04
12月

競馬 血統 特徴

ブログを通して皆様にお会い出来る事を楽しみにしております☆, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 競馬コンサルタントであり、馬券的中率アップの会【一変会】の会長を務める著者が、会員には「私と出会ったからには、徹底的に競馬力を上げてもらいます!」と語っている。 その著者が勝てる競馬力として注目しているのが、予想力と馬券力である。 中でも現代競馬で勝つための馬券力を身に着ける、詳しい方法を解説してくれている第一作目の書籍。 これを読めば、誰もが競馬での勝ち方への考え方に度肝を抜かれる事でしょう。, リアルタイムで推奨馬の配信もする場合があるので登録しておいて損はありません。 もちろん無料メルマガです☆, 馬券的中率アップの会 会長川名です。 The following two tabs change content below. 零細血統に程よく修飾されたAlmahmoud牝系のみをこの馬が伝えているのだとすると、 この血統の特長ともいえる「特徴のなさ」「配合相手の特徴の倍化」が説明できるような気がする。 特に同じAlmahmoud牝系を持つHaloやNorthern D.系と相性が良い。 独自の見解でメインレースの馬の戦闘力を測りお知らせします。 血統で強く出る特徴があるって?関連ページ 馬にも成長のタイプがある! 競馬 予想では馬の血統から成長度の特徴をおさえておくことです。成長度を考慮に入れることによって、ピークの時期か前か後かをを判断できることがあります。 脚質から読む 昇級戦で好走 このブログを見て頂きありがとうございます。 クロス血統というのはインブリードとも呼ばれており、日本語で言えば近親交配のことを指します。, あえて同じ系統を持つ馬同士の種付けすることで、特定の血統を濃くする目的があります。ブラッドスポーツと呼ばれている競馬では、このように血統から配合を考えることは基本中の基本。, 上手く行けば驚くべき能力を持ち合わせた競走馬が誕生する可能性があります。しかし、これだけ聞いてもまだ疑問が多くある方がほとんどでしょう。, そこで、この記事ではクロス血統について詳しく解説していきたいと思います。クロス配合の血統を持つ名馬も合わせてご紹介していくので、是非最後までチェックしてみて下さいね。, 血統におけるクロスとはインブリードの類義語であり、近親交配のことを指します。逆にクロス配合ない場合をアウトブリードと言います。, 例えば、種牡馬の先祖を遡るとノーザンダンサーがいたとします。同じく繁殖牝馬にもノーザンダンサーが入る場合はノーザンダンサーのクロス配合となり、ノーザンダンサーの血が濃くなるのです。, どの世代にノーザンダンサーがいるのかも重要となり、世代によって血の濃さが変わって行くのです。血統表を見る時には、このクロスの確認や系統のチェックを行うことがほとんどですね。, クロス配合の最大の目的は、特定の血統の血を濃くすることです。また、基本的には牡馬、つまり種牡馬の血を濃くしその馬が持つ遺伝能力を高めることで、より強い競走馬を誕生させようとしているのです。, 人間では両親の特徴をどちらも均等に受け継ぐことが多いですが、馬の場合主に父の影響を大きく受けます。その為、クロス配合で意識するのも種牡馬になります。, しかし、この配合が確実に良い!という明確なものはほぼなく、馬主の方々も強い馬が生まれる確率をどうにかして上げているという状況ですね。, また、インブリードの方が絶対にアウトブリードよりも強い競走馬が生まれるという訳ではありません。アウトブリードでも名馬と呼ばれる競走馬はおり、代表的なアウトブリードの競走馬としてはディープインパクトがいます。, インブリードの方が強い競走馬が生まれる確率は高いかもしれませんが、いきなり超大物が生まれるのはアウトブリードの方が多いようにも感じます。, インブリードはメリットだけではありません。特定の馬の血量を濃くしてしまうと、体質が弱くなることが多くあります。競走馬は激しい調教、体力を大幅に削れらるレース、それらをこなした上で実力を発揮出来た馬だけが生き残ることが出来ます。