04
12月

安田記念 レース後コメント

TARGET frontier JV(ターゲット)は、競馬予想のためにӓ... SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。, 思った以上にスタートが良くて、前へ行く形。ただ、結果的に行ったことで厳しい展開になってしまったね。, 間違いなくレジェンドホースですし特別な馬です。またGⅠを勝つことができるでしょう。, マイルのチャンピオンホースにふさわしい走りができたと思います。安田記念へいい形で向かえるのではないでしょうか。, もともと叩き良化型ということなので、そのあたりは休み明けの分かもしれません。少しズブさが出てきているのは年齢によるものなのかもしれませんが、使って良くなると思います。, これだけの馬に乗せていただいたので、結果を出さなければいけなかったのですが……。悔しいです。, 近藤旬子夫人所有のアドマイヤ2歳馬が名義変更。新しい馬主はワールドプレミアの大塚亮一氏, チェック馬主とチェック生産者の色分け 「待たせたな!」でおなじみの小宮城氏のO・S本を参考にしました. マイラーズカップ・G2』 が、2020年.4月26日(日曜日)に、京都競馬場.芝1600m.で行われました。, 1着馬は、1番人気インディチャンプ(福永祐一騎手)。2着馬は2馬身差で、7番人気ベステンダンク。3着馬はさらに1馬身半差で、2番人気ヴァンドギャルドが入りました。, 「イメージ通りの競馬や走りができたのではないかと思います。中山記念を使われていた効果があってか、返し馬から動ける感じでした。体調は万全だったと思います。スタートだけは気を付けないといけないポイントでしたが、ゲート練習を熱心にやっていましたし、落ち着いて待っていました。とてもいいスタートが切れて、行くと思っていた2頭の後ろのいい位置でプレッシャーもなく追走できました。以前は抜け出してやめるところがありましたし、気を付けていました。マイルのチャンピオンですからね。ふさわしい走りができたと思います。安田記念にいい形で向かえるのではないでしょうか」, 「いいレースを選択していただきました。やることはシンプルな競馬で、それに応えてよく走っていました。かわされてからも、しぶとかったです。(8歳ですが)まだまだ馬は若いですね」, 「ゲートが開く直前に後ろにもたれてしまいました。最後は良い脚で追い込んできましたので、良いポジションにつけられるようになればもっとやれます」, 「この馬のレースをVTRでみていて、直前まで我慢させようと思っていました。その通り我慢がきいて直線でも反応があり、この馬らしいレースができました。まだやれる力はあります」, 「馬場も良く今日は開幕週で流れも速く、追走が忙しかったです。直線で左前の蹄鉄が飛ぶのが見えました。それがもったいなかったです」, 「硬い馬場は好きではないようです。走りが小さく感じました。特に下りが突っ張ってしまいます。強くうながせばトモがバラバラっとなってしまいます。直線は立て直して、じわじわと伸びています。やわらかい馬場の方がいいと思います。それに今日は枠も厳しかったですね」, 「ハナに行ってスローになりすぎないように行きました。最後までばったり止まっていないし、少しずつ調子を取り戻してきています」, 「いいポジションで流れに乗れたけど、伸びなかったです。もう少しやれそうな馬だと思います」. 2020年の安田記念に出走する陣営たちの枠順発表後のコメントを集めた記事です。枠順は出走馬にとって結果が左右される重要なファクター。きっちりチェックして馬券的中を目指そう! 2020/結果】 優勝馬に『安田記念』への『優先出走権』が与えられる。『第51回. 2020』の『1週前/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。 2020】 【出走予定/注目馬】 【追い切り後/調教師コメント】 【3回東京.2日目】 【2020年/6月7日(日曜日)】 【第70回.安田記念/ G1】 【3歳上/定量/芝1600m】 『安田記念. このブログは、重賞レースの単複候補を、毎週まったり発表している競馬予想ブログです。, 『安田記念・G1』とは、東京競馬場で行われる上半期の『マイル王決定戦』。