・利権が絡む、大がかりな事件が描かれています。兄の浅見陽一郎が頻繁に登場するので、陽一郎ファンの方に人気の高い作品でもあります。, 純粋なミステリーを期待して読むと、少し違和感を覚えるかも知れませんが、壮大なスケールの物語はまさに傑作と呼ぶにふさわしい作品です。スケールの大きなミステリーを読みたい方には、ぜひ読んでいただきたい、おすすめの作品です。, [{"key":"文庫ページ数","value":"457"},{"key":"出版日","value":"2007/4/1"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41It6qq-sYL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00OILJ2XI?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00OILJ2XI"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E7%2599%25BD%25E9%25B3%25A5%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%2599%25BD%25E9%25B3%25A5%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%2599%25BD%25E9%25B3%25A5%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%2F"}], 実在の未解決事件「グリコ・森永事件」をモチーフとした、内田康夫の中期の話題作です。浅見光彦はお菓子の業界新聞社の社長から取材の依頼を受けますが、のちにこの社長が刺殺死体となって発見され、連続殺人事件へと発展していきます。, 本作は、内田康夫作品の中で「最も完成度が高い社会派ミステリー」と言われていて、実際の未解決事件を思い起こさせるような、リアリティーのある描写が見どころの1つです。, ダイイング・メッセージが物語全体のカギとなりますが、複雑に張り巡らされた伏線とその回収のさせ方は、まさにミステリーのお手本とも言える内容です。謎解き好きのミステリーファンの方には、ぜひ読んでいただきたい、おすすめの作品です。, [{"key":"文庫ページ数","value":"389"},{"key":"出版日","value":"2006/6/1"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51onvAwA%2BqL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B075QZ524B?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B075QZ524B"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E9%2581%25BA%25E8%25AD%259C%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E9%2581%25BA%25E8%25AD%259C%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E9%2581%25BA%25E8%25AD%259C%2F"}], 浅見光彦シリーズ最後の事件である本作は、永遠の33歳だった浅見光彦の34歳の誕生日パーティーから始まります。ドイツの歴史やナチスの問題が物語のテーマとなり、舞台は日本だけでなく、ドイツ・オーストリアにまで広がります。, 歴史・旅情・ミステリーのすべての要素において、まさに浅見光彦の最後の事件にふさわしい、シリーズ史上最大のスケールで描かれた作品です。, もう1つの見逃せない見どころは、浅見光彦シリーズの歴代ヒロインが一同に会する場面です。物語の終盤、浅見光彦の結婚や今後についてのことが触れられているので、熱烈なアサミストのみなさんは、絶対に読んでおきたい作品です!, [{"key":"文庫ページ数","value":"298"},{"key":"出版日","value":"2016/7/30"},{"key":"巻","value":"上・下"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51ApDDb8yVL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041607167?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041607167"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E9%259A%25A0%25E5%25B2%2590%25E4%25BC%259D%25E8%25AA%25AC%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E9%259A%25A0%25E5%25B2%2590%25E4%25BC%259D%25E8%25AA%25AC%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E9%259A%25A0%25E5%25B2%2590%25E4%25BC%259D%25E8%25AA%25AC%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%2F"}], 隠岐の島に眠る後鳥羽上皇の宝を探して、発掘調査団が結成されるところから物語が始まります。そのうちの一人が不審な死を遂げ、物語は連続殺人事件へと発展していきます。, 被害者はみな次々と異様な死に方を遂げ、島の人々はこれを後鳥羽上皇の祟りだと考えるようになります。物語のカギは、殺人の動機と異様な死に方の理由、そしてもう一つの別の伝説にあります。, 本作は3作目の「後鳥羽伝説殺人事件」と同じく、後鳥羽上皇伝説をテーマとした作品です。浅見光彦が同じテーマに2度挑むことになりますが、前作と変わらない好奇心を持って読み進めることができます。特に歴史や古典に興味のある方には、おすすめの作品です。, [{"key":"文庫ページ数","value":"288"},{"key":"出版日","value":"1990/10/31"},{"key":"巻","value":"上・下"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51THPG107KL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4062935309?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4062935309"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%25BC%2582%25E6%25B3%258A%25E3%2581%25AE%25E6%25A5%25BD%25E4%25BA%25BA%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%25BC%2582%25E6%25B3%258A%25E3%2581%25AE%25E6%25A5%25BD%25E4%25BA%25BA%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%25BC%2582%25E6%25B3%258A%25E3%2581%25AE%25E6%25A5%25BD%25E4%25BA%25BA%2F"}], タイトルにある「漂泊」には「さまよう・流浪する」という意味があります。