, 身体の強さも才能の一つであり、どれだけ能力が高くても身体が弱いと競走馬として活躍することは難しいでしょう。, また、クロス配合によって生まれた競走馬は、種牡馬になった時に種付けをする繁殖牝馬が限られてしまうので、一大系統を築き上げることは非常に難しいとされています。, ディープインパクトが種牡馬として大成出来たのは、アウトブリードだったということも大きな要因の一つでしょう。, クロス配合を行う時は、血を濃くすれば良いという訳ではありません。適度な配合が重要であり、最適な血量は18.75%だと言われています。, 上記の画像は奇跡の血量を持つ名馬の1頭、ブエナビスタの血統表になります。ブエナビスタと言えばG1レースを7勝している伝説の馬と言っても過言ではないですよね。, このブエナビスタはニジンスキーの血量が18.75%となっています。まずは種牡馬の血統から見ていきましょう。, 種牡馬の世代を辿っていくと4代目にニジンスキーがいることが分かりますよね。4代目の場合は、血量は6.25%となります。, 次は繫殖牝馬のビワハイジの血統を見ていきましょう。そうすると、3代目にニジンスキーがいます。3代目の場合は血量は12.5%となります。, 種牡馬の血統と繫殖牝馬の血統を合わせるとニジンスキーの血量が18.75%になるという訳です。, このクロス配合は世代の数字を取って3×4クロスとも表記されます。また、種牡馬と繫殖牝馬の世代が逆の4×3でも同じです。奇跡の血量の馬を探したい時には、種牡馬側と繫殖牝馬側のどちらでも良いので、3代目と4代目に同じ馬がいることが条件になります。, 上記ではブエナビスタを例に挙げて奇跡の血量をご紹介しましたが、他にもクロス配合によって誕生した名馬が多く存在しているので、ご紹介していきたいと思います。, ステイゴールド産駒でG1レース7勝、クラシック三冠を達成したオルフェーブルも奇跡の血量を持つ名馬です。4×3のノーザンテーストのクロス配合となっており、他のクロスはありません。, 全兄にドリームジャーニーがおり、優秀な配合だという事が分かりますよね。し菓子、実はその後もステイゴールドとオリエンタルアートは何度も種付けがされていますが、オルフェーブルを超えるような競走馬が誕生しませんでした。, 2015年にステイゴールドが亡くなってしまったので、この配合はもう実現しませんが、現在ではオルフェーブルが種牡馬として活躍しているので、血統は受け継がれています。, 続いてご紹介するのはヴィクトワールピサです。ネオユニヴァース産駒で、ヘイローの3×4クロス配合ですね。オルフェーブルやブエナビスタとも対決したことがあり、有馬記念を含むG1レース3勝を挙げています。, 2010年には三歳の時に凱旋門賞に挑戦しており、日本馬初の凱旋門賞勝利を夢見た人も多いのではないでしょうか?, 引退後は種牡馬としても活躍しており、スカーレットカラーやブレイキングドーンなど、ヴィクトワールピサ産駒は現在もレースで大暴れしています。, 最後にご紹介するのはエルコンドルパサーです。アメリカ生まれなので、血統表には聞きなれない競走馬が多いかもしれませんね。, 5代目までに4つのクロスが生じており、ノーザンダンサーは18.75%となっていますが、スペシャル、リサデルは25.0%、ネイティブダンサーは9.38%となっています。, 様々な系統が混ざっており、インブリードの名馬の中でも少し特殊ですね。それでも、現役時代は11戦8勝でG1レース3勝と圧巻の成績を残しています。, 引退後は種牡馬として活躍しており、代表産駒にはヴァーミリアン、トウカイトリック、サクラオリオンなどがいます。, 今回の記事では、競馬の血統のクロス(インブリード)について詳しくご紹介させていただきました。, 強い競走馬を作る為に血を濃くすることを目的として配合されているのがインブリードです。能力的に強い競走馬が生まれる確率は高くなりますが、身体が弱くなる傾向があったり、種牡馬として使いづらいこともあるというデメリットもあります。, また、アウトブリードでも強い競走馬は誕生しているので、必ずしもインブリードが良いという訳ではありません。