04
12月

有馬温泉 中の坊 瑞 苑 旅行記

QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。, 掲載のクチコミ情報・旅行記・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。. 2014/02/02 有馬温泉 中の坊瑞苑 滞在記 ~ ラウンジ 「里楽」 編 ~ | キキさんの、のほほ~ん生活 ホーム ピグ アメブロ 芸能人ブログ 人気ブログ 問題のある投稿を連絡する, マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。 - Copyright(c) forTravel, Inc. All rights reserved. 2020/08/27 有馬温泉『中の坊瑞苑』宿泊記. 16. 1、温泉に何度も入りたい。食事が選べる。 2、認知症である父が母と2人で来た時泊まれるかどうか確認する。 3、団体客が宿泊しないところ。静かなところ。 中の坊瑞苑に宿泊することにしました。 有馬温泉 中の坊 瑞苑に実際に宿泊した旅行者の旅行記・ブログ一覧。日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルで有馬温泉 中の坊 瑞苑の旅行記をチェック! フォートラベルポイントって?, おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします! 2020/08/29, 今回は「GOTOトラベル」を使って、有馬温泉の高級旅館を予約しました。一泊目は「スパテラス 紫翠」。兆楽の新館という扱いの旅館で、旅館の方と話していると、元は大きな企業の「保養所」であったところが売りに出たので、「兆楽」が買い取り「大リニューアル」を行ってオープンさせた宿のようです。そういえば、確かに「部屋のつくり」「階段」などの設えがそんな感じもします。でも、料理は抜群でした。「和フレンチ」という触れ込みでしたが、一品のクオリティが大変高く、満足できました。いままで宿泊した「温泉宿」の夕食では一番といえる出来でしたね。今回は2泊3日でホテルを分けたので、2泊目の「有馬グランドホテル」のチェックインできる14時30分まで有馬の温泉街をぶらつきます。兵庫県から一人2000円の買い物チケットがいただけたので、2泊で8000円の金券です。これは助かります。2日目のランチは「ニュルンベルクソーセージ」がおいしいと評判のバーでいただきました。相方はこのソーセージがお気に入りのようです。ピクルスもポテトもおいしいと評価が高い。そうこうしているうちにチェックイン時間が近づき、ホテルからバスで迎えに来てもらって、チェックインです。「別墅結楽」というリニューアルオープンして2年の部屋に入れてもらいました。ツインですが、ベランダがあり、なんといっても設備が新しい。備わっている化粧品も高級でした。神戸港にある「蓮」にある化粧品と同じで、意識しているのかなとも思いました。お風呂は最上階にあり、大変広々しています。「別墅結楽」からは専用のエレベーターがあり、一般の宿泊客と分けられています。これも、ちょっとした特別感が感じられます。夕食は中華料理の「テーブルオーダーバイキング」。おなかいっぱいです。2泊3日でしたが、コロナの期間にのんびりさせてもらいました。, 大阪の自宅から1時間半で有馬温泉に到着しました。やはり、関西ではここが「高級」という評判です。一泊目はサイトで評価の高かった「スパテラス 紫翆」に泊まります。, 高級な雰囲気の漂う「外観」に期待は高まりますね。2年前は「有馬グランドホテル」に2泊して「巣ごもり」状態だったので、ちょっと外も見てみようと、こちらにお世話になりました。, これ、玄関の門から下ってきて、そこを見上げている構図です。荷物を自分でもって上がるのは厳しい傾斜ですね。到着すると、駐車場に宿の方が来られて「荷物」を運んだり、案内したりしてくれました。この入り口からの傾斜路が高級感ありますよね。, こちらが建物の玄関です。大きくはないが、高級ということ主張しています。期待度大ですね。, 中から見ています。立派な玄関でしょ。