物語を最後まで読めば、このネーミングがいかに素晴らしいものであるかが、きっと分って貰えるのではないでしょうか。, 物語は、浅見光彦が同級生の自殺の真相を暴くべく、調査に乗り出すところから始まります。調査の結果、同級生の自殺にはある企業の巨額詐欺事件が関わっていることが判明しますが、それと同時に事件の背景にはある地方の古い歴史が関わっていることが分かります。, この作品の一番の見どころは、流浪の旅を強いられてきた人々の深い悲しみにあります。非常にシリアスな作品ですが、日本の古い因習についてご興味のある方には、ぜひ読んでいただきたい作品です。, [{"key":"文庫ページ数","value":"336"},{"key":"出版日","value":"2016/11/15"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51MHNF6pY0L.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041607019?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041607019"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25BE%258C%25E9%25B3%25A5%25E7%25BE%25BD%25E4%25BC%259D%25E8%25AA%25AC%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25BE%258C%25E9%25B3%25A5%25E7%25BE%25BD%25E4%25BC%259D%25E8%25AA%25AC%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25BE%258C%25E9%25B3%25A5%25E7%25BE%25BD%25E4%25BC%259D%25E8%25AA%25AC%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%2F"}], 浅見光彦のデビュー作となる本作は、浅見光彦が後鳥羽上皇伝説の取材のために、広島県尾道を訪れるところから始まります。くしくもそこは、12年前に光彦の妹が卒業旅行中に火災事故で亡くなった場所でもありました。, 取材中、妹と一緒に旅行をしていた女性に偶然出会いますが、その直後、女性は遺体となって後鳥羽院御陵で発見されます。妹の死と女性の事件に関連性があると感じた光彦は、妹の死の真相を突き止めるため、調査に乗り出します。, 本作は、浅見光彦が探偵を始めるようになったきっかけが書かれている作品です。浅見光彦シリーズの原点にご興味のある方は、絶対に読んでおきたい作品です。, [{"key":"文庫ページ数","value":"298"},{"key":"出版日","value":"1985/1/1"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/515PR9SGw5L.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041607272?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041607272"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%25B5%2585%25E8%25A6%258B%25E5%2585%2589%25E5%25BD%25A6%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%25B5%2585%25E8%25A6%258B%25E5%2585%2589%25E5%25BD%25A6%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%25B5%2585%25E8%25A6%258B%25E5%2585%2589%25E5%25BD%25A6%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%2F"}], 内田康夫の「浅見光彦シリーズを3冊以上お読みになった方以外はお読みにならないでください」という但し書きがついた、異色の作品です。, 浅見光彦が両親が謎の死を遂げた女性に捜査協力をするところから、物語が始まります。タイトルから、浅見光彦が殺されるであろうことが推察できますが、物語は二転三転、予想を裏切る展開に進んでいきます。, 本作の面白さは、死者の残したダイイング・メッセージの謎と、不可解とも思える浅見光彦の行動にあります。ミステリーにあっと驚く結末を期待する方には、ぜひ読んでいただきたい、おすすめの作品です。, [{"key":"文庫ページ数","value":"275"},{"key":"出版日","value":"1993/3/1"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51fohfJtEVL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041607035?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041607035"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25B9%25B3%25E5%25AE%25B6%25E4%25BC%259D%25E8%25AA%25AC%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0 検索結果"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B9%25B3%25E5%25AE%25B6%25E4%25BC%259D%25E8%25AA%25AC%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B9%25B3%25E5%25AE%25B6%25E4%25BC%259D%25E8%25AA%25AC%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%2F"}], 本作は、浅見光彦ファンの中で特に人気の高い作品として知られています。物語は、平家の落人の末裔とされる男性が船で転落死するところから始まります。ほどなくして、被害者と同じ村出身の男性が不審な自殺を遂げたことから、浅見光彦が捜査に乗り出します。, 事件の背景には、保険金狙いの偽装結婚と男女の三角関係があると思われますが、実はそこにもう1つ、過去の別の事件が絡み、物語を複雑なものにしています。, 本作の魅力は幾重にも重なる罠と、浅見光彦とヒロインのロマンスです。いつもとは違った、男らしい浅見光彦が描かれているので、特に女性ファンの方にはおすすめの作品です。