年間4競走しかない、定量58kgのレースですね。, インディチャンプの1週前追い切りは、福永を背に坂路4ハロン51・0―37・1―12・2秒。ビシッと負荷をかけられ、馬もそれに応えて鋭伸。併せ馬で完勝した。, 「前走(マイラーズC=4着)は直前の調整が少し軽過ぎた。馬体増での出走になってしまったし、前を意識した競馬をしたので折り合いも欠いて余計に厳しかったね。中間は加減をせずにやっている。レース週もハードにいくつもり」, インディチャンプは坂路でキャンター調整を行い、汗を流した。陣営は道中の折り合いを欠いたマイラーズC(4着)からの変わり身に期待を寄せた。, 「前走時は放牧から帰ってきた時から力んでいましたが、今回はあまり力の入っていない状態で帰ってきてくれました。ひと叩きしたことで、いいガス抜きができたと思います。馬は緩んでいないし、状態面でも上積みがありそう」, インディチャンプは、鳴尾記念出走予定のブラックスピネルと坂路で併せ馬。追い掛ける形から、ラストは鋭い伸びで2馬身先着した(4ハロン51・6―12・4秒)。昨年の有松特別から東京新聞杯まで3連勝し、本格化の気配を見せた同馬。前走のマイラーズCは、折り合いを欠いて4着だったが、中間の短期放牧でガス抜きに成功して仕上がりは上々だ。, 「前走は前の馬を目標にしたのが悪かったね。スタートを出ても、少し遅れても、とにかく焦らず自分のリズムで運べば強い馬なんだ。そういったレースをしてほしい」, エントシャイデンの1週前追い切りは、ウッド6ハロン83・6―38・6―12・3秒。馬なりなので時計は目立たないが、身のこなしは実に柔らか。ここ一連の状態はキープできている。, 「前走(京王杯SC=11着)は出遅れがすべてでした。昨秋以降はしまいでしっかり脚を使えている。トモに疲れの残りやすかった面も解消されたようです。エンジンのかかりが遅いので千四では忙しい。マイルに距離が延びるのはプラスのはず」, 京王杯SCをひと叩きされたエントシャイデンは、CWコースの併せ馬。先行するウラノメトリア(3歳未勝利)を追い掛け、内から首差先着。長めから7F97秒2~1F12秒0と負荷をかけられた。, 「前走は出遅れて何もしないで終わった。上積みもあるし、具合もいい。32秒台の速い上がりも使えるから、今の馬場も合う」, グァンチャーレの1週前追い切りは、ウッドでこの週の一番時計。6ハロン78・8―36・8―11・4秒。テンから飛ばしながら、ラストもしっかりとした反応。7歳だが、若々しい動きが目立つ。, 「前走(マイラーズC=2着)時もすごくデキがいいと感じましたが、中間もリラックスできていていい雰囲気です。今は充実しているんでしょう。メンバーは揃いますが、デキの良さを生かして頑張ってほしい」, グァンチャーレは栗東坂路で単走。ビシッと追われたラスト1Fで力強く11秒8をマークした。開門直後の馬場ながら4F51秒5は好時計。マイラーズC2着後も好調を維持している。, 「メンバーが強いのでしっかり追ってほしいと指示された。楽々と動けたし、息づかいも良かった」, 昨年のNHKマイルC覇者ケイアイノーテックの1週前追い切りは、幸を背にウッド6ハロン81・3―37・4―12・2秒。ゴール前は併走馬を一気に突き放した。前向きさも十分で叩かれた効果は大きい。, 「どういう競馬をするかはジョッキーの感性に任せる。出たなりで組み立ててもらえればいい。NHKマイルCの時も前で運ぶつもりだったけど、結果的にああいう形(後方一気)になって長くいい脚を使って勝ってくれた。競馬は生き物だから」, ケイアイノーテックは、坂路で強めに追われて4ハロン51秒9-12秒0の好時計をマーク。2週連続で騎乗した幸騎手が促すと鋭く反応して、サダムオリジン(未勝利)を内から瞬時に突き放して4馬身先着した。, 「1頭追いかける形で、楽々とかわしていきました。先週もよかったけど、きょうもいい動きでした」と手応え十分。同舞台では1年前にGI・NHKマイルCを制しており, サングレーザーの1週前追い切りは、坂路を馬なりで4ハロン60・1―43・3―12・1秒。しまいだけの内容だが、加速がスムーズで馬体の張りもアップしている。, 「前走(大阪杯=12着)は折り合いを欠くところがあった。