そう大きな旅館ではないですが、きめ細かいサービスが期待できそうです。, 玄関を入るとこんな感じです。右は食事をとるところでした。ここで「夕食」「朝食」をいただきました。ちょっと通路から丸見えですけどね。, この部屋でチェックイン手続きをします。ウェルカムドリンクでおいしいコーヒーやお菓子などが出されました。フロントで立って記入するところが多いんですが、ゆっくりできました。, お菓子は「ラングドシャ」みたいな感じでこんな感じですね。ここでちょっとラッキーな出来事が。2000円分の金券が一人当たり兵庫県から出ているとのことで、温泉街でも使えるとのことです。, チェックインをしてる間にちょこっと「お菓子」を持ってきていただきました。このアイスコーヒー結構美味しくて、あっという間に飲んじゃいました。, これはゼリーですね。これもそこそこいけましたよ。こういうサービスは「いいところ」に泊まっている感が出て、ちょっと嬉しい。, さあ、部屋に向かいます。廊下はこんな感じで、あんまり大規模と言う感じではないですね。ちょっと「上り下り」や階段が結構ありました。でも、そこかしこに置かれている「あかり」や調度品、廊下の絨毯に「上品な高級さ」が演出されています。, 部屋の外にある庭に作られたお風呂です。お風呂上がりに休むベットも用意されてますね。これは、今までの「大規模ホテル」にはなかった設定ですよね。, こちらが庭にある浴槽です。金泉と銀泉を混合したお風呂のようで雰囲気ありますね。相方はこのお風呂に入るとき「ザバー」っとお湯があふれる感覚がよかったそうです。, こちらが室内です。ベッドの横にも結構大きなソファーがしつらえられていて、部屋の広さも充分ですね。写真左手が庭への出口です。, 床は畳なんですが、これって琉球畳っていうんですかね、正方形です。旅館でもこういったタイプが好きなんです。こんな部屋をサンプル写真で探して予約してます。, さあ、大浴場に出かけます。こちらは風呂場前の休憩室です。男性用は「洗い場」が三つの超コンパクトなお風呂でした。金泉が外にあったらしいですが、気が付きませんでした。女性用は露天風呂が金泉だったようです。女性向の宿なんですね。, さあ、楽しみにしている「食事」です。「和フレンチ」という触れ込みです。こちらがメニューです。3日ほど前に電話がかかってきて、サイトに書き込んだ料理への要望が反映されていることを確認しました。, こちらが前菜ですね。凝った逸品で、特に左上のカシューナッツが乗ったのは結構好みでした。この前采は今までの中で「秀逸」な出来でした。手がかかっています。, こちらはスパゲティ。トマトソースのカルボナーラと言うちょっと変わった味付けでしたね。私が「お造り」がダメなもので、これに変えてくれました。, これは凝っていました。貝柱を砕いたものを再度成形して、上からソースをかけています。何かフランス料理みたいですね。まぁ和フレンチと言う触れ込みなので、その通りなんですけどね。横に「バケット」がちょこっと乗っています。しゃれてます。, これ、ローストビーフなんですが、絶品です。「みなと温泉 蓮」のローストビーフが有名で結構泊まっていたのですが、ここのほうがレベルが高い。シェフはどんな方なのでしょう。, これ、黒毛和牛なんですが、自分が「魚介が苦手で・・・」と連絡しておくと、一品減らして、肉の量を倍にしてもらいました。これはうれしい。まあ、部屋数が少ないのできめ細かいサービスができるんでしょうね。, さあ、ご飯も頂いたので、「兆楽」の大浴場に出かけます。コロナの関係で「紫翠」の宿泊者はカードを持って「1回」だけ使えるようでした。ところが、ここで事件発生です。兆楽のフロントで「バスタオル」をもらって大浴場に行くはずが、フロントは「無人」。やむなく「大浴場」に用意してあるだろうと向かいます。, これって、渡り廊下っていうんですかね。スパテラスの入り口から、兆楽の玄関まで続いています。, これが、兆楽の入り口です。ほんとはこの先のフロントに人がいて、入浴引換券と交換でバスタオルをもらえるはずなんですが、なぜか誰もいません。まあ、何とかなるでしょ。中に入ります。, ここは、ふろ上がりの休憩室ですね。ここで、お風呂に入る前に「バスタオル」「ドライヤー」の有無を確認しておくべきでした。