, [{"key":"文庫ページ数","value":"304"},{"key":"出版日","value":"1985/5/30"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51O3Gou5iQL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041068037?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041068037"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25A4%25A9%25E6%25B2%25B3%25E4%25BC%259D%25E8%25AA%25AC%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25A4%25A9%25E6%25B2%25B3%25E4%25BC%259D%25E8%25AA%25AC%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25A4%25A9%25E6%25B2%25B3%25E4%25BC%259D%25E8%25AA%25AC%25E6%25AE%25BA%25E4%25BA%25BA%25E4%25BA%258B%25E4%25BB%25B6%2F 商品検索結果"}], 能の宗家一族の跡目争いをテーマとした作品です。物語は、新宿の歩道橋で男性が転落死するところから始まります。そして、この男性が転落する際に落とした鈴が、のちに事件解明のヒントとなります。, ある日、浅見光彦は母の誘いで水上流の能舞台を見に行きますが、その舞台上で突然、水上流の宗家(家元)が絶命します。そして、新宿で死亡した男性が所持していた鈴が水上流宗家の「五十鈴」であることが判明し、浅見光彦は2つの事件の真相解明に乗り出します。, 本作の見どころは、普段あまり知ることのできない能の世界が詳しく書かれていることと、宗家を取り巻く人々の愛憎劇、そして天川村の美しい描写にあります。能の世界や名家の跡目争いにご興味のある方は、ぜひ一度読んでみることをおすすめします。, [{"key":"文庫ページ数","value":"512"},{"key":"出版日","value":"2018/4/25"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51tuocb77FL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2F7b0ecd38bae7344fa6ad52e21b3439d4%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2F7b0ecd38bae7344fa6ad52e21b3439d4%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041607299?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041607299"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbooks-ogaki%2F9784041607299.html"}], 長野県軽井沢町にある”追分”を舞台にした作品です。信濃のコロンボこと竹村県軽井沢町にある”追分”を舞台にした作品です。信濃のコロンボこと竹村警部と警視庁のエースである岡部警部が協力。ふたりの名探偵が事件の解決に挑みます。, [{"key":"文庫ページ数","value":"277ページ"},{"key":"出版日","value":"1988/11/10"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51E0BTQ14FL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2F32ec3321a95c3a3faed2fec2feae1dba%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2F32ec3321a95c3a3faed2fec2feae1dba%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4198941610?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4198941610"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookoffonline%2F0018764177.html"}], 別々の場所で殺害された2人の大学教授。竹村警部はこの2つの事件の奇妙なつながりに気が付き、捜査を開始します。他の作品と同様にたくさんの地名が出てくる旅情ミステリーです。, [{"key":"文庫ページ数","value":"315ページ"},{"key":"出版日","value":"1999/3"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51MJeQ6PoSL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4198940657%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4198940657%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4198940657?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4198940657"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4198940657.html"}], 水内ダムから始まり、恵那山トンネル、長楽寺、寝覚ノ床と続く殺人事件。中嶋の妻・洋子は発見現場が長野県歌「信濃の国」に歌われる地名と一致することに気付きます。内田康夫による渾身の長編推理小説です。, 2017年には、俳優・寺脇康文が主演でドラマ化もされています。長野の情緒もたっぷりと詰め込まれた作品です。, [{"key":"文庫ページ数","value":"395ページ"},{"key":"出版日","value":"1994年"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61u6lEgHjEL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13474160%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13474160%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4062932334?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4062932334"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4062932334.html"}], 大規模な開発に揺れる戸隠・毒の平で、実業家の死体が発見された。