, しかし、有力がインブリードなのか、奇跡の血量を持っているのか、それともアウトブリードなのか。これらを見るだけでも競馬が一層面白く感じるのではないでしょうか?, 競馬の血統では、得意な距離苦手な距離を知ることが出来ます。レースの距離と距離適性を見れば、馬券予想の参考にすることも出来るので是非参考にしてみて下さい。, 血統にはその時代を彩る流行があります。絶対に抑えておくべき三大血統と、今最も時代の最先端を走っている流行の血統を合わせて紹介していきます。, 南米競馬の血統の特徴をPOGや予想の役に立つ内容でご紹介していきたいと思います。早熟と言われている南米系血統を活かせば、三歳クラシックでの活躍に期待できるので是非参考にしてみて下さい。, 競馬の血統・種牡馬でダートに強いのは?ダートに強い馬を見分けるための2つの見分け方についても紹介します。血統がものを言う競馬。ダートに強い馬を見極めて予想力を高めましょう!, 今回の記事では競馬の血統初心者の方に向けて、血統で分かる競走馬の特徴や丁寧に血統について解説されている動画をご紹介していきたいと思います!興味がある方は是非チェックしてみて下さい。, 競馬において血統は非常に重要なファクターの一つです。苦手意識を持っている方も多いと思いますが、この記事では覚えておくべき五大系統について詳しくご紹介していきたいと思います。. 楽しいながらも冷静さの維持も学んで頂きます。 メルマガでしか配信しない狙い目の馬や馬場状態の傾向。 競馬は血統の特徴を知ることで10倍楽しめます!このページでは近年日本で活躍する血統の中から8つ厳選してその特徴を解説していますので、明日からの予想に活かしましょう。 雨が降っている日がとくに狙い目。 競馬の予想。収支に繋がる重要な読みは、誰もが迷うところですよね。今回この記事では、競馬予想を、血統から見抜く方法を徹底解説したいと思います!様々な血統から読める予想内容を、血統ごとに細かくご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。 馬券の構築法、 違う視点での競馬予想を考えていき 更なるステップを自分で勝ち取っていくスタンスです。 近年の日本競馬でこれだけは押さえておきたい血統を8つ厳選して特徴を簡潔にまとめました。, また、「血統の重要性はわかるけど…当たらない…」という方は競馬予想サイトの利用をおすすめします。, オススメの競馬予想サイトは競馬予想会社で本当に信用できる5サイトを171社から厳選紹介でご紹介していますので、ぜひ合わせてお読みください。, 競走馬はサラブレッドと呼ばれますが、その語源はThorough(徹底的な、念入りな)bred(品種)で『徹底的に品種改良された血統』を意味します。これだけを見ても、競馬おいて血統は切っても切れない存在であることが分りますね。, 競馬の予想において誰もが初めに意識するのがその馬の血統です。その馬のお父さんが誰で、お母さんが誰なのか。さらに言うと祖父母は誰なのか、先祖をたどると誰に行き着くのか。, 血統で馬の性能が100%決まるわけではありませんが、予想をする上での重要な指標であることは違いありません。, 血統において初めに見るべきなのはその馬の父馬でしょう。なぜなら子供の能力に最も影響を与えるといわれているからです。, 父親の能力を引き継ぐことが多いため、基本的に現役時代に好成績を残した牡馬が父親になります。, また競馬において父馬のことを種牡馬(しゅぼば)やサイアーと呼ぶことも覚えておきましょう。, サンデーサイレンス系は近年の日本競馬において主要になっている系統です。その数はサンデーサイレンスの血が入っていない馬の方が少ないと言われるほど!, サンデーサイレンス系に共通する特徴は高い瞬発力です。ここではサンデーサイレンスの血を持つ3種類の血統を紹介します。, 競馬を知らない人でも名前くらいは知ってるであろうディープインパクトの血を引く馬です。やはりディープインパクト産駒の特徴はスピードと瞬発力でしょう。, しかし基本的な能力は全体的に高いのですがスタミナが少し欠けるイメージです。2歳ごろから活躍する早熟気質の馬が多く、ディープ産というだけで人気になることがあります。