中間は放牧を挟んで調整は順調です。前走は10キロ増だったが、あれくらいで十分。マイルのほうが競馬もしやすい」, サングレーザーは坂路で岩田康を背に単走。鞍上がなだめながら、最後は12・2秒とスムーズに脚を伸ばした。馬体もふっくらして好気配(4ハロン57・3秒)。, 「日曜(坂路4ハロン50・8秒)にビシッとやって当週は軽めのいつも通りのパターン。1年ぶりのマイル特有の流れに対応できれば」, スマートオーディンは、池添を背に坂路でラスト1ハロン標から仕掛けられて12・1秒(4ハロン52・9秒)。軽快な走りで状態の良さをアピールした。, 「変わらずいい動き。中2週ですが体調は問題ありません。前走(京王杯SC=7着)はいい脚を使えていたのでチャンスもありそう」, ダノンプレミアムの1週前追い切りは、川田を背にウッド6ハロン80・4―36・8―11・3秒。余力を残した内容だったが、直線で仕掛けられるとグッとひと伸び。バネの利いた走りだ。, 「在厩でリラックスできて、すごく乗りやすくなっています。昨秋こそ体調が整わなかったが、もともと体質の弱いタイプではありません。東京マイルという舞台にはいいイメージがある。このままいい状態でレースに臨みたいですね」, 昨年の日本ダービーでは、1番人気の支持を受けながらも6着に敗戦。秋は体調が整わないことで出走は見送られ、不本意なシーズンを過ごしたダノンプレミアム。しかし年が明けると、金鯱賞、マイラーズCとGIIを連勝。勢いを取り戻して目標とするGIへ駒を進めてきた。この日はウッドで単走。行き出しから楽なラップを刻むのは、先週までの調整でほぼ仕上がっているから。上がり重点に脚を伸ばして、ラスト1ハロンは11・5秒(4ハロン56・3―40・1秒)。落ち着きを保ちつつも活気あふれる動きで、万全の状態に到達した感じだ。, 「この中間は一旦、オフにしてから立ち上げるというイメージで調整を進めました。リラックスできていて、すごく乗りやすくなったことで何の不安もなく順調にここまでこれました」, フィアーノロマーノの1週前追い切りは、北村友にゴール前だけ一杯に追われて坂路4ハロン51・5―37・4―11・8秒と猛烈な伸び。もともと稽古は良く見せるが、相変わらず迫力満点。, 「前走(ダービー卿CT=1着)はハイペースを早めに動いて押し切る強い内容だった。間隔があったので前走時と同じデキで出走できそう。少し気の小さいところがあるので、いかに気分良く走れるかがカギ」, フィアーノロマーノは、北村友を背に坂路で単走。上がり重点の内容ながら、坂路2本目にラスト11・7秒(4ハロン54・2秒)は出色だ。, 「乗っている感覚よりも時計は出ているし、以前よりも緩さが解消している。相手は強くなるけど、スピードは通用します」, ペルシアンナイトは、M・デムーロを背にウッドで僚馬スヴァルナ(2勝クラス)に半馬身先着。ラストは11・8秒と軽快に伸びた(6ハロン83・9―38・6秒)。, 「前走(大阪杯=11着)は展開が合わなかった。今日はいつも通り、最後で脚を伸ばした。東京のマイルが一番合っていると思うので楽しみです」, モズアスコットの1週前追い切りは、坂井に一杯に追われて坂路4ハロン54・5―38・1―11・7秒。しまい重点の内容とはいえ、圧巻の切れで併せ馬も当然のように先着。上積みは大。, 「京王杯を使うプランもありましたが、無理をせず安田記念を目標に。それが良かったようで脚さばきの硬さが取れて雰囲気は良化しました。昨年勝ったレースだし、いい状態で出走できるように仕上げていきたい」, モズアスコットは坂井を背に、坂路で4ハロン49・6―11・7秒という破格時計で併せ先着。前年王者の脚力のすさまじさを改めて誇示した。, 「前走(マイラーズC=7着)後に少し休んだことで硬さがとれました。息遣いやテンションなども含めて良化が感じられます」, ロジクライの1週前追い切りは、武豊を背に坂路4ハロン50・2―36・2―12・3秒。攻め駆けするとはいえ、この日の一番時計。一杯に追われてしっかり負荷もかけられた。上がり目十分。, 「1週前追い切りはジョッキーに騎乗してもらった。ズルいところがあると話していたように、前走(京王杯SC=3着)でもそういう面を見せていた感じ。東京マイルは良績がある舞台で中間の調整も順調。