捜査にあたる竹村岩男警部は、事件と鬼女紅葉伝説との奇妙な符合に疑念を抱きます。哀しき巫女の怨念が招く、見立て殺人の真相とは。内田康夫屈指の歴史ミステリーです。, 『死者の木霊』で活躍した竹村は、部長刑事から特進して県警の警部に昇格。背景も明確で頭で想像しやすい作品です。, [{"key":"文庫ページ数","value":"448ページ"},{"key":"出版日","value":"1983年"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51yk-oILunL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13846433%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13846433%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4062933535?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4062933535"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4062933535.html"}], 信州飯田のダム湖に浮かんだ、腐乱したバラバラ死体。飯田署の巡査部長・竹村岩男は、単純な親族の借金トラブルとされた捜査結果に一人異を唱えます。東京・青森・鳥羽と、わずかな目撃証言を頼りに、執拗な追跡が始まっていきます。, ベストセラー作家である内田康夫の原点ともいえるデビュー作。圧倒的な筆力で、当時のミステリー界に新たな風を巻き起こした作品です。ファンの間でも人気が高いので、まずは本作から内田康夫作品を楽しんでいくことをおすすめします。, [{"key":"文庫ページ数","value":"400ページ"},{"key":"出版日","value":"1983年"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51Vnm%2BugtKL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2F37104e7e255c382c827a970bcefe60c2%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frakutenkobo-ebooks%2F37104e7e255c382c827a970bcefe60c2%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00E9R23M8?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00E9R23M8"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Febookjapan%2Fb00060153226.html"}], ある日、長いあいだ埋もれていた「横山大観」の若き日の傑作が発見される。そのニュースに美大の助手・茂木は愕然。そこにあったのは数ヵ月前、雪深い秋田の商人宿で、行きずりの男が茂木に見せた絵でした。, 名探偵・岡部和雄警部の推理が美術界の暗部に迫ります。12年前の事件と合わせて、岡部警部が悩みながらも事件の真相に挑む作品です。, [{"key":"文庫ページ数","value":"237ページ"},{"key":"出版日","value":"1985/06"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51kTS2wtbeL.jpg","https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41wrEasUhLL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooxstore%2Fbk-4334766838%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooxstore%2Fbk-4334766838%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4334766838?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4334766838"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4334766838.html"}], 雨あがりの多摩湖畔で発見された死体。それは都心に事務所を構える商事会社の社長でした。車椅子の美少女・橋本千晶は父のポケットから見つかった“寺”の文字と“221588”という数字の謎を明晰な推理で解き始めます。, 父親の死の真相に迫る健気な少女と、少女に心を動かされる老刑事・河内との関わり方も見どころです。, [{"key":"文庫ページ数","value":"271ページ"},{"key":"出版日","value":"1984年"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51lrouEskPL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12844629%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12844629%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00MP8V20W?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00MP8V20W"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-433476777x.html"}], 岡部警部が新宿と倉敷で発生した2つの殺人事件の真相に挑みます。美しい倉敷の風物を背景に、東京、富山にまたがる謎に挑む旅情ミステリーです。度重なる映像化に加え、コミック版も出版されています。小説を読むのが苦手という方はコミック版もおすすめです。, [{"key":"文庫ページ数","value":"370ページ"},{"key":"出版日","value":"1988年"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51PqyRV-z9L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frenet3%2F0012598535%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Frenet3%2F0012598535%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4396343213?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4396343213"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4396343213.html"}], 大東新聞に独占掲載されるはずのスクープがライバル紙の一面を飾る。