, 代表産駒:ジェンティルドンナ、エイシンヒカリ、ヴィブロス、サトノダイヤモンド、ショウナンパンドラ、ミッキークイーン 他, 自身が古馬になっても活躍したことから、ハーツクライ産駒も古馬になって活躍する晩成型が多いイメージです。またサンデーサイレンス系統の中ではスタミナがあり、2桁着で負けることが比較的に少ない強みがあります。, 他にもサンデーサイレンス系の中では数少ないダートもこなせてしまうタイプですが、あまり認知されておらず、人気が下がり気味になる傾向が出ているので、ダートレースでもガツガツ攻めたいところ。, ステイゴールド産駒は気性が荒いですが、その分根性があり逆境に強い馬が多いイメージの馬が多いです。, 短距離戦にはあまり強くなく、長距離戦で活躍を見せています。基本的に距離は長ければ長いほど強いと思っていて良いでしょう。4歳~5歳から良い成績を挙げる場合が多い晩成型なのもステイゴールド産駒の特徴といえます。, 代表産駒:オルフェーヴル、ゴールドシップ、ナカヤマフェスタ、ドリームジャーニー 他, 稍重でも人気になりえることも多いですが、実は苦手としているため要注意していきましょう。, アメリカはダート戦がメインなので人気なのも納得ですね。4章で紹介するノーザンダンサー系と同様にたくさんの代を経て、多くの小系統が生まれています。, 現在はサンデーサイレンス系の代表としてディープインパクト、非サンデー系の代表としてキングカメハメハが日本の競馬を牽引しています。, キングカメハメハ産駒は馬場にあまり左右されずに安定して高い成績を残しているイメージで、ディープインパクト産駒と同様に2歳ごろから活躍する早熟タイプの傾向があります。, 狙いどころとしてはスローペースになりがちなレースや、もしくは中山・阪神以外の競馬場で勝てず人気が下がってからの中山・阪神での出走が良いです。, 人気種牡馬の割には勝てる馬が少ないイメージで、特徴としては基本的にダートはあまり得意とせず芝の1400mを得意としています。, ダートの中でも短距離を得意としており短距離のダートだと勝率が高いです。この血統の特徴を見てわかるように、地方競馬でも多く活躍する馬が多いことも特徴ですね。, ノーザンダンサー系は主に20世紀にかけて大きく反映しました。現在の日本ではサンデーサイレンス系が主流となっていますが、世界規模で見るとその数は多く特にヨーロッパやオーストラリアでは過半数以上を占めます。, ノーザンダンサーの血は母馬の良さを最大限に引き出してくれるので、様々な特徴を引き継いだ産駒を排出しました。, 他の馬に揉まれない広い競馬場や外枠が得意で長距離はあまり向きません。調子が良い時は調子がよく、前走の着順が良くて好調な場合は人気が高くなるようですね。, 代表産駒:カレンチャン、アップトゥデイト、ホエールキャプチャ、スリープレスナイト 他, クロフネ産駒の特徴を活かした馬券購入法は、高い勝率を誇る札幌・函館競馬場出走時になります。, パワーとスタミナが必要な馬場での活躍が期待されます。札幌や函館の洋芝で好成績を挙げていますが、ダートや重馬場はあまり得意としていません。, 血統を知ることで競馬は何倍も面白くなりますし、馬券の予想もしやすくなりますので詳しく知っておいて損はしませんよ!. そしてサンデーサイレンスの子供が現代競馬において種牡馬としても活躍しており、サンデー系として確立しているので サトノダイヤモンドはサンデーサイレンス系と呼ばれます。, 副会長 会員様にはレースの推奨馬記事(軸馬)をアップする際に、 的中なければ回収率は0%であり、 こんにちは!kazuです。 この記事では、血統理論の一つ「米国型血統」について特集します。 血統の特徴から米国競馬の傾向まで、米国型血統を理解するための内容をご紹介します。 ノーザンダンサー系の牝馬との子供は強い 興奮度が高まる実践の中でレース選定や 限定記事の競馬知識をつけていく事で 荒れそうなレース探し等、, 負け続けていた経験から負けずに且つ限りなく競馬で利益を上げていく為の方法を教えていきます。, 馬場状態の傾向、企画のお知らせ等を配信します。 サトノダイヤモンドの父はディープインパクト。 