上がってきて、どちらもないことに気付いたのですがもう遅い。着てきたシャツで髪の毛を拭き、体もざっと拭いて「ボトボト」になりながら「スパテラス」の部屋に引き上げました。バスタオルくらいは用意しておいてほしい。翌日泊まった「有馬グランド」は同じ「コロナ対策」なのに「バスタオル」も「ドライヤー」もありました。お風呂はよかっただけに残念です。, 朝風呂に入って、昨日の夜の気分の悪さを何とかリフレッシュしました。朝ご飯のバイキングではありませんが、まとまっていてなかなか良かったですよ。この旅館は料理は抜群ですね。, さあ、「スパテラス」をチェックアウトして、次の「有馬グランドホテル」にチェックインできるまでの間、温泉街をぶらつきます。「日本一のジェラート」と評判の「スタジオ―ネ」にもいかないとね。, おととしも来ましたね、たしか。その時は全然すいていたのに、テレビで取り上げられてからは「劇混み」ということです。早めにいかないと、ジェラートが売り切れるかもしれないといわれて、おひるごはん前にやってきました。, 品揃えはこんな感じ。なんか、外国っぽいですね。ジェラートの上に材料の「金柑」や「メロン」が載っています。これは期待できるかもしれません。おととしの味はもう記憶に残っていません。, こんな「のぼり」が店の前に上げられています。こんな温泉街に「日本一のジェラート」があるなんて、だれも思わないでしょうね。有馬温泉がテレビで取り上げられると、必ずと言っていいほど取材されています。「火曜日・水曜日」は定休日で10時から17時までの営業ですね。スペイン・フランスとジェラート屋さんを回りましたがここはどうでしょう。, こちらは相方の「金柑」と何かのダブルです。金柑おいしかったらしいですよ。関西ローカルの番組でレポーターの方が食べていたのがこれらしいです。, こっちは「有馬サイダー」「ミルク」「ピスタチオ」のトリプルです。席は、2階が運よく空いたタイミングに滑り込みました。ここのジェラート、外国のジェラートと比べても遜色ないです。日本人の口に合うんでしょうか。, 順序は逆になりましたが、これからランチです。「BAR DE GOZAR」で「ニュルンベルグ ソーセージ」をいただきます。手作り感満載のソーセージで、おいしかったです。ニュルンベルクソーセージは昨年ドイツに行ったとき、ニュルンベルグに行こうか迷った挙句断念した町の名物です。細目の4本がそれです。, 店内には「ドイツグッズ」があふれています。サッカーのユニフォームなどが飾られ、お客さんもドイツ人ぽい人がいました。, 相方の飲み物は「有馬サイダー」。「てっぽう水」と書かれています。甘味が抑えられて、おいしいです。天然の炭酸水が出るらしいですね。, 私はビールです。本格的なドイツビールも考えたのですが、ここは固く一番搾りです。お店で一番出ているようです。, 殺菌用のお手拭きも持参です。まあ、こんな時代ですからね。やれることはやったうえで楽しみましょう。ピクルスもポテトもおいしかったです。細目で焦げ目のついた「ニュルンベルグソーセージ」も大変おいしいです。, ここがお店の入り口にある「カウンター」。ここでオーダーして、奥のホールに座って待っているパターンです。お酒のつまみのナッツなども、いろいろおいてありますね。, さあ、チェックインの時間が近づいたので「有馬グランドホテル」に戻ってきました。ホテルに電話すると「バス」で迎えに来てくれます。こちらは玄関にある「エスカレーター」。, ここには、確か以前は「ハナミズキ」の巨大なシャンデリアがあったような気がしましたが・・・。記憶違いかなー。, こちらは待合ロビーです。ここで、準備が整ったら鳴る「ブザー」を渡されて待ちます。このロビーが高級感あります。広いし、明るいし、華やかだし。, 待っている間暇なので、立派な庭などの施設を見て歩きます。この庭、手入れが大変でしょうね。, 大きなプールもあるんですね。夏の間しかオープンしていないので、あまり縁がなかったのですが、改めて見て回ると結構な敷地面積を占めていますね。今度夏に来ることがあれば、水着を持ってきましょう。, 凝った庭ですねー。もう暑くなってきました。涼しいロビーに戻りましょう。「涼し気」というより、ほんとに「涼しい」ところがいいです。