持っている力をフルに発揮できればここでも楽しみ」, ロジクライは、初コンビを組む武豊騎手が2週連続で騎乗。坂路単走で強めに追われると、力強い脚どりで4ハロン50秒2-12秒3で駆け上がった。重賞全2勝を挙げているマイル戦に戻して、一発を狙っている。, 「最後に気合を入れて、反応はよかった。少し遊ぶところがあるが、(調教で)2回乗ってもらって確認してもらえた。あとはベテランジョッキーに任せるだけ」, 昨年クビ差2着のリベンジを期すアエロリットは、北馬場での調整。角馬場で体をほぐしてからダート(Bコース)でキャンターを行い、翌日の最終追い切りに備えた。, 「いい感じでしたね。ヴィクトリアマイル(5着)が速い時計の決着になったので少し疲れは出ましたが、しっかりケアをしたので今では問題ありません。中2週でもいい状態で臨めそうですし、気分良く走れれば楽しみ」, アエロリットは、南ウッド4ハロンから単走で追われて55・6―40・5―13・0秒(馬なり)。時計は目立たないが、ローテーションを考えれば、坂路ではなくトラックで追えたこと自体を評価すべき。中2週でも好調を保っている。, 「米国遠征(9着)は悔しい競馬だったが、前走(ヴィクトリアマイル=5着)はいい内容。疲れもあったけど、馬体の回復は早かったし、しっかりケアしてきました。メンバーは揃いましたが、昨年(2着)は落鉄もあって残念だったレース。今年は楽しみにしたいと思います」, アーモンドアイの1週前追い切りは、南ウッド6ハロン83・0―38・3―12・6秒。セーブ気味の内容も、テンポのいい走りで先行2頭に楽々1馬身半先着。相変わらずホレボレする動きだ。, 「海外遠征(ドバイターフ=1着)の疲れを心配しましたが、杞憂でした。カイバを食べているし、精神的にもどっしりしています。暖かい時期のほうがいいタイプ。最終追い切りもルメールに乗ってもらう予定」, GI・5連勝中のアーモンドアイは、南の角馬場からダート(Aコース)に移動して1周半のキャンター。この馬らしいスピード感あふれる走りを披露した。陣営も不安なしをアピールした。, 「遠征(ドバイターフ=1着)帰りの疲れもなく順調そのもの。マイルは久々だけど、前回は千八でも問題なかったし、東京実績もある。先週に続いて今週も追い切りはルメールに乗ってもらう予定だよ」, GI・5連勝中のアーモンドアイは、1週前に続き主戦・ルメールを背に落ち着き十分に馬場入り。ゆったりと角馬場でウオーミングアップを済ませると、アンティノウス(3勝クラス)、ノチェブランカ(3勝クラス)を従えて南ウッドへ。スムーズにキャンターに下ろし、先輩格を前に見て6ハロンから追撃を開始した。圧巻は2頭の内に潜り込んだ直線だ。鞍上が気合を付けると、スイッチが入ったかのように重心を沈めて一気に加速。アッという間に2頭をちぎり、ゴールでは5馬身先着。重馬場を苦にすることなく、刻んだ数字(ラスト1ハロン12・1秒)もさることながら、追い切りの止め際も非常にスムーズ。オンとオフの切り替えが随所に光る最終追い切りだった(81・8―36・9秒)。, 「今週はしまいを少し伸ばしたが、ご覧の通りスムーズな反応で申し分ない動き。それに走るときはしっかり走るが、それ以外は随分と落ち着いてきたね。(注目の帰国初戦、距離のマイルも久々ながら)ドバイで思ったより快適に過ごせたし、その後の輸送もうまくクリア。状態的に何ら心配はないし、東京は大きなコースだからね。マイルも十分こなせるんじゃないかと思っています。速すぎる馬場で競馬全体が早め早めに動いていくから、やはりスタートが一番重要。ただ、万全とまで言えないが、練習の感じならゲートもうまく対応できるはず。よっぽどのことがない限り、うまくいくと思う」, サクラアンプルールの1週前追い切りは、南ウッド5ハロンから追走外で併入。68・4―38・8―12・2秒。直線で鞍上に気合をつけられると鋭く脚を伸ばした。, 「以前からマイルは使ってみたかった。長めの距離であと一歩の競馬が続いているので、目先を変える意味でこのレースへ。相手は強いが、雨で少し時計がかかるような馬場になれば」, サクラアンプルールは横山典が騎乗し、Wコースで併せ馬。ジェットコルサ(7歳2勝クラス)を2馬身追い掛け、大外を回って楽々と併入に持ち込んだ。