そのディープインパクトの父はサンデーサイレンス。 競馬力、戦略的な馬券力を上げつつ 大好きな競馬で毎週負けてしまい突破口も見出せない状態ではありませんか? メインレースで負けて最終レースで根拠のない中穴馬を狙っていませんか? 最後まで予想が決まらず迷っているレースを無理に買っていませんか? その他、競馬においていろんな悩みを抱えていませんか? 今よりもあなたの競馬力、的中率向上の為に全力で向き合うサポートをさせて頂きます。, 副会長 重賞の牝馬は絶対こない, 距離短縮の時に好走するというデータもあるのでその場合は しっかりチェックしておきましょう。, 会長 左回りよりも右回り 回収率を今までの数倍に上げる, “毎週の競馬が楽しくなること間違いなし!”, クロフネ産駒の血統予想必勝法, ジャングルポケット産駒の特徴・傾向, ジャングルポケット産駒の血統予想必勝法, キングカメハメハ産駒の特徴・傾向, キングカメハメハ産駒の血統予想必勝法, ブライアンズタイム産駒の特徴・傾向, ディープインパクト産駒の特徴と傾向, ディープインパクト産駒の血統予想必勝法, ステイゴールド産駒の特徴と傾向, ステイゴールド産駒の血統予想必勝法, ハーツクライ産駒の特徴と傾向, ハーツクライ産駒の血統予想必勝法, 高配当が狙える無料の競馬予想が的中に導く, 2020å¹´ エリザベス女王杯(G1) 事前予想, 2020å¹´ エリザベス女王杯(G1) 直前予想. 皆さんダートを走る馬って、どんな馬かご存じですか?ただ父親がダートを走っていたという理由からだけではないんです!今回は、ダートを走る馬はどんな特徴を持っているかをわかりやすく説明します。よかったら参考にしてください! い。 登録して損はありません! 競馬の初心者の方には当たる喜びを維持しつつ、 馬券スカウターで独自の見解で 母父ファルブラヴが良い 産駒の特徴をまとめています!血統は競馬予想や馬券購入する上で大事な役割を秘めています。俺が評価したるは悪徳・悪質サイトの情報共有サイトです。最近、競馬サイトでの詐欺被害が多発しています。自分の身は自分で守る。優良サイトだけを利用する参考にして頂けたらと思います。 「ダイワメジャー産駒が激走するコースなので相手に入れた方がいい」 企画のお知らせ等の配信や、 競馬に対する考え方、 1800m以上は来ない(1、2番人気は来る) 毎日うるさい配信もしないので(笑), そんな方に対して徹底的に 視点を変えた予想法 更にリアルで会員様と競馬場へ行き、 簡単に言うと種牡馬の先祖で代表的な馬からの系統ってことね。, この血統の情報を知る知らないだけで馬券的中に大きく影響するので 血統初心者の方はしっかり基本をチェックしていってください。, 現代競馬において道中のペースを控え直線勝負という傾向が強い中、 瞬発力に優れているサンデーサイレンス系は非常に活躍しやすいです。, ただ、ステイゴールド産駒は走る馬、走らない馬が極端に分かれているので 馬券を考える上ではなるべく避けたほうが良いかもしれません。, ディープ産駒よりは瞬発力が劣るものの、長く脚を使えるタイプで サンデー系の中でもスタミナがあります。, 瞬発力ではディープインパクト、キングカメハメハ産駒に劣りますが 長い脚を使える傾向なので東京芝でも好走します。, ミスプロタープロスペクター(アメリカ)→キングマンボ(フランス)→キングカメハメハ(日本), フォーティナイナー系でも芝向きのアドマイヤムーンもいますのでそこにも触れたいと思います。, 王道なダート産駒であるサウスヴィグラス、 芝向きのアドマイヤムーン産駒の特徴を載せておきます。, キングマンボの代表馬であるキングカメハメハと 今後期待されるロードカナロア産駒に触れたいと思います。, 代表産駒はロードカナロア、ラブリーデイ、ホッコータルマエ、ローズキングダム、アパパネ、 ルーラーシップ、レイデオロ、ドゥラメンテ。, あだ名は「キンカメ」「キンカメ産駒」 距離、馬場状態、競馬場の弱点はなく安定感抜群です。, 種牡馬としてはまだ浅いですが、これからの競馬を考えるとキングマンボ系として 活躍するのではと思っている種牡馬です。