, ようやく「ブザー」が鳴って、部屋に案内されました。「別墅結楽」という、一番新しい棟の3階のようです。まだできて2年という触れ込みで、期待してます。でもこの「別墅結楽」の中では一番安いランクです。でも、これでも「GOTOキャンペーン」がなければ手が出なかった価格帯です。今回、客層を見ていると「比較的」若いグループ、家族連れが多く見受けられました。これ、やはり「キャンペーン」があるからここに来たということでしょうか。, 部屋はカーペット張りですね。天井のあかりも高級感があり、高そうな「家具」が置かれています。, 小さなベランダがあり、カーテンが「電動」で動きます。ラスベガスのホテルみたいですね。ホテル「アリア」や「アンコール」の部屋のカーテンは電動でしたね。プールビューですね。いい感じの明るい部屋です。, ベッドの上にはちょっとした物が置けるスペースがあります。このスペース、夜になるとあかりがつくんです。なかなかおしゃれですよ。, こちらは玄関。座って靴が履けるスペースが設えられています。この玄関先のフローリングだけ、滑り止めというか「しゃれた模様」が入っていて、最近の建築素材を使っていることがうかがえます。, ね、結構広いでしょ。45平米くらいのはずです。昨日の「スパテラス」と同じくらいの広さのはずです。こちらのほうが「洋風」ですね。ここだけ見れば「シティホテル」の一室といっても通用します。, やはり、新しい部屋はいいですね。2年前工事していたとき、出来上がったら「ここ」に泊まりたいと思っていました。「スパテラス 紫翠」にはそこの良さがあり、ここ「別墅結楽」にはやはり「グランドホテル」の規模が反映されて、大きなホテルの資金力が感じられます。, 男性化粧品は「GACHI」シリーズです。1本4,000円の化粧水なんて・・。まあ、一日塗ったくらいでは変わらないでしょうけどね。, この「オットマン」付きの椅子、ホールド性が抜群でした。部屋だけ見ていると「温泉旅館」じゃないようです。, これが部屋から出た廊下になります。エレベーターホールのすぐ横で、アクセス抜群でしたよ。, 夕食の時間になりました。これ「じぶんどき」と読むらしいです。中華・日本料理・洋食と3つあったレストランを1つの統合して、オープンキッチンですべてやる方式に改めたようです。「別墅結楽」にリフォームしたときに「バー」「レストラン」「土産物店」も一気にリニューアルしたようです。, ここから大きなキッチンを望むことができますね。ここも、オープンにして、大改装ですね。オープンして間もなく「コロナ」で苦しかったと思いますが、9割はお客さんが帰ってきたようです。, 中華料理の「テーブルオーダーバイキング」の席に案内されました。ゆったりした席の間隔です。やはり、ディスタンスを食事の際もとらないといけないようですね。, こちらは「フカヒレ」。火をつけてくれます。いい感じのところでふたを開けて「出来上がっています」と声をかけてくれます。こんな高級料理、こんなホテルに泊まらないと食べる機会がないです。, こちらは和牛のステーキ。フカヒレとステーキはお代わりはできず、一品のみの提供となります。下には「ポテト」が敷かれています。, こちらは「唐揚げ」。何かのソースかけだったと思いますが、忘れました。おいしかったですよ。, リブロースのXO醤です。そろそろおなか一杯ですね。でも、隣のテーブルがオーダーしていたのでついつい頼んでしまいました。, でも、黒酢酢豚をオーダーしてしまいました。これは相方のお気に入り。さあ、部屋に戻って「風呂」に行きましょう。, レストランの内部です。上品な内装で、新しいです。結構大規模なリニューアルをしたんですね。「別墅結楽」だけじゃなく、レストラン、お土産店と大規模なことしたんですね。, こちらは夜に訪れたロビーです。この「ハナミズキ」のシャンデリアがここ「グランドホテル」の名物なんじゃないですかね。いい雰囲気・・・。, 有馬温泉での2泊目があけました。GOTOキャンペーンで来ることができ、大変ありがたいことでした。できたばかりの新館に宿泊できたのもそのおかげです。, 朝食会場も変わったような気がします。広くなったような。その場で握ってくれる「おにぎり」なんか、以前はなかったと思うんだけど。