, 「状態はいい。皆がマイルがどうかと言うが、スタートがいいので初めてでも気にしていない。あとはこのメンバーでどれくらいやれるか。毎年同じことをしても進歩がないから」, ステルヴィオの1週前追い切りは、追走内で脚色優勢のフィニッシュを決めて南ウッド6ハロン83・7―39・9―13・1秒。時計は地味でも弾力のある柔軟なフットワーク。前走大敗(大阪杯=14着)のダメージを感じさせない動きだ。, 「放牧を挟んで15日に帰厩。少し余裕残しのシルエットですが、1週前追い切りの動きは良かった。大阪杯がこの馬らしくない負け方だったので巻き返したいですね」, ステルヴィオは初騎乗となるレーンを背に、南ウッド4ハロンから3頭併せ。道中はリラックスして追走、ラストは楽な手応えで外側の3歳未勝利と馬体を並べて併入した(54・0―38・7―12・4秒)。しまい重点の内容ながらフットワークは力強く、惨敗した大阪杯(14着)の影響はなさそうだ。, 「動きはとても良かったし、気性も真面目。アーモンドアイはとんでもない馬だが、しまいを生かす競馬をして力を出し切りたい」, ロードクエストの1週前追い切りは、石川を背に南ウッド4ハロン50・2―36・6―12・3秒と上々の伸び脚。軽い仕掛けに好反応を見せた。前回(京王杯SC=12着)同様に動きは上々。, 「前走は直線の不利が痛かった。ジョッキーはあれがなければ勝てたと…。勝てたかどうかはともかく、もっと上位はあったはず。中間も状態はいいので、長くいい脚を使える持ち味を発揮してほしいね」, ロードクエストは南ウッド4ハロンから、石川騎乗で3頭併せ。追走から直線は真ん中に入り、最後は1馬身ほど遅れたが、フットワークそのものは悪くなかった(54・0―40・6―12・7秒)。, 「前走(京王杯SC=12着)のダメージもなく順調にきています。かなり相手が強く、どこまで太刀打ちできるかですね」. 【安田記念. マイラーズカップ・G2』 が、2020年.4月26日(日曜日)に、京都競馬場.芝1600m.で行われました。 1着馬は、1番人気インディチャンプ(福永祐一騎手)。 【マイラーズカップ. レース終了後のコメントには騎手によって本音だったり、馬主や調教師向けだったり、当たり障りのないコメントだったり、いろいろあります。特に勝った時や惜しかったときなど前向きなコメントは本音に近いので、次のレースの参考になります。そこで、レース後コメントより勝ち馬になりそうな馬を探してみたいと思います。, 今回は第70回安田記念です。前走のレース後騎手コメントから勝ち馬になりそうな馬を探してみます。, ダノンプレミアム(ロンジンクイーンエリザベスステークス3着)J.マクドナルド騎手 馬はリラックスしていて状態は非常に良かったです。ゲートをしっかり出て終始リズム良く走っていましたが、道中馬場を気にする場面がありました。直線を向いて手応えもありましたが、1ハロン位しか伸びませんでした。昨年、一昨年のこのレースの馬場状態であれば、結果は全然違っていたと思います。, ダノンキングリー(大阪杯3着)横山典騎手 思った以上にスタートが良くて、前へ行く形。ただ、結果的に行ったことで厳しい展開になってしまったね。この速いペースでぴったりと来られる形だったからね。, ノームコア(ヴィクトリアマイル3着)横山典騎手 馬は前走と大きくは変わらなかった。ただ、もう少しいいスタートが切れていたら2着はあったと思う。, クルーガー(ダービー卿CT1着)石橋脩騎手 内枠だったのでスタートをしっかり出していこうと思っていました。向正面でペースが速いと感じたので、無理にはついていかなかったです。内々をロスなく回ってこられましたし、前の人気馬を見ながら勝負どころでも慌てないで乗りました。直線で進路を確保してからの伸びは素晴らしかったですね。返し馬で初めて乗りましたが、背中の感じが凄くいい馬です。, アーモンドアイ(ヴィクトリアマイル1着)ルメール騎手 メチャクチャ強くて安心しました。パドックからスタートまでいい感じで大人になりました。リラックスしていてとても乗りやすく、最後はパワフルストライドを使いました。この馬のレースはいつもスタートによりますが、今日は凄く良かったので、サウンドキアラの後ろのいいポジションでしたし、プレッシャーもなくマイペースで走ることができました。