, 私が情報収集してわかっているロードカナロア産駒の事をまとめてみます。(2020年1月現在), まずロードカナロア産駒の適正距離は今のところ1600mが優秀な成績で 2000mになると落ち込むことから1600mまでと考えておきましょう。, 3番人気までのルメール、福永騎乗は買い 血統(系統)の基礎知識①(ターントゥ系・ノーザンダンサー系)【血統の専門家が監修】. jraの強豪が集まるダート交流g1も開催されている大井競馬場は、地方競馬トップクラスの大きさを誇る競馬場です。大井競馬場でのレースの傾向や特徴を距離別に紹介していますのでぜひご活用ください。 copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved. 最近馬券的中率が乏しく、そして血統がわからない方への悩みを解決していきましょう。 血統が少しでも理解した上で、競馬場の特徴も覚えてしまえば穴馬を拾うことや、 勝負所での的中率は上がり、穴馬を拾えたり回収率アップにつながります。 © Copyright 2020 ウマダネ. 馬の歴史を知っていく事で 天候の乱れによる馬場対応も出来たりするね。 よし!今週は全レースやるぜぇ!!!, 馬券スカウターと称し、 ブラッドスポーツと呼ばれる競馬には まだまだたくさんの血統の歴史、データがあります。 血統について全くわからない、パワーがある馬ってどれ? やっぱり大事なものなの?, 会長 南関競馬の情報も配信していきますので 的中率と回収率のバランスが大事という方も多いと思いますが、 その特徴は豊富なスタミナと底力で、大舞台で強さを発揮するようになることです。とくに、血統表にリボーという種牡馬がいる場合、何か期待せずにはいられない…そんな気にさせてくれる一族です。(気がするだけかも) ・芝・ダート万能タイプ。, ハーツクライ産駒の血統予想必勝法 経験もお話ししていければと思っています。 競馬の魅力の大きな要素。それは遙か100年以上前から脈々と受け継がれる「血統」です。, 名馬のみが自らの血を残すことを許され、その子が走ってまた名馬となり、血を残す。こうしてサラブレッドという品種はどんどん改良され、より速く、より強くなってきました。, 血統は、競走馬の生産に携わる関係者にとってはもちろんのこと、競馬予想にも適したファクターであり、ファンにとっても重要なものです。, ただ、競馬初心者にとって、血統はどうしてもとっつきにくいもの。「血統はマニア向けの予想要素」と感じている人もいるかもしれません。, 血統は、本当に大事な「ポイント」さえ押さえれば大丈夫。血統表の隅の隅まで網羅しなければならないような、難しいものではありません。, 競走馬の「父」と「母の父」をチェックすることで、その馬が潜在的に持っている特徴を推し量ることができます。, 仔の能力に最も影響を与えやすいのが種牡馬であり、父の現役時代の特徴を引き継ぐ産駒もよく出現するのです。, 種牡馬は、産駒が獲得した賞金順にランク付けされます。1年間における産駒の獲得賞金ランキングで1位になった馬は「リーディングサイヤー」としてたたえられます。近年は日本が誇る名馬・ディープインパクトが絶対王者として君臨しています。, たとえば日本競馬では、1990年代中盤にサンデーサイレンスという種牡馬が登場し、日本競馬の勢力図を一変させるほどの影響を与えました。そのため、サンデーサイレンスの血を引く馬を「サンデーサイレンス系」と呼んだりします。, サンデーサイレンス自身は、祖父にヘイルトゥリーズンという名種牡馬を持ち、「ヘイルトゥリーズン系」と分類されていました。, ただし、系統については厳密な分類が定められているわけではなく、「どの先祖で分類するか」は人によって違いが生じることもあります。この点を頭に入れておいてください。, 現在、父系の祖先として大きな影響を与えているのは、ナスルーラ、ヘイルトゥリーズン、ノーザンダンサー、ミスタープロスペクター、サンデーサイレンスの5頭です。