, さあ、部屋に帰ってきました。パッキングして「大阪」に戻ります。のんびりした「2泊3日」の有馬温泉。移動時間が短く、さっと行けて、「三田アウトレット」で買い物もできました。サンダルをゲットした相方もご機嫌です。また、来ますね。, 利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 - 【有馬温泉】お疲れ気味の二人は老舗旅館「中の坊 瑞苑」でホッと心の深呼吸を 働く人にとって、1日の中で最も長い時間を占めるのが仕事。 せっかくのお休みは仕事から離れて、大切な人とのんびりとした時間を過ごしませんか。 問題のある投稿を連絡する, マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。 少し前になるのですが、娘とふたりで有馬温泉に行ってきました。とにかく二人とも温泉に入ってリラックスしたかったのです。有馬温泉はアクセスもよく、短時間で行くことが出来るので行ってみることに。私たちはバスを利用しました。, 有馬温泉には金泉、銀泉と呼ばれている温泉があり金泉、銀泉も湧出口ではお湯は透明です。空気に触れると茶褐色に変色する鉄塩化物泉のことを金泉といいます。それ以外を銀泉というそうです。, 宿泊する旅館選びのポイントとして1、温泉に何度も入りたい。食事が選べる。2、認知症である父が母と2人で来た時泊まれるかどうか確認する。3、団体客が宿泊しないところ。静かなところ。, 中の坊瑞苑は13歳以下は宿泊出来ないためとても静かです。浴衣は各自2枚ありもちろんパジャマもあります。スリッパは使い捨てではなかったので、お部屋では持ってきた使い捨てスリッパを使いました。靴下たびもあります。飲み物セットには冷たいお水がポットで用意されていました。お茶の葉っぱもたくさんあり、もちろんコーヒーもあります。お部屋のアメニティーはロクシタンです。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. by emiさん. 2020/02/09 - 2020/02/10 # 中の坊瑞苑 # 有馬温泉 # JAL # サクララウンジ 303. 有馬温泉はほとんど「金泉」なので「銀泉」に入れるところは少ないそうなのですが、「中の坊瑞苑」もこのお風呂だけ「銀泉」なのですよ。 赤い「金泉」もいいけどこの「銀泉」もいいお湯でした。 2014/02/02, 「中の坊 瑞苑」の入口は2か所あるのですが、こちら側から入るのは初めてです。いつもとは違った入口から入ると何だか新鮮♪, エントランスから入ってすぐ正面には「雪月花」の書が。京都妙心寺の管長を務められた山田無文老師の書だそうです。, そこからエスカレーターで上に向かうとここでお抹茶を立てておられました。ここを右に向かうとロビーです。, さて、ここから中に入るともうロビーです。庭の池はこのロビーに続いていて立派な大きな鯉がたくさん泳いでいます。, もう少し後ろに下がってロビー全体を見たらこんな感じ。この写真の左側奥がフロントです。, 宿泊するお部屋に向かいます。ここはエレベーターを降りたところ。何処も広々ゆったりした空間です。, そして、玄関からの様子。右側に和室があって、左側にはお手洗い・脱衣所・洗面所・お風呂等があります。正面には大きな和室です。, そして、ここは玄関から向かって右側にある小さい和室。掘り炬燵が置いてあっていいですよ。, その右側にはドレッサー(鏡台!?)ここには「かりんの化粧水」「よーじやのあぶら取り紙」「パック」とかが置いてちょっと嬉しい☆, ちょっとしたお庭っぽいスペースがあって和室に続いていました。「和」な感じが溢れています。, そう。開けてるけど…この箱の中で「浴衣」を温めてくれているのです。しかも浴衣の数、おひとり2枚…どころかたくさん置いてあります。寒いこの時期、温まった浴衣の袖を通すと「気持ちいい〜」とっても幸せ気分になります。, この部屋から見える景色。一番左側。高台に「有馬御苑」が見えます。下の大きな道の左奥が「有馬温泉駅」。, 先程の写真では「殿方」になっていた方の温泉に入ります。タオルがとっても充実なんです。