これなら負けません。間違いなくレジェンドホースですし特別な馬です。またGⅠを勝つことができるでしょう。この馬の追い切りに乗ってくれた三浦騎手にも感謝したいと思います。, インディチャンプ(マイラーズカップ1着)福永騎手 イメージ通りの競馬ができました。中山記念に使った効果があって返し馬から動ける感じでしたし、体調は万全だと思いました。スタートだけは気をつけないといけませんが、普段から熱心にゲート練習をやっていたこともあって落ち着いて待っていましたね。2頭が前に行くと思っていたので、その後ろでプレッシャーを受けずに運べました。抜け出すとやめる面があるから、そこは注意していました。マイルのチャンピオンホースにふさわしい走りができたと思います。安田記念へいい形で向かえるのではないでしょうか。, ペルシアンナイト(中山記念5着)池添騎手 もともとあまりスタートが速くないということでしたし、今日もそうでしたね。それで後ろからに。このメンバー相手にあのペースでは遅いと思ったので、3角から動いていきました。直線に向いてからは渋太く脚を使ってくれると思ったんですが、ラッキーライラックに並んでから離されてしまいましたね。もともと叩き良化型ということなので、そのあたりは休み明けの分かもしれません。少しズブさが出てきているのは年齢によるものなのかもしれませんが、使って良くなると思います。, ケイアイノーテック(京王杯SC6着)石橋脩騎手 チークピーシズを着けたことで反応は鈍くなかったです。追い出して、前の開いたスペースに入っていければ良かったんですが、入り切れずに閉まってしまいました。それでも、最後はよく伸びてくれたし、一生懸命走ってくれました。いい頃の感じが戻りつつありますよ。, アドマイヤマーズ(香港マイル1着)C.スミヨン騎手 少し距離が長いかもと思っていましたが、今日はゲートの出も良く、ペースアップしてうまくインサイドに入れました。非常に良い走りでした。この勝負服で勝つことができて良かったです。, ミスターメロディ(JBCスプリント6着)福永騎手 久しぶりのダートだったが、コパノキッキングを射程圏に入れて進むことができた。ただ最後は脚が上がってしまった。ダートというより初めてコーナー4つのコースに戸惑いがあったのかも。, グランアレグリア(高松宮記念2着)池添騎手 スタートは普通に出てくれたのですが、初の1200メートルということもあり、その後は促す形に。3角過ぎでようやく持てたのですが、4角からまた促す形になりました。直線は素晴らしい脚を使ってくれましたし、あと一歩のところまで詰め寄ってくれたんですけどね。これだけの馬に乗せていただいたので、結果を出さなければいけなかったのですが……。悔しいです。残念です。, セイウンコウセイ(京王杯SC5着)内田博騎手 ハナへ行こうと思ったんだけど、外の馬と二の脚が違ったし、無理に行くと突つかれて厳しい競馬になると思ったから、番手からの競馬に切り替えたよ。4角で早めに動こうと思ったんだけど、進んでいかなかったね。それでも、直線では盛り返してくれたし、内容は悪くなかったと思う。プラス10キロで頑張ったし、ここを叩いてまた良くなりそうだよ。, ヴァンドギャルド(マイラーズカップ3着)岩田望騎手 修正できたと思いますが、ゲートが開く直前に後ろにモタれてしまいました。ラストはいい脚を使ってくれましたし、ポジションさえ取れればやれていい馬です。, ダノンスマッシュ(京王杯SC1着)レーン騎手 このレースを連覇できて嬉しいです。作戦は決めていなかったですが、いいスタートが切れて、ペースも速くなかったので先頭に立ちました。直線での手応えも良かったです。1400メートルで最後疲れてしまわないか心配でしたが、一生懸命走ってくれました。, 各騎手のコメントを見ると、インディチャンプは安田記念を目標にして予定通りの競馬が出来ている感じです。また、ペルシアンナイトは叩き良化型ということで今回の方が状態はよさそうです。ケイアイノーテックは復調途上という感じで、どこまで良くなっているかですね。, アーモンドアイのルメールのコメントを見ると、まさに王道を行く感じです。ゲートを普通に出れば負けないといったところでしょう。