今回はこの5頭を網羅すべく、ヘイルトゥリーズンやサンデーサイレンスの源流である「ターントゥ系」、そして全世界で繁栄している「ノーザンダンサー系」「ナスルーラ系」、ミスタープロスペクターの源流である「ネイティヴダンサー系」の4系統と、その他の主要系統である「ハンプトン系」「セントサイモン系」「ヘロド系」「マッチェム系」「マイナー系」を、2回に分けて紹介していきます。, まずは日本の血統図を塗り替えた大種牡馬サンデーサイレンスの源流「ターントゥ系」と、サンデーサイレンス登場以前に隆盛を誇っていた「ノーザンダンサー系」です。, リアルシャダイ、ブライアンズタイム、サンデーサイレンスと、ターントゥの血を引く種牡馬たちの産駒が日本競馬を席巻。それまでノーザンダンサー系全盛だった日本競馬の血統勢力図は瞬く間に塗り替えられました。, ターントゥ系の中で大きな勢力となっているのはサンデーサイレンス系、ディープインパクト系、ブライアンズタイム系です。, 日本競馬では、芝の中距離で行われるレースの価値が高いとされています。それらのレースでは、道中はゆったりと進み、最後の直線でどれだけスピードを発揮できるかが問われます。, そのため、瞬発力に秀でたサンデーサイレンス系が活躍しやすくなっていますが、反面、そのような馬は、ダートや短距離には適性が低いケースが多いといえます。, 1990年代中盤から日本でサンデーサイレンス産駒が走るようになりましたが、その影響力は凄まじく、今ではサンデーサイレンス系の種牡馬が非常に多くなっています。, ディープインパクト系は父譲りの末脚を武器に、重賞レースで大活躍。その強さの源は、他の追随を許さない瞬発力にあります。, 距離は1600m~2400mがベストで、1200mや3000mを超えるレースでは成績は今一つです。, また、重賞まで進むディープインパクト系は一流ですが、産駒数も多いために条件戦でくすぶっている馬が多いのも事実です。, ディープインパクト系ということだけで人気になりやすく、実は条件戦の回収率は標準を大幅に下回ります。, 基本的に人気になる馬が多く、穴馬を狙うよりも人気馬を消すことが、馬券的に有効な戦略になります。, 最近では京都の成績が落ちてきていることもあり、以前のようにディープインパクトは京都が得意と信頼すると、痛い目に遭うかもしれません。, 1970年代初頭のイギリス最強馬・ブリガディアジェラードをここ一番で破った「大物喰い」ロベルトの直仔であるブライアンズタイム。種牡馬としてもその底力を伝えています。, ブライアンズタイム系の特徴は、豊富なスタミナとダートをこなすパワーにあふれ、根幹距離よりも非根幹距離で強さを発揮する馬が多いこと。この点、サンデーサイレンス系やディープインパクト系と上手に棲み分けができています。, タフな馬場やハイペースでの消耗戦で強く、大舞台では母方にロベルト系の血を持つ馬が頻繁に活躍します。, ノーザンダンサー系は、芝で走る「欧州型、ダートで走る「米国型」、短距離のレベルが高い「豪州型」に大きく分けられます。これだけでわかるように、世界中で活躍している大きな系統です。, 欧州の競馬場は自然の環境をそのまま利用して作られており、日本より起伏の激しいタフな馬場でレースが行われます。そのため、そこで走るためのスタミナや馬力に優れます。, 米国で走るタイプはダート適性の高い馬が多く、ミスタープロスペクター系と双璧を成す系統となっています。, 豪州ではノーザンダンサー系のダンチヒ系が勢力を持ちます。優れたスピードを持つダンチヒ系は代を経るごとに距離をこなすようになり、欧州の中距離でも活躍馬を多数輩出するようになりました。, 2016年には欧州最強馬と呼ばれたフランケルの産駒がデビューし、初年度産駒のソウルスターリングがいきなりG1を勝利しています。, ソウルスターリングの活躍によって、フランケル産駒は日本でも通用するかと思われましたが、全体的に見るとやはりスピード・瞬発力の面ではやや劣るイメージです。, しかし、2018年にはモズアスコットが連闘で安田記念を制する快挙を達成。安田記念はノーザンダンサー系が走りやすい傾向があるとはいえ、名血の底力はさすがと言うべきでしょう。, リファール系は、欧州型のなかでは比較的日本向きのスピードを備えています。ディープインパクトの母父もこの系統になります。京都や東京の重賞レースでリファールの血を持つ馬が好走する場面がたびたびあります。