バスタオルと浴用タオルがあるのですが、更にそれが「柔らかいタオル」と「吸収の良いタイル」に分かれているんです。, クレンジングなどもありますが、オロナインやメンソレータムがあるのがなかなか良いです☆, 有馬の温泉は「金泉(赤湯)」と「銀泉(ラドン)」なのですが、この浴場の温泉はこの奥の方に見える小さめの「金泉」だけです。, こちらはジャグジーなのです。解放風呂というだけあって、ホントに解放感満点で寛げるし癒される。最高です♪ここの入ってすぐのところには「ボナサーム」というサウナがあるのです。温度70〜80℃・湿度15〜25%で、ストーブ内からはマイナスイオンが発生しているというサウナです。, 今回はちょっとお祝いだったので、お食事が始まるときにお祝いの「鯛」を頂きました。お心づかいが嬉しかったです。これは後程、綺麗に分けて持ってきてくださいましたよ。, ●食前酒男性は「灘五郷吟醸酒氷上」女性は「柚子酒」でも、好きな方を選べますよ。●旬菜・紅鱒かぶら奉書巻・松笠烏賊山椒焼・菜の花辛子浸し・黒豆松葉刺し・海老吟醸和え・八ッ橋牛蒡うに焼き, その先を進んで行くと「金泉」の露天風呂があります。お客さんはたくさんいたのですが、温泉ではほとんど貸切状態でほんとうにのんびり入れました☆, そしてこちらは「青森ひば風呂」といって、人が入ってなければ自由に入ることができます。入ったら鍵をかけるので貸切になりますよ。, このお湯は「銀泉」なのです。有馬温泉はほとんど「金泉」なので「銀泉」に入れるところは少ないそうなのですが、「中の坊瑞苑」もこのお風呂だけ「銀泉」なのですよ。赤い「金泉」もいいけどこの「銀泉」もいいお湯でした。, 朝食もお部屋で頂きます。和食と洋食が選べます。洋食を選ぶと…トースターがセットされて部屋の右奥で焼かれます。, これは洋食。・たっぷりサラダ・フレッシュジュース・ヨーグルトか牛乳が選べます。・卵料理・ハムかベーコン・パンは宝塚の「パンネル」のパンだそうです・ジャム&バター・珈琲か紅茶, 利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 『有馬温泉にある老舗旅館『中の坊瑞苑』に行ってきました。13歳未満は利用できない大人のための上質な空間。落ち着いて大変ゆとりがあり、ゆっくり過ごすことができました...』有馬温泉(兵庫県)旅行についてemiさんの旅行記です。 有馬温泉といえば高級旅館も多くある温泉地で今回ご紹介する中の坊瑞苑もその一つ。 12歳以下の子供は宿泊できない大人の隠れ家的な旅館なのでゆ~ったり静かに過ごすことが出来る旅館です。 今回は中の坊瑞苑の宿泊記をご紹介したいと思います。 『有馬温泉でのお宿は「中の坊 瑞苑」です♪瑞苑は有馬温泉の賑やかな中心部にあります。賑やかな所にありながら宿に入れば静かなゆったりした雰囲気でとてもくつろげますよ...』有馬温泉(兵庫県)旅行についてピノコ&コトンさんの旅行記です。 有馬温泉の中でも高級旅館として有名な中の坊瑞苑。有馬温泉で食事が上品で美味しくてサービスもよく、露天風呂や温泉も良い老舗の中の坊瑞苑は泊まってみたいあこがれの旅館の一つです。また13歳以下の子供の宿泊を受付していないので Powered by WordPress.The Nishiki theme is Supported by AnimaGate, Inc. Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). フォートラベルポイントって?, おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。, 掲載のクチコミ情報・旅行記・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。. 有馬温泉(兵庫) の旅行記. Copyright(c) forTravel, Inc. All rights reserved.

将棋アプリ パソコン, クランチュラ 神尾, 濃厚ガトーショコラ レシピ プロ, 競馬 落馬 払い戻し, ナツコイ ドラマ 無料 動画, ブライアン ウィーラー, パリーグ 略称, アメリカ独立戦争 ワシントン, 将棋 れ,