, 巻き返しというところではグランアレグリアの池添謙一は初の1200m戦でしかも重馬場という条件が重なってスムーズな競馬が出来なかったことを悔やんでいます。今回は2勝している東京1600mなので巻き返しに燃えていると思います。ダノンキングリーはスタートが良すぎたことがアダになった感じです。2走前の中山記念のような競馬が理想でしょう。ダノンプレミアムは良馬場であれば違った結果になっていただろうと。昨年は不本意なレースになっただけに陣営も巻き返しに策を練ってくると思います。, コメントからではアーモンドアイとインディチャンプがいいです。ダノンプラチナとダノンキングリー、グランアレグリアも好印象です。穴で古豪ペルシアンナイトです。, 2020年安田記念 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別など). 『怪奇!単複男』へ御訪問頂きありがとうございます。 安田記念の過去20年の成績を集計し、1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧などを出してみました。 安田記念の登録馬 馬データと前走成績 第70回安田記念は17頭が登録してきま... 2020年安田記念 前売りオッズではアーモンドアイの単勝シェアは60%越えの圧倒的人気, 近藤旬子夫人所有のアドマイヤ2歳馬7頭は、ワールドプレミアの大塚亮一氏へ。馬名の変更も終了。, 競馬は何があるか分からないから面白い。日本ダービーと安田記念で1人気がまさかの・・・, 2020年エリザベス女王杯 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別、馬番別など), 2020年アルゼンチン共和杯 過去20年のレースデータ(1着馬の馬データ、1着馬の前走成績、前走レース別成績、血統別(種牡馬)成績、配当一覧、人気別、馬番別など), このサイトではTARGET frontier JVで集計したデータを使用しています。, 充実のJRA公式競馬データを集計・分析!|競馬予想のための最強ソフト TARGET frontier JV|競馬情報ならJRA-VAN. 【安田記念. 安田記念2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の安田記念の着順は1着:グランアレグリア 、2着:アーモンドアイ 、3着:インディチャンプ となりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧く … 2019】 【注目馬】 【追い切り後/調教師コメント】 【3回東京.2日目】 【2019年. G1】 【3歳上. 6月2日(日曜日)】 【第69回.安田記念. 2020』の『1週前/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。 No.1競馬サイト「netkeiba.com」が、レース終了後の騎手・調教師・オーナー・関係者のレース後のコメントをお届けします。 2020】 【出走予定/注目馬】 【追い切り後/調教師コメント】 【3回東京.2日目】 【2020年/6月7日(日曜日)】 【第70回.安田記念/ G1】 【3歳上/定量/芝1600m】 『安田記念. このブログは、重賞レースの単複候補を、毎週まったり発表している競馬予想ブログです。, 優勝馬に『安田記念』への『優先出走権』が与えられる。『第51回. 芝1600m】 『安田記念. 2019』の『最終/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。 『安田記念・G1』と 『怪奇!単複男』へ御訪問頂きありがとうございます。 レース終了後のコメントには騎手によって本音だったり、馬主や調教師向けだったり、当たり障りのないコメントだったり、いろいろあります。特に勝った時や惜しかったときなど前向きなコメントは本音に近いので、次のレースの参考になります。そこで、レース後 【安田記念. 定量.

視聴率速報 2ch, シーキングザパール 産駒, ロッテ 4番 歴代, 詰将棋 無料 ブラウザ, ブッシュ政権 閣僚, ダーツ ルール 投げ方,