, また、競馬の格言には「春のリファール」というものがあります。暖かくなってきたころに激走するシーンもあり、油断できません。, 父系としては日本では厳しい勝負を強いられますが、母系に入っていると大舞台でも通用する底力を伝えます。, しかし、ニジンスキー自身は英国の三冠馬で、種牡馬としても超一流だったので能力は高く、スタミナも豊富。そのため、母系に入ってよさが出ています。, また、直線が短く仕掛けが早くなるローカルの中長距離では、ニジンスキーの血を持つ馬がまとめて走ることも多く、血統予想には欠かせない存在です。, サンデーサイレンス系のスペシャルウィーク、ダンスインザダークは母系にニジンスキーの血を持っているため、同時に好走しやすいことも有名です。, ヴァイスリージェント系は中距離までこなすタイプも多く、芝のマイル重賞で活躍する産駒もいます。, 日本ではクロフネが種牡馬としても活躍していますが、母系が芝血統だと芝馬に、ダート血統ならダート馬になりやすい特徴があります。, とくに牝馬では名スプリンターを輩出していますが、牡馬では目立った活躍がない特徴もあり、牝馬の活躍が目立つ種牡馬としても知られています。, 母系としては、ディープインパクトとの配合で相性がよく、ダービー馬のキズナやドバイターフで圧勝したリアルスティールなどの活躍馬を輩出しています。, これまではサウスヴィグラスやパイロなどがダートの穴血統として君臨していましたが、ヘニーヒューズの登場により、今後の勢力図は変わってくる可能性も高いのではないでしょうか。, ダンチヒ系は、基本的にはスピードに優れた馬が多く、ダートより芝向きの馬が出やすい血統です。, 瞬発力はあまりないものの、スピードを持続させる能力が高く、高速馬場で一定のペースで走ると強さを発揮します。, もともとは短い距離を得意としていましたが、代を経るごとに距離適性が長くなる傾向が出てきました。ハービンジャー産駒は短距離よりもむしろ中距離以上で活躍しています。, サンデーサイレンス系よりパワーもあるため、坂のあるコースや洋芝などのタフな馬場でパフォーマンスを上げてきます。, 血統の「見方」を知ると、予想の奥深さがぐっと広がります。主流血統の特徴だけでも手の内に入れておきたいものですね。, 人気競馬書籍の著者で、各種メディアでも活躍する講師陣が、競馬予想に役立つ情報を”完全無料で”お届けします。競馬予想大学には、オッズ・日刊コンピ・過去データ分析・血統・調教と各分野のプロフェッショナルの講師陣が在籍しています。, 「競馬は儲かってこそ」をモットーに実践的な血統馬券術を開発。著書には「A・B・O型血統馬券術~血統型種牡馬図鑑~」がある。血統を用いて適性を見抜くだけではなく、馬の性格を見抜くことに成功した新世代の血統馬券師。地味だけど期待値の高い種牡馬を見抜くのが得意。. 競馬の血統にはクロスと呼ばれるインブリードと、逆のアウトブリードがあります。クロス配合は特定の種牡馬の血を濃くする目的がありますが、この記事では特徴やクロス配合によって誕生した名馬をご … 重賞の牡馬は買い, 急な坂道コースは苦手 競馬のモチベーションの低下や根拠のない高配当狙いになってしまいます。 的中の中で勝利を掴んでいくコンセプトです。 競走馬主要血統表 および評価 血統を競馬予想に活かすには、 系統ごとの特徴 を把握する必要があります。 現在、父系の祖先として大きな影響を与えているのは、ナスルーラ、ヘイルトゥリーズン、ノーザンダンサー、ミスタープロスペクター、サンデーサイレンスの5頭です。 1、種牡馬分類, 1-1-1  主要系統色分け, 1-2  種牡馬考察(クラブ馬の父馬のみ), 1-4  キャロット牝系一覧, 2-2  2013年産評価はこちら, 2-3  2014年産評価はこちら, 2-4  2015年産評価はこちら, 2-5  2016年産評価はこちら, 2-6  2017年産評価はこちら, 2-7  2018年産評価はこちら, 種牡馬評価を出る(TOPページへ).

オバマケア その後, 千葉 高校野球 寮, ロッテ 新商品, ジャニーズ 大学生, アメリカ大統領 一日, 商品モニター 副業,