“生きる化石”捕獲プロジェクトため特派されていた調査隊員を狙った連続殺人が発生。姿をくらました記者に容疑がかかる。, 内田康夫ならではのアイデアや犯人設定も秀逸。警視庁のエース名警部・岡部和雄の推理が冴えわたる作品です。, [{"key":"文庫ページ数","value":"371ページ"},{"key":"出版日","value":"1983年"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51KajP1sZiL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12802364%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12802364%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041607248?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041607248"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4041607248.html"}], ある日、萩原朔太郎の詩のように演出された異様な死体が発見される。元刑事須貝国雄と警視庁で名探偵の異名をとる岡部警部が登場。2人は出遭うことなく、それぞれの捜査を始めます。内田康夫の4作目の作品です, [{"key":"文庫ページ数","value":"318ページ"},{"key":"出版日","value":"1992年"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51G9CW48CPL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1141349%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1141349%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041607493?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041607493"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4041607493.html"}], ヴァイオリニストが名器・ストラディバリウスで”G線上のアリア”を弾いた瞬間ダーンという音が響き、ステージの前にいた男性が倒れた。凶器は被害者の胸ポケットにあったピストル。自殺だと思われた事件の真相に迫ります。, [{"key":"文庫ページ数","value":"301ページ"},{"key":"出版日","value":"1997年6月15日"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51foi32gTIL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F758876%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F758876%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041607353?SubscriptionId=AKIAJJC5HXAOYF6GHOMQ&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4041607353"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4041607353.html"}], 父親の死をきっかけに、軽井沢でペンションを初めた絵里。夫がいるにも関わらず、恋仲になった税理士の男と逢瀬のあと、その男が殺害される。その日を境に、気弱な夫の態度が豹変していきます。内田康夫の数少ない短編を収めた短編集です。, [{"key":"文庫ページ数","value":"304ページ"},{"key":"出版日","value":"1989年"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51lbo3%2BveBL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4198931526?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4198931526"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E6%2598%258E%25E6%2597%25A5%25E9%25A6%2599%25E3%2581%25AE%25E7%259A%2587%25E5%25AD%2590%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%2598%258E%25E6%2597%25A5%25E9%25A6%2599%25E3%2581%25AE%25E7%259A%2587%25E5%25AD%2590%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E6%2598%258E%25E6%2597%25A5%25E9%25A6%2599%25E3%2581%25AE%25E7%259A%2587%25E5%25AD%2590%2F"}], 主人公が失踪した恋人を探すところから物語が始まります。恋人の失踪に巨大企業の黒い噂と連続殺人事件が絡み、主人公はいつしか大きな事件に巻き込まれていきます。そして、主人公自身も知らなった、ある事実が判明します。, 本作は古代の都・奈良の明日香を中心に、過去と現在を行き来する古代歴史ミステリーです。時空を超えた物語という点で、SFファンタジーとの呼び声も高い作品です。, 読み始めは荒唐無稽な物語のように思えますが、読み進むうちに、一気に物語の世界に引き込まれていきます。古代の歴史に興味のある方やSF好きの方には、特におすすめしたい作品です。, [{"key":"文庫ページ数","value":"381"},{"key":"出版日","value":"2010/5/7"},{"key":"巻","value":"全一巻"}], 【2019年最新盤】ミステリー推理小説の人気おすすめランキング10選|おすすめexcite, ここまで内田康夫のおすすめ作品をランキング形式で紹介してきましたが、みなさんのお気に入りの作品は果たしてランクインしていたでしょうか。, 内田康夫の作品の1番の魅力は読みやすさですが、読みやすいゆえに記憶に残らないというマイナスの意見も多く見られます。, 今回ご紹介した作品は、いずれも忘れることのできない名作揃いです。読みやすくて、長く記憶に残るミステリーをお探しの方は、ぜひランキングを参考に内田康夫の作品を読んでみて下さい。.

昭和電工 日立化成, 星稜高校野球部 学費, 岡山 高校サッカー本, 仮面病棟 伏線, 最後から二番目の恋 動画 Pandora, 神奈川 県立 高校サッカー部, 